自分は「3未満」は3は含まれなくて、「3よりも小さい」は3は含まれると思っていたんですけど違うのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

■3未満・・・3は含まれない


■3以下・・・3は含まれる

「3より小さい」=「3未満」なので、3は含まないと思います。
    • good
    • 11

両方とも3は含まれません。


3が含まれるのは3以上、3以下の場合で、
3未満、3より大きい、3より小さいに3は含まれません。
    • good
    • 6

両方含まれません。


含まれるのは、以下、以上です。
    • good
    • 7

違います。



言い方が違うだけで同じものです。
ですから、どちらも同じ意味で使います。

3を含む場合は「以下」を用います
    • good
    • 2

「3未満」と「3より小さい」には、3は含まれません。



「3以下」ならば含まれますが。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さいひらがな(っ、ょ、ぃ、ゃ)等を大きいひらがな(つ、よ、い、や)に

小さいひらがな(っ、ょ、ぃ、ゃ)等を大きいひらがな(つ、よ、い、や)に変換する方法


例えば、っ、ョ、ぃ、ゃ等、小さいひらがな、カタカナを、
つ、ヨ、い、ヤ等の、大きいひらがなもしくはカタカナに変更する関数を教えていただけないでしょうか


mb_convert_kanaやstrtoupper等の関数を試行錯誤してみたのですが、よくわからなかったので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

小→大は単純に文字を置き換えるのが手っ取り早いです。
配列を使えば一気にできます。(そのほか、ぁ~ぉ、ゎなどがあります)
mb_convert_kanaの場合はmb_internal_encodingなどで使用言語を確定すると
精度があがります。

<?
mb_internal_encoding("EUC");
$str="あっいょうぃえゃお";
$str=str_replace(array("っ","ょ","ぃ","ゃ"),array("つ","よ","い","や"),$str);
print $str."<br>\n";
$str=mb_convert_kana($str,"C");
print $str."<br>\n";
?>

Q【数学・三角比】「3対4だと斜辺は5になる」ってなんでですか? 1対2対√3も1対1対√2も該当しま

【数学・三角比】「3対4だと斜辺は5になる」ってなんでですか?

1対2対√3も1対1対√2も該当しませんよね?

どういうことですか?

Aベストアンサー

3² + 4² = 5²
(9 + 16 = 25)

ピタゴラスの定理とか三平方の定理とか言う。

直角三角形の斜辺の長さの2乗は他の辺の2乗の和に等しい。

この逆も成立する。

5:12:13でも直角三角形になるよ。
5²+12²=13² になるからね。
(25 + 144 = 169)

Q【至急】 √10より大きく√30より小さい整数をすべて求めよ。 細かく解説お願いしますm(_ _)m

【至急】
√10より大きく√30より小さい整数をすべて求めよ。
細かく解説お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

√1から順に考えましょう。ルートだけで比較すると

√1 √2 √3 √4 √5 √6 √7 √8 √9 √10 √11 √12 √13 √14 √15 √16 ・・・・

そうすると、√10は √9=3 よりも 大きく √16=4 よりも小さいことが分かります
つまり、√10は 整数部分が3で、それに小数部分がつく数ということになります。

同様に、√30は、 √25=5 よりも大きく  √36=6 よりも小さいので
整数部分が5で、それに小数部分がつく数ということになります。

数直線で考えて下さい。  3.□□ より大きく、5.△△ より小さい整数は 、4と5です。

√10より大きく√30より小さい整数は、 4 と 5です。

例えば √50より 大きく、 √90より小さい整数は、 √50が √49=7 と √64=8 の間
√90は √81=9 と √100=10 の間の整数ですから

8,9 になります。

Q「9」を足しても足さなくても最後の答えは一緒なのはなぜですか?

「計算力を強くする」という本に出てきた車のナンバープレートゲームについての質問です。
4桁の数を全部足します。1239なら、
1+2+3+9=15
その答えをさらに、各位に分けて足します。
1+5=6
答えが1桁になったらそこでストップ。
このゲームでは「9」を足さなくても最後の答えは一緒なのです。
1+2+3=6
なぜなんでしょう?

Aベストアンサー

一般に、次のようになります。

(1)元の数は4桁でなくて何桁でもよい。
(2)加えるのは9でなくて、9の倍数なら何でもよい。また、どこにどう挟んでもかまわない。

例。
2845635→33→6

9の倍数として、27, 45, 36を用意し、これをバラバラにして途中に挟みます。
2[2]8[7]4[4]5[5]6[3]3[6]5

2287445563365→60→6

それで、なぜそうなるのかというと、桁を全部足す操作は、

「9を何度も引いていって、最後に1桁の数にする」

という操作と同じだからです。9をどんどん引いていくのだから、途中で9の倍数が加わったり、取り除かれたりしても最後の結果は変わりません。次のように考えてください。

1239→15→6

の例でいうと、

1239=1000 + 200 + 30 + 9

と分解できます。
ここで、1000から999×1を引き、200から99×2を引き、30から9×3を引くと

1 + 2 + 3 + 9

になります。今引き算をした 999×1 + 99×2 + 9×3 は、

999×1 + 99×2 + 9×3 = 9×(111×1 + 11×2 + 1×3) = 9×136

ですから、1239→1+2+3+9 という操作は、9を136回引くのと同じです。

この計算は、元の数が9で割り切れる場合は最終結果が9になり、元の数が9で割り切れない場合は最終結果は9で割った余りになります。

一般に、次のようになります。

(1)元の数は4桁でなくて何桁でもよい。
(2)加えるのは9でなくて、9の倍数なら何でもよい。また、どこにどう挟んでもかまわない。

例。
2845635→33→6

9の倍数として、27, 45, 36を用意し、これをバラバラにして途中に挟みます。
2[2]8[7]4[4]5[5]6[3]3[6]5

2287445563365→60→6

それで、なぜそうなるのかというと、桁を全部足す操作は、

「9を何度も引いていって、最後に1桁の数にする」

という操作と同じだからです。9をどんどん引いていくのだか...続きを読む

Q男だと、頭囲何cm以下からが頭や顔が小さい印象を受けますか?自分は54.5cmですが、小さいと言われ

男だと、頭囲何cm以下からが頭や顔が小さい印象を受けますか?自分は54.5cmですが、小さいと言われたり普通と言われることもあるので、よく分からないです。

Aベストアンサー

頭の周長値のみでは決まらんでしょ。
幅広い顔なら数値小さくても正面からみれば
団扇みたいに大顔ってことも。

Q方程式のいろいろ 「集合方程式3C=C∪(C+2)」「四元数を解とする方程式」「行列方程式」

いつもお世話になります。
一般に方程式とは、
未知のxなどの文字を含む等式のこと
ですが、
普通の「方程式」は実数または複素数の中から解を探します。

「不定方程式」とは、整数の中から解を探します。

ところで、ハミルトンの四元数の中から解を探す方程式ってあるのでしょうか?

また「行列方程式」って、あまり聞きません。
たとえば、Xを未知の2x2行列,Eを単位行列として、
X^2=E
を解こうとしても、解はたくさんあり、役立ちそうにもなさそうですが、有用な分野ってあるのでしょうか?

また、「実数の部分集合」の中から解を探す方程式というのがあります。
「集合方程式」です。
たとえば、
http://mathweb.sc.niigata-u.ac.jp/~akiyama/papers/proc/cuntz02.pdf
に、3C=C∪(C+2)という集合方程式が紹介されています。
カントール集合C
ja.wikipedia.org/wiki/カントール集合
がその集合方程式を満たすそうですが、満たすのは理解できたとしても、解の一意性というか、つまり、3C=C∪(C+2)を直接どうといてよいかが分かりません。

いろいろ質問が多くて恐縮ですが、有能な方が多いこのサイトで質問させていただきました。

いつもお世話になります。
一般に方程式とは、
未知のxなどの文字を含む等式のこと
ですが、
普通の「方程式」は実数または複素数の中から解を探します。

「不定方程式」とは、整数の中から解を探します。

ところで、ハミルトンの四元数の中から解を探す方程式ってあるのでしょうか?

また「行列方程式」って、あまり聞きません。
たとえば、Xを未知の2x2行列,Eを単位行列として、
X^2=E
を解こうとしても、解はたくさんあり、役立ちそうにもなさそうですが、有用な分野ってあるのでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

>しかし、ハミルトンの四元数は、そういった方程式になんらか関連しているとは聞いたことが無いのです。

これは四元数がでてる本(啓蒙的な書籍か数学史の書籍の方が多分くわしい)を見れば大抵出てますが。。。
虚数単位 i は a^2+b^2 の因数分解で必要です
それなら, a^2+b^2+c^2+d^2 ならどうなる?
という発想で出てきたのが四元数です

もっとも四元数は行列で表現できるので,
あんまり使わないですけども
数学的には行列の枠組みで処理する方が多いです

代数的には四元数は
「これ以上大きい数の体系で都合のよいものはない」
(実数上の多元体で最大のもの)
ですし、「回転」ができるので面白いですけど,
やっぱりあんまり「数学では」使いません.

>解全体の集合自体が重要になるとは、新鮮な認識でした
今の数学のほとんどが「解の集合」を
相手にしているといってもいいはずです.

Q現在、6ヶ月のヨーキーを飼っています。体重は1300gです。よく「6ヶ月にしては小さい」と言われ

現在、6ヶ月のヨーキーを飼っています。
体重は1300gです。
よく「6ヶ月にしては小さい」と言われるのですが小さい方なのでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーキーには成犬でも2㎏にもならないものと、
軽く3㎏超えるものと居ます。
小さい種類ではないでしょうか。

Q電器店の「3割引」と「3割還元」って違うの?

この前テレビで、電器店の話がありました。
ここで、出演者の芸人がこう言っていました。

「3割引と3割ポイント還元は違う。
例えば、1000円の商品を例にする。
3割引なら700円になる。
一方、3割ポイント還元という事は、1300円の商品を1000円で
買ったのと同じだ。
したがって、3割ポイント還元とは、(1000÷1300≒0.77)
となるから23%オフと同じ事だ。
つまり、3割ポイント還元とは3割引よりは損である」

この理屈はよく分かりませんでした。
「3割引と3割ポイント還元のどっちが得か」と言えば、
私は同じだと思うんですが…

Aベストアンサー

一般的な回答としては#1,#2さんの回答が適切でしょうが,あえて別の角度から.
(「ポイントは使途が限定されるので一般論として現金より低く評価される」という#3さんの論点はここでは措いて,純粋な数的議論だけでいきます)

月曜日に,電器店で1000円の買い物をして300円相当のポイントを得ました.
得たポイントを行使すべく,火曜日に300円相当の買い物をしてポイントで支払いました.
ここで注目すべき点は,「300円分全額をポイントで支払ったとき,300円の3割分(90円相当)のポイントが付与されるか?」ということです.

(1) 付与されないなら,1000円の現金払いで1300円相当の商品を得て終わるので,件の芸人の説は正しいことになります.

(2) 一方,付与されるなら,話が変わってきます.
すなわち,水曜日にポイントを行使して90円相当の買い物をして,27円相当のポイントを得て,さらに木曜日に… と,(いくらでも細かい金額の買い物ができると仮定すれば)無限にプロセスが続くことになります.
このとき,1000円の現金で買える商品の総額は,1000+300+90+27+… = 1000*(10/7) となります.
つまり,商品の総額に対して,その7割の現金支払いで済むのですから,これは「3割引」と同じといえます!

結論として,一般的なポイント制度のルールと思われる(1)の立場で,なぜ3割ポイント還元が3割引より不利なのかという理由は,次の点に見出せるわけです.
「『還元されたポイント』は,相当額の現金と比べて『価値が低い』,なぜなら,現金支払いならポイントが発生するが,ポイント支払いでは新たなポイントが発生しないから」

一般的な回答としては#1,#2さんの回答が適切でしょうが,あえて別の角度から.
(「ポイントは使途が限定されるので一般論として現金より低く評価される」という#3さんの論点はここでは措いて,純粋な数的議論だけでいきます)

月曜日に,電器店で1000円の買い物をして300円相当のポイントを得ました.
得たポイントを行使すべく,火曜日に300円相当の買い物をしてポイントで支払いました.
ここで注目すべき点は,「300円分全額をポイントで支払ったとき,300円の3割分(90円相当)のポイントが付与されるか?」...続きを読む

Q私は口下手や声が小さい事が悩みです。 改善するための方法はありますか?

私は口下手や声が小さい事が悩みです。
改善するための方法はありますか?

Aベストアンサー

口下手って、もどかしいですよね。私も若い頃、ずっと口下手で過ごしてきました。
でも、口下手のせいで誤解されて、ケンカになったり仲が悪くなったりしたこと、ありますか?
私の場合は、ありませんよ。そう、口下手なこと自体は、別に悪いことじゃないと思うんです。
私の場合の話なんですが、口下手・声が小さい、というのは、内気な性格から生じたものでした。
なんだか相手の顔色をうかがってしまうから、口下手に・声が小さくなっていたように思います。
ただ、内気を克服するために混声合唱団に入ったり、労働組合の役員をやったりしてる内に、
性格も変わり、口下手でなくなり、声も普通になりました。(完)
~はむすたーさんの参考になりますように~

Q「1÷1/3」=「1×3/1」ではないですか?

1÷1/3=3.0003・・・等の答えになります
1×3/1=3

初歩的な質問なんですが、ちょっと気になったのでご質問させて頂きました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1÷1/3=3.0003・・・ ではなく
1÷1/3=3.000…が正解。
そもそもなぜ小数第4位に3が出現するのか謎ですが計算してもでてきませんよ。小数の最後に3がつくのですがこれは数学的に無です。何もありません。
例えば同じようなことで1/3=0.333...ですから3を掛けると
0.9999999...となります。しかし、元の1/3に3を掛ける1になりますので1=0.999999...となります。これは数学的な公理と呼ばれる定義よりも細かいところで定められているのでこれ以上は説明できません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング