母親が肝臓病で倒れ入院しています、今まで元気なときは週に3回点滴を受けに通院していました。今後、一人での通院が困難と思われます。送迎できるうちはまだしも、寝たきりになった場合の処置ですが、先生に往診してもらう以外に方法はないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

答えていいのかな?と迷っているうちに遅くなりました。


すみません、今出先で、回答してもOKということが確認できたので、
取り急ぎ補足させていただきます。
長い話なので、ohmygodさんの回答に疑問を持たれない方は読み飛ばして下さい。

訪問看護そのものの法的根拠は「健康保健法」「老人保健法」です、そして、在宅か、病院・施設かに関わらず、すべての看護行為の根拠は「保健婦看護婦助産婦法」(以下 保助看法)になります。その中で、極端に言えば、「在宅だろうが病院だろうが(点滴も含む)静脈注射は医師しか行えないのではないか?」という話もしばしば起こりがちです。大学病院などは点滴も医師が行っている所が多いです。
しかしohmygodさんもおっしゃってる通り、現場ではどんどん医療処置を看護婦が行ってますよね。これは保助看法の解釈として、明文化された部分でいう所の「診療の補助」「療養の世話」に当たるという解釈なのです。
乱暴に言うと、現場に昔立てられた法律が追いついていないというと言う事だと私は思っています。
そこで、「訪問看護」はどうか。
同じ建物に主治医がおり、すぐ飛んで来てもらえる病院と違い、(往診など、連携をとっていただいていても、とりあえず日々の業務の)現場には訪問看護婦(資格で言えば保健婦・看護婦・準看護婦)しかいません。そこで、法の解釈としては、病院と同じ「診療の補助」「療養の世話」、そしてそれらの指示、しかも単なる指示ではなく(わかりにくい言葉ですが)“包括的指示”つまり、総合的で処置の一つ一つを数字で逐一細かく出す指示ではなく「点滴」「静脈注射」「療養上の世話」を頼む、という大まかな指示でよしとする、という法律専門家(看護協会顧問弁護士など)の解釈なのです。(これも医師から「訪問看護指示書」という書類の発行をしてもらっての事です・これは必須です)

時代によって看護婦の責任も変化しており、今日、訪問看護の場において、看護婦は医師の“包括的指示”によって、自ら判断し、医療処置を実施できる能力が十分ある、と法的な場では「みなされて」います。たとえば点滴で訪問看護婦が医療事故を起こした場合は、「医師の指示」だから責任は医師にある、とは、もはや今の時代は言う事ができないわけなのです。じゃあ、明文化されてはいない、時代のそういう基準はどうやって決まるのか?・・・曖昧なようですが“今日の一般的な医療において”行われていることかどうか、だそうです。
実際訴訟になった場合は裁判官の判断によりますが、近年の訴訟ではそのように判決が下されています。

ですから、訪問看護でも、病院内の看護でも、施設Aに所属する看護婦が「他の施設では皆が実施できて当然と考えられている技術」ができない、という場合、今度は施設Aのレベルがどうなのか、と、「今日的な技術を教育することを怠っている」・・・などと、初めて施設の責任が出てきます。

話がそれたかも、のまま締めくくりです。要は看護婦自身の責任能力がより一層問われています。って、すごく長くなりました、ごめんなさい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。春を待たない旅立ちとなってしまい御礼が遅れました。実行に移すにはいたりませんでしたが、同じ悩みを持つ方に選択肢が一つ増えたことに大きな意義があると思います。今後この分野でのご活躍を祈念いたします。

お礼日時:2001/02/24 08:54

OK。


わかりました。
訪問看護についてはあんまり詳しくないもんで、kaleenさんに質問したんですが。
ようするに、主治医ないしは近所の開業医が指示を出してくれれば,とりあえずはOKという事ですな。
何か、会話する方向が違ってきましたが。
    • good
    • 0

あの、kaleenさんに質問。

訪問看護で点滴というのは、医師法違反ではないのですか?
実際の現場では看護婦が点滴してますが、あくまでも建前として、どうなんでしょ。

往診がだめなら、留置カテーテルを入れてもらうのも手ですが。普通、強ミノ投与のためにはやらんでしょうがね。
    • good
    • 0

お母様が倒れたとおっしゃられていますが、それは肝硬変から脳性昏睡を起こしたということでしょうか?それとも、またちがうことで寝たきりということでしょうか?その点がわかりずらいので、回答がちがってたら申し訳ありません。



点滴、週に3回というのは強ミノの入った点滴のことでしょうか?強ミノを投与することで、肝臓が壊れていく進行を遅らすことができます。この場合ですと、点滴にしなくとも強ミノ2アンプルを直接注射することもできます。点滴で落とすのは、ゆっくり落とすことで安静状態でいれるということだときいたことがあります。おっしゃられている『点滴』というのが強ミノであれば先にkaleenさんがおっしゃっているように訪問看護で往診していただけるかとおもいます。
今現在、病院に併設してできてきている福祉介護施設などのところに行けば訪問看護の資料が置いてあったりしますよ。

ただ、投薬されている点滴が肝不全の時などに用いられるアミノレバンだった場合は、自宅での療養は難しいかと思います。できないといっているのではないですよ。肝不全に近い状態(高度の肝硬変)だった場合、栄養バランスがとても重要になってきます。血中のアンモニア濃度があがったりしますので、アミノレバンの投与だけではバランスをたもてるともいいがたいので、アミノレバンはあくまでも体内で足りないアミノ酸を補助しているだけなので全体のバランスを考えると病院ででる栄養計算された食事をとることが、患者さんの病状を悪くさせないためにはよいかとおもいます。また、肝臓に静脈瘤ができている場合なども定期検診を怠ると瘤の状態が悪化していてそれにともない吐血するということも十分に考慮しなければなりません。最悪の場合、静脈瘤破裂なんてことになると生命も危ぶまれます。すぐに、処置してもらえればよいのですが、ご自宅に誰もいないときにそのようなことが起こることも考えにおいておかれたほうがよいかと思います。arai163さんとnaokunさんは、きっとこちらを想定して入院継続しかないでしょうという回答になったと考えます。
お母様の肝臓の状態がよくわからないので、2通りの回答になりました。
    • good
    • 0

訪問看護に携わる者です。


Dr.の方は「往診しかない」といわれて(--
何だか悲しいですが、これも自分たちのPR力量のなせる技・・と
受け止めました。まずは回答させていただきます。

ご相談の方の場合、訪問看護でもできます。
往診と異なり、ある程度の時間滞在することができますので、
方法によっては在宅の点滴にも対応しています。
寝たきりも、在宅で看取る場合もOKです。

在宅での点滴の場合、ある程度(例えば針を刺したあとの管理や、状態の観察・抜針くらい)はご家族にもやっていただく部分がありますが、
週3回の通院が困難であれば、訪問看護でカバーできるかも知れません。
点滴などの医療処置の他、療養の世話・助言(例えば清潔の援助など)も広く
援助させていただいていますので、主治医にご相談なさってはいかがでしょうか。

ご自分で直接訪問看護ステーションにご相談くださっても構いません。
責任を持って、主治医・医療機関・介護保険適応の場合ケアマネージャーと連携をとり、援助させていただきます。

ただし、地域資源の差により、ステーションにも力量の差が、あります。
よいところの見分け方・・・というご相談がありましたら、また、よろしくお願いいたします。
    • good
    • 0

入院する前に受けていた点滴とは何でしょうか?


アミノレバンという点滴でしょうか。
アミノレバンは、「肝不全における血漿中及び脳内遊離アミノ酸濃度のバランスを是正するための分枝鎖アミノ酸を多く含有する栄養剤。肝性脳症を改善し延命にも寄与し、長期投与が可能」というものです。
もしそうなら、経口薬もあります。
ただ、本当に状態が悪ければ、arai163さんのおっしゃるように、入院継続しかないでしょうね。
お大事になさって下さい。
    • good
    • 0

入院して治療されることをお勧めします。


入院しないとなると、往診しかないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科の往診について

他のカテでも質問させていただいたのですが、こちらで経験者の方がいらしたらアドバイスいただきたいと思い、再度質問させていただきます。

先日、勤め先の歯科医院に往診の依頼があり、来週うかがう予定になりました。
こちらにかかったことのない方で、自宅から最寄ということでうちの医院に電話してきたとのことです。御本人は寝たきりだとのことです。主訴は「義歯が痛い」とのことですが‥

承諾しましたが、うちの院長は往診の経験がなく、手続きや、何を準備して持っていけばよいかわからないので、調べておいて欲しいとたのまれました。

@持参すべき道具はなにでしょうか?
 基本セット、タオル、携帯用モーター(携帯用のタービン、バキュームはありませんので)技工用バーぐらいしか思いつかないのですが‥

@あれば持参した方がいい道具はあるでしょうか?

@保険証などはその場で書き写してくれば良いのでしょうか?後日、御家族などに医院に持ってきてもらう方がよいのでしょうか?お会計は処置をレセコンに入力してから後日請求するようにしたいそうです(院長が)

@直接、御家族からの依頼なのですが、ケアマネさんは通さなくてもよいのでしょうか?

@当日は院長と衛生士2人でうかがう予定です。

アドバイスよろしくお願い致します。m(_ _)m

他のカテでも質問させていただいたのですが、こちらで経験者の方がいらしたらアドバイスいただきたいと思い、再度質問させていただきます。

先日、勤め先の歯科医院に往診の依頼があり、来週うかがう予定になりました。
こちらにかかったことのない方で、自宅から最寄ということでうちの医院に電話してきたとのことです。御本人は寝たきりだとのことです。主訴は「義歯が痛い」とのことですが‥

承諾しましたが、うちの院長は往診の経験がなく、手続きや、何を準備して持っていけばよいかわからないので、調...続きを読む

Aベストアンサー

介護保険の観点からお答えします。
道具類に関しては、わかりかねます
のであしからず。

治療の場合は医療保険の適用となります。
ケアマネさんの関与は制度上は必要ありません。
訪問時に健康保険証を確認して後日請求する
方法がスマートかと思います。

口腔ケアの場合は介護保険の適用となり「居宅療養管理指導」での請求になり、ケアマネージャーの関与が必要になります。(歯科医師が訪問する場合と、衛生士が訪問する場合があり、それぞれ保険請求は異なります)

以上は原則ですが、口腔衛生は高齢者の方の生活に
直結する事ですので、是非、ケアマネさんと連係を
とることをおすすめします。ご家族に了承を得て、
ケアマネさんの連絡先を聞いてコンタクトすると
いいと思います。
今後は歯科も介護保険分野とリンクする事が
多くなっていきますし、利用する側にも
歯科医院側にもメリットがあることですので
地域のケアマネさんとの連係は経営上も
必須になっていくことと思います。

日本訪問歯科協会のHPは非常に参考になりますので
ご参照下さい。
http://www.houmonshika.org/shiritai/index.html

介護保険の観点からお答えします。
道具類に関しては、わかりかねます
のであしからず。

治療の場合は医療保険の適用となります。
ケアマネさんの関与は制度上は必要ありません。
訪問時に健康保険証を確認して後日請求する
方法がスマートかと思います。

口腔ケアの場合は介護保険の適用となり「居宅療養管理指導」での請求になり、ケアマネージャーの関与が必要になります。(歯科医師が訪問する場合と、衛生士が訪問する場合があり、それぞれ保険請求は異なります)

以上は原則ですが、口腔衛生...続きを読む

Q寝たきり老人の介護の選択肢は?

 実家の祖母-95歳-のことで相談です。祖母は10数年来特別養護老人ホームに入所していましたが身体能力の衰えが進み、父母に聞いた話では、食事が摂れなくなったためここではもう看られずしかし疾患があるわけではなく普通の病院へは入院できないので、点滴などの処置もできる施設-自宅から30キロほどと遠いのですが近隣にはそこしかないということで-を紹介するといわれたそうで、先月末28日に移ったということでした。
 体力がついて回復すれば元のホームに戻れるといわれたそうですが、先日9月23日に私が見舞ったところとてもそのような期待ができそうにない状態でした。もともと意思の疎通はほとんどできない状態でしたが、目は開いていてもこちらの呼びかけに明らかな反応はなく時折眉を動かしたり顔を向けようとする程度ですし、もちろん寝返りなどできません。排泄も見たところ留置カテーテルでの導尿のようで、ベッド脇のパックにはかなり赤っぽい尿が溜まっていました。栄養の摂取も点滴のみだそうです。
 一時間ちょっとようすを見ていましたが日曜日だったからでしょうか、見かけたスタッフは通りがかった人も含めて4人、詰め所らしきところにも誰もいません。一人が洗濯物の片付けに入ってきただけで、ベッド脇に書いてあった体位交換の時刻を30分過ぎても誰も来ませんでした。元のホームのほうがよほど手をかけてもらっていたと思います。一ヶ月で15万円くらいかかるそうですが、祖母自身年金などの収入がなく、父母の経済事情から見てそう何ヶ月も払っていける額ではありません。
 父母は独身寮の管理人の仕事を常駐でしているため短時間家に戻ることは可能なもののつきっきりにはなれませんが、このような祖母の身体状況で自宅介護は可能でしょうか。その場合どの程度の労力が家族に必要になってくるのでしょうか。

 実家の祖母-95歳-のことで相談です。祖母は10数年来特別養護老人ホームに入所していましたが身体能力の衰えが進み、父母に聞いた話では、食事が摂れなくなったためここではもう看られずしかし疾患があるわけではなく普通の病院へは入院できないので、点滴などの処置もできる施設-自宅から30キロほどと遠いのですが近隣にはそこしかないということで-を紹介するといわれたそうで、先月末28日に移ったということでした。
 体力がついて回復すれば元のホームに戻れるといわれたそうですが、先日9月...続きを読む

Aベストアンサー

正直かなりの労力が必要とされるのではないかと予測されます。
また、それに加えて医学的な知識(点滴・留置カテーテルなど)も勉強していかなければならなくなると思われます。

自分が通常 高齢者の介護の ご相談を受けた場合には『介護者は最低2人が交代で お互いを助け合っていかないと大変ですよ』と お話しさせていただいています。

介護者の方も ご飯を食べたり、入浴されたり、のんびりする時間も必要だと思いますので、最低ラインで お2人が必要だと考えます。

また、その施設に苦情処理の部門(看護師長・相談員など)は無いのでしょうか?
お感じになられた事を相談されてみられたらいかがでしょうか?

Q寝たきりの祖母の入浴について

入院中の祖母にしてあげられることは何でしょうか?? 1週間ほど前、母方の祖母(80歳)が入院しました。

今日、初めてお見舞いに行ったところたった1週間しか経ってないのに1人では歩けず、食事も1人では食べることが困難でした。

少し前までは元気で姉妹で外食に出かけたりしてたのに信じられません。

私(29歳)は母子家庭で幼い頃はほとんど祖母に育ててもらい、祖母との記憶しかありません。

祖母入院後、母(50歳)が祖母宅へ行き部屋を掃除していると私の幼い頃のレインコートやかばん等が沢山出てきたと教えてくれました。私は祖母にとって「宝物」だと母が言ってました。

現在、母は仕事も辞めており毎日祖母のお見舞いに行っているのですが、私は祖母に何かしてあげられることはありますか??

また、祖母は体が動かすことが困難なので頭、体はどのように清潔に保てばいいでしょうか??

その他、こういった症状の患者にして上げられると良いことなど何でも構いませんのでご意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

私も、高校二年生の時、フルスピードで突っ込んできた4トントラックに撥ねられ、頭部外傷を負い、三途の川に行ったけど、戻ってきたので、当然、寝たきり生活(頭を負傷したので、しばらくの間、本能のみで生きていた)から始まりました。その後も、数えるのが面倒なくらい、入院経験があります。その後、高校を卒業して、今は離れていますが、脳神経外科病院に勤務していたこともあります。

こういう経験から患者さまにとって「嬉しいこと・楽しいこと」の上位にくるものの一つとして、「誰かが会いに来てくれること」があります。私の中では、これは、結構大きな部分を占めます。入院しても、急性期は来るけど、慢性期に入ったら、本当に時々、ご家族が面会に来られるだけ。という方も意外に多いのです。さみしいですよ。正直言って、「入院=社会から断絶される」ようなものなので。

寝たきりだからといって、患者側としては、特に何かをしてくれなくてもいいです。「会いに来てくれた」だけで。おばあさまにとって、bubby000さまは「宝物」ということなので、なおさらです。きっと。いつものように、世間話をして帰る。たまに、こっちから(患者側)何かをお願いしてみる。これだけで、不思議なことに疎外感がなくなります。私だけかもしれないけど、「みんなが待ってくれている」と、勝手に思っちゃうんです。

「みんなが待ってくれている」と思ったら、その時、思うように体が動かせなくても、ポジティブ志向になります。リハビリをがんばったり、辛い治療も耐えたり、時には、医学の範囲では考えられないような「ミラクル」も起こしちゃいます。私も、事故の時、「今すぐ手術をしても、最悪は死亡。良くても杖をついて歩けるようになればいい方」と言われたらしいのですが、「ミラクル」を起こしてしまったので、幸いにも、一般の方と同じような生活を送っています。バスケットをしていたので、クラブの友達が頻繁に会いに来てくれて、「また、みんなとバスケをするんだ」という信念を打ち立てました。実は、退院したところで、またバスケットをすることは許されていなかったのですが、誰もそんなことは言っていなかったので、これまた勝手に「バスケをするために早く退院しよう」と思っていたのです。

「体の清潔」ですが、私の力不足で、文章から、おばあさまの病状が読み取れませんでしたので、思い切って、看護師の方に尋ねてみてください。特に女性の方は、看護師や病院従事者ではなく、馴染んでおられるご家族の方に体をタオルで拭いたりされる方を望まれることがございます。

最後になりましたが、ウチの母いわく、「長期戦になる。と思ったら、がんばりすぎないこと。本人じゃなくて、こっち(家族)の体が壊れる」そうです。なので、母や妹は、(手術など、特別なことがない限り)自分の気が向いたときにしか来なかったし、面会時間が終わったら、とっとと帰って行きました。患者側としても、嬉しいのですが、あまり長い時間滞在されると、心身ともに疲れます。毎日お見舞いに行かれているお母さま、bubby000さま、妹さまも、ご自身が倒れられないよう、お気をつけくださいね。そしてもちろん、おばあさまの回復を願っております。

私も、高校二年生の時、フルスピードで突っ込んできた4トントラックに撥ねられ、頭部外傷を負い、三途の川に行ったけど、戻ってきたので、当然、寝たきり生活(頭を負傷したので、しばらくの間、本能のみで生きていた)から始まりました。その後も、数えるのが面倒なくらい、入院経験があります。その後、高校を卒業して、今は離れていますが、脳神経外科病院に勤務していたこともあります。

こういう経験から患者さまにとって「嬉しいこと・楽しいこと」の上位にくるものの一つとして、「誰かが会いに来てくれ...続きを読む

Q寝たきりの老人への話しかけ方(長文です)

私の祖母は86歳で認知症です。
腰の骨を折ったきり病院で寝たきりの状態となっていますが、話しかけると反応はします。
例えば、「○○だよ。解る?」とか「寒くない?」と問いかけると、入れ歯がないので何を言っているか良く聞き取れないのですが、一生懸命何か言おうとしたり、頷いたりします。

先日お盆の際にお見舞いに行った時に、介護士を今年から始めた従兄弟が来ていました。私がいつも話しかけるときは祖母から30~50cmぐらい離れた距離から、ちょっと大きめの声を出して話しかけています。
ですが、従兄弟が話しかける時は、祖母の耳元に口を寄せて、私と同じぐらいの声の大きさで話しかけていました。
普通の人がやられたら、多分「うるさい!!」って言いたくなりそうな状態だったのですが、祖母の様子を見てても特に変化(嫌そうとか)がなかったので、びっくりはしましたが、取りあえずその場では何も言いませんでした。

別れて家に帰ってきてから、なんか悶々として気になってしまうのですが、30~50cmぐらいの距離から話しかけても反応できる祖母に向かって、耳元で大きな声で話しかけるのって、ちょっと納得がいかないのです。
祖母が自分で上手く意思表示できないので、もし「うるさい」と思ってたら可哀想だな・・・とか色々考えてしまいます。

私は介護の知識は全く無いです。従兄弟は始めたばかりと言っても一応教育(研修?)を受けてる人なので、間違ってるとは思いにくいのですが。。。
祖母の本当の気持ちなんて解らないのは重々承知ですし、耳が遠い/遠くないなんて本人の状態によると思いますが、介護士の方や介護の経験がある方、どのようにお考えになりますか?
従兄弟本人にはちょっと聞きづらかったので、質問させて頂きました。

私の祖母は86歳で認知症です。
腰の骨を折ったきり病院で寝たきりの状態となっていますが、話しかけると反応はします。
例えば、「○○だよ。解る?」とか「寒くない?」と問いかけると、入れ歯がないので何を言っているか良く聞き取れないのですが、一生懸命何か言おうとしたり、頷いたりします。

先日お盆の際にお見舞いに行った時に、介護士を今年から始めた従兄弟が来ていました。私がいつも話しかけるときは祖母から30~50cmぐらい離れた距離から、ちょっと大きめの声を出して話しかけています。
...続きを読む

Aベストアンサー

寝たきりの高齢の方といっても、人それぞれ状態は違いますから、
声かけするときに気をつけることの基本は、
他の皆さんが仰るように、ゆっくり・はっきり・わかりやすい言葉で。。。
などありますけど、お祖母様が30~50cm程度の距離からでも、
聞こえているように思われるのなら、わざわざ耳元で大声を出す必要は、
ないんじゃないかなと思います。
コミュニケーションというのは、言葉と言葉のやりとりだけでなく、
例えば目をみる、表情を見る、唇の動きを見るなど、
他にも色んな方法がありますし、
ちゃんと聞こえているのなら、相手の顔を見て話した方が、
声をかける方も、かけられる方も、嬉しいものだと思います。
お祖母さまが、耳元で話しかけられることを、
うるさいと思っているかどうか、それはわかりません。
意外と、少し離れた距離から話しかけられるよりも、
はっきりと聞こえていることもあるかもしれませんね。
それは、質問者さんたちが、お祖母様に関わる中で、
お祖母様をよーく観察して、気が付いてあげるしかないと思いますよ。
または、病院のスタッフに、様子を聞いてみてもいいんじゃないでしょうか?
何かを話したり、頷いたりするのが大変そうということですが、
YES/NOで答えられる質問で、答えがYESだったら、
手をぎゅっとにぎって!・まばたきを3回して!・鈴を鳴らして!
など何か簡単に答えられる方法を決めたらどうかなと思います。
手や指を動かすことができるのなら、色違いのカードなどで、
はい/いいえ を伝えることもできると思いますし、
50音を書いた表などを使えば、聞き取りづらい単語の文字を、
指差すなどして表現することもできるかと思います。
お祖母様の認知症の程度がわかりませんが、文字を選ぶのが難しそうであれば、
絵が描いてあるカードなどを使うのも1つです。

病院のスタッフの方も、気をつけているかとは思いますが、
寝たきりとのことですので、褥瘡(床ずれ)ができないよう、気をつけてあげて下さい。
私の祖母も寝たきりです。
国外にいるので、なかなかお見舞いにいくということができませんが、
いつも祖母のことを考えていますので、
質問者さんが、お祖母様をご心配されるお気持ち、よくわかります。
お祖母様、お大事になさってくださいね。

寝たきりの高齢の方といっても、人それぞれ状態は違いますから、
声かけするときに気をつけることの基本は、
他の皆さんが仰るように、ゆっくり・はっきり・わかりやすい言葉で。。。
などありますけど、お祖母様が30~50cm程度の距離からでも、
聞こえているように思われるのなら、わざわざ耳元で大声を出す必要は、
ないんじゃないかなと思います。
コミュニケーションというのは、言葉と言葉のやりとりだけでなく、
例えば目をみる、表情を見る、唇の動きを見るなど、
他にも色んな方法がありますし、
...続きを読む

Q寝たきりや、 高齢の方でも 食べやすい 食品はあるでしょうか?

いま、 いろいろな 会社から 介護食の 製品が
発売されていると聞いております。


家族に 食べてもらったら、
( 食べやすく、飲み込みやすいだけでなく、 )
思ったより、おいしかった という ものがあれば、
ご近所で、 介護で、苦労をされている方が
いらっしゃるので、ぜひ、すすめてさしあげたいのですが。


○○食品 の □□□ という名前の 商品が
おばあさんが とてもおいしいと言って
食べてくれました など 実例がありますと
とても参考になるのですが。


どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

うちの父は最近他界しましたが、生前よろこんで食べていたのは
カムウエルという会社の冷凍の介護食です。

いかにも「介護食」という感じではなくて
見た目は普通のおかずのようにちゃんと形があって
でも舌でつぶせる硬さなので食べやすかったみたいです。

私もちょっと食べてみましたが、おいしかったですよ。

うちは入院していた病院ですすめていただきました。
ネット通販やFAXで買えるので、便利でした。

いい介護食が見つかるといいですね。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/kamuwell/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報