【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

お世話になります。
VB.NETでAPI関数を呼び出す場合にまず、API関数を格納しているDLLを宣言しなけれならないと下記URLにあります。
(http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/024 …

(a)DllImport属性を利用する方法
<System.Runtime.InteropServices.DllImport("DLL名")> _
Function API関数名(仮引数)
End Function
(b)Declareステートメントを利用する方法
Declare Function API関数名 Lib "DLL名" (仮引数)

そこで、質問なのですが、(a)、(b)どちらの方法で実現する場合においても、DLLの格納場所はC:\Windows\System32でないといけないのでしょうか?(実際にコーディングしてもSystem32フォルダにないとエラーになってしまいます。)
任意のフォルダにDLLを格納し、そこを参照できるようにできるのでしょうか?
また、一般常識としてDLLはSystem32フォルダに格納しておかないといけないものなのでしょうか?

以上、よろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (1件)

DLL名にパスを含んでいない場合は


1) EXEファイルのカレントフォルダ
2) Windowsのシステムフォルダ(Win9x系ならWindows\Sysytem・WinNT系ならWindows\System32)
3) Winddows\Systemフォルダ
4) Windowsフォルダ
5) 環境変数PATHの設定フォルダ
といった順番でDLLを探すと思います
WinNT系へインストールする際にフォルダの権限などが原因で独自のDLLをWindows\System32へ書き込み出来ないとか
アンインストールなどの機能を提供しない
などの要因によって DLL自体を実行ファイルと同じフォルダに置くこともありますよ

『DLLを必ずWindows\System32に置きなさい』といった規約はありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅くなり申し訳ありません。
DLLの指定で絶対パスを入力していれば任意のパスで動作しました。
また、回答頂いた、1)~5)のパスにDLLを格納しても動作しました。
DLLはアプリケーション作成者が任意のパスに格納して、おけばいいのですね。
どうも、的確なご回答をいただきありがとうございました。

お礼日時:2007/10/15 09:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング