プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちは。22歳の男です。

有酸素運動の前にヴァームを飲んでいる人、ヴァームに詳しい人や、フィットネスに詳しい人等に質問です。

有酸素運動の20~30分前にヴァームを飲むと脂肪が燃焼されやすいと聞いたのですが、その時どのくらいの量を飲めばいいのでしょうか?

とりあえずと思い、ペットボトルのものを1本買ったのですが。

回答よろしくお願いします

A 回答 (1件)

>とりあえずと思い、ペットボトルのものを1本買ったのですが。



ペットボトルは「給水用」です。
脂肪燃焼には運動前に缶入り(250円)を1本飲む必用があります。

いつも以上に汗をかきますし、それなりの効果があると思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヴァームの飲み方


フィットネスクラブでダイエットを中心(オマケで筋力)目標に運動しています
そこで、飲料水についてですが


ヴァームダイエットスペシャル
http://www.vaam.jp/sports/knowledge/lineup/dietspecial.jsp
これを運動前にのんで

ヴァームウォーター(PET)
http://www.vaam.jp/sports/knowledge/lineup/water.jsp

運動中に飲みながら運動をする。


つまり
1回の運動で両方飲むって事でしょうか?

Aベストアンサー

この1年間ジムに行くときは必ずヴァーム缶かスーパーヴァームを30分前に飲んでいますが、1年で17キロ体重が減り筋肉量は3キロ増えました。
基本的にヴァームを飲めば痩せるという感じではなく、あくまでも運動でカロリーを消費して痩せていくという感じです。
ヴァームを飲んだ月とただのスポーツドリンクを飲んだ月では目に見えるくらい疲れが違い、ジムにいる時間が変わるのを実感します。
ヴァームを飲んでないと激しい運動後に疲れが残り仕事中も居眠りをしてしまい、休みの日もジムに行く気力がなくダラダラしてしまいます。
初めはプラシーボ効果なのかと思いヴァームを飲まない期間をつくって試したら、上記の様な結果になりました。
運動時間が長くなる結果によりヴァームを飲まない月より飲んだ月の方が体重が落ちるという感じでした。
 
ヴァーム関連の過去の質問でも書いている方がいますが、自分で試した結果でもヴァームを飲めば痩せるわけではないみたいです。
翌日にも疲れが残るような激しい運動をしなければヴァームでなくて水で十分な気がします。


参考までに私がジムでしている運動は

ウエイトトレーニング(ベンチプレス、スクワット、デットリフト、アームカール、ベントオーバーローイングなどなど) 約1時間くらい

マラソン、水泳などの有酸素運動 約1~2時間くらい

このメニューを週3,4日しています。

この1年間ジムに行くときは必ずヴァーム缶かスーパーヴァームを30分前に飲んでいますが、1年で17キロ体重が減り筋肉量は3キロ増えました。
基本的にヴァームを飲めば痩せるという感じではなく、あくまでも運動でカロリーを消費して痩せていくという感じです。
ヴァームを飲んだ月とただのスポーツドリンクを飲んだ月では目に見えるくらい疲れが違い、ジムにいる時間が変わるのを実感します。
ヴァームを飲んでないと激しい運動後に疲れが残り仕事中も居眠りをしてしまい、休みの日もジムに行く気力がなくダラダラ...続きを読む

Q運動前に飲むと脂肪燃焼にいいものって?

こんにちは。よろしくおねがいしますm(__)m

 最近、テレビなどでもよくとりあげられている事ですが、運動前にカフェインやLカルニチンなどを摂取すると、ダイエットに効果があるという事を聞きます。

一般的に身近で、近所のお店で買えるようなものには
「ヴァーム、エネルゲン」などがありますが、どれも継続して試した事がなく、効果があるのかな~?といった感じです。

 楽天市場や健康食品系のサイトには、毎回そのような商品がたくさん掲載されていますけど、実際にお使いになったみなさんの感想や、効果のほどはいかがなものでしょうか?価格も、安い物から高い物まで数多くあり、判断に迷います(@_@;)

 ぜひ、おすすめの商品などがありましたら教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヴァームなどのアミノ酸飲料、サプリメントのBCAAやカルチニンなどは、確かにそれなりに効果はあるのですが高いです。

これらよりもむしろ糖質(=炭水化物)をちゃんと補給しておいてください。食前の運動なら、運動の30分~1時間前に果汁100%ジュースをコップ一杯、あるいはバナナを1本摂りましょう。

カロリーが心配かもしれませんが、焚き火を例にすると、太い枝が脂肪で、種火にする新聞紙や細い枝が糖質です。焚き火の後に、種火は跡形もなくなっているように、摂った分は運動で完全に消費されてしまいますから心配無用です。逆に十分な種火がないと、太い枝もよく燃えてくれません。摂るものはちゃんと摂って運動しましょう。

また、あわせてプロテインも飲んでおけば、アミノ酸飲料の代替として似たような効果が発揮されます(1回あたりのコストは断然安い)。

なお、食後なら、食べてから1~2時間して体に栄養がいきわたった状態になってから運動を行うようにします。

運動の時間は1回で20~40分程度を目安に週4回程度行いましょう。

お金より頭を使って、健康的に痩せるようにしてください。

ヴァームなどのアミノ酸飲料、サプリメントのBCAAやカルチニンなどは、確かにそれなりに効果はあるのですが高いです。

これらよりもむしろ糖質(=炭水化物)をちゃんと補給しておいてください。食前の運動なら、運動の30分~1時間前に果汁100%ジュースをコップ一杯、あるいはバナナを1本摂りましょう。

カロリーが心配かもしれませんが、焚き火を例にすると、太い枝が脂肪で、種火にする新聞紙や細い枝が糖質です。焚き火の後に、種火は跡形もなくなっているように、摂った分は運動で完全に消費され...続きを読む

QVAAM(ヴァーム)の効果について教えてください

VAAM(ヴァーム)の効果について教えてください
私は、サッカーをする前にVAAMを飲んでいます。
その効果は次のように思っていました。
(1)体脂肪をエネルギーに変えて、持久力をアップさせる
つまり、飲むとスタミナが持続できる。

しかし、ある人から違うことを聞きました。
(2)効率良く体脂肪をエネルギーに帰るので、少しの運動で大きなエネルギー消費を行うことをサポートする。
つまり、飲むと少しの運動で疲れるので、持久力をダウンさせる

(1) (2)のどちらが正しいのでしょうか???
それとも別の効果でしょうか?

Aベストアンサー

(1) (2)のどちらも違うと思います。
蛋白質を構成する20種類のアミノ酸のうち、バリン・ロイシン・イソロイシンを分枝鎖アミノ酸(BCAA)といいます。

この分枝鎖アミノ酸は、運動時に筋肉において大量に消費されます。
脳は、脳内の血流を常に監視していて、血液中の分枝鎖アミノ酸の濃度が薄くなると、
筋肉が疲れてきたと検知して、身体を休めようとします。
この時、私たちは疲れたと感じます。

ですから、血液中の分枝鎖アミノ酸の濃度を前もって高くしておけば、疲れを感じないはずです。
20年数年も前に、アメリカのメーカーがBCAAを配合したスポーツドリンクを開発し、
マラソン大会で参加者に無料配布して、レース後にその感想をたずねました。

その結果、多くのランナーからたいへん効果があった、疲れを感じなかったと好評を得ましたが、
ベテランランナーたちの多くは、あまり効果がなかったと評価しました。

医学的には、分枝鎖アミノ酸に体脂肪をエネルギーに変える作用はなく、脂肪変換の促進も認められていません。

分枝鎖アミノ酸は疲れを感じにくくさせることよって、持久力がアップしたような感覚を感じさせるものです。

分枝鎖アミノ酸を配合したドリンク剤が持久力アップを謳うのは間違いではありませんが、
脂肪燃焼やその促進効果を謳うのは誇大広告だろうと思います。

ジョギングで脂肪が燃焼したかどうかは、ケトスティック試験紙を用いるとテストできるのですが、
VAAMを飲んでジョギングをすると、尿中のケトンがぴたりと止まるのがわかります。

(1) (2)のどちらも違うと思います。
蛋白質を構成する20種類のアミノ酸のうち、バリン・ロイシン・イソロイシンを分枝鎖アミノ酸(BCAA)といいます。

この分枝鎖アミノ酸は、運動時に筋肉において大量に消費されます。
脳は、脳内の血流を常に監視していて、血液中の分枝鎖アミノ酸の濃度が薄くなると、
筋肉が疲れてきたと検知して、身体を休めようとします。
この時、私たちは疲れたと感じます。

ですから、血液中の分枝鎖アミノ酸の濃度を前もって高くしておけば、疲れを感じないはずです。
20年数...続きを読む

Qウォーキング・ジョギング結局どっちがやせるの?

ウォーキングの方がジョギング(ランニング)よりも痩せるという話を時々聞くことがあります。
実際ジムなどでもそれを根拠に歩いてる人は結構多いようです。

しかし経験上どうもジョギング(以下走とします)の方がウォーキング(いか歩とします)よりも痩せる気がしてしょうがありません。
正直、歩をした程度ではほとんど体重の変化を実感できないんです。

実際早く走るのは痩せないというのが真実なら、長距離の選手や減量中のボクサーは体重管理のために歩を取り入れるはずですよね?でも通常のトレーニング以外に減量のため歩いてるなんて選手聞いたことありません。(マラソン選手が長期休養後に足作りのため歩くことはありますが)

そしてなによりやっぱり走のほうがキツイんで「効いてる~」って感じがしてしまいます。

走よりも歩の方がダイエットに良いという根拠はなんなのでしょうか?
単に、走はきつい(足腰への負担や、心配機能への負担等)ので長時間&長期間の持続が困難だから歩を勧めているだけで、やっぱり同じ10キロをこなすなら歩より走のほうがやせるんでしょうか?

実際やせるのに(問題無く同頻度で実行できるとして)10キロ90分で歩くのと、60分で走るのどちらが効果的なんでしょうか?

ウォーキングの方がジョギング(ランニング)よりも痩せるという話を時々聞くことがあります。
実際ジムなどでもそれを根拠に歩いてる人は結構多いようです。

しかし経験上どうもジョギング(以下走とします)の方がウォーキング(いか歩とします)よりも痩せる気がしてしょうがありません。
正直、歩をした程度ではほとんど体重の変化を実感できないんです。

実際早く走るのは痩せないというのが真実なら、長距離の選手や減量中のボクサーは体重管理のために歩を取り入れるはずですよね?でも通常のトレ...続きを読む

Aベストアンサー

一分間あたりの消費カロリーは、ウォーキングなら80m/分で0.0747×体重、100m/分で0.1083×体重。

これに対して軽めのジョギングが0.1384×体重、速めなら0.1561×体重、となっています。

ですので、同じ時間行うなら、ジョギングのほうがおよそ1.5~2倍ほどカロリーを消費します。

ただ質問者様の場合は60分走と90分歩の比較ですから、両者に大きな差はない、というのが答えになります。

ちなみに、足首や膝にかかる負担を考えるとジョギングは着地のさいに、体重の数倍の重量が関節にかかるので、ケガの危険が自転車や水泳に比べて高めです。
また、心肺機能がしっかりしていないと酸素を十分とりこめませんし、そうでなくてもペースを上げすぎれば無酸素運動になってしまうので、長く続けることができません。

それから有酸素運動というのは脂肪だけ使うわけでなく、脂肪は「主体となる」エネルギーであって、それを使うためには十分な酸素や糖質が必要です。

そして、この糖質(グリコーゲン)も脂肪もまずは血中に溶けているもの(グルコースおよび脂肪酸)が使われます。次に糖質は筋肉→肝臓という順番でグリコーゲンがグルコースとなって、脂肪は全身の脂肪細胞から脂肪酸となって、それぞれ血中に溶け出してきてエネルギーとして使われます。

そして最終的に、肝臓の糖質まで使い切った状態になると、体を動かすエネルギーが存在できなくなってしまい、「ハンガーノック」という運動不能状態に陥ります。

通常の食事をしているならともかく、食事制限をしている場合などは、この状態に陥りやすいので、負荷が高いジョギングや水泳などでは、安全のために運動前後や運動中に果汁100%ジュースを飲んだり、飴をなめるなどの工夫が要ります。

こうしたことは運動経験のある人なら常識ですが、そうでない人だとむやみな食事制限と運動で倒れるケースがままあります。

こうしたことをふまえて考えれば、ジョギングは、運動経験がない、あるいは少ない人や基礎体力がない人、体重が重めの人(まとめるなら運動不足&知識不足な人たち)にとっては、リスクが高く、実りが少ない運動といえます。
また、心理的にも「きつい」と感じる運動は、ストレスになって続けられません。

そして現代の日本人を見ればわかるとおもいますが、全体として「運動しない」&「なるべく楽して結果を出したい」という傾向があるために、メディアなどでは、より安全かつたいした知識もいらず、楽にできるウォーキングを勧めるわけです。

ただ、負荷が低いということは、それだけ筋肉も刺激されづらいということですから、すぐに一定のレベルに達し、そこで頭打ち(=現状維持)になります。
もし体力、筋力、心肺能力などのいっそうのレベルアップを目指すなら、ウォーキングからじょじょにジョギングに切り替えていくほうがお勧めです。

一分間あたりの消費カロリーは、ウォーキングなら80m/分で0.0747×体重、100m/分で0.1083×体重。

これに対して軽めのジョギングが0.1384×体重、速めなら0.1561×体重、となっています。

ですので、同じ時間行うなら、ジョギングのほうがおよそ1.5~2倍ほどカロリーを消費します。

ただ質問者様の場合は60分走と90分歩の比較ですから、両者に大きな差はない、というのが答えになります。

ちなみに、足首や膝にかかる負担を考えるとジョギングは着地のさいに、体重の数倍の重量が関節にかかるので、...続きを読む

Qダイエットに最適の運動と食事のタイミング

エステシャンの友人から聞いたこと、TVで観た記憶、
過去の質問も拝見させて頂いたり
自分で手探りにネット検索したり等 でも
意見や考えが違うので良くわかりません。

大まかに分けると 真逆で
○運動した後、すぐ食事すると吸収が良くて太る。
 (ダイエットには、逆効果。)
○運動後、すぐ食事をするとそのまま燃焼が続いてるので 太らない。(ダイエットになる)

どちらが、正解なのでしょうか?

適度な運動(自転車、ストレッチ等)を毎日して 食事内容は、バランスよく摂取しています。
ダイエット効果のある食事のタイミングを教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも正しくありません。

まず前者からいくと「すぐ食事をすると吸収がいいから体脂肪になってしまう」というのは知識のない人の早合点です。

「吸収がいい」というのは、運動で破壊された体を再構築するために、栄養が消費されやすい状態にあるということです(=代謝がよくなり、回復のための材料を欲しがっている)。
ですから、吸収率がいい状態である運動直後の食事はむしろ体脂肪にはなりにくいと言えます。

それに栄養不足の状態を放置しておくと、疲労した体は、筋肉を分解して活動のためのエネルギーを取り出すようになる危険があります(カタボリック状態)。

ですから、運動直後に栄養を補給しないことは、むしろ太りやすくなる危険があります。

ですが、後者の方も全面的に正しいわけではないのです。体を動かすエネルギーは最初に炭水化物が使われ、その後に脂肪が使われます。ここに食事で栄養を補給すれば、当然脂肪の燃焼は(完全ではないですが)止まります。

また、運動後は内臓の働きが落ちており、消化が悪くなっています。この状態で消化に時間のかかる固形物、脂肪分の多いものなどを入れれば、内臓は余計疲労し、栄養の吸収率は落ちます。

その結果、疲労が回復しにくくなったり、それが重なることで危機感を感じた体が体脂肪を溜め込むようになる危険も高まるわけですから、運動直後の食事は結果として太りやすくなる危険をもっています。

「じゃあ、どうしろっていうの!」と思うかもしれませんが、上記の内容を整理すれば、運動後の体は「回復のための栄養を欲しがっているけれど、そのために必要な作業がうまくいかない」という矛盾した状態になっているわけです。

ですから、運動直後は固形物でなく、消化の手間があまりいらないプロテインや牛乳、果汁100%ジュース、あるいはバナナなどで一時的に栄養を補給することで回復の手助けをします。

多少脂肪の燃焼がとまるにせよ、それまでの運動でカロリーは消費しているし、「脂肪燃焼の低下」と「疲労回復の遅れ&カタボリック状態」というデメリットを比較した場合、後者のほうがデメリットとしては大きいので、スムーズな栄養補給をした方が望ましいです。
そのあと30分~1時間して体が落ち着いて、消化能力が戻ってきてから食事をしましょう。

まとめると、「運動直後に栄養を摂る・摂らないでは、摂る方がメリットが大きい」「だが、固形物では辛いので、吸収のいい液状・ゼリー状のもので一時的な栄養補給をして、少し時間をおいてからゆっくり食べる」、ということになります。

ただし、これはある程度ハードな運動している場合です。軽い有酸素運動程度ならあまり気にしなくてもいいでしょう。不安ならいつもよりよく噛んで食べてください。

なにより、厳密に考えすぎると、それに縛られて身動きが取れなくなります。
ダイエットの基本である適度な運動+腹八分でバランスの摂れた食事をしていれば、ゆっくりでも効果は確実に出ます。
細部にこだわって、本道を踏み外さないようにしてください。

どちらも正しくありません。

まず前者からいくと「すぐ食事をすると吸収がいいから体脂肪になってしまう」というのは知識のない人の早合点です。

「吸収がいい」というのは、運動で破壊された体を再構築するために、栄養が消費されやすい状態にあるということです(=代謝がよくなり、回復のための材料を欲しがっている)。
ですから、吸収率がいい状態である運動直後の食事はむしろ体脂肪にはなりにくいと言えます。

それに栄養不足の状態を放置しておくと、疲労した体は、筋肉を分解して活動のための...続きを読む

Q寝る前にアミノ酸を飲むと太りますか?

寝る前に飲むタイプのアミノ酸を購入したのですが、
寝ている間に筋肉が作られて体重が重くなるとうことはありますか?
引き締まりはするでしょうが、寝る前に飲むのはよくないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
「アミノ酸」と名のつく製品は、栄養補助食品です。
薬品ではなく食べ物と思って頂ければわかりやすいかもしれません。
ちょっと乱暴に言うと、卵や牛乳、大豆などを消化効率よく食べているようなものです。

卵や牛乳から余計な脂肪分等を取り除いて粉末状にしたものが「プロテイン」です。
プロテインを筋肉増強剤と思われている方もいらっしゃいますが(私も最近まで。。)、
単なる「たんぱく質」を吸収しやすくしたものです。
筋肉トレーニングをしている方やボディビルダーの方がなぜプロテインを飲むかというと、
・激しいトレーニングで傷ついた筋肉に、素早くたんぱく質を補給するため
・通常の食事でたんぱく質を満たそうとすると、余計な脂肪分やカロリーを摂取してしまうため
と言うのがあげられると思います(多分)。

と、、プロテインの話題をしてしまいましたが、
プロテイン(たんぱく質)もアミノ酸の集合体なのです。
「アミノ酸」を直接摂取する錠剤や粉末は、
プロテインに比べて吸収スピードが更に速くなります。
(たんぱく質はアミノ酸に分解されるまでに時間がかかります)
また、アミノ酸を直接摂取すると、たんぱく質を分解する必要が無いので、
内臓にあまり負担をかけずに済みます。
そのかわりプロテインより財布に負担がかかりますが。。。

食品である以上、プロテインにせよアミノ酸にせよ、
過剰に摂取してしまうと脂肪になって体に蓄えられます。
運動をして頂いた上で飲んで頂く方がよいかもしれません。
アミノ酸の摂取タイミングは運動直後がよいかと考えていますが、
就寝から1-2時間の間に吸収されやすくなるため、
お休みになる直前でもよいかと思います(筋トレなどの運動をされた日は)。
この場合は寝ている間に筋肉が作られます。
(誤解を招かないように補足しておきますと、「作られる」と言うよりは「痛んだ筋繊維を修復し、前の状態以上に太くしようとする」)

sakurasakura2004さんの日常がわからないので想像になりますが、
もし運動しない翌日に引き締まった感じを受けられるのであれば、
・運動していないつもりでも、生活強度の高い仕事をされている
・ご利用のアミノ酸製品に、体を引き締める何らかの成分が入っている(私の知識では検討が着きません。。すみません)
・意識的な改革により、知らず知らずのうちに健康的な生活になっている(だんだんいい加減な推測になってきました)

参考URLの真ん中あたりに、「スポーツサプリメント情報」というのがありますので、
ご参考までに。。

参考URL:http://kinntorenikki.fc2web.com/

こんばんは。
「アミノ酸」と名のつく製品は、栄養補助食品です。
薬品ではなく食べ物と思って頂ければわかりやすいかもしれません。
ちょっと乱暴に言うと、卵や牛乳、大豆などを消化効率よく食べているようなものです。

卵や牛乳から余計な脂肪分等を取り除いて粉末状にしたものが「プロテイン」です。
プロテインを筋肉増強剤と思われている方もいらっしゃいますが(私も最近まで。。)、
単なる「たんぱく質」を吸収しやすくしたものです。
筋肉トレーニングをしている方やボディビルダーの方がなぜ...続きを読む

Qビリーズブートキャンプの消費カロリー

私は高校2年になる女です。
身長160cm 体重51.3  どれくらいの体重がいいのかわかりませんが美容体型になるようにダイエットしてます。 49kgぐらいがいいのでしょうか…?

そこで、ビリーズブートキャンプがいいと聞いたので少し前から始めました。
それまでは腹筋など、自己流の筋トレをしていました。

1・2日目の基本プログラムの消費カロリー
3・4日目の応用プログラムの消費カロリー
5・6日目の腹筋プログラムの消費カロリー
7日目の最終プログラムの消費カロリー

私の体型…体重だとどれくらいになりますか?
計算の仕方がわからなくて…;;;   
計算式が書かれているところがあったのですが、私の頭ではできませんでした…(頭弱いんです…)

計算していただけませんか><?

Aベストアンサー

こんにちは
先ず貴女の身体のチェック!!、
http://ld.shoone.net/diet/tool.html
此処には、[BMI判定]、[健康体重]、[美容体重]、[モデル体重]
然(そ)うすると貴女は、美容体重とモデル体重の丁度中間辺(あた)りを狙っていますね??

扨(さ)て、次に此方(こちら)のページ御覧下さい、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1441803804
貴女の先輩?みたいな人も、2年前にも居た訳です。

回答の最後に式が出て居ます、
消費カロリー(Kcal)=1.05x運動強度(メッツ)x運動時間(h)x体重(kg)

貴女の体重で計算しましょう、
DISC1(基本プログラム):1.05x9.3x55÷60x51.3=459(Kcal)
DISC2(応用プログラム):1.05x8.6x55÷60x51.3=425(Kcal)
DISC3(腹筋プログラム):1.05x6.5x35÷60x51.3=204(Kcal)
DISC4(最終プログラム):1.05x7.9x30÷60x51.3=213(Kcal)

まぁ、大変でしょうけれど中途半端に投げ出さないでね、ガンバ!!

こんにちは
先ず貴女の身体のチェック!!、
http://ld.shoone.net/diet/tool.html
此処には、[BMI判定]、[健康体重]、[美容体重]、[モデル体重]
然(そ)うすると貴女は、美容体重とモデル体重の丁度中間辺(あた)りを狙っていますね??

扨(さ)て、次に此方(こちら)のページ御覧下さい、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1441803804
貴女の先輩?みたいな人も、2年前にも居た訳です。

回答の最後に式が出て居ます、
消費カロリー(Kcal)=1.05x運動強度(メッツ)x運動時間(h)x体重(kg)

貴女の...続きを読む


人気Q&Aランキング