在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

自分は中学生です。学校の課題でベートーベンの「運命」という曲を鑑賞し、その曲を聞いて思った感想をレポート用紙に書いて提出しなければならなくなりました。
自分はあまり音楽についてよく分からなくて、曲を聞いてその感想を書くというときにどのようなことを書けばいいのかが分かりません・・・。
どのようなことを書けばよいのでしょうか?
出来れば「運命」という曲を聞いて書くといい具体的な文章を教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ANo.1さんがモーツァルトときたので、対抗するわけではないのですが、もっと普段接する音楽、今聞いてる曲や携帯の待ち受けにしているような曲と比べてどうか率直に感想を言えばいいと思います。



あまり「こういう文章を書かなければならない」というのではなく、あなたの言葉で書けばいいのです。

まず、あの特徴的な、ジャジャジャジャーンという最初の響きを聞いてあなたはどういうふうに感じましたか? 「運命」というタイトルは、この冒頭の音楽が「運命がたたく」ように聞こえたからつけられたものだと聞いたことがありますが、あなたはどのように聞きましたか?あなたが普段聞く曲と違って、歌詞もなく、ある種の倦怠感もなく、有無を言わせずどんどん突き進んで行く「運命」の純粋さ、強引さをどういうふうに感じましたか? とにかくよく何回も聞いて、自分の感じたことをそのまま紙(或いはパソコン)に落とせばよいのです。何も悩む必要はありません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

分かりました。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/16 17:16

とりあえず、断片のみの主題で完璧ともいえるソナタ形式を形成していること が画期的な曲ですね



♯1の方のように
>終わりの頃になると曲が明るくなるとか、平和が戻ってくるような感じ、何か悪いことが起きたような感じがするとか、突然空が曇って雷が鳴るようだとか、攻撃的だとか

という聞き方はこの音楽の聞き方として間違っています。何を書こうが自由と言うのはわかりますが、ベートーヴェンがこのような文学的な情景を意図していない以上はこういう風にしか音楽を聞けないと言うのは作曲者に対しての冒涜行為だとも思っています。

#3や4の方がおっしゃるようにこのレポートを書かせる現在の教育現場のあり方がよくないですね。何か奇抜な詩でも書いて先生をびっくりさせなさい
    • good
    • 6
この回答へのお礼

色々参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/16 17:11

#3さんの文章に大いに共感するものです。


まさに、数学のように「あらかじめ正解がある」ようなレポートだったら、提出を拒否したいですね。
とはいえ、初心者向けにアドバイスするなら:
(1) 作曲家の生涯(生きザマって言葉は好まないのですが)との関連。ふつうは、そういう聴き方をしてはいけないのですが、この音楽だけはそれが許されるようなものを持っています。
(2) 作曲技法。何回か聴いて、気がついたことだけで結構です。例えば、主題の首尾一貫とか、変奏のすばらしさとか、聴き手を飽きさせない細部の「意外性」とか、常に新しい発見があるはずです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

丁寧なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2007/11/16 17:13

 


 運命の岐路 ~ 胸を打つ確率は低い ~
 
 わたしは、生涯に三つの夢が叶えられるなら、いかなる犠牲を払って
でも、この名曲を、オーケストラで指揮したいと思っています。
 
 しかるに、初演における聴衆の反応は冷ややかで、のちのち大先輩の
ハイドンは眉をしかめ、大詩人ゲーテも「騒がしい曲だ」と評します。
 
 現代作曲家の俊英・加古隆は、小学生のころ友だちの家でレコードを
聴いた瞬間から、この曲のとりこになったそうです。
 
 ヴァイオリニストの巌本真理は、どんな名曲も、何も知らずに聴いて
みて、面白かったら、また聴けばいい、と語っています。
 
 わたしは、音楽の授業で、すでに評価の定まった名曲を、あらためて
感想文に書かせるようなアイデアには同意しかねます。
 
 おそらく、あなたのクラスの同級生が、みんなそろって運命ファンや
運命ぎらいになるとは思われません。
 
 まるで独裁者の支配する国家で、こぞって忠誠を競うようなゴマスリ
レポートばかりだと、読むほうも大変だと(先生に)同情します。
 
 いかに絶賛しても、ロマン・ロランに及ばず、もしも酷評すれば低い
点数が与えられるような、みえみえの課題ですね。
 
 あなたが、将来どんな人生を歩むにしろ、思ったとおり語る感性と、
相手の望むような文章を書く技術を、併せもつ能力が必要でしょうね。
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

参考になる文章をありがとうございました。

お礼日時:2007/11/16 17:15

例えば、モーツアルトの曲と聞き比べてみてはいかがですか。

または、第五を最初から最期まで聞いて、音の強さの変化とか、最初の出だしを聞いてどんなイメージが湧くとか、そして、終わりの頃になると曲が明るくなるとか、平和が戻ってくるような感じ、とか。
何か悪いことが起きたような感じがするとか、突然空が曇って雷が鳴るようだとか、攻撃的だとか、感じたことをそのまま書くといいと思います。
感想文に「これが正しい答え」なんて無いのですよ。自由に自分の感じたことを、言葉で書くのが一番です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

比べるというのも一つの方法なんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/16 17:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベートーベン作曲の交響曲第五番ハ短調の感想

ベートーベン作曲の交響曲第5番ハ短調の
感想を教えてください!!!


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3楽章の最後、ティンパニーで刻みながら徐々に登りつめて4楽章へ雪崩れ込むとことが好きです。

聞いたふりして感想だけ言うの?

Q音楽の授業で鑑賞文の宿題が出ました。 曲は、ベートーヴェンの「運命」です。 どのようなところに着目し

音楽の授業で鑑賞文の宿題が出ました。
曲は、ベートーヴェンの「運命」です。
どのようなところに着目して文章を書けばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず曲を聴いてみて思ったこと、感じたことを書くのが鑑賞文だと思います。
30分程度の曲なので何度か聴けると思います。
YouTube等を検索すると色々な演奏家の運命があるので、貴方のその感じ方の違いを鑑賞文にするのもあると思います。
運命という表題が付いていますが、これはどうして付いたのか不明な部分が多いので、そこを切り込むのも面白いですね。
初演が同じだった6番の田園との対比も鑑賞文として面白いと思います。
楽章ごとの明暗の違いから貴方が感じたことを書いてみるのもあると思います。

Q音楽の鑑賞文

学校で、有名な曲を聴かされて、それについての鑑賞文を書け、という課題が出ました。

自分では、思ったことを色々と書いたつもりなのですが、評価はあまり芳しいものではありませんでした。


書く内容がずれていたのでしょうか。一般的にはどんなことを書くものなのでしょうか。また、どんな書き方をすればよいのでしょうか。

鑑賞文とは、評価の高い低いを争うものではないと思うのですが、評価の高い鑑賞文とは、どのような書き方をしているのでしょうか。

Aベストアンサー

中学校音楽の教師をしています。
まず、鑑賞には2つの種類があります。
1つは「感受」の鑑賞文。
こちらはいわゆる従来の鑑賞の授業の感想でかまいませんが、評価としての良し悪しは基本的に自分の感情を利用して感想を書いているかどうかです。「この部分でこういう音が鳴ったので私はこういう感情になった・こういう気持ちになった」などがよいと思います。どういうことかというと、“あなた自身が音楽を感じ取って受け止めているかどうか”です。つまり「音楽の感受」です。ここで、「いい曲だった」「迫力があった」などは絶対書かないほうが(これはどんな時も書かないほうがいいです)いいでしょう。だって、いい曲だから先生は君たちに聞かせるんだもん。ちなみにこちらの鑑賞文は第二観点の「音楽的な感受と表現の工夫」に成績がつきます。
2つ目はずばり「鑑賞」です。
こちらはちょっと複雑なのですが、音楽的な歴史や文化を踏まえた感想を書かなければなりません。本当はね(^^;たとえばベートーヴェンの交響曲などではソナタ形式のことや当時の文化や作曲者の生涯についてを絡めて感想を書かなければなりません。ここで「いい曲だった」「迫力があった」などを書いた場合。内容の良し悪しは問わず厳しい先生なら「C」をつけるでしょう。こちらは第四観点の「鑑賞の能力」に成績がつきます。
基本的には上記のように成績配分をしなければいけないことになっているのですが、いろいろな事情で先生自体が評価をよく理解していなかったり、その学期には適した教材を入れることができなかったりと見分けるのが困難なことがあります。ですが、授業中の先生の問いかけや書くための用紙に説明が書かれていることに注意を払うと見分けられることが多いと思います。これをしっかり見分けてそれに適した文章を書かなければ、どんなに自分ではよい文が書けたと思っても評価はよくなりません。
質問の文にもありましたが、鑑賞文の評価の高い低いなんてつけられないんです。そのとおりです。ですから、聞かれていることを答えるような文章がかけているか、または聞かれていることを音楽から聞き取れているかどうかが評価の分かれ目です。
音楽は実技教科ですが、鑑賞や話し合いでは適した部分で適した発言や文章が書けることが能力の1つとして考えられています。つまり何にも考えないで音楽やって、いくら上手く演奏できても認められないんです。「感受・思考」と「表現能力」のバランスが取れていなければ「5」にはならないのです。
ですが、全国中の音楽の教員にこの評価方法が伝わりきっているかというと、はなはだ疑問でもあります。文部科学省はもっとPRをしてもらえないと全国一律に評価がなされていないということになるので私個人としては本当に申し訳なく思っています。

中学校音楽の教師をしています。
まず、鑑賞には2つの種類があります。
1つは「感受」の鑑賞文。
こちらはいわゆる従来の鑑賞の授業の感想でかまいませんが、評価としての良し悪しは基本的に自分の感情を利用して感想を書いているかどうかです。「この部分でこういう音が鳴ったので私はこういう感情になった・こういう気持ちになった」などがよいと思います。どういうことかというと、“あなた自身が音楽を感じ取って受け止めているかどうか”です。つまり「音楽の感受」です。ここで、「いい曲だった」「迫力...続きを読む

Qソナタ形式の交響曲を聴いていて、どこからが展開部だとか、どこからが第2

ソナタ形式の交響曲を聴いていて、どこからが展開部だとか、どこからが第2主題だとか、聴いてもなかなか分かりません。
そういうのはどうやって知るのですか。
何かの本に書いてあるのですか。
どこからが第2主題だとか、どこからがコーダだとかはどうやって知ることができるのですか。
教えてください。

Aベストアンサー

>第2主題だとか、どこからがコーダだとかはどうやって知ることができるのですか。
スコアを見れば、各部分が∥←二重になった小節線で区切られているので判ります。

ソナタ形式は、とても解りやすい作曲形式です。
第一主題∥第二主題∥展開部∥再現部(第一主題)∥再現部(第二主題)は、スコアを見ると、各部分が複縦線(ふくじゅうせん)で区切ってあるので、一見して判ります。普通の小節線は「|」ですが、複縦線は「∥」←このようなニ本線です。
最後の第二主題の再現部分とコーダ(エンディング)の間には複従線が無い場合もありますが、これは、第二主題から切れ目なくなだれ込むようにコードに繋がる場合が多いからです。しかし、第二主題は最初の提示部に示されているので、見比べれば境目は判ります。

ソナタ形式は、簡単に言うと
Aメロ∥Bメロ∥サビ∥Aメロ∥Bメロ&エンディング∥
となっており、最初の「Aメロ∥Bメロ」が主題提示部です。
「サビ」が主題展開部で、Aメロ&Bメロに使ったモチーフなどを使って展開します。
再び「Aメロ&Bメロ」を聞かせて(主題再現部)エンディングで終わり。
主題提示部は、「これから演奏する曲はこのような曲です。このあとこれを応用して展開しますので、よく聴いておいて下さい。」という部分です。

展開部は、本来の曲の部分です。この展開部で作曲技巧を見せつけたいために曲が作られています。
「オレが書くと、さっきの主題をここまで展開できるのだぞ!」と自慢する部分です。

主題再現部は、「いま激しく展開したのをしっかり聴いていただいたと思うが、その原型はこれでした。もう一度よくお聴き下さい」という部分です。

主題提示部は、スコアで見ると、長調の場合、ある調子から始まって、複縦線の後ろに#が1ヶ増えている部分(♭が1ヶ減る部分)があります。最初からその複縦線までが第一主題(Aメロ)で、その後ろが第二主題(Bメロ)です。第一主題が男性的な感じで書かれていて、第二主題は対照的に女性的ななめらかな旋律で書かれているのが普通です。第一主題と第二主題の終わりは、各々に軽いエンディングが付いているので聴いていてもそれとスグ判ります。
AとBが判りにくければ、AメロとBメロをわざわざ書いた意味がないので、対照的でハッキリ判るように書かれています。
展開部は、先ほど聴いたAメロとBメロのごく一部のモチーフが出てたり変奏されていたり、なんとなく、「あぁ、さっきの部分を引っぱてきたな・・・」と判ります。
主題再現部は、一番最初のAメロがほぼそのまま出てきますので判ります。続いてBメロもそのまま再現されますが、今度は複縦線があるものの、#や♭の増減はありません。しかし、冒頭提示部でA&Bは一度聴いているので「ああ、ここからBメロだな!」とスグ判ります。
最後は、お馴染みのしつこいエンディングで派手に終わります。

ポケットスコアの解説などでは、解説者にもよりますが、上記のとおり、複従線で区切ってある以外は「第125小節から展開部です」などとは書いていません。書いてなくても区切ってあるので判ります。

歌謡曲や、ポップスも、Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→エンディングという「ソナタ形式」で書かれているものが非常に多いです。「ソナタ形式」は音楽の永遠不滅にして最高の作曲形式だと思います。

>第2主題だとか、どこからがコーダだとかはどうやって知ることができるのですか。
スコアを見れば、各部分が∥←二重になった小節線で区切られているので判ります。

ソナタ形式は、とても解りやすい作曲形式です。
第一主題∥第二主題∥展開部∥再現部(第一主題)∥再現部(第二主題)は、スコアを見ると、各部分が複縦線(ふくじゅうせん)で区切ってあるので、一見して判ります。普通の小節線は「|」ですが、複縦線は「∥」←このようなニ本線です。
最後の第二主題の再現部分とコーダ(エンディング)の間には複従...続きを読む

Qヴィヴァルディ 春の感想文

中学一年生です。 音楽の授業で、ヴィヴァディの季節の「春」を聞いて、その感想を書くということをやっています。 どんなことを書けば評価が上がるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは

基本的には、素直に感じたことを書けばいいです

まだ曲は聞いてないんですよね?

しっかり聞いて、感じて下さい


と書きましたが、これでは回答にならないので、

考えられることをいくつか挙げておきますね。


(1)「春」というタイトルなので、春の情景が描かれます。
 あなたは曲からどんな春の情景を感じましたか?

(2)この曲は、作られた時期がとても古く(バロック音楽)
 使われている楽器も特徴的です。楽器の音色に、どんな印象を持ちましたか?

(3)「春」は、第1楽章、第2楽章、第3楽章の三曲で構成されています。
 もし三曲とも聞いたなら、それぞれの印象の違い、あるいは似ているところ
 などをかいてみましょう

(4)作曲者のヴィバルディーは、どんなことを考えてこの曲を作曲したのでしょう?
 作曲者の気持ちを考えてみましょう

こんなところでしょうか。

がんばって下さいね。

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q初心者にも分かりやすいクラシック

僕は中学2年生です。夏休みの宿題で「クラシック音楽を鑑賞して感想を書く」というのがでました。
そこで、どんなクラシックがあるのかなと思い検索などしましたがどれを聞けばよいのかいまいち分かりません。TVやラジオでやっていると先生が言ってましたがいつあるのかも分かりません。
4曲感想を書くことになっています。クラシック曲は家に結構あるのでそこから探して聞いてみようかなと思っています。
ということで初心者にもクラシックの内容(?)がよく分かるような曲はないでしょうか。

みなさんご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

TVならNHK教育のN響アワー(日曜9時)がお薦めです。どこの地方でも見られますし、池辺先生の解説も、寒~いジョークも含め、わかりやすくレベルの高いことを言っています。

また、他の人の回答に出てこない範囲で、聴きやすく、あまり長くない曲をあげると、
1.スメタナ作曲 「わが祖国」より「モルダウ」
   歌詞をつけて合唱曲にもなっているので、聴けば、あの曲か、と思うかもしれません。
2.ビゼー作曲 「アルルの女」
   第2組曲のほうが有名ですが、第1組曲でもいいです。同じビゼーの「カルメン」の組曲でもいいですね。
3.チャイコフスキー作曲 「白鳥の湖」
   「くるみ割り人形」と同じく組曲版があります。「情景」とか「4羽の白鳥の踊り」とか聴いたことがあるかも...
4.メンデルスゾーン作曲 「フィンガルの洞窟」
5.シベリウス作曲 交響詩「フィンランディア」

わかりやすい、ということを考えるとバレーや劇の伴奏のために書かれた音楽から抜粋した組曲や、何かを描写した交響詩などのほうが聴きやすいかもしれません。

モーツアルトやベートーベンの交響曲も聴いてみて欲しいところですが、いわゆる「絶対音楽」で、形式重視の面があるので、初心者にはかえって聞き難いかもしれません。

そして究極の裏技は、ファンタジアのDVDかビデオを見ること。クラシックの名曲の数々がディズニーのアニメを実ながら聴けます。(昔作られたファンタジアの他に、数年前に後悔されたファンタジア2000というのもあります)

TVならNHK教育のN響アワー(日曜9時)がお薦めです。どこの地方でも見られますし、池辺先生の解説も、寒~いジョークも含め、わかりやすくレベルの高いことを言っています。

また、他の人の回答に出てこない範囲で、聴きやすく、あまり長くない曲をあげると、
1.スメタナ作曲 「わが祖国」より「モルダウ」
   歌詞をつけて合唱曲にもなっているので、聴けば、あの曲か、と思うかもしれません。
2.ビゼー作曲 「アルルの女」
   第2組曲のほうが有名ですが、第1組曲でもいいです。同...続きを読む

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

Q「曲想」と「曲調」の違い

楽曲のレビュー記事を見てよく思うのですが、

ダイナミックな曲想、哀調をおびた曲調...

「曲想」と「曲調」言葉の違いはどこにあるのでしょうか。辞書で引きましたがしっくりきません。

どなたかお分かりの方はいらっしゃるでしょうか。

Aベストアンサー

曲調は、明るい暗いなどが含まれていると思います。また、これにはリズムも関係してくる。楽しいリズムであるとか、淡白だとか。

曲想は、その曲に込められた想いを意味するんだと想います。ダイナミックは、壮大でおおらか、すごく英雄的な感じとか、または幻想的とか、そういった捉え方だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング