【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

パワーコードはRootに5度を足した音でバレーコードは人差し指でセーハなどしたコードのことを言って、パワーコードとバレーコードはまったく別のものですよね?以前、友達がパワーコードのことを人差し指でセーハして・・・とか言っていたので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般的には、バレーコードという言葉はコードフォームを形容した表現で、音楽的な根拠を持つ用語ではありません。

ギター系楽器特有の俗語のようなものです。具体的には、人差し指でほぼすべての弦をバレーしながら押さえるコードフォームや、そうしたコードフォームを使って出すコードのことを指します。

一方、パワーコードというのは音程に根拠を持つ用語で、ご質問文にある通り特定の音程に完全5度の音程を加えた二つの音程からなる複音を指します。
基本的な和音は、基盤となるルート音、ルート音の響きを補完する完全5度、メジャー・マイナーの別を決定付ける3度(短3度or長3度)の3つの音程からなりますが、パワーコードはこのうち3度の音程を除いたものになります。ただ、単純に3度をオミットすればよいと言う訳ではなく、これにギター上で低音弦側を中心に展開するものという条件が加えられることも多々あります。
厳密なことを言えば、パワーコードには響きの長短を決める音程が欠けているため、コードとしては成立していません。その代わり、パワーコードでのバッキングにメロディーを載せる場合、スケールの選択の幅を広く取れるという特徴があります。あるいは、単音では響きが物足りない場合に、雰囲気を壊さずに響きを厚くすることができます。

パワーコードとバレーコードとは、定義が異なる用語になります。分けて捉えておくのが妥当です。
参考まで。
    • good
    • 0

考えてる通り、全く別物です。


ただ6弦だけ1音下げたドロップチューニングなどでは、6弦ルートのパワーコードの時に、人差指一本でパワーコードが弾けます。つまり6弦と5弦を人差指でバレーして出来上がります。(2つの弦を同じ指で押さえるだけでセーハと言うかは置いといて。でも、セーハって言う人多いです。)
お友達はその事を言ったんじゃないかと思います。
もしくは単なる勘違いでしょう。

パワーコードとは3度が抜けた、1度5度の構成音でできたコードのことです。押さえる形は関係ありません。

バレー・セーハとは指一本で弦を1本以上押さえることで単なる押さえ方のことです。コード音とは関係ありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイコードとローコードの違い

中3の男です

ギターのコードにはハイコードとローコードがありますが

プロの歌手がギターを弾いているときって

ハイコードの方が多いんですが

なぜなんでしょうか?

音が同じなので何か理由があるのでしょうか?

もしハイコードのほうがいいとすれば

将来ギターを弾けるようになりたいので

ローコードではなくハイコードの方ばかり

練習したほうがいいでしょうか?

回答お願いします

Aベストアンサー

コードについてですが、基本的にはどういう押さえ方をするかで成立するものではなく、どの音程が出ているかで成立するものです。ですので、コードフォームについては、ハイコードとローコードというように分けて見るのは少々的を外しているように思えます。

コードフォームは、ひとつのコードに対して2つ以上の多数のバリエーションが考えられ得るものです。その中でどのコードフォームを採用するかは、前後の流れや音程の配置から来るニュアンスなどを考慮に入れて選択されるのが普通です。突然離れたポジションのコードに飛んだりすると、音のニュアンス(弦の鳴り方など音の出方を含め)が急激に変わったり、低音・高音のバランスが大幅に変わったり、あるいは手先の物理的な移動距離が支障になったりする可能性も考えられるので、通常は大きくポジションが飛躍するようなコードフォームの選択をしたりすることは珍しいケースといえると思います。そういった流れなども含めて、コードフォームが選択されることになります。
質問中の「ハイコード」を選択するか、「ローコード」を選択するか、という件に関しても、それを選択するのは前後の流れやニュアンスを元に考慮した結果ともいえます。ですので、ハイコードの方がいいとか、使用頻度が高いというような見方については、あまり適切ではないようにも思えます。それについては、少々偏見が入っているかもしれません。もっといろいろな演奏の様子を見てみることをお勧めします。

また、演奏の練習に関しては、どちらが選択されうる可能性が高いかはなんともいえませんが、どちらかが多用されるからと他方をおろそかにするのは、あまり感心できる考え方とはいえません。また、コードフォームはハイコードとローコードに限られたものではないのは上述の通りです。さまざまな状況を考慮するのであれば、どちらにも対処できるように、両方ともを練習するのがより現実的で前進的な考え方といえるでしょう。
また、ローコードとハイコードに関しては、単に手がネックのどの位置にあるかの差異でしかないともいえます。両者の間に越えられないような区分の壁があるように捉えるのも、あまり適切ではないでしょう。コードフォームに関しては、コードの成り立ちという面から見直したり、あるいはローコードにあるフォームとハイコードにあるフォームとの類似性とを比較して見直してみる(例えば、開放弦を絡めたEコードや1フレットバレーのFコードと、8フレットバレーのCコードの違いを見比べるなどしてみてください)など、いろいろな面から見直してみると良いと思いますよ。

いずれにしても、技術の向上を目指して練習に取り組むのであれば、できるだけいろいろなことに触れ、いろいろなことを練習し、いろいろなことを経験することが何よりも大切な基礎になります。はじめから経験もしない内に取捨選択をするのではなく、いろいろなことを経験するように意識してみることをお勧めします。

参考まで。

コードについてですが、基本的にはどういう押さえ方をするかで成立するものではなく、どの音程が出ているかで成立するものです。ですので、コードフォームについては、ハイコードとローコードというように分けて見るのは少々的を外しているように思えます。

コードフォームは、ひとつのコードに対して2つ以上の多数のバリエーションが考えられ得るものです。その中でどのコードフォームを採用するかは、前後の流れや音程の配置から来るニュアンスなどを考慮に入れて選択されるのが普通です。突然離れたポジショ...続きを読む


人気Q&Aランキング