仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

南郷継正について知っていたら教えてください。また、かなり批判も出ているようですが、どんな情報でも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 私の三番目の回答で、ご紹介させて頂いた元玄和会会員の方のブログ名は、「ー心ー」でした。

このブログの中の一つの記事の件名が、「南郷継正の洗脳術」ではなく、「南郷継正にみる洗脳術」でした。記述の正確さに欠いてしまい誠に申し訳ございませんでした。ここに慎んでお詫び申し上げます。

 ついでと申し上げては何なんですが、長い間、高橋洋一氏の理論については賛否両論ありましたが、玄和会のオープントーナメントの開催によりはっきり結果が出てしまいました。その高橋氏も既に表舞台から去って行かれました。もう過去は、忘れていい頃なのかもしれません。新しい時代が幕を開けようとしているからです。

 私が、ここに書き込みをすることも、もうないと思います。皆様方がこれから歩んで行かれる武道修行の道が、光に充ちている事を心よりお祈り申し上げます。
    • good
    • 3

 一昨日、Youtubeで、久し振りに玄和会の動画を見ました。

驚いた事に、オープントーナメントの動画でした。見たところ、ローキックありのものとローキック禁止のもの二種類のトーナメントがあるようでした。また、ローキックありのものも、胴を着用したものと胴を着用せず、スーパーセーフの面だけを着用して行われるものの二種類があるようでした。

 正直申し上げて、以前見た玄和会の組み手試合の動画はかなりひどいものでしたが、こちらは他流との交流のおかげでしょうか、随分とまともなものになっていました。

 ただ、実力に関しては、まだまだのようで、他流の大した実力のない選手に勝てても、他流の例えば練武会の一流選手には、まだ歯が立たないようです。

 高橋さんは、随分前に師範の座を退かれたと聞いていますが、その後、玄和会は随分と風通しのいい組織になったのかもしれませんね。ともかく、オープントーナメントを実現なさった現玄和会の指導部の方には、心から拍手を送りたいと思います。

 まあ、高橋さんに言わせれば、今の指導部は他流との交流に精を出す「枯れ枝諸公」という事になるのかもしれませんが・・・・・・

 でも、「武道の理論」の初版が刊行されたのが1972年ですから、いくらなんでも、もう他流と交流して、その理論の有効性を問うべき時に来ているでしょう。そして、その結論も出たようです。一つの歴史が終りました。(2013/2/6 現在)
    • good
    • 0

 またまた、昨日回答させて頂いた者です。



 玄和会を退会なさった方が、お書きになっている「南郷継正の洗脳術ー心ー」blogs.yahoo.co.jp/ph_seiji/22808068.htmlというブログもあります。こちらは、ご覧のとおり、高橋さんにかなり批判的な方の書かれたものです。ある程度、(ときどき思いっきり)バイアスが掛かっていますので、それを覚悟でお読み下さい。こちらは、玄和会内部にいらっしゃった方がお書きになったものなので、お読みになれば、ある程度組織内の雰囲気のようなものが、把握できるかもしれません。

 因みに、高橋さんの奥様は、看護学の権威で、薄井担子(うすいひろこ)さんと仰り、現宮崎県立看護大学の学長さんです。

 高橋さんに対する評価は、極端に分かれています。彼を神のように崇拝している人たちと蛇蝎の如く嫌い厳しく批判している人たちの両極端が、存在しているんですね。

 ついでですが、彼がその著書の中で展開した「技を創る⇒〈技の使い方〉を創る⇒技を使う」と同じ構造を持つ修行体系は、伝統的な柔術や剣術、或いは沖縄の古伝空手の中に、普通に存在しています。ただ、その呼称が違うと言うだけで・・・・・・。それを、あんなに大上段に振りかぶって、書く必要があったのかな?というのが、わたくし個人の感想です。

 またまた、因みにですが、「技」という漢字は、古式の拳法では「わざ」とは読まず、「ぎ」と読み、長い歴史の中で洗練された必殺技の事を言います。高橋さんが言うところの「技の使い方」ですね。高橋さんが言っている「技(わざ)」というのは、古式では単に「基本」と呼びます。
    • good
    • 1

 先ほど、回答させて頂いた者です。

高橋洋一さんの、ご出身大学は、法政大学だと書きましたが、これは滝村隆一さんのご出身大学でした。お二人は、以前、親交があったようなので、私が混同してしまったようです。大変失礼致しました。確か、私の記憶が正しければ、高橋氏は、埼玉大学のご出身だったような。

 さっきああ言った私が、著しい事実誤認をして、どうするんでしょうね?ホントにお恥ずかしい。(>_<)

 ま、私は、高橋氏と違って、体系なんか作ってませんから、ご容赦下さいませ。(*^_^*)
    • good
    • 0

 高橋洋一さん(ご本名)は、宮崎のご出身で、法政大学で学ばれたと聞いています。

空手の流派は、元々は松濤館流で、後に祝嶺正献先生の玄制流を学ばれたそうです。

 実力は、うーん。ある人の話によると、参段くらいの実力があったらしいですが、そろそろ80歳におなりなるので、どうでしょうかね?

 ウィキペディアで、「南郷継正」を引くといい事しか書いてありませんが、「防具付き空手」で引くとありのままの現状が書いてあります。

 一番いいのは、お弟子さんたちがやっていらっしゃる防具付きでの組み手試合とその他の団体、例えば練武会や少林寺流空手等の試合をYoutubeなどで、比較なさる事じゃないでしょうか?試合じゃなくても、少林寺拳法の防具乱取りの動画と比較なさっても結構です。ご自分の目で、お確かめになれば、彼の理論が本物かどうかが分かると思います。

 高橋さんの事を詳しくお知りになりたければ、無門会の創始者、富樫宜資先生の『富樫宜資自伝 ─ 極限の空手道』(福昌堂刊)をお読みになると、よろしいんじゃないでしょうか?富樫先生は、高橋さん主催の玄和会とは無関係の方だし、何より直接お会いになっているわけですから、高橋さんの事を判断するには、一番客観的な資料になると思われます。

 
 高橋さんの著書「武道の理論」は、三浦つとむ先生の「弁証法はどういう科学か」を下敷きにして書かれていますが、高橋さんが師と仰いでいた三浦先生は、最後まで高橋さんが書かれたものをお読みにならなかったそうです。これも、ちょっと意味深ですね。

 三浦先生の「弁証法はどういう科学か」は、ヘーゲルの「小論理学」の補遺の部分を随分下敷きにして書かれているようです。この補遺は、ヘーゲルが大学で講義したものを書き取ったノートが元になっているそうです。それで、素人にも分かりやすい説明になっているんですね。

 ただ、ヘーゲル自体は、あるロシアの数学者から、「ヘーゲルは、事物が時間との関係において、螺旋状に発展すると述べているに過ぎない。」と評価されています。彼はヘーゲルを批判していたわけではなく、「この宇宙の螺旋的な発展性は、誰でもわかることだよ。ただヘーゲルは、それを述べているだけだ。」と言っているんですね。つまり、ヘーゲルの弁証法を不当に高く評価する必要はないと言いたかったんですね。

 美しい体系の理論を読むと、ついその体系自体の美しさに幻惑されますが、その体系を創り上げた人が、著しい事実誤認をしていた場合は、全体系が嘘になってしまいます。その点は、十分ご注意下さい。

 
 わたくしは、この回答をあくまでニュートラルな立場で書いたつもりです。後は、ご自分で、直接、書籍なり、動画なりでお確かめ下さい。ご友人で空手か拳法の経験者の方がいらっしゃれば、その方とご一緒に動画をご覧になっても、よろしいんじゃないでしょうか?

 こんな説明でよかったですか?
    • good
    • 3

こういうのはどうですか?



参考URL:http://www.hoops.ne.jp/~izayohi/kougi.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蜜蝋って食べられるんですか?

カテゴリーがここでいいのか解らないんですけど……。
先日手作りのヘアワックスを作るために「みつろう」なるものを注文しました。でもちょっと量が多かったみたいで、どーしよー(^^; と思ってるんですが、ところで品名は天然未晒しみつろうと書いてあり、また説明に食用とも書かれています。っていうことは蜜蝋って食べれるんでしょうか。というわけで、この質問です。また食べられるとしたらどんな食べ方があるのでしょう。また栄養とか味はハチミツとそんなに変わりませんか?ハチミツは大好きなので、だったら嬉しいんですけど。それからついでに『未晒し』ってどういう意味なのかよかったら教えて頂けますか。
マイナーな質問かもしれませんがどなたか宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

蜜蝋は、ロウソクとして使用した場合、ススが少なく室内を汚しにくいため、歴史的に古くからヨーロッパの修道院などで製造されていました。(教会の中では大量にロウソクを使いますから・・)
そのため、修道士達は修道院の庭で蜂を飼い、蜜蝋を製造し、同時に採れたハチミツを食料として利用してきました。そのため、ヨーロッパの古い宗教菓子を調べるとハチミツを利用したものが多くあります。

もちろん、蜜蝋を利用したお菓子もあります。有名なものとしては、数年前に日本でも大流行した『カヌレ』というフランス菓子。覚えてらっしゃいますか? (高さ5センチくらいの焦げ茶色のドーム状の焼き菓子で、縦にすじ模様がある)
このカヌレでは、型の内側に塗る油脂として利用されているため、あの独特のロウ状にピカッとした外観に仕上がるのです。(焼き立てはカリカリして本当に美味しい!)
カヌレの場合、それが大きな特徴であり、なくてはならない材料のひとつとなっているのですが、じゃあ他のお菓子にも同じように使えるかというと私はあまりお薦めしません。

なぜかというと、あの独特のピカッとした外観と食感は良いのですが、味的にはほとんど期待できないし、そして何よりも、蜜蝋は1度溶かしてしまうと扱いがとても難しい。溶かした容器、器具、焼き型にこびりついて、なかなか取れません。

それよりも、蜜蝋は木製家具のツヤだしにも使えますよ。ツヤだしならばかなり大量にも使えますし、独特な良いツヤもでるようです。(何年か前、カヌレがブームになった時、私が蜜蝋の入手に苦労していると、生徒の1人が「先生、蜜蝋ならヨーロッパ家具の店に置いてあります」と教えてくれました。さすがに、私は自然素材の店で食用可とされているものしか使いませんでしたけど・・、ああこんな使い方もあるのかと思いました。)
家具や飾り物のツヤだしにいかがでしょう。

蜜蝋は、ロウソクとして使用した場合、ススが少なく室内を汚しにくいため、歴史的に古くからヨーロッパの修道院などで製造されていました。(教会の中では大量にロウソクを使いますから・・)
そのため、修道士達は修道院の庭で蜂を飼い、蜜蝋を製造し、同時に採れたハチミツを食料として利用してきました。そのため、ヨーロッパの古い宗教菓子を調べるとハチミツを利用したものが多くあります。

もちろん、蜜蝋を利用したお菓子もあります。有名なものとしては、数年前に日本でも大流行した『カヌレ』という...続きを読む

Q実践における発勁の威力とは?

映画や漫画などのフィクションでは、発勁(特に寸勁)はかなり強力な技として描かれている事が多々ありますが、実際にはどれほどの威力があるものなのでしょうか?

もちろん一口に発勁と言っても、宴会芸で相手を転ばせるようなもの、相手を吹き飛ばす目的で打つもの、転倒させる目的のもの、ダメージを与えるものなど様々だと思いますが、特に知りたいのは
 A.寸勁・分勁など、かなり短い距離で、かつ「ダメージを与える」目的のもの
 B.同じく、ダメージを与える目的の纏絲勁(螺旋勁)
この二つです。

Aでは瓦を何枚も割れたり、Bではある一点にはトンの力がかかるとか聞いたことはあるのですが、後者は流石にないような気がしています。
実際はそれぞれどの位の力がかかるのでしょうか。
可能であれば、kg、若しくは人体(或いは特定の物体)への損傷具合で教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

質問者のスタンスを見ていました。あながち貶すために訊いているわけでもなさそうなので、知っている限りをお答えします。

寸勁単独の技はありません。長勁の中に含まれていると考えてください。要は簡単な物理学なのです。

脚、体幹、上肢と順に加速していけば、前腕の重さ×スピードが突きの威力になります。ボクシングのジャブですね。顔面に当たれば効きますが、ボディに当てても何の効果もありません。

外三合を守って手足を協調させれば、全身の重さ×スピードが突きの威力になります。拳で体当たりしていることになる訳です。このやり方だと、ボディへの攻撃が適しています。

経験者でないと理解できないかもしれませんが、発勁は戦術と不可分です。

遠間での長勁での攻防をさばいてクリンチ状態に持ち込み、差し勝って、片手で相手の両手を封じます。30センチ程の距離から体当たり的打撃を打ち込みます。そこから「打ち抜き」、そして「支え」ます。この「支え」が貫通力となって、内臓に損傷を与えるはずです(試したことはないので分かりませんが)。

詳細はさすがに勘弁してください。簡単にできる実技です。この「支える」というのがミソで、これが世に言う寸勁の正体なのですが、簡単に言うと受動筋力です。曲げている筋肉が無理に引き延ばされるときに120パーセントくらいの力が発揮されるとか。伸ばした腕が相手の身体に突き刺さって無理矢理縮められるときに、最大の威力が出ます。

しかしこれは、拳が既に相手の筋肉をかき分けて突き刺さっていないと、効果がありません。寸勁単独でやると、たいがいは相手を突き飛ばすだけの宴会芸となります。
相撲のてっぽうなども本来は同じ効果を狙ったものであるはずです。現代の格闘技を見ていても、寸勁に近い打撃はよく見られますし、そんなに特別なものではありません。

纏糸勁については、知りません。太極拳をやったことがないので。

私は学生時代武術をかじっただけですので、これは、先生から直接伝えられた「真伝」というわけではありません。身体で味わった技を、何十年もこつこつと考えて解析しただけです。

「真伝」を授かった方が、より深い解説をしていただければ幸いです。

質問者のスタンスを見ていました。あながち貶すために訊いているわけでもなさそうなので、知っている限りをお答えします。

寸勁単独の技はありません。長勁の中に含まれていると考えてください。要は簡単な物理学なのです。

脚、体幹、上肢と順に加速していけば、前腕の重さ×スピードが突きの威力になります。ボクシングのジャブですね。顔面に当たれば効きますが、ボディに当てても何の効果もありません。

外三合を守って手足を協調させれば、全身の重さ×スピードが突きの威力になります。拳で体当たり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報