【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

はんれい岩と百科事典で調べたら火山岩の玄武岩とでてきました。
どういう意味でしょうか?
詳しい方。教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

化学組成で見るとはんれい岩と玄武岩は同じような岩石という意味でしょう.


はんれい(斑糲)岩は,玄武岩質のマグマが地下でゆっくりと冷えた深成岩の一種です.輝石や角閃石などの鉄やマグネシウムを多く含んだ鉱物が多く,黒っぽい色調を示します.化学組成は地表に噴出して急速に冷えた玄武岩とよく似ていますが,ゆっくり冷えたために含まれる鉱物が大きく,全体が鉱物の結晶からできています(完晶質).
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ようは、深成岩か火山岩かということですね。。ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/07 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q堆積岩の見分け方

堆積岩の見分け方

野外調査で岩石を見分ける際

粒の大きさで泥岩・砂岩・礫岩は見分けられますよね。
しかし、チャート・石灰岩・凝灰岩も関係してくると、ごちゃごちゃになりません?

たとえば、チャートと泥岩の見分け方は?

チャートと石灰岩は硬さや酢酸をかけて発泡するかなどで比べることができますが
チャートと泥岩の成分を比較して明確に判断するのは、その場ではできませんよね?


凝灰岩と火山岩の見分け方は?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>チャートと泥岩
チャートはガラス質ですので割った時の切り口に光沢があり断口状となります。
それに比し泥岩は、そうなりません。

>凝灰岩と火山岩の見分け方は?
含まれている鉱物の結晶が壊れているのが凝灰岩で壊れていないのが火山岩です。
従って岩をルーペで拡大して観察し、中の鉱物が壊れていないか確認して判定を行ないます。

流紋岩など細粒なものはルーペで見ても結晶が認識できない場合がありますが、その場合はハンマーで叩いた時の硬さの違いで判定します(火花が出るくらい硬ければ火山岩です)。

また、例えば溶岩であっても縁辺部は急冷されますので鉱物が壊れ凝灰岩状となります。
この場合は、産状から凝灰岩ではなく溶岩本体と一括して火山岩と判定します。

Q片麻岩の特質について教えてください。

 落石事故について調査しています。ただ、hami10は高校時代から地学を専攻していませんので、岩石の性質ついてさっぱりわかりません。まず片麻岩とは脆い岩なのでしょうか。教えてくだされば嬉しいのですが、よろしくお願いします。
 次に、飛騨変成岩類で「石灰質片麻岩」「石英・長石質片麻岩」「塩基性片麻岩」の脆さも含め特質を教えていただければ嬉しいのですが。。。

Aベストアンサー

片麻岩は、原岩(砂岩・泥岩等)が変成作用を受けた岩石で、片岩(頁岩やスレートなど)より変成作用が進んでいるため、片理、劈開など片状構造は弱くなっているので、目に沿ってはがれやすいということはあまり無くなります。
そのため、片麻岩はどちらかというと、「固い」岩石に分類されますし、特に石英質、塩基性のものとなればあまり脆いとは思われないのですが。
ただし地域特性や風化の程度にもよると思います。残念ながら飛騨変成帯の片麻岩はよく知らないので、断言はできません。

事故の調査ということでしたら、やはり専門家に現地を見てもらって、地質構造などきちんと整理した方が良いかと思います。
# 落っこちてきたのは、でっかい転石(浮き石)って
# ことも考えられますので。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q磁石につく金属とつかない金属

磁石に鉄、コバルト、ニッケルなどはつきますがアルミニウム、金、銀、銅などはつかないのはなぜか理由を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

原子を構成する電子のスピンが関係しています。
スピンとは電子の自転運動に相当し、スピンによって電子そのものが磁石としての性質を持ちます。
電子のスピン同士はお互いを打ち消し合う性質を持ちますが、鉄、コバルト、ニッケルはすべて打ち消し合わずに3d軌道と呼ばれる電子軌道にスピンが余ります。
このような物質が強い磁界に入り込むと、余ったスピンにより、強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。
すべてのスピンが打ち消し合う物質の場合は、スピンが余っていないので、強磁性体(磁石)に吸い寄せられる事はありません。

Q方解石と石英の見分け方

趣味で、ガイドブックを頼りに、方解石と石英を探しに山へ行きました。そうしたところ、3-5cmくらいの無色透明な立方体のものを幾つか見つけました。しかし、ガイドブックによると方解石と石英の産出地としてしか説明がなされていないため、自分が見つけたものが石英なのか?方解石なのかわかりません。簡単に見分けられる方法を教えてください。

Aベストアンサー

 劈開面の有無と硬度の違いで見分けられます。
 劈開(へきかい)とは割れた面がきちんとした平面になる性質で、方解石には完全な劈開が見られ、
ANo.2のお答えのように、砕くとマッチ箱をつぶしたような形に割れるので、方(四角)に解する石という名がついています。
 石英には劈開はありませんので、採集した白い鉱物の表面を陽にすかしてみたとき、キラリと光る平面が見えれば方解石です。
 硬度は、持っているハンマーやたがね、ピンセットなどの採集用具の角で表面を引っかいてみて、
傷がつくほうが方解石、つかなければ石英です。
 

Q日本を縦断するプレートの境界ってどうなっているの?

まず、太平洋プレートが、北米プレートやフィリピン海プレートの下にり込んでいたり、フィリピン海プレートが、ユーラシアプレートの下に潜り込んでいるのは分かります。

しかし、日本を縦断している、フィリピン海プレートと北米プレートとの境目、ユーラシアプレートと北米プレートの境目は、それぞれどうなっているのでしょうか? 富士山があったりするから、プレート同士がぶつかって両プレートともにせり上がったりしているのでしょうか? もしせり上がっているとすれば、地震はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

●フィリピン海プレートと北米プレート
フィリピン海プレートが北米プレートの下に沈みこんでいます。神奈川県の箱根・丹沢あたりから、相模湾を経て、千葉県南東沖に境界があります。海底地形図などを見ると、この地域にはトラフ(海溝ほど深くない海底の溝)があります(相模トラフ)。
一般にプレート沈み込み帯では巨大地震が起きるとされますが(例:東南海地震、東北地方太平洋沖地震)、このプレート沈み込み帯で起きるのが関東地震(関東大震災)です。
江戸時代の1703年に起きた元禄関東地震は、箱根のあたりから千葉県の沖合いまでがいっぺんにすべったと言われており、プレート境界の大部分が動いたと言えます。

●ユーラシアプレートと北米プレート(新潟以南)
かつては糸魚川―静岡構造線がプレート境界と考えられていましたが、いまでは新潟県から伊勢湾付近にかけてプレート境界があると考えられています。GPSの広域観測によって、この境界の西と東で日本列島が若干ながら違う動きをしていることが明らかになりつつあります。
ただし北米プレートとユーラシアプレートの相対速度はあまり大きくないので、地殻内のひずみの蓄積もさほど大きくはありません。プレート境界で顕著な地震が発生するかどうかも不明です。(それよりも、新潟―神戸ひずみ集中帯、糸魚川―静岡構造線、中央構造線などのほうが地震との関係は深いと考えられます)

●ユーラシアプレートと北米プレート(新潟以北)
新潟県から北は、秋田沖、北海道西方沖と、日本近海にプレート境界があります。
両方のプレートがぶつかりあって、そのまま沈み込んでいると考えられています。ただしプレート同士の相対速度が大きくなく、またプレートの岩石密度にもあまり差がないので、いまのところ太平洋側のようなプレート沈み込み帯は形成していません。ただなんとなくぶつかって、そのままなんとなく沈んでいくイメージです。
ただ、もう何百万年~何千万年もすれば、太平洋側のように海溝を伴ったプレート境界が出来るかもしれません。
プレート境界を挟んで東西から押されているので、少ないながらもひずみは蓄積します。この地域で起きた地震としては、1964年の新潟地震、1983年の日本海中部地震、1993年の北海道南西沖地震、1940年の積丹半島沖地震などがあります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%B5%B7%E6%9D%B1%E7%B8%81%E5%A4%89%E5%8B%95%E5%B8%AF

●フィリピン海プレートと北米プレート
フィリピン海プレートが北米プレートの下に沈みこんでいます。神奈川県の箱根・丹沢あたりから、相模湾を経て、千葉県南東沖に境界があります。海底地形図などを見ると、この地域にはトラフ(海溝ほど深くない海底の溝)があります(相模トラフ)。
一般にプレート沈み込み帯では巨大地震が起きるとされますが(例:東南海地震、東北地方太平洋沖地震)、このプレート沈み込み帯で起きるのが関東地震(関東大震災)です。
江戸時代の1703年に起きた元禄関東地震は、箱根のあ...続きを読む

Q浪人で四谷学院か河合塾どちらが良いですか?

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせそう。
・実績があり、バックアップが良さそう。
・国公立コースなので、授業の内容がしっかりやってもついて行くことができるのか不安。
・テキストの質は良いと思う。
・夏の合宿や日曜対策講座などがなく、一定のペースで一週間勉強できる。
・国公立コースでも日曜は必ず休み。

【四谷学院】
・授業についていけないことにはならないと思う。
・個別指導もあるので自分の補強必要部分がわかりやすいと思う。
・あまり良い評判を聞かない。
・55段階個別指導で入試に間に合うのか疑問。
・夏の合宿や秋からは日曜対策講座もあり、日程が変則的でペースが乱れそう。
・日曜も講座があれば休みが1日もない。
・受験生でも週1日は休みが必要で、気分転換や次の一週間に向けての準備が必要だと思う。

もちろん、どちらに入ったとしても、全力でやります。
実際にどちらも説明にも見学にも行っていませんが、資料はしっかり見ました。
どちらの予備校が良いですか?
予備校経験のある方、詳しい方は特にお願いします。

18歳 男性です。大阪在住。
浪人が決まって、予備校に行くことになったのですが、四谷学院か河合塾ま迷っています。
僕の偏差値は45ぐらいで、現役の時は龍谷大学を目指していました。
今年は浪人するわけですから、国立の岡山大学か広島大学を目指して頑張ろうと思っています。
駄目でも良いので、一年間全力でやり抜きたいと思っています。
やらないで後悔したくありません。

そこで河合塾か四谷学院どちらが良いですか?

今の僕の両塾の感想は
【河合塾】
・しっかりついて行くことができれば、成績をのばせ...続きを読む

Aベストアンサー

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていても何も言われません。四谷の場合は、55段階の時は雰囲気的にサボりにくく、結局勉強する環境になります(集団授業でもあてられることがあるので、勉強する環境になりやすいです)。特に55段階は、「自分で分かっているつもり」の箇所を徹底的に突っ込まれ、基礎が分からず、勿体ない失点を教えてくれます。
 大手は「多くの人数に良質な授業をし、その中から生き残った人間が合格」していく構造です。そのため、大手予備校のCMは環境より合格者の数字を前面に押し出しています。あれは「数字がいい=いい環境と思う=いい人材が集まりやすい」だけであり、その連鎖で数字が出ているだけです。成績がイマイチな人は予備校からすれば「数字(宣伝材料)にならないが貴重な利益貢献者」となります。その証拠に大手予備校では名門進学高校の生徒の授業料は無料が多く、普通の高校からはしっかりお金を取っています。生徒には合格の数字かお金の数字を出すようになっています。そのため、費用と授業の質を考えると(先に挙げた名門講師は難関大対策にしかいないことも考えると)優秀な受験生は非常に割安いで、そうでない生徒は(優秀な人の費用も負担していることになるので)非常に割高です。ちなみに四谷学院は解く体制度は一切ないと思います(私の時はなく、今もないでしょう)。

 あなたの目指すレベルであれば自分でしっかりやっても到達できますが、大手の場合は実績にほとんど関係ない大学なので、予備校としてのフォローも期待できません。特に大手は年間費用を一気に先に払うので、フォロー等のクレームでやめられてもお金の損失がないからです。大手予備校のテキストは情報に無駄がないものですが、白黒の(私には)使いにくいものでした。四谷は市販の参考書のようなカラフルな教科書・参考書です。

 ちなみに55段階の到達ですが、これは心配ありません。55段階全部終わらないと意味がないものではなく、最初の30~40%で出題範囲の内容は終わります。それ以降の級・段は演習形式になっており、残りの30%は早以上の人だけに必要なもので、全部終わったら「どこでも大丈夫」というカリキュラムです。私自身、英語・国語は終わらなかったものもあります。ちなみに、1時間でやれるだけやっていいので、初めのころは1時間で5級くらい進みます(秋以降は2~3級程度が多いです)。55段階の一番の目的は、範囲を網羅することと、自分が勉強したことを可視化でき、やる気が出る点です。授業を受けっぱなしの予備校だと感じにくい部分です(それを感じなくても自発的にやれる人には効果はありませんが)。
 ちなみに日曜講座や合宿に私は一切参加していません。夏季・冬季の講習はそこそこ取りましたが、通常の時期と同じかそれより少ない授業数で十分です。

 ちなみに、四谷は3月中に申し込むとその時点で55段階の指導を受けられます(今やっているかは確認してみてください、私の時はそうでした)。私は4月から通ったのでできませんでしたが、既にハンコをもらっている人がいて、「しまった」と後悔しました。評判に関しては、正直集団授業の講師の質は大手に及びません。ただ、四谷はそれ以上に学習システムがしっかりしていると思います。

四谷学院のOBです。他で(河合ではありませんが)学費が○%引きの特待で在籍もしていました。

 たしかに大手の予備校の講師は受講して「凄い」と感じますが、それを自分の学力に反映できるかと言われれば疑問です。「聞いて理解できる」と「その内容を問題を解く時に使える」は別物なんです。また大手予備校の人気講師は難関大学の講座が中心で、中堅大学の講座にはあまりいません。いたとしても単科講座といって、年間60万等の学費は別にかかる講座を取らないといけません。

 大手予備校の場合、サボっていて...続きを読む

Q花崗岩質?玄武岩質?橄欖岩質?

 花崗岩質岩石・玄武岩質岩石・かんらん岩質岩石とありますが、いったい具体的に何ガンなのでしょうか。「~質」って妙に奥歯に物が挟まったような言い方で、非常に腑に落ちません。
 それぞれ単に、花崗岩・玄武岩・かんらん岩だけではだめなのでしょうか。直接捕獲されたわけではないので、「花崗岩および近似の性質を持つ岩石」ということなのでしょうか。
 実際に地殻やマントルにあるかどうかももちろん、具体的にこういう「~質」岩石とは、どういった岩石が該当するのでしょうか。

Aベストアンサー

岩石名は,化学組成,岩石を構成する鉱物種類と量比,組織などで定義されています.カコウ岩質等の言い方は実際には細かく別れている岩石名を,一定の性質で岩石をまとめて言う時に使う言い方と思ってください.カコウ岩質,玄武岩質,カンラン岩質は,特にケイ素,鉄・マグネシウム,アルミニウムの量だけで岩石を大きく分類した時の呼び方になります.

たとえば地殻上部,地殻下部,マントルを構成する岩石の化学組成にはそれぞれある傾向があります.地殻上部の岩石は一般にケイ素が多く,アルミニウムやナトリウムなどに富む傾向があります.こういう傾向の岩石からなることを表現する時に,カコウ岩を代表的な岩石として扱い,「カコウ岩質」の岩石と呼びます.実際には安山岩やカコウ閃緑岩,石英閃緑岩などや,石英や長石が多い砂岩や泥岩も含みます.
同じようにケイ素が少なく鉄・マグネシウムが多い傾向があるマントルの岩石をカンラン岩で代表させて「カンラン岩質」 ,地殻下部の岩石は玄武岩に近い化学組成の岩石からなるので「玄武岩質」と呼びます.マントルを構成する岩石は実際にはダナイト,ハルツバージャイト,ウェールライト,レルゾライトなどが,地殻下部の岩石には玄武岩に近い組成のハンレイ岩,玄武岩,場合によっては変成岩の時もあるでしょう.

岩石名は,化学組成,岩石を構成する鉱物種類と量比,組織などで定義されています.カコウ岩質等の言い方は実際には細かく別れている岩石名を,一定の性質で岩石をまとめて言う時に使う言い方と思ってください.カコウ岩質,玄武岩質,カンラン岩質は,特にケイ素,鉄・マグネシウム,アルミニウムの量だけで岩石を大きく分類した時の呼び方になります.

たとえば地殻上部,地殻下部,マントルを構成する岩石の化学組成にはそれぞれある傾向があります.地殻上部の岩石は一般にケイ素が多く,アルミニウムやナト...続きを読む


人気Q&Aランキング