【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

A 回答 (15件中1~10件)

NO.11です。


>これは、
>何キロ位乗ったらオイル交換してますか?というご質問でしたか。

失礼しました。悪乗りしてしまいましたね。
大体10,000Kmごとにしていました。北海道に住んでいたころは、夏冬の温度差が激しいためにシーズンによって粘度を変えていたため、半年ごとのサイクルでそれくらいの距離。オートバックスで換えてました。
本州に引っ越した後の前車については、ディーラーで6ヶ月点検がオイル交換込み5,000円だったので、あまり距離は気にせず換えてました。8,000km程度で交換になることが多かったかな。
今度の車はBMWになったので、25,000kmまで粘ってみます。純正オイル高いですし・・・。

えらそうなこと書いてすみません(笑)
    • good
    • 0

エンジン自体が良くなっている。

ということもありますが、

オイル自体も、←これが良くなって交換サイクルが伸びたというのを、海外の車雑誌の海外自動車メーカー談の記事を読んだことがあります。

海外では、ランニングコスト、つまり、エアフィルターや、オイル関等々の交換コスト、/また、前をちょこっとぶつけた時の修理費まで、通常使用で起こりうる出費をトータルで計算して(もちろん燃費も)、どの車が本当のリーズナブルな車なのかを特集する記事なども、車雑誌の人気な記事です。

つまり、海外では、ぎりぎりいっぱいまで 自動車メーカー指定の オイル交換期間を伸ばし、時には無理して背伸びしちゃうことも当然あるでしょうね。

-------------------------------------------------

と前置きはこれ位で。


エンジンオイルなんてものは、毎日交換するのですよ。自動車競技の世界では。

(なんてね)


エンジンオイルは、純正オイル以外の、高性能を謳ったコンペティションオイルほど、逆に寿命のほうの性能を犠牲にしてあったりするものです。どうしても、そうなってしまうのです。

これが、「レース用の本物のコンペティションオイルは毎時交換する理由」の一つです。(これだけではないですが)


仮に、市販の、例えば一般人が購入できるようなオイルでも、レース用にいくらか近いようなものですと、逆に寿命はいくらか自動車メーカー純正オイルよりも短いものになってしまっても仕方ありません。時際、そうなっているでしょう。

自動車メーカーが謳う「エンジンオイル交換時期」は、あくまで、指定純正オイルを使った場合の期間です。

{ディーラーなんてものは、車の メーカー保証期間が過ぎちゃえば、お客さんの車なんて、ぶっ壊れてくれたほうが修理や買い替えでチャンスですのでうれしいくらいです。(←いや、これは言い過ぎですね。取り消し。)}



海外のオイル交換サイクルの期間(時期)を、日本国内の事情と同列に見るのもナンセンスです。

海外では、例えば渋滞などもあまり無く、車やエンジンにとって快適に走れる環境である場合が多いです。そのような場所で算出されたような交換サイクルのデータを、そのまま日本に当てはめても危険です。

渋滞やら、多数の信号機やら、つまり、同じ1kmを走るのに必要なエンジンの回転数のトータルが、全く違うような場合も多いのです。渋滞や信号で止まっている時だって、エンジンは走行時の半分(~1/3)程度でぐるぐる回り続けています。



そもそも、エンジンオイルの交換の話を、期間(半年とか1年とか)や 走行距離(何kmとか)で判断するのもおかしな話です。

例えば、飛行機のエンジン、レシプロの、車の4サイクルピストンエンジンと同じ構造のものですが、これは、例えば「〇〇時間」とか、エンジンを回した時間のトータル時間から判断します(もちろん、期間の期限はあります。)。

飛行機の場合、例えばエンジンの回転数など 1700r.p.m.から、多くても2500r.p.m.程度までですので、エンジンを使った「時間」で考えて期限を切れば、だいたいの同じトータル回転数時にオイル交換できます。

車の場合、これにエンジン回転数の幅もかなり広いので、特に小型車の場合等、「加速時は毎回3000r.p.m.以上が本番」という車も多いでしょう。

ということは、実際は、エンジンを回していたトータル時間に、加速回数も含めた計算ではじき出した期日が、本来の「エンジンオイルの交換時期」になるべきです。


「わっかんねえよ」と言わず、
渋滞が多い地域に住んでいる人や、または小型車、またはストップアンドゴーが多い使い方や、近所の下駄代わりに近間にしか使わないようなかたは、いわゆる「シビアコンディション」という考えかたで良いのでしょうね。
それも、純正オイル使用 の話です。カー用品店で買う、高性能オイル等は、分りません。
(カー用品店で謳う 3000kmも、そういうオイルが置いてあるショップなのかもしれません。)



また、古い車も、当然、その当時の整備解説書やまたは取扱説明書に記載の期日を守るべきでしょう。いくら(純正)オイルが高性能になったからといって、今の現行の新車と同じと揃えてよいかは分かりません(たまたま期間が同じということはあるでしょう)。


よって、そのお車に合った、取扱説明書等に書かれた期間通りに交換することが、最も正解。ということになるのでしょう。もちろん、純正オイル使用の話です。
おとなしく車を使っていても、渋滞や下駄代わり使用は案外「シビアコンディション」ということです。

{カー用品店に置いておるオイルでも、性能も寿命も、純正品に等しいように作った製品(オイル)はあるでしょう。}




「私の個人的な意見」ですか?
それは、
「地球のゴミを増やしたってしょうがないから、皆さん、オイルはそんなに頻繁に交換するのはやめましょうよ。」 ですね。
つまり、頻繁に交換することは、反対派。

実際は、毎回ガソリンを入れる時に、良く燃費の計算をして、燃費が落ちてきたと感じるポイントで交換すれば良いのではないでしょうか(メーカー指定時期を参考にしながら)。
オイル交換節約して燃費で地球に悪いことをしてもしょうがないですからね。
それまでは、エンジンオイルの交換など不要でしょう。



-------------------------------------------------
これは、
何キロ位乗ったらオイル交換してますか?というご質問でしたか。

回答:
私は、
車検時(2006/05月末)に、純正オイルと純正フィルターを交換。
(この数日後、マイクロロン入れる。)

1年後(2007/06月始)に、カストロール マグナテック 5W-30(http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin. …
とオイルフィルター(準純正品)とを交換。
このあと、Wynn's FORMULA85(http://www.wistar.co.jp/formula85.htm)入れる。
オイルがやわらかすぎるのか、夜間のエンジン音が気になる(近所への配慮)ので、STPのOIL TREATMENT(http://www.stp-nippon-sj.co.jp/stp_product/stp_o …)も追加で入れてみる。
(いけないですね~、社外オイルに種類の違う添加剤を2つも!)
(音は静かになる)

あとは、次回車検の2008年5月末まで、一切交換するつもりも無いですね。

つまり、 1年に1度の交換サイクル。ですね。大切にしている車です。古い車ですが。(国産の1991年式FFマニュアルセダン1800DOHC)


>料金とオイル交換する場所も教えてください。

・その車のメーカーのディーラー(車検時)。
・車と違うメーカーのディーラーのカー用品店(車検以外)。(http://209.85.175.104/search?q=cache:0rhmryT2KoQ …)の(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3176845.html)の ANo.5

料金は、確か、ディーラーは5千円を越える、確か6千円台だった時もあったし、5千円以下の時もあったと思います。
カー用品店のほうは、オイルは3千円ちょっと位、フィルターは1千円ちょっと、工賃は500円だったか。

-------------------------------------------------
ターボ
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2782333.html)の ANo.6
 
    • good
    • 0

え~っと、質問は「何キロ位乗ったらオイル交換してますか?」でしたよね。


「何キロで交換したらよいですか?」とか「何キロで交換するのが
正しいのですか?」とか「何キロで交換すれば車が長持ちしますか?」
ではないのでただ単に自分の例を答えました。

色々力説しているかたがみえますが質問からずれているような気がします。

失礼いたしました、No.4でした。
    • good
    • 0

ANo.7です。



通常、国産車の場合、取説を読むと、ノンターボで15000キロまたは1年のいずれか早いほう、
ターボで、5000キロまたは半年のいずれか早いほう、
と書いてあるのではないでしょうか。

5000キロ説のイカサマは、簡単です。
もしノンターボがメーカー指定の1/3の距離で交換しなければならないなら、ターボ車は、1700キロ弱で交換しないといけないことになります。
しかし、そんなことを言う人はいません。
なぜか。
1700キロで交換しろといっても、説得力がないからです。
それを、ターボとノンターボの区別の理解がなくても、5000キロというと、妙にもっともらしく聞こえます。
ヘソが茶を沸かすような話です。
実際には、エンジン温度が高く、タービンの潤滑をエンジンオイルが受け持つターボこそ、オイルに神経質にならなければいけないのです。

オイルが黒くなったら、交換しろというウマシカがいます。
しかし、オイルなど、交換して数十キロ走れば、黒くなってしまいます。
そんなことさえ知らない。

オイルを見て、金属粉が混じっていたら交換というウマシカもいます。
オイルに金属粉がまじるようなら、エンジンのどこかが壊れています。
常識以前の話です。

ここで質問されるいろいろな問題に回答するには、それぞれ、それなりに知識が要ります。
しかし、オイル交換は、なにも知らなくても、5000キロに1回と叫んでいれば、なんとなく、自分が車に詳しいような錯覚を得ることができます。
もしかしたら、自分より車に無知な質問者が尊敬してくれるかもしれない。
安っぽい話です。

たとえば、週5日、1日2回、通勤のため、最寄駅-自宅間2キロを、コルドスタートで走行する、というような場合は、オイルは、距離を稼がなくても、劣化してしまいます。
ですから、半年に1回、距離に関係なく交換する、というのは意味があります。
たいていの人は、車を買った日を覚えていますから、交換を忘れる心配がありません。

いずれにせよ、自分が、自分の金で、いくら頻繁にオイル交換しようと、それは個人の問題であって、他人がとやかく言うことではありません。
3000キロに1回だろうと、100キロに1回だろうと、いいでしょう。
しかし、だからといって、他人にまで、そのようなトンマな話を押しつける権利はないのです。
「いいかげんにしてくれよ」と言いたいですね。
    • good
    • 0

BMWは25,000Kmだそうですよ。


環境にうるさいドイツ人のこと、3,000Kmやら5,000Kmやらで交換なんて環境意識の低いこと、恥ずかしくてできないんでしょう(笑)

国産車であれば15,000~20,000Kmくらいが指定されているので、そのペースで良いと思います。どうしても最高のコンディション、素晴らしい吹け上がりをいつまでも維持したいというのであれば、「エンジンオイル掛け流し装置」でも開発して装着されたらと思います。エンジンにとっては早く交換して悪いことはありませんから。
普通のコンディションで故障無く乗りたいだけであれば、メーカー指定で充分です。

余談ですが、最近のオートバックスは「3,000km交換」を勧めてきますよね。私の記憶では、20年ほど前までは「5,000Km交換」を勧めてたと思います。エンジンは良くなってメーカーの指定交換距離も長くなっているのになぜ短くなるんでしょうね!?
自分の商売のことしか考えてないってことですよ。
    • good
    • 0

軽ターボです。


半年に一度オイル交換しています。
値段は、そのときお店にある、メーカー指定粘度の、最安値の100%化学合成油を使っています。
オイル交換場所は、スーパーオートバックスです。
    • good
    • 0

No7の回答者さんに同感。



オイルの劣化については、距離ではなくオイルに加えられた熱量=油温で有る程度決まってくるそうです。普通のオイルには洗浄成分が入っていますから、2キロ…いえ5分も走ればエンジンオイルは黒くなります。
エンジン内部がきれいであると気持ちはいいですけど、汚くても日本では影響が出るほど長くは車を保持していませんし…4輪普通自動車であればさほど影響は無いようです。

メーカーもイタズラに取扱説明書を書いているわけではなく、設計やテストの結果を踏まえて「1万キロ」などと書いているので、半年もしくは1年、1万キロもしくは1万5千キロ…と取り説を目安にすればいいのだと思います。気になるならその半分の距離で。

石油資源が枯渇しつつある最近の状況で、短すぎるオイル交換は将来の日本(や世界)における車の維持にたいして長期的には影響してくるんじゃないか?と思いますけど…。

私にしても専門家でもないので、だまされているのかもしれないですが、事情があって通勤&子どもの通園に使用している自家用のオデッセイと油冷のバイク車検間に1度も交換しないでいましたが、全くトラブルは無かったです。車については距離で1万キロ近かったですし、バイクも2年で5千キロほど走りましたけど…ね。バイクについては取り説で半年もしくは6千キロの早く達した方で交換となっていますけど。

オイルは自分で交換&オートバックスなどで。これは、オイル交換会員ですから格安なので。自分では、コストコで格安なオイルが売っているので。

ただ、仕事で使っているメルツェデスS600は3ヶ月3千キロで交換しています。12気筒5600ccのツインターボでエンジンオイル約10Lですけど、アイドリングの時間も長いし…ディーラーで本音ではどうなの?って聞いたら「すみませんが…こいつについては短めで!」と言われました。まあ、これは極めて極端な事例ですけど…普通であれば、やっぱりコレはあまり感心できない事だと思います。…まあ、お金持ちの社会貢献(こうやってお金持ちがお金を使うから、経済が活性化するということで)だと言う事でご理解くださいね。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/hiro …
    • good
    • 0

キロ数は関係無く交換しています。



気にしているのは交換してからの時間として半年。
もうひとつは油圧が低下してきたら

高負荷をかける使用を時々しているのでそうしています。
料金は言えませんが、専門のショップで交換してもらってます。
    • good
    • 0

車に関しては、ロクな知識もないのに、「知ったかぶり」をしたい人間(チンピラ小僧といってもいいでしょう)は、たくさんいます。


「オレは、車には詳しいんだぞぅ、偉いんだぞぅ」てなものです。
そもそも無知ですから、見当はずれなことを言って、嗤いものになっても、恥じるところがありません。

車の取扱説明書を読むと、ノンターボの国産車の場合、普通、「15000キロ、ハードコンディションで7500キロ」と書いてあります。
ところが、この質問への回答を読んでも、5000キロとか、3000キロとか、書いている回答がいくつもあります。
「オレは、車の取扱説明書を書いた人間より、車に詳しいんだぞぅ」と、言いたい訳です。
思わず、「アンタが大将」と、あてこすりを言いたくなります。

でも、3000キロで交換しないといけない理由なんて、そもそもありませんから、根拠を示せません。
それで「マメにオイル交換しないと、エンジンのヤレが早い」というような、脅迫まがいのことを書きます。
これくらい、安っぽい、軽薄なウソはないのですが、本人は、そもそも車のことを知りませんから、「平気の平左」です。
最初に「チンピラ小僧」と書いたゆえんです。

オイルというものは、昔は皆、エンジンに震動が出てから、交換したものです。
実際に、40年くらい前までは、4000キロくらい走ると、オイルの劣化で震動が出ました。
それ以前に、4サイクルでも、1000キロ走れば、軽く500ccは、オイルを消費しました。
(それが、今でも5000キロに1回交換すべきというトンマのルーツです)
また、改造車系の2流雑誌は、今でも、5000キロといっています。
石油会社の広告が欲しいし、確かに、後付けのエンジンパーツは工作精度が低いですから、オイル交換の必要もあるかも知れません。
ディーラーも、売上が欲しいですから、マメにオイル交換しろ、といいます。
低価格車を主力にするディーラーほど、そういうことをいいます。
高級車を扱うディーラーで、オイル交換のことを煩く言うと、営業マンに「コイツ、いったいなんなんだ」みたいな、冷やかな目で見られてしまいます。

でも、まあ、ハードコンディションにならって、7500キロくらいで、いいのではないでしょうか。

最近、ディーラーがメンテナンスパックというような名前で、点検をパッケージ販売しています。
それだと、走行距離に関係なく、半年に1回、追加料金なしにオイル交換してくれます。
ウォッシー液の補充までしてくれて、エンジンのことは一切考えなくてよくなりますから、便利ではあります。
    • good
    • 0

5000キロでオイル交換、10000キロでオイルとエレメントの交換です。


ディーラーがほとんどです。
オイルだけなら2500円ぐらい、エレメントもつけて3500円ぐらいです。
日産の1800ccです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qランエボのメンテナンス

こんばんは、宜しくお願い致します。

この度ランエボの9を購入し現在納車待ちなのですが、ランエボのメンテナンスについていくつか質問させて下さい。

エンジンオイルはディーラーの物(もしくは安い物)をこまめに変えるか、
少し高価な物で長めに使うか、どちらがいいのでしょう?
ランエボオーナーの方はどの程度頻度で交換してますか?

また、デフオイル、ミッションオイル、AYCのオイルなども同様で、
どの程度のサイクルで交換しているのでしょうか?

その他オイル以外で車の状態をより良く保つ為にしている様な
メンテンナンスがありましたら、是非ご教授下さい。

Aベストアンサー

オイルに関しては、

ディーラーの物 → マニュファクチャラー(メーカー)の言う通りの交換サイクルで良い(心配なら、メーカーの言う「シビアコンディション」での交換をすれば良い。)

もしくは安い物 → ダメ。(ターボ車の場合は、安物はやめておきましょう。)

少し高価な物 → この場合、メーカーの指定期間より遥かに短い期間で交換しないといけません。(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3646739.html)の No.14


つまり、「高価なものを奮発して、その代わり交換期間を延ばす」なんてことは、考え方としては間違っています。


丁寧に乗るなら、純正オイルと純正オイルフィルターを、三菱ディーラーの、専門整備士の手で交換作業してもらうことが最も安心出来ます。(ついでに、日頃気になる小さな不具合も、聞いてみたり出来ますし。)


もし、
激しく(例えばサーキット)使うなら、それなりのオイルを選ぶ必要も出てきますが、その場合、そのオイルは、例え静かに乗っていたとしても純正よりも短い期間で傷む場合も多いので、交換サイクルは短くなるでしょう。


ターボ車の場合は特に、ターバインの軸受け部の関係で、オイル選びは難しいです。

素人では、とにかく 先ずは 「純正オイル」が最も安心ですよね。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2782333.html)の No.6


ミッションオイルは、もし私なら、車が納車されたと同時に三菱ディーラーに持って行き、これは純正のミッションオイルと交換してもらいますね。

その他のものも、前オーナーが いつ取り替えたかも分らないものは、全て入れ替えてもらうでしょう(ラジエター水 とか)。


その後のことは、三菱ディーラーにて聞きながらアドバイスをもらって下さい。

(雑誌は、おもしろくて読むのは良いのですが、車の事も知らない若い入社したての人間が書いているような、あきれる様な事も平気で多く書いてありますので、「娯楽的読み物」程度に考えておいたほうが良いでしょう。)
もちろん、ランサーEvo.の出版物はかなり多いですし、読めばおもしろいので、全て買ってみること自体は良いこととは思いますが、


重要なことは全て三菱ディーラーの整備士に聞いておくことが重要でしょうね。




・ランエボの守り方 (運転編)
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4156798.html)の No.3
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4406176.html)の No.10
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4381629.html)の No.11 と No.16
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4458986.html)の No.4 と No.9
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4475431.html)の No.10 と No.12


いよいよ、楽しみですね!

オイルに関しては、

ディーラーの物 → マニュファクチャラー(メーカー)の言う通りの交換サイクルで良い(心配なら、メーカーの言う「シビアコンディション」での交換をすれば良い。)

もしくは安い物 → ダメ。(ターボ車の場合は、安物はやめておきましょう。)

少し高価な物 → この場合、メーカーの指定期間より遥かに短い期間で交換しないといけません。(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3646739.html)の No.14


つまり、「高価なものを奮発して、その代わり交換期間を延ばす」なんてことは、考え...続きを読む

Qハイパワー車の半クラッチ

こんばんは、宜しくお願い致します。

この度ランエボ9の購入に向けて着々と進んでいるのですが、
どこかのサイトで(忘れてしまいました)ランエボぐらいハイパワーな車になると、
半クラッチを使用しているとすぐクラッチがダメになってしまう、
という様な発言をディーラーで聞いたと耳にしました。

私は以前にプレリュードの5MT(bb4)に乗っていたのですが、
4年間で12万キロの走行(通勤とプライベート使用)してもクラッチは大丈夫でした。
その際は何も考えず普通に半クラッチを使用していまして、坂道などでは面倒なので半クラッチのままで止まっていたりもしてました。
(半クラッチを使用していたといっても、坂道以外は特別意識していたわけではないので、発進の時、渋滞の時ぐらいで、車に慣れてからはもしかすると半クラッチを自分が思っていた以上に使っていなかったのかもしれませんが。渋滞の際も半クラッチで動力を繋ぎ、すぐにクラッチを切り惰性で進んだりしていたので)
クラッチのシリンダーが4年目の車検の少し前にダメになり交換はしたのですが、それ以外はいたって健康でした。

中古での購入で結局前のオーナーと合わせて17万キロでしたが、クラッチは問題なかったので、ランエボの場合はどうなのかな~と気になっております。(勿論使い方次第なのでしょうが)

ただ、もし半クラッチをあまり使用できないとなると、発進や駐車の際に気をつかいそうなので。。

ランエボやインプレッサ、GTR、スープラ、FDなど、ハイパワーの車での半クラッチはほとんど使わないのでしょうか?

またクラッチとは話しがズレてしまいますが、ランエボのシフトは操作感が軽いと聞きます。これは如何なのでしょう?
更に、1速~2速、2速~3速、またはバックなど、シフトが入りづらい
とも聞きます。
これはミッションオイルで対応出来るのでしょうか?
プレリュードの際もたま~にありましたが、ほとんど稀で、そういった事は気にしないで乗れたので。。

質問が複数で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
現役エボオーナー、もしくは過去にエボを所有していた方などのお話が聞ければ大変参考になります。

こんばんは、宜しくお願い致します。

この度ランエボ9の購入に向けて着々と進んでいるのですが、
どこかのサイトで(忘れてしまいました)ランエボぐらいハイパワーな車になると、
半クラッチを使用しているとすぐクラッチがダメになってしまう、
という様な発言をディーラーで聞いたと耳にしました。

私は以前にプレリュードの5MT(bb4)に乗っていたのですが、
4年間で12万キロの走行(通勤とプライベート使用)してもクラッチは大丈夫でした。
その際は何も考えず普通に半クラッチを使用していまして、坂...続きを読む

Aベストアンサー

現役チューンドエボオーナーです。

型は9ではなくて旧型のIVになりますが、ノーマルの9よりは実測値で上を行っています。

まず、クラッチの寿命についてですが10万キロ持ちません。普通に使っても、せいぜいもって7~8万キロがいいところです。
これについてはエンジンのパワーというよりもトルクの影響の方が大きいと思われます。

また、発進時に若干半クラを使いますが駆動方式が4輪駆動ということもあり平坦な渋滞路であれば1200回転くらいでクラッチ繋いで1速~2速走行で充分です。上り坂でも半クラで煽る必要は全くありません。

シフト操作については普通にMTに乗れる方なら重いと言うことはないと思います。ただし、ストロークは短い方だと思います。シフトが入りにくいというのは年式の古いエボの話だと思います。シフトベースのラバーマウントが経年劣化でやせてきてシフトレバーを横移動させる際にベースごと動くことが原因となっています。これにはシフトベースのラバーマウントを強化品に交換またはリジッドマウント化するなどして対処します。そのほかにはミッションボックス側のグリスアップも効果的です。
ミッションオイルでシフトフィールの改善は多少行えるかもしれませんがギアの入りのスコスコ感はマウント方式の変更にはかないません。

後付になりますが、エボ7以降のクラッチは6以前と比較して容量がアップしているのでもう少し寿命は延びると思います。

現役チューンドエボオーナーです。

型は9ではなくて旧型のIVになりますが、ノーマルの9よりは実測値で上を行っています。

まず、クラッチの寿命についてですが10万キロ持ちません。普通に使っても、せいぜいもって7~8万キロがいいところです。
これについてはエンジンのパワーというよりもトルクの影響の方が大きいと思われます。

また、発進時に若干半クラを使いますが駆動方式が4輪駆動ということもあり平坦な渋滞路であれば1200回転くらいでクラッチ繋いで1速~2速走行で充分です。上り坂でも半...続きを読む

Qランエボは350馬力ぐらいまで可能?

 280馬力規制が撤廃されたので、たとえばランエボをいきなり350馬力ぐらいにしたら、かなり宣伝効果があるのではないかと思います。(350に根拠はありません。ただ、そのぐらいだと「おっ、すごいな」というイメージがあるため)

 ただ、おそらく今の三菱はそれほど余裕はないだろうから、あまり抜本的な改造は予算的に難しいかなと思います。そこで、現行のランエボVIIIの2000ccのエンジンもタービンも一切変更せず、加給圧をあげることにより、350馬力ぐらいでるものなのでしょうか?(無理なチューンをしたらでるんでしょうけど、10年10万kmぐらい乗れるような程度の強度を維持した上で)。

 ランエボの4気筒2000ccのエンジンは、おそらくNAの場合150馬力ぐらいだと思いますが、ターボをつけて280馬力というのは、市販車のチューンとしてはぎりぎりのものなのでしょうか、それともまだまだ余裕があるのでしょうか?

(なお、エンジンとターボの技術的関係に関心がありますので、「足回りがついてこないから意味なし」とか、「それでは認可が下りない」という点は返答不要です)

 280馬力規制が撤廃されたので、たとえばランエボをいきなり350馬力ぐらいにしたら、かなり宣伝効果があるのではないかと思います。(350に根拠はありません。ただ、そのぐらいだと「おっ、すごいな」というイメージがあるため)

 ただ、おそらく今の三菱はそれほど余裕はないだろうから、あまり抜本的な改造は予算的に難しいかなと思います。そこで、現行のランエボVIIIの2000ccのエンジンもタービンも一切変更せず、加給圧をあげることにより、350馬力ぐらいでるものなのでしょうか?(無理な...続きを読む

Aベストアンサー

ノーマル状態で280馬力のターボ車は、ブーストアップのキットを組めば300半ばのパワーに上がる、といえば上がります。

32、33、34GT-Rなどは300後半出るほどです。
キット、といっても純正CPUに付けるサブコン、ブーストコントローラー、熱価の高いプラグ(8番とか)に換える程度ですが…。
純正タービンにかけられる「安全な」最高限度のブーストをかければ必然的にパワーは上がります。

エボでもインプでも300前半なら問題ないでしょう。

Q高いオイルか安いオイルに添加剤

ランサー5なんですがオイル交換のことで質問です
オイルは高いものだと4リットルで7000円くらいして安いのだと1000円くらいで売ってます
これにまたオイル添加剤というものが売っていて、説明書きを読むと
パワーが何が力上がったとか書いています

実際、高いオイルを入れたほうがいいのか、安いオイルに添加剤を入れたほうがいいのかどっちなんでしょうか

Aベストアンサー

良い車をお持ちですね。
1998年のこと、トミ・マキネンがRACラリーのミッキーマウスでオイルに滑ってリアをガ~ンと。
ゴールの超直前でカルロス・サインツが止まってしまってルイス・モヤがヘルメットでカローラのリアガラスを…。
思い出しますね。Evo.5と、チームMREの輝かしい記録と歴史ですね。
良い歴史を持った、良い車です。丁寧に乗って、末永く保存してあげて下さい。
(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/motorsports/98WRC_j/RAC/)の、
ハイライト部→(http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%92%E6%BC%8F%E5%87%BA%E3%80%80%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%84%E8%BB%8A%E3%81%AF%E3%81%82%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%9A%E3%81%8B300m%E3%80%80%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E9%80%86%E8%BB%A2%E5%8A%87%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E7%9A%86%E3%81%AB%E6%84%9F%E8%AC%9D%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt&u=www.mitsubishi-motors.co.jp/motorsports/98WRC_j/RAC/daily3.htm&w=%22%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB+%E3%82%92+%E6%BC%8F%E5%87%BA%22+%22%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%84+%E8%BB%8A+%E3%81%AF%E3%81%82+%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%9A+%E3%81%8B+300m%22+%22%E5%A5%87%E8%B7%A1+%E3%81%AE+%E9%80%86%E8%BB%A2+%E5%8A%87%22+%22%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0+%E3%81%AE+%E7%9A%86+%E3%81%AB+%E6%84%9F%E8%AC%9D+%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%22&d=crfXwOxsOMOY&icp=1&.intl=jp)
Evo.3~Evo.6は、ホモロゲーション(homologation)車で、且つ、優勝車ですので、車の価値としては、他の車などとは比べ物にならない、別次元な価値と 大切に保存する意味がありますよね。
特にEvo.5は、強運まで付いている感じですね。



まず、オイルの「低温粘度」は、Evo.5の場合、10W-○○が良いですね。「高温粘度」のほうは、10W-30 以上あれば問題なしですね。
(http://www.bp-oil.co.jp/oil/dic01.html)(http://www.bp-oil.co.jp/oil/basic03.html)
サーキット使用ではない場合は、三菱純正オイルで問題は無いでしょうね。
(http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=7807610B+%E4%B8%89%E8%8F%B1%E7%B4%94%E6%AD%A3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%80%82%EF%BC%94%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AB%E5%85%A5%E3%82%8A%E7%BC%B6%E3%80%82SL+10W-30&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=UTF-8&search_x=1&x=27&y=9&u=www.nst-auto.com/lanevo/parts_lanevo/lanevo_p%26c.htm&w=7807610b+%22%E4%B8%89%E8%8F%B1+%E7%B4%94%E6%AD%A3+%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3+%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%22+%224+%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AB+%E5%85%A5%E3%82%8A+%E7%BC%B6%22+sl+10w+30&d=Q_1ZP-xsOSZq&icp=1&.intl=jp)
三菱純正は、SL 10W-30 のようですね。{SLとは(http://www.bp-oil.co.jp/oil/dic02.html)}

ターボ車には、低温粘度が 0W-○○とか 5W-○○とかものは使用厳禁です。また、サーキット使用をしない場合、15W-○○のようなものを使う必要もありません。15Wですと、暖気を充分にしないと走りだせませんし、それでもドライスタートの心配はありますので、街乗り使用ではかえってよくないです。

よって、

低温粘度のほうは、10W-○○ で決定ですね。

高温粘度のほうは、10W-40 でも 10W-50 でも 10W-60 でも構いませんが、街乗りでしたら、10W-30 で問題はありません。

三菱純正オイルで全く問題ないと思いますね。オイルフィルターも三菱純正品で。
というか、オイルフィルターのほうが純正品でないと心配ですので、ディーラーで作業をやってもらうことを前提で、となります。となると、たいていのディーラーでは、純正オイル以外は選べませんね。よって、三菱純正オイル。

しかし、ディーラーは、高いのですよね。

例えば、三菱純正オイルは、普通は量販店などで4リッターで安いときは2500円位でしょうか。純正オイルフィルターは、普通に三菱で買っても1500円しなかったと思います。ディーラーでの料金の、ここからの差額は、工賃ですね。
まずディーラーに電話してみて、Evo.5のオイルとオイルフィルターの交換工賃はおいくらか、聞いてみて、金額的にまあよければ、ディーラーで交換することがベストでしょう。

理由は、せっかくのEvo.。 車のことも良く分からないアルバイトのかたの交換作業と、ディーラーのメカニックのかたの交換作業と、どちらでやって頂きたいでしょうか?
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2044850.html)の ANo.7

ディーラーでオイルを交換することの利点は、

ついでに(というか、本当はこっちがメイン。)、いろいろ聞きたいこと(メカニックに見てチェックしてもらいたいこと)が聞けることです。ついでに、気になっていた異音を聞いてもらうとか、何かの相談に乗ってもらうとか。

そして、純正のオイルフィルターを付けてもらって、確実な作業をしてもらえれば、ディーラー料金でも決して高くはないと考えられます。


私は、以前、海外では、広大なガレージ付きの家に住んでいましたので、オイル交換は全て自分でやっていました。オイルフィルターは純正品を日本から買って持って行って、オイルは現地で、100%化学合成油のカストロールの10W-50だか10W-60かを使っていました。本当は10W-40位で良かったのですが(海外の道路事情でガンガン走るので、10W-40は欲しい。)、その頃は、100%化学合成油のものは そのカストロールの10W-50だか10W-60かしかなくて、Mobil 1 は10W-○○は無かったので、仕方なくカストロールにしていました。私は、カストロールよりMobil 1 のほうがずっと良いと思っています。他のNA車(ノンターボ車)には、Mobil 1 の、5W-○○をず~っと入れていまして、0W-○○が出てきてからは、そちらを入れていました。
(本当は、今でも時間があれば、全て自分で作業したいのですよね。)

もし、今 私に時間があれば、自分で交換するのなら、
私なら、ランサーEvo.に入れるなら、(街乗り用としてお安く選ぶ場合)
1. Mobil 1 ロードマスター 10W-30 (http://www.mobil1.jp/products_mobil1.html)
2. カストロール EDGE 10W-30 (http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=9010777&contentId=7019725)
3. Mobil 1 Super S ヨーロピアンスポーツ 10W-40 (http://www.mobil1.jp/products_synt.html)
4. カストロール Magnatec Protection 10W-40 (http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927410&contentId=6500297)
5. TRUST F3 10W-40 (http://www.trust-power.com/10oil/f3.html)
といったところでしょうか。

安ければ(売り場で安かったら)、
カストロール Formula RS 10W-50 (http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927407&contentId=6500287)
カストロール Pure Racing 10W-60 (http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927405&contentId=6500271)
などでも良いですね。
BP(bp)の 10W-○○も良いですね(http://www.bp-oil.co.jp/select/product_vervis.html)
べつに、上記これら以外でも、ちゃんとしたブランドのものでしたら、全て大丈夫です。
{ターボ車は、オイルの質(どれほど超高級か?)より、どれだけ頻繁に交換するか?のほうが重要なのです。}


エンジンオイルの選び方としては、このような感じでしょうか。
ターボ車には、さすがに純正エンジンオイルの4リッター2500円以下のクオリティーのものはお勧めできません。

{4リッター1000円のエンジンオイル。当方、NA車(ノンターボ車)には、問題なく使えると思っていますので、問題なく勧めちゃっています。}
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2200422.html)の ANo.12
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2724643.html)の ANo.10
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2324619.html)の ANo.4

しかし、ターボ車には、最低限、純正オイルは必要であると考えます。

そして、交換時期も、自動車会社が定めた期日の来る前に必ず交換するべきですね。
(http://www.castrol.com/castrol/faq.do?categoryId=82927827&contentId=6005605#3)の、
ハイライト部→(http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E6%84%8F%E5%A4%96%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93+%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A4%E4%B9%97%E3%82%8A+%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E3%81%8C%E7%9F%AD%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%A3%E3%81%A6&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt&u=www.castrol.com/castrol/faq.do%3FcategoryId%3D82927827%26contentId%3D6005605&w=%22%E6%84%8F%E5%A4%96+%E3%81%AA+%E3%81%93%E3%81%A8+%E3%81%8B%E3%82%82+%E3%81%97%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%22+%22%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A4+%E4%B9%97%E3%82%8A%22+%22%E8%B7%9D%E9%9B%A2+%E3%81%8C+%E7%9F%AD%E3%81%84+%E3%81%8B%E3%82%89+%E3%81%A8%E3%81%84+%E3%81%A3%E3%81%A6%22&d=Q7F2HuxsOPQd&icp=1&.intl=jp)

(http://www.bp-oil.co.jp/qa/a008.html)
(http://www.bp-oil.co.jp/qa/a024.html)
(http://www.bp-oil.co.jp/mechanic/mm018.html)


つまり、回答としては、
4リッター1000円のオイルなどは決してダメですね。最低でも、三菱純正のEvo.用オイル。またはそれに準じた性能以上のものを、三菱自動車の定めた期間を過ぎることなく、必ず交換する必要があります。




>実際、高いオイルを入れたほうがいいのか、安いオイルに添加剤を入れたほうがいいのかどっちなんでしょうか

添加剤の、意味や雰囲気は、まずはこちらをご覧下さい。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2300019.html)の ANo.3
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2664316.html)の ANo.5
(これ↑をお読み頂いたあとで)

つまり、添加剤は、全て実験のために入れてみるようなものですね。良いと言われている商品では、「まあ、入れても不具合は出ない。」程度のものです。本当に不具合が出ないかどうか、“実験”のために入れていることは悪くないと思いますよ。
上記2664316の、ハイライト部→(http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E4%BD%95%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%8B%E3%81%AF%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%A7%E3%82%82%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%8C+%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%8B%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%88%E3%81%AD+%E5%AE%9F%E9%A8%93&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt&u=otasuke.goo-net.com/jump.php3%3Fq%3D2664316%26t%3Dq&w=%22%E4%BD%95+%E3%81%AE+%E3%81%9F%E3%82%81+%E3%81%8B+%E3%81%AF+%E8%87%AA%E5%88%86+%E3%81%A7%E3%82%82+%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93+%E3%81%8C%22+%22%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4+%E3%81%8B+%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%8A+%E3%81%97%E3%81%A6+%E3%81%BF%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F+%E3%82%88+%E3%81%AD%22+%E5%AE%9F%E9%A8%93&d=coCXy-xsOVXc&icp=1&.intl=jp)
または、「ひょっとしたら、本当に良い??」と期待したり。も、 楽しいものです。

マイクロロン(http://www.microlon.co.jp/index.html)は、お金の出した甲斐のある、良い金額(高価)です。しかし、一度入れればしばらくは何も入れなくてよいから、まあ お得で世話なしです。入れてしばらく(300kmとか)は、作業が続いたり、ターボ車などは2回に分けたり、1600kmまでは気にしたりするので、なんとなく、「入れてハイおしまい」というものとは違って しばらくは楽しめます。

モリブデン系(http://www.sumico.co.jp/car/engine-add.html)は、それでも一応、昔から何かと定評があるものですよね。ただし、モリブデン系の添加剤の中には、100%化学合成油との相性が悪いものも報告されているようですので、良く調べて(説明書きを良くチェックして)、それから使ったほうが良いでしょう。

尚、テフロン系のものを使ったあとのエンジンにモリブデン系のものを使ったり、モリブデン系のものを使ったあとのエンジンにテフロン系のものを使ったり、といったことはできないようです。「相性がとても悪い」とか「使うことが不可」とかいう話は聞きます。悪いといわれることは、やめておいたほうが無難です。


比較的安価で、「主成分ホホバオイル ドングリ型の種子」 「インディアンの薬」な気分で気軽に入れることができる Wynn's FORMULA85(http://www.wistar.co.jp/formula85.htm)(http://www.wistar.co.jp/test/oilnashi.html)はお勧めです。

または、もう少し高い、Wynn's MetalOil EngineTreatment(http://www.wistar.co.jp/metaloil.html)も良さそう。

または、安価な、STPのOIL TREATMENT(http://www.stp-nippon-sj.co.jp/stp_product/stp_oil.treatment.htm)とか。


いずれも、楽しみで、何か(「きっと良いのでは?」とか)を期待して入れるものですので、安いエンジンオイルの性能を高めるものだとは考えないほうが無難です。

添加剤を入れるにしても、基本となる最低限のオイルのクオリティーはきちんと守り、交換期間も延ばすことはできません。

http://www.youtube.com/watch?v=uNuVQZiwy10

良い車をお持ちですね。
1998年のこと、トミ・マキネンがRACラリーのミッキーマウスでオイルに滑ってリアをガ~ンと。
ゴールの超直前でカルロス・サインツが止まってしまってルイス・モヤがヘルメットでカローラのリアガラスを…。
思い出しますね。Evo.5と、チームMREの輝かしい記録と歴史ですね。
良い歴史を持った、良い車です。丁寧に乗って、末永く保存してあげて下さい。
(http://www.mitsubishi-motors.co.jp/motorsports/98WRC_j/RAC/)の、
ハイライト部→(http://cache.yahoofs.jp/search/cache...続きを読む

Qエンジンオーバーホールの値段

現在三菱ランエボ7に乗っています。
中古で購入し1年がたちました。
購入時の走行距離は約88000kです。
その時点でオイルの消費はあったようです。(気づいたのはその2ヵ月後です。)
オイルの減少量は3000k走行でゲージの上限から加減まで下がります。
購入時の状態から推察するに、前オーナーは整備をサボっていたようです。
現在、オーバーホールかリビルドへの載せ替えを検討しております。
京都と奈良のチューニングショップではオーバーホール最低80万と提示されました。

4G63のオーバーホールは本当にそのくらいかかるのでしょうか?
ディーラーは聞いてませんが、おそらく外注に出すと思われるので完成品の品質を心配しています。

近畿圏で技術のあるいい店があれば教えてください。



駄文長々失礼しました。

Aベストアンサー

再度お邪魔します。

エボXの4B1エンジンとエボ7の4G63エンジンでは全く特性が異なります。

オイル消費についても、4G63はブローバイが多く、オイルキャッチタンクを装備すると、タンク内に溜まることから、燃焼するオイルが多少あると言う事になります。

オイル粘度では下の10Wが同じなら、気にすることはありません。

QMT車で、上り坂でジリジリと前進するコツ

RX-7(FD)に乗り始めて4ヶ月ほどの者です。マニュアル車の運転は初めてです。
最初の頃に比べるとシフトチェンジやクラッチ操作も徐々に慣れてきましたが、緩やかな上り坂で、ジリジリと少しずつ前進しないといけないような所での操作が苦手です。例えば、見通しの悪い十字路で、左右から車が来ないか少しずつ前進しながら確認しないといけないときなどです。ミラーがあっても、交差している道がカーブしてるので非常に確認しづらいのです。平地でもジリジリと前進するのは苦手ですが、これが上り坂となるとさらに・・・。何かコツはありますか?やっぱり半クラにしておくのですよね?
もう一つ質問があって、特に半クラを多用したときに、焦げる臭いがします。ロータリーは仕方ないことだと言われましたが、問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロントブレーキ)の時間の連続使用なら、問題が無い。」とも言えます。
(厳密には、クラッチのほうは、密閉された中で起きることですし、クラッチ版自体がブレーキパッドより薄いので、フットブレーキ比でもう少し繊細に考えてやる必要はありますが。)

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3151568.html)の ANo.6



☆【 緩やかな上り坂を、静々と進んでみる方法。】

・アクセルペダルを踏む右足は、必ずかかとを床に付けっぱなしにして下さい。

・クラッチペダルを踏む左足は、必ずかかとは上げたままにして下さい。


クラッチ切って1速に入れて、ハンドブレーキで車を止めたまま右手はハンドブレーキを引いたままの状態(リリースボタンは押したまま)。から始めますね。

1. アクセルペダルを踏んで、アイドリング回転数の 1.5倍程度の回転数にして、右足は固定します。

2. 右足は固定したまま、クラッチペダルを半クラッチに付けたと同時に、ハンドブレーキは解除して、

3. クラッチペダルのみで車速をコントロールします。


この時、エンジン回転数は、アイドリング回転数の1.2~1.4倍程度でキープできていると良いですね。

目安は、平地では1.2倍。 緩い(わずかな)上り坂は、1.3倍~。 急な上り坂になれば、1.4倍は超えて、それこそもっと高い回転数が必要な場合もよく出てきます。


半クラッチは、軽く繋がっている程度で良いと思います。車が下がってしまわないギリギリのところで繋いで、ペダルを0.5ミリ手前に戻せば(繋げば)前進してくれる程度。(坂が急なら、アクセルはもっと踏み込んで、クラッチはもっと繋ぐ必要が出てきます。)


半クラッチは、実は、熱くならないように、5~7秒ごとに、完全に切ってクラッチペダルを床までいっぱいに踏んでやって、冷ましてやる必要があります。

切るのは素早くやります。

この時、もし車が速度ゼロになったら、ハンドブレーキかフットブレーキか、どちらかやり易いほうで止めて下がることを防ぐことは忘れないようにして下さい。

止まる必要が無い場合は、普通は、車速が落ちる前に再び半クラッチで繋いで(弱く薄く繋ぐ)、上記の3.を繰り返しながら進みます。


つまり、冷ますためにクラッチを切る場合も、可能な限り素早く一気に切り、1秒冷まして、再び繋ぐ時も、半クラッチの始まるところの手前までは、一気にクラッチペダルを戻す必要があります。

クラッチペダルの、半クラッチが始まるところの手前の位置は、左足に覚えこませておく必要はあります。

7秒-1秒-7秒-1秒-7秒 では、完全に、冷ます時間が足りな過ぎますので、断続クラッチをする場合は、3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒-1秒-3~4秒 といった配分にしてやる必要があります。

上記の5~7秒というのは、「その後、クラッチは完全に繋いで発進できるような場合。」や、「坂自体が相当緩やか、しかも、断続は2回程度で済みそう。」な場合のみ。です。



まずは何よりも先に、平地での練習ですね。

(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3691782.html)の ANo.9


平地でこれができるようになっていれば、あとは、上り坂での操作は、この延長上の操作でしかありません。発進のときにハンドブレーキを使い、必要な時(止まってしまい 下がってしまいそうな時)にはハンドブレーキで止める。これだけです。


「焦ったら必ずクラッチは完全に切る」 これだけを自分に言い聞かせておけば、急発進で失敗することも無いでしょう。


クラッチは、焼いてしまうほど長々繋いではいけませんが、だからといって、「早く完全に繋いで半クラッチ状態を脱しないと」と不要に焦ってしまう必要は無いです。



ロータリーエンジンゆえに、エンジン回転数の低い時にはエンストしてしまいそうな場合は、
上記より、気持ちエンジン回転数は高めに設定し、クラッチを気持ち弱く薄く繋げば (この場合の繋いでおく時間は、気持ち短めに。)、
スムースにできるかと思います。


 

半クラッチです。

半クラッチ使用が必ず正しいのですが、

1つだけ注意点は、「クラッチが熱くなり過ぎるほどにやってはダメ!」です。


イメージとしては、フロントブレーキと全く同じです。走行直後は、触れないほどに熱くなっていますよね。
もし、あの熱さを超えるようでは、フロントブレーキも効かなくなりますし(フェード)、そこまでの長時間のフットブレーキ使用は、間違っています。

クラッチも全く同じなのですが、

逆の言い方をすると、「あの程度(普段のフットブレーキのフロント...続きを読む

Qランサーエボリューション7のオイル交換について

皆さん、こんばんは。1つお聞きしてくて来ました。
ランサーエボリューション7に乗って3ヶ月くらい経ちました。
雪が降る前に1度、オイル交換をしたいと思います。
どこでオイル交換したらいいのかの相談です。
近くに、三菱のディーラもあり、オートバックスとかイエローハットもあります。
ランサーの生みの親の三菱のディーラでオイル交換したほうがエンジンに良かったりしますか?
どなたか教えてください。
走行距離は1万3千キロです。

Aベストアンサー

オイル交換云々の前に
一度ディーラーに行ってメンテナンスの仕方を教わったほうがいいかと思われます
三ヶ月でどのくらい距離走りました?
オイル交換は前回交換した時の距離とその後の年月で考えてください
乗り始めた時エアクリやオイルフィルター、消耗品は交換しましたか?
ランエボはカローラとか一般大衆車と同じ扱いで乗っていたらダメージは蓄積します。
オイルも夏と冬で若干粘度の違うものを考えてください
ほんとに大切にしているならしっかりメンテナンスをしないと車が不機嫌になり動かなくなりますよ?

きつい言い方ですが良い車に乗っているのんであればこそ
必要最低限知っておかなければならない事もあります。

Qランサーエボリューション9化

現在ランエボの購入を考えております。
以前からエボ7の見た目が好きで買うなら7と決めていたのですが、
最近は9の見た目がとても気に入ってます。
ですが、7を買うぐらいしか予算を考えておらず、9を買うのはちょっと厳しいのです。
(実際9が買えない事もないのですが、かなりギリギリでもし購入出来ても改造費にお金を算出できない為)

まあそれはおいておきまして、
エボ7、もしくは8を9の見た目(あくまで見た目のみ)にする事が可能だとは思うのですが、
実際どの程度の費用がかかるのでしょう?また、どの部分のパーツ交換が必要になるのでしょうか?

私の予想ですと、7であれば
フロントバンパー、ボンネット、ヘッドライト、リアテール、リアバンパー

8であれば、
フロントバンパー、リアバンパー、(MRでなければヘッドライトも?)

ぐらいかなと思うのですが如何でしょうか?
ウィングは社外品を考えておりますので構いません。

現在は8の購入を考えておりまして、というのも、7では5速しかありませんし、
どうせなら6速も惹かれます。
そしてなにより、8はフロントマスクの不人気さからか、値段もだいぶ安いと思うので。

ただ、のちのちの改造まで考えれば7を安くかって改造費用に回すのもアリですし、
8を見た目だけ9仕様にするのもアリですし、
9を買ってMIVECを堪能するのもアリだとは思っていて、決めかねております。
私にとってランエボは7でも十分すぎる程の速さですから、あとは見た目の問題というのもありまして。(何を買うにも見た目を重要視するので)

そこで、概算で結構ですので、9の見た目にする為に必要なパーツ、その値段、また大まかな工賃まで解ればありがたいのです。

それと9の見た目にするにあたり、7と8のリアの見た目と9の見た目では違いがあるかと思うのですが、
リアも9の見た目にできるものなのでしょか?
9はリアバンパーの真ん中がへっこんでいて(くぼんでいて?)、
その下の部分に黒い部分が見えますよね。
他の車種で言えば、RX8やスイフトスポーツなんかも似た感じだと思います。
あれはリアバンパーだけの交換であ~なるものなのでしょうか?
説明ベタで申し訳ありませんが。。

見た目だけ、どうしても9がいいのですよねぇ…(苦笑

ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

現在ランエボの購入を考えております。
以前からエボ7の見た目が好きで買うなら7と決めていたのですが、
最近は9の見た目がとても気に入ってます。
ですが、7を買うぐらいしか予算を考えておらず、9を買うのはちょっと厳しいのです。
(実際9が買えない事もないのですが、かなりギリギリでもし購入出来ても改造費にお金を算出できない為)

まあそれはおいておきまして、
エボ7、もしくは8を9の見た目(あくまで見た目のみ)にする事が可能だとは思うのですが、
実際どの程度の費用がかかるのでしょう?また、...続きを読む

Aベストアンサー

7か8のどちらかの購入でなやんでいらっしゃるようですが、7と8の差は6速ミッション以外にもスポーツABSとスーパーAYCの差がありますのでパフォーマンス的に大きく異なります。
8には8MRの存在があるために値段は若干安めになるかもしれませんが7よりは高くなる可能性は捨て切れません。

9ルックにするためにはリアはポン付けですが、9のマスクにするにはグリルネットやリーンフォースなどのステー類が異なりますのでその辺も必要になります。あと、リップスポイラーが別部品ですね。

ただし、リーンフォースを使用せずにタイラップでガッチガチに固めてしまう手法をとればバンパー&リップのみでOKです。

タイラップ止めに不安を感じられるかもしれませんが、この仕様でサーキット走行に耐えられますので普通に生活するには十分でしょう。

以上、友人のエボGT-Aでの話です。

Qランエボはなぜ早い?

峠においてランエボは、「反則だ!」って言われるくらい早いんですよね?
なぜそこまで言われるんですか?
なぜそんなに早いんですか?
GT-RやFDよりも?

例えばランエボがGR-Rより早いのは軽いから?
調べたら140kgくらいしか違わないけど、その効果はでかい?
それとも他に理由がある?

車重を考えるとFDの方がはるかに軽いですが、それでもやはりランエボが早い?

とにかくなぜそこまで早いと言われるのか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ランエボがなぜ速いかですね。
まず140キロはお話にならないくらいの差です、加速以外にブレーキ、コーナリング、すべてに差が出ます。
パワーウエイトレシオ、計算してみてください。
私のEKシビックノーマル時0-100キロ加速が7,4秒が100キロの軽量化で5,9秒になりましたよ。
あと、パワーと最大トルクです、加速0-400mなどは最大トルクが大きいのが有利ですので、トルクウエイトレシオで分かると思います。
あと、本当のパワーです、実パワーと言うやつです。
ランサーエボ8で310psほど、出ています。
実際カタログで280psといっても、280ps出ていないエンジンも多いのです。
FDはコーナリングは凄く早いですよ、ただエンジンの最大トルクが31キロくらいしかないので、加速力はランサーに劣るというのは、分かります。(ランサーは41キロ)
あとブーストがランサーはノーマルでも1,5キロもかかってます、シルビアのドリフトマシンでいっても結構なブーストアップの世界です。
ランサーで全日本のN車両で2キロほどブーストかけてます、それでも壊れにくいエンジンなのです。
4輪駆動のトラクションもかなり有効に働いています。
パワーが上がって、軽量にすると、FRなどでは、スタートの時全開にできないですが、4輪駆動では、かなり
踏んでいけます。
全日本ジムカーナの改造車のFD(チャンピォン)などパワーではNクラスのランサーに勝っているのに、タイムでは負けています、4輪駆動がその要因だと思います。
FDの選手はリアが流れて、アクセルを踏み切れないと
セッティングに悩んでいました。
とくに、エボのエンジンの本当の最大出力と最大トルクは国産最強だと思います。
それに、メーカーの真面目に速さにこだわった結果だと思います。
あとGTRですが、あの車はレース仕様にして始めて
早くなる車だと思います、N1で500PSくらい出ていますし、割りと簡単に400PSくらいはいける車です、ノーマルではわざとパワーを落としているように
思われます。
車重が重過ぎるため(特にフロント)、ブレーキがつらいですね。
ジムカーナではわざわざ、4輪駆動のクラスが追加されたほど、2輪駆動では、お話にならないんですよ。
今ラジコンも4輪駆動でないと、話にならないです。

ランエボがなぜ速いかですね。
まず140キロはお話にならないくらいの差です、加速以外にブレーキ、コーナリング、すべてに差が出ます。
パワーウエイトレシオ、計算してみてください。
私のEKシビックノーマル時0-100キロ加速が7,4秒が100キロの軽量化で5,9秒になりましたよ。
あと、パワーと最大トルクです、加速0-400mなどは最大トルクが大きいのが有利ですので、トルクウエイトレシオで分かると思います。
あと、本当のパワーです、実パワーと言うやつです。
ランサーエボ8で...続きを読む

Q社外マフラーの選択について

ランサーエボリューション7に乗っています。
純正マフラーから社外のマフラーに変えたいと思っています。
チタン製かステンレス製の車検対応のを考えています。
チタン製は、純正とかステンレス製と比べて腐りやすい物ですか?
ご存じの方がいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分もランサー乗りでエボ5に乗っています。
マフラーにもいろんなタイプがありまして、最近ではマフラーの代名詞でもある砲弾タイプ、音をあまり大きくせずにパワーアップ目的としマフラーを変更した存在感を示せるオーバルタイプ(純正のような形)があります。マフラーのほとんどがステンレスで出来ていてサイレンサーエンド(排気の出口)だけがチタンでできたハイブリットタイプもあるようです。
チタンとステンレスで悩んでらっしゃるようですので二つの違いについて書いていきます。
<チタン> 
材質の特性というか特徴として熱が加えられることでムラサキというか七色っぽい焼き色が付き、排気音が純正に比べてかなり乾いた音になります。
<ステンレス>
チタンほどではないけど軽量であること。最近のマフラー素材として定着しているため比較的安く購入でき、チタンに比べて素材の強度が高いです。破損した場合、溶接技術の発達もあってチタンに比べて補修も可能です。

マフラーの取り回し違いでもエンジン特性(アクセルを踏んだときのエンジンの反応や吹けあがり方のこと)も結構変わりますのでその辺も考慮するといいでしょう。パワーアップをしつつパワーの出方をあまり変えたくないのであれば純正とおなじ取り回しのマフラーがいいでしょう。とにかくパワーを出したいというのであれば出口まで可能な限りストレートな構造の物がいいです。
車検対応というところを気にされているようですが、音が法律の基準値内であれば車検対応という物でなくてもいいんですよ。
音の抑え方も、出口にインナーサイレンサーという取り外し可能な後付の消音器をつけることも出来ますし、触媒の後ろにガスケットのように挟んで使うECV(中でパタパタと動くフタのような部品)という部品もあります。ECVは室内からワイヤーにてフタのあき具合を変えることで好みの音量に調節できますよ。
あとはパイプの太さでも音量とパワー特性は変わります。純正がおそらくΦ70ですので似たような特性にしたいのであればΦ75の物がいいですね。これくらいの太さの違いでしたら特にコンピューターの書き換えをする必要はないかと思います。抜けをよくして高回転でパワーを出したいならばΦ80~がいいです。ここまで太さが変わると抜けがまるっきり違いますので燃調などのセッティングが必要です。
あと私個人の意見なんですがマフラーならばHKS製がいいですよ。私の使っているちょっとモデルは古いのですがハイパワーマフラーというやつは純正と同じ取り回しで、音も保安基準内です。
いろんなメーカーからいろんなマフラーが出てますのでインターネットで確認してみるといいでしょうね。有名なところで言うと、HKS、アペクセラ、フジツボ、トラスト、5次元、柿本レーシング、などあります。フジツボですとホームページ上でムービーでどんな音がするか確認することが可能ですから見てみるといいでしょう。たしかエボ7のムービーもあったと思いますよ。フジツボのURL貼っておきますね。

参考URL:http://www.fujitsubo.co.jp/index.html

自分もランサー乗りでエボ5に乗っています。
マフラーにもいろんなタイプがありまして、最近ではマフラーの代名詞でもある砲弾タイプ、音をあまり大きくせずにパワーアップ目的としマフラーを変更した存在感を示せるオーバルタイプ(純正のような形)があります。マフラーのほとんどがステンレスで出来ていてサイレンサーエンド(排気の出口)だけがチタンでできたハイブリットタイプもあるようです。
チタンとステンレスで悩んでらっしゃるようですので二つの違いについて書いていきます。
<チタン> 
材...続きを読む


人気Q&Aランキング