先日、夕方のニュース番組で、近畿各地に地下水の異常現象があり、これは大地震の前兆現象の可能性があるという特集がありました。もし、これが本当に前兆現象だとしたら、もうすぐ近畿地方に大地震があるということでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前兆の可能性はありますが、前兆でない単なる地下水の変化という可能性も高いです。



現在地震学では、観測可能な前兆現象として前駆スリップが挙げられています。これはGPS、傾斜計、歪計などで観測されます。(ただし大地震の前に必ず観測されるとは限りません)
地下水とかラドン濃度はこうした前駆スリップから生じる二次的な現象であり、かつ観測精度やノイズの大きさなどもあり、これらから前兆現象と断じるのはかなり難しいと言われています。

プレート型大地震の前には道後温泉などの温泉や井戸の水位が急激に下がる現象は広く知られています。ただしここでも注意すべきは、
大地震が起こった→その前に水位変化がある(ほぼ必ず当てはまる)
水位変化があった→大地震が起こる(必ずしもそうとは限らない)
と言うことです。
    • good
    • 0

こんにちは。



前兆現象を探ろうと多くの科学者が研究をしていますが、今のところ信憑性が高い前兆現象は皆無です。
確かに東海地方などひずみ計など多額の費用をかけて予測しようとしていますが、当初地震予知としていたものが現在は何年以内に何%かという確率論的なものにトーンダウンしています。
たくさんの仮説がありますがその多くがこじつけ的な風評が主であり真に受ける必要があるかどうか疑問です。しかも大概地震の起こった後に雨後の竹の子のように後付けで出されます。

では近畿地方に大地震は起きないかと言えば、いずれは起こるというのが正解かと思います。ただし今日かもしれないし100年後かもしれないというだけのことです。そういう心構えでTV番組を見るなら危機意識の向上につながっていいのですが、いたずらに大地震をあおるような内容ならあまり感心しない番組ですね。
防災士として助言するなら日本中地震の心配のない土地は一坪たりとも無いので日頃から大地震に備えて準備を万全にしましょうといったところです。
    • good
    • 0

地震は防ぐことも軽減させることもできない。


でも、地震の被害は防ぐことも軽減することもできる。

ということで、常日頃からやっている地震対策や
常備品の見直しをやる機会ができたということで。
    • good
    • 0

それは誰にもわかりません!!。



しかし、そのことで「防災意識」が高まるのは結構なことだと思うので、避難場所の確認や打ち合わせ、非常時持ち出し品の確認、家具の倒壊予防などはやっておくと良いでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福島県で地震が続いてますが大地震の予兆でしょうか。

福島県で地震が続いてますが大地震の予兆でしょうか。
又は火山の噴火では。

Aベストアンサー

こればっかりは判りませんね。

地震とは、断層のズレが発生しそのズレが耐えられなくなった時に発生します。

小さな地震が続くと、ズレの大きさが小さなうちに地震によってズレが収まっていると言う事も考えられますので、それにより大きな地震にならなくて済んでいるという考え方も有ります。

かといってそれ以上に大きく断層が動いているのであれば、さらに大きな地震が発生する可能性もあると言う事にもなります。
簡単に断定する事は出来ません。

Q私が経験した阪神淡路大震災の前兆現象?

私が経験した阪神淡路大震災の前兆現象?
前日16時頃、近所の10数件の家の犬がみんな遠吠えをしていました。
私はその時たまたま外を散歩していましたので、
そこらを歩き回って、何なんだろうかと不思議に思っていました。
その時西の空を見ましたら、黄色い色をしていました。濃い黄色ではありません。
濃くはないけど、薄くはない黄色でした。
雲が全体に霞んだように黄色がかって見えました。
その時は、何か変な空の色だなと思っていました。
でもまさか、翌日に大地震が来るとは思ってもみませんでした。
思い返せば、あれは前兆現象だったのかな?と思っています。
皆さんは、ここの大地震に限らず個人的主観で構いませんので、
何らかの前兆現象と思われる経験がありましたら、お教えくださいよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

阪神大震災前の発光現象はかなり言われていますし 有名ですよね
岩盤同士が強い力で擦れる事で強い電磁波ば発生して光るらしいですね

東日本大震災の前にも目撃されてるし
変な形の雲も多数目撃されています



私の経験だと東日本大震災の当日
昼過ぎから家の電話が鳴り続けていました
受話器を取っても鳴るので とうとう壊れたか…と思っていたら
午後に震災が…
震災後は電話は直りました
今思えば何かの予兆かと

Qツイッターで地震予知を予兆から捉え、今まで外したことがないと自信満々な方がいます。 警戒地域を書き

ツイッターで地震予知を予兆から捉え、今まで外したことがないと自信満々な方がいます。

警戒地域を書き込んで地震が来ると「以前予知していた地域です」と毎回ツイートし、また当たってる!と見せ掛けられているのですが。

今回、南海トラフ地域を警戒してくださいとのツイートがあり「間違いありませんか?」とこちらから質問したところ「今まで外したことがありませんし予兆はほとんど当てています」と返信が来ました。

私が惑わされ過ぎているだけなんでしょうか?信憑性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

何とでも言い様があります。
南海トラフ地震はいつ起きても不思議では無いと言われていますし、気象庁も大学の研究機関も観測機器を設置して
常に監視していますから、何か異常なデータが出れば発表されます。
個人で予兆を捉えるって良く言われて居るのがラジオのFM波ぐらいでしょう、科学的根拠を持たせられるとすれば。
質問文にある『地震が来ると「以前予知していた地域です」と毎回ツイートし、また当たってる!』と言う事なら、事後ですから
どうにでも言えます。
気象庁や大学の研究機関がテレビや行政機関を通じて発表しない物は噂レベルに過ぎません。
ツイッターで地震予知とか言っているのはイタズラに不安を仰ぐだけであって信憑性となるとその根拠をまず上げなければ
無いと言っても良いでしょうね。

Q東日本大地震により、東京湾北部の地震の目が消滅し、首都直下地震の心配がなくなった、のでしょうか??

琉球大学名誉教授木村政照著の“「噴火と大地震」の危険地図”を読んでいて、気になった説明に出会いました。
<21世紀初頭のひところまで東京湾北部に地震の目ができていたが、2011年3月以後は消滅している。
東日本大地震の影響により、消えたと思われるのだ。なので首都直下地震が近い将来に起きる可能性は低いとみていい。>
<今後30年は心配なし」
質問は、今まで、首都直下地震を騒いでいましが、当面の心配はなくなった、のでしょうか?

Aベストアンサー

東日本大震災となった東北地方太平洋沖地震はプレート型地震であり、懸念されている首都直下地震は断層型地震です。
ですので東北地方太平洋沖地震で断層の歪みにも影響は有ったでしょうが心配が無くなった訳ではありません。
現在の地震予知レベルで言える最大値として、30年以内に発生する確率が50~60%(一部では70%とも言われて居る)。
つまり、0%ではありませんので質問主さんがこの回答内容を読んでいる最中に起きるかも知れませんし、30年後に
起きるかも知れません。
早い話がいつ起きてもおかしくは無いと言う事ですから、備え有れば憂い無しではありませんが起きる事を前提とした
準備だけはして於いた方が良いです。
東北地方太平洋沖地震も震源地が事実上予測外の場所ですからね。

Q関東の地震は何かの予兆でしょうか?

今日未明に関東で最大震度5弱の地震がありました

遡る事2日ほど前に
飛騨高山で13回も地震が連続しています
あの3・11の前にも飛騨地方で今回のように群発地震が起きています

5月11日あたりに何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

広い意味でいえば地球の営み。関連しているといえばしているし、関連はないといえばそうともいえます。
東日本のとき、長野で地震がありました学者は関連がないといいました。しかし後で関連地震といいました。
外国で自身は大したことがナイと言って多くの人が死に、責任を問われましたが「そんな事言ったら何も言えなくなる」と世界中の学者が反対しました。

関連地震かどうかなどということは判らないんです。判らなければ判らないと言えばいいんです。しかし学者はわからないのに関連がないと断言したり、安全だと断言する。断言したら責任を持つのが当たり前。責任の取れない人間は無責任であり、信頼性など持つほうがおかしい。つまり学者の言う事は参考に出来てもそのまま受け取ってはいけないと考えるべきなのです。
もっとも正しい対処は最悪を考える。これは医学でも防衛でも同じ。つまり大きな地震が来ると考えて準備をしておく事が大切なんです。
こなければ「今日も無事だった、よかったね」といえるゆとりが大切なんです。

日本は徐々に動き続けています。その営みに従えば関連のない地震などありません。
東日本では大規模に日本が引張られました。今はその歪みを消化するために各地で地震が起きています。
それはもちろん将来的にフォッサマグナの移動にも繋がっていきます。
しかし、今の地震がそのまま東日本と長野のように関連付けられるかといえば、現状ではまだ関連付けられない状況なのです。どの程度引き金になるかなど判っていないんです。
東日本の前日に大きな地震がありました。でもそれも関連しているとは言いませんでした。

つまり判らないけれど、地球が活きている限り地震は起きると考えたほうが良いということです。
飛騨から長野にかけては今までも何度も群発地震が起きています。
それと大きな地震の関連は「わからない」のです。

広い意味でいえば地球の営み。関連しているといえばしているし、関連はないといえばそうともいえます。
東日本のとき、長野で地震がありました学者は関連がないといいました。しかし後で関連地震といいました。
外国で自身は大したことがナイと言って多くの人が死に、責任を問われましたが「そんな事言ったら何も言えなくなる」と世界中の学者が反対しました。

関連地震かどうかなどということは判らないんです。判らなければ判らないと言えばいいんです。しかし学者はわからないのに関連がないと断言したり、安...続きを読む

Q大地震起きた東北地方で一番活躍している建設会社は?

いつもお世話になります質問は、台の通りです。

国のために被災した皆さんのために、一生懸命やっている人たちに、エールお送りたいです。

Aベストアンサー

全ての建築屋さんです、どこが一番と優劣はつけられません

Q東京湾震度4の地震がありましたが

あの地震は大地震の予兆ですか?

Aベストアンサー

予兆ではありません。
今回の地震が起きたのは深さ100kmと、かなり深い場所でした。

そのような深い場所では、マグニチュード8以上の巨大地震は起きません。
(たとえば東北地方太平洋沖地震は深さ24kmでした)

また、規模がそれほど大きくないので(マグニチュード5.3くらい)
その影響が浅いところに及ぶとも考えられません。
今回の地震は大きな地震の引き金にはならないでしょう。

Q各地域での地震

私は現在、名古屋に住んでいます。

主人は軽井沢出身です。

主人曰く、軽井沢は地震が少ない地域だそうですが…

実際のところ、どうなのでしょうか?

もし東南海地震で名古屋が壊滅したら、家族で軽井沢へ帰ると常日頃言っています。

軽井沢なら安全だから…と。

詳しい方、教えて下さいm(_ _)m

宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

軽井沢には、活火山の「浅間山」があり、現在も噴煙を活発にあげています。

関東平野の大部分は、武蔵野台地と言って、大昔の浅間山や富士山の「大噴火」の火山灰が堆積した台地です。
武蔵野台地は、関東平野のほとんどで、火山灰もだいぶ厚いと思われます。

次のサイトの「中央構造線」を見てください。
http://www.osk.janis.or.jp/~mtl-muse/subindex03.htm
「構造線」とは、大きな断層帯の集まって、地質がもろく、場所によっては地面の起伏も大きい(高い山があるという意味)ところです。
長野県中部の諏訪湖付近からは、構造線は「推測」で、東の佐久方面へ曲がって関東平野に行き、太平洋に抜けます。
関東平野は、武蔵野台地と言う厚い火山灰地の下に「構造線」があると推定されます。


それから上田佐久地方は、雨風等にも注意です。
長野県の他の地域は、そんなに雷雨が強くないのに、上田佐久は雨が多くて大雨警報や、雷雨警報が気象台からよく出ます。
インタネットで「レーダ画面」も私はよく見ますが、上田・佐久には雨雲がよく出ています。

私が良く見ている「雨雲レーダー」のサイトです。
http://weathernews.jp/radar/

また、風についても、群馬県との標高差があるので、関東平野からの強風が吹き上がり、ちょうど南北の高い山の谷間の軽井沢あたりに風が集まって、強風も吹きます。
数年前には、台風の強風が群馬県から吹いて、軽井沢付近の木がたくさん倒れて、電気の線がたくさん切れました。
軽井沢は、別荘が多いので敷地内にも多くの「大木」があり、これらがたくさん倒れました。

2~3前に浅間山は噴火して、火山灰が軽井沢町にも降り、これが全国ニュースになって、風評被害で観光客がだいぶ来なかったです。

私の思うには、一番の注意は、軽井沢は浅間山の噴火ですね。
軽井沢出身のご主人には、浅間山の噴火は、小さい頃からなので気にならないかもしれませんが、yuchihosoさんにしてみれば、怖いものの1つでしょう。


∴ 上田とか佐久とかの地名は、軽井沢出身のご主人に聞いて下さい。
また、軽井沢に親戚あればその親戚に、浅間の噴火や、大雨・雷雨・強風等の自然状況も聞いて下さい。


軽井沢のハザードマップも検索して、確認をして下さい。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%BB%BD%E4%BA%95%E6%B2%A2%E3%80%80%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97&lr=lang_ja
確認の結果についての判断は、yuchihosoさんの考え次第です。


私個人の考えは、日本中どこでも自然災害が起きる場所ということです。
ただ、その自然災害が起きた場合にどう対処するか、避難するか、自分が生き延びるにはどうするかです。

私の家族には、自然災害時は無理に移動するな・帰るな、とにかく3日間は生き延びろ、3日経てば救助隊が来るからと。
そして、通信手段を確認(例えば171や災害伝言板等の使い方等)を確認しています。

軽井沢には、活火山の「浅間山」があり、現在も噴煙を活発にあげています。

関東平野の大部分は、武蔵野台地と言って、大昔の浅間山や富士山の「大噴火」の火山灰が堆積した台地です。
武蔵野台地は、関東平野のほとんどで、火山灰もだいぶ厚いと思われます。

次のサイトの「中央構造線」を見てください。
http://www.osk.janis.or.jp/~mtl-muse/subindex03.htm
「構造線」とは、大きな断層帯の集まって、地質がもろく、場所によっては地面の起伏も大きい(高い山があるという意味)ところです。
長野県中部の諏...続きを読む

Q地震について

3.11以来、東北地方太平洋側、関東地方での小~中規模の地震がほぼ毎日おきています。

これは3.11の余震なのかそれとも新たな巨大地震の予兆なのか。

皆様はどう捉えていますか?

Aベストアンサー

>これは3.11の余震なのかそれとも新たな巨大地震の予兆なのか。
ポールシフトで地軸が日本の太平洋近郊を通る際、日本列島の一部が掛からないように日本列島を西側へ移動させていた。
しかし、3.11で元の位置に戻ってしまい、慌てて強制的に日本列島を西へ移動させているときに発生する歪みが地震となったと考えています。

ポールシフトは、近々起きます。しかし、いつだったのか憶えていません。
私も、ニセ予言者の部類に該当していました。大いなる印は契約の箱です。
http://web1.kcn.jp/tombo/v2/MATTHEW24.html

前世の記憶が目覚めたときにクチばさんだのは、「EUと南半球が極寒地帯になるから新婚旅行は国内しかないよね」と呟きました。


気象庁へ
ポールシフトの際、漁船の管理(誘導と警告)と干渉地帯の管理と非難を行って下さい。
省・庁の連携を主に人命優先で率先し作業するように。

Q能登半島地震の前に…前兆?

前兆になるのかどうか、一つ気になることがありましたので皆さんに教えて欲しいのです。
 それは、地震がおきる1ヶ月くらい前から何度か窓や天井がビビルようなドドーンという感じの振動がおきたのですが、全く床は揺れませんでした。飛行機の衝撃波にしては最近よくおきるな…と思っていたのですが、先日の地震。
 輪島市内だけではなく門前でも上記現象は確認されています。
 確かに震源地は門前に近いところでした。

お忙しいところ申し訳ございませんが、教えていただきたく存じます。

Aベストアンサー

断層が微妙にずれた時の低周波とか、それに部類する音が天井や、窓を揺らしたのでは?

阪神淡路大震災の時にも似たような事例があったとか…

それ関係のリンクを貼っとくので参考にしてみては

参考URL:http://www.e-pisco.jp/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報