昔から疑問に思っていたのですが、あの白い髪の毛は染めてあるのですか?それとも地毛なのですか?
知ってたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

美容師をしています。


御本人さんを見た訳ではありませんが
「地毛」だと思われます。

日本人で白髪に脱色するのは、相当無理があります。
そこまでする理由も見当たりませんし・・・

私の旦那は理容師をしていますが、
お客様の中には白髪のおじ様も何人かいらっしゃいますし。白髪の方って別に珍しくないですよ!

この回答への補足

回答ありがとうございます。
ちょっと質問が的を得ていなかったですね。
「カツラ」なのかな?って思ったのです。あまりにもフサフサしていたので。
本当にどっちでもいいことなのですけど。

補足日時:2001/01/29 13:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司馬遼太郎作品で保科家と関係があるものは?

司馬遼太郎の本のうち、保科家についての記述が多いものはどれですか?
会津保科家のほうでもかまいませんが、信州の保科家のほう(正光周辺)のほうを希望します。

Aベストアンサー

結論から言うと「ありません」。

司馬遼太郎の本で会津藩をメインに扱ったものは、小説では該当するものがなく、紀行文である「街道をいく」の中の一冊程度です。信濃出身の譜代大名である保科家は、司馬遼太郎が取り上げるほどメジャーな存在ではありませんでした。徳川秀忠の庶子である正之を養子にしたことで、保科正光の名前が歴史に記憶されているようなものです。

強いて言いますと、司馬遼太郎の徳川家康を主人公にした小説「覇王の家」のどこかに信濃の保科家について一箇所くらい言及があるかもしれませんが、その程度でしょう。

既にご承知とは思いますが、保科正之とその子孫である会津松平家については、中村彰彦氏と星亮一氏が多くの著書を上梓しています。

Q司馬遼太郎に対する挑戦?のような本知ってますか?

昨年か一昨年に発売されていた「はず」のものですが、
その頃、本屋に行くとカバーに「司馬遼太郎先生は何を勘違いしたのか」と言ったような書き込みのある本が並んでいたことを記憶しています。
その本の題名が分る方。いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

 未読なので、内容については紹介できません。なので、質問者さんが探している本か確信がないのですが……。

 「坂の上の雲」に隠された歴史の真実
 明治と昭和の虚像と実像
   福井雄三 著。
   主婦の友社(文庫) 570円。

の帯に

 「司馬遼太郎さん、名著をありがとう。でも、大きな誤解があります。~」

とあります。

 書籍は2004年刊行、文庫化は2007年12月です。

 昨年、「坂の上の雲」を読んだあとに関連本をと思い、購入した本の中の一冊です。

Q司馬遼太郎は禅宗に否定的だったのでしょうか? 10年近く前に読んだ司馬遼太郎のエッセイ(風塵抄?)で

司馬遼太郎は禅宗に否定的だったのでしょうか?
10年近く前に読んだ司馬遼太郎のエッセイ(風塵抄?)で、禅宗はまあ文化になったからまだいいけど、みたいな記述があったのを今更ながら思い出し気になっています
また司馬遼太郎は宗教に属してたのでしょうか?
記憶がおぼろげで申し訳ございませんがなにかこれらについてご存知でしたら是非教えてください!

Aベストアンサー

司馬遼太郎さんは、かなり宗教に造詣の深い方で、お若い頃、新聞社で宗教担当などなさってたんですよ。
面白いことに、宗教担当記者時代の司馬さんは、結構、宗教(仏教)に批判的だった様ですが。

その後は、珍しく反省されて、仏教の奥深さに傾倒し、仏教に関わるエッセイなども、沢山書かれています。
特に、ご自身が門徒でもあった、浄土真宗の開祖、親鸞に関しては、ベタ褒めしてます。

ご質問の「禅宗」に関しては・・No.1さんが仰る通り、「高級仏教」と言う認識であった様で。
「禅は天才の道であって、私のような平凡な人間が踏み込むべき分野ではありません。」
「私に限って言えば禅の持つような、超人的な精神力の分野は、どうも苦手です。」
などと言う記述がありました。
一方では、「禅」が茶道など日本文化に強い影響を与えた点は、高く評価もしておられます。

司馬さんの執筆量などから考えますと、「超人的な精神力の分野」は、最もお得意な様にも思うのですが。
でも司馬さんの作品は、文体や文章の美しさより、登場人物の人間性を感じさせる描写などが重視されてて。
仏教で言えば、格式ばった禅宗より、人間味のある浄土真宗や一向宗などに近い感じはしますよね?
天才,超人が、あえて庶民目線に拘り続けたと言いますか・・。

司馬さんの様な天才の考え方は、私のような平凡な人間の理解が及ぶところではないのですが。
言葉は選びつつも、「禅宗は何か違う」と言うお立場であった様にも思います。
実際、概ねの禅宗は武家仏教で、現在でも何かとカネが掛る「高級仏教」として知られますが、司馬さんは一向宗の様な、大勢を救済することを目的とした「庶民仏教」に、仏教の本質を見出していたのではないでしょうか?

司馬遼太郎さんは、かなり宗教に造詣の深い方で、お若い頃、新聞社で宗教担当などなさってたんですよ。
面白いことに、宗教担当記者時代の司馬さんは、結構、宗教(仏教)に批判的だった様ですが。

その後は、珍しく反省されて、仏教の奥深さに傾倒し、仏教に関わるエッセイなども、沢山書かれています。
特に、ご自身が門徒でもあった、浄土真宗の開祖、親鸞に関しては、ベタ褒めしてます。

ご質問の「禅宗」に関しては・・No.1さんが仰る通り、「高級仏教」と言う認識であった様で。
「禅は天才の道であっ...続きを読む

Q小林よしのり氏と慰安婦問題

(操作の間違いで二重投稿になり申し訳ありません。数分前の投稿を削除していただいて、こちらに回答をお願いできますとうれしいです)

小林よしのり氏がゴーマニズム宣言(あるいは新ゴーマニズム宣言)の中で初めて慰安婦問題をとりあげたのは、いつ(SPA!またはSAPIOの何号か、または何年か)からなのでしょうか?

*この質問に対してお返事を書いてくださる方には、心から感謝いたします。ただご自身の慰安婦問題自体への政治的な立場を書かれるのは控えていただけますとうれしいです。

Aベストアンサー

http://www.tsukurukai.com/02_about_us/03_move_01.html

参考URL:http://www.tsukurukai.com/02_about_us/03_move_01.html

Q「項羽と劉邦」か「竜馬がゆく」か。

こんばんは。
私は普段、本をそれなりに読むほうなのですが、これまで「歴史小説」といわれるジャンルを読んだことがありませんでした。

そこで、「初心者でも読みやすい」とのことで、司馬遼太郎さんの作品を読んでみようと思うのですが、「項羽と劉邦」か「竜馬がゆく」のどちらを読もうか迷っています。

「項羽と劉邦」は最近古典の授業で「史記」を取り扱った(学生です)のと、「竜馬がゆく」に比べて格段に短いのが魅力ですが、私は中国の歴史にあまり興味がありません。

「竜馬がゆく」は一人の人間の一生を取り扱っているというスケールの大きさと、日本の話なのが魅力ですが、なにぶん全8巻ということで、読みきれるか心配です。(あるサイトでは、読み始めたらあっというま、と書いてありましたが。)

どちらが良いのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

私も竜馬に一票。

司馬遼太郎の小説は好きです。彼は歴史上の人物を素材に使って「男の生きざまはどうあるべきか」を語りかけて来ます。私の書棚には彼の文庫本だけで軽く両腕を広げた位は入っていて、お尋ねの本は両方読みましたが、初めに手をつけるなら竜馬をお勧めします。

理由:
1)項羽と劉邦のお話は二人の人物の対比は面白いのですが、設定のスケールが大きくて想像がそれに付いて行きにくく実感・共感の湧き方が日本人の私にはもう一つ不足。

2)それに引き換えて、日本近代史のほんの一歩手前でうごめいた男たちのお話は現実味を帯びています。又現実に知っている地方が舞台で、何となくその地方出身の知人が持つ性格の共通点を登場人物に感じたりします。

3)司馬遼太郎は自分の筆先が生み出す竜馬を愛しています。彼の他の小説でもその主人公に対してそれに近い感じを持っていると感じられることがありますが、それでも竜馬は特別です。(断定してしまって申し訳ありません。司馬さんの心は覗けませんがそんな気がします。)彼は自分の生み出す竜馬と密かな会話を楽しみながら筆を進めたのかも・・・。

4)現実問題として8巻(文庫本約15センチ弱の厚さ)は長いですが、山岡荘八の徳川家康26巻(約50センチ)などに比べれば読み始めるのに「決意」などは不要です。きっと司馬の世界の虜になると思いますから、そうなれば長いとは思えなくなって2度目3度目と読み返したくなるかも知れません。

5)蛇足です。司馬さんは歴史を題材にしますが、歴史を語るものではありませんから史実を知るとか歴史の流れを考えるとかは読者からの間違い指摘を避ける程度にしかウェイトを置いていないのではないかと思います。

私も竜馬に一票。

司馬遼太郎の小説は好きです。彼は歴史上の人物を素材に使って「男の生きざまはどうあるべきか」を語りかけて来ます。私の書棚には彼の文庫本だけで軽く両腕を広げた位は入っていて、お尋ねの本は両方読みましたが、初めに手をつけるなら竜馬をお勧めします。

理由:
1)項羽と劉邦のお話は二人の人物の対比は面白いのですが、設定のスケールが大きくて想像がそれに付いて行きにくく実感・共感の湧き方が日本人の私にはもう一つ不足。

2)それに引き換えて、日本近代史のほんの一歩...続きを読む

Qハリポタシリーズのセブルス・スネイプ氏について。

はじめまして、私はハリポタ大ファンの中学1年生です。
私の周りは、ハリーファンがとても多いのですが、みな、スネイプ先生が嫌いだといっているのです。
私は大ファンなので、なぜ嫌われているのかが全く分からないのですが……。
できれば、嫌いな理由を教えていただけると幸いです。
(ちなみに他にドラコ・マルフォイも好きだったりしてます。こっちは嫌いな理由わかるんですけどね…4巻でセドリックにあんなことを言ったし。)

Aベストアンサー

僕もスネイプ先生大好きです。
えこひいきするのも好き。(笑)
小説を読んでいない人にとっては何でスネイプ先生がハリーを嫌っていて、それにも関わらずハリーを助けたのかさっぱりわからないでしょうね。
説明無いんですもん(怒!!)
これからの話できっとスネイプ先生の見せ場がどんどん出てきてあなたの周りのお友達もみんな「スネイプ先生ってすごい」「カッコイイ」と言うようになりますって。
もう確約します。

ドラコは嫌い。
ハーマイオニーに人種差別のジョークを言うから。

Q百貨店の友の会に入会予定ですが・・・

お勧めは、ありますか?
百貨店の友の会しか知らないのですが、
他にも1ケ月分が、プラスになる友の会みたいな
物は、ありますか?

友の会の商品券で、買えないものってあるのですか?
本は、買えますか?

教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

本も食料品も買えますよ!

ちゃんとおつりもでます。

2000円以上の買い物で駐車場代がタダですが、ちゃんと、商品券だけでの支払いでもタダになりますよ。

ちなみに、近鉄デパートでした~♪

Q森 博嗣氏の最新刊「四季 秋」について(ネタバレ)

紅子さんの子ども(へっくん)が
犀川先生という事でしょうか?

それと、S&Mシリーズと
Vシリーズは同じ時間の中での
お話ではないのでしょうか?
大分、タイムラグがあるような
気がするのですが…

Aベストアンサー

「へっくん=犀川」説は、Vシリーズの頃から伏線が張られていたようです。
「へっくん 犀川」で検索すると、いろいろなページが見つかりますよ。

参考URLはそのうちの一つで、年代設定についても言及しています。
(「捩れ屋敷の利鈍」のネタバレ解説なので、ご注意ください)
もちろん、このページの人が考えたことなので、正しいという保障はないですが。

そうやって気をつけて読んでみると、Vシリーズの中でも時々、
その時代を思わせるような描写があったりします。

参考URL:http://www.sancya.com/book/book/special_76.htm

Q司馬遼太郎さんの小説で好きな作品ベスト3は、何ですか?

司馬遼太郎さんの小説の中で、お気に入りベスト3を教えて下さい。個人的には
1位 関ヶ原
2位 龍馬が行く
3位 覇王の家
です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

上位3作を選ぶのだけでも大変なのに順位をつけろとは・・・(w

1位 燃えよ剣
2位 坂の上の雲
3位 大盗禅師


「燃えよ剣」は土方好きというのもありますが
単純に小説としても面白く、読みやすい。

「坂の上の雲」は一番時代的に新しく考えさせられることが多い。

「大盗禅師」はわりと最近読んだ作品。
司馬ファンの中にはこういう「完全なフィクション系」は嫌いという人もいるようだが、私は好き。
なんか「世の中には妖怪のような人間がいる」というのがぼんやりわかる。

ただこう選んでみたもののピンとこない、おそらく他の作品(短編・エッセイなども)を含めて読んでいるからで
一つの作品を読んでいるときでも、他の作品を思い出しながら理解しているということが多い。
作品というより主人公でしか区別がつかない自分がいます。(歴史はつながっているということかと)

何にせよ「司馬さんのおかげで歴史が好きになりました~!」

Q『24人のビリー・ミリガン』についての疑問

よろしく お願いします。
タイトルの書籍を私は未読なんですが、今ちょっと調べていることがありまして、自分なりに多少 検索してみたものの、疑問点については不明のままですので、当該書籍を実際お読みになった かたに お聞きしたいのです。

この書籍は、近年実際に起きた事件を取材し、それを もとに書きあげられたノンフィクションなのだそうですね。
主人公は「多重人格障害」であるということで、精神分析ですとか心理分析の立場からは、「防衛機制」なる観点から、そういう現象も あり得るのだろうかな、というふうに、しろうとながら思っています。
目下の疑問は、
それぞれの人格は、髪や目の色、身長や体重までもが、表出人格によって、そのつど変化することが述べられているそうですが、髪や目の色までが、すっかり変化する、ということですと、これは、表出人格に合わせて髪を染めるなどのことでも しない限り、物理的に無理な話では ないかと、そのへんを調べたかったのですが、この点に関して述べているものが見つかりませんでした。

実際、当該書籍を読めば、その点についての言及は あるのでしょうか?
あるいは、その点を めぐって言及しているものは ありますでしょうか。

よろしく お願いします。
タイトルの書籍を私は未読なんですが、今ちょっと調べていることがありまして、自分なりに多少 検索してみたものの、疑問点については不明のままですので、当該書籍を実際お読みになった かたに お聞きしたいのです。

この書籍は、近年実際に起きた事件を取材し、それを もとに書きあげられたノンフィクションなのだそうですね。
主人公は「多重人格障害」であるということで、精神分析ですとか心理分析の立場からは、「防衛機制」なる観点から、そういう現象も あり得るのだろうか...続きを読む

Aベストアンサー

お礼をありがとうございます。
まず念のために付記しておきますが、私は現実の患者さんを知らず、医療従事関係者でも専門家でもありませんので、以下の回答は何冊かの本を読んだだけの私の解釈ということを御承知おきください。

>違和感があるとなれば、防衛機制的必要性から起こしているとしても
既にある程度の予備知識があるものと推察いたしますが、この人格障害は、繰り返しもたらされる強度の精神的苦痛が引き金になって引き起こされ、その苦痛から物理的に逃れられない状況で発生します。
「こんなひどいことが私に起こるはずはない」
と、「苦痛を受けている自分」を本来の自分から切り離すことで、本来の自分を保とうとするわけですね。
それが繰り返し引き起こされるごとに、「切り離された人格」が定着していくのでしょう。
「切り離された人格」が持つ記憶は、本来の自分には残されません。
自分が対処できない状況に代わりに対応してもらうために、自分の一部を切り離すので、記憶が残っていてはいけないのです。
そして、「私に起こるわけがない」状況を引き受けてくれる人格は、自分にあまり似ていないようです。

ビリーミリガンの本の中では、異なる訛りを持っていたり出身地が外国だったりするケースもありますが、これもまた「こんなひどいことが起こるのは、私がここの家族ではないからだ」と信じたい心がそうさせているのでしょう。
不思議なのは、イギリス訛りやブルックリン訛りをどうやって習得したかということになりますが…。

繰り返し呼び戻され、定着を促された「切り離された自分」には徐々に性格が与えられ、キャラクターづけがなされていきます。
時として、自分が表現できない怒りや恐れ、憧れといった感情を、そのキャラクターたちは持つでしょう。
表現することを禁じられた本来の人格は、徐々に「空っぽ」になっていきます。

それらの人格を引き起こす障害となった心理的外傷から解放された後、--たとえば虐待を与えていた親から独立し、一人の生活を始めたあとでも、虐待の思い出を引き起こすいくつかの出来事…ガラスの割れる音や誰かの叫ぶ声などが辛い記憶を呼び戻し、条件反射的にその状況を処理するための人格を呼び出します。
苦痛を回避して現実にうまく対応するためであった人格乖離が、変化kした現実にうまく対応できなくなるために、彼らは外の世界にうまく対応できなくなるのです。

>そういう題材の絵というものが、まず珍しいですし
MPDに関する症例を扱った本では、かなりの確率で絵や筆跡の写真が出てきます。
もともと絵を描く人もいるでしょうし、MPDをうまく伝えられるからでもあるでしょうし、セラピーの一部として絵を描くことを勧めるセラピストも多いのだろうと思います。

「解離性同一性障害」で検索するとたくさんのサイトが出てきます。
実際の患者さんやその家族のサイトもありますし、その中でも絵や筆跡を公開されているサイトもありますよ。
例えば…↓
http://dissociation.xrea.jp/disorder/dissociation/

まずはいろいろ読んでみてください。

お礼をありがとうございます。
まず念のために付記しておきますが、私は現実の患者さんを知らず、医療従事関係者でも専門家でもありませんので、以下の回答は何冊かの本を読んだだけの私の解釈ということを御承知おきください。

>違和感があるとなれば、防衛機制的必要性から起こしているとしても
既にある程度の予備知識があるものと推察いたしますが、この人格障害は、繰り返しもたらされる強度の精神的苦痛が引き金になって引き起こされ、その苦痛から物理的に逃れられない状況で発生します。
「こんな...続きを読む


人気Q&Aランキング