ネットが遅くてイライラしてない!?

新聞やテレビのニュースで、悪いニュースの方が多いのはなぜなのでしょうか。
視聴者をネガティブな気分にさせるため?それとも他に理由があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 回答になっていないと一刀両断された、#1 です( 苦笑 )。



 今回の質問は「 新聞やテレビのニュース 」が対象ですので、
午後のバラエティーワイド番組はその対象になっていないとの
前提で、#1の回答をしております。ニュース番組では多少の
演出はあるものの、怖い音楽付きの過剰演出はメッタにみられ
ません。いわんや、新聞報道では皆無と言えましょう。

 バラエティー番組まで範疇に含めるのであれば、欧米でも
事件報道の執拗さは日本と変わりません。ジョンベネちゃん
殺人事件は日本でも有名ですし、ポルトガルで英国人医師夫
婦のこどもマデリン・マクカーンちゃんが行方不明になった
事件は芸能人や政治家まで巻き込む社会現象になりました。

 私も海外に住んでいた時期があるので、こういったテレビ
番組はこの目で実際に見ています。また新聞も、NYタイムズ
やワシントンポストならまともな事件報道をしますが、たとえば
ニューズ社傘下のニューヨーク・ポストは、東スポなみの派手な
見出しや写真が載るのも毎度のことです。決して日本ばかりが
事件報道を劇場化しているのではありません。

 なお、王族報道はイギリスでもタイでも盛んです。日本に
特徴的というのは根拠のない決め付けですね。イギリスでは
夕刊紙や大衆紙でしょっちゅう、チャールズ皇太子の色恋事
を記事にしています。日本では皇族が恋愛スキャンダルを起
こすことがないので、そういった記事が載らないという違い
はありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。海外でもまじめな報道とワイドショー的な報道は分かれるのですね。私の質問は新聞を読んでいる時に思い付き、こうした書き方になりました。どの回答も勉強になっていますので、あまり気になさらないでくださいね。

お礼日時:2008/01/30 22:05

NO4です。



新聞でも夕刊はどちらかと言えばほのぼのとした季節の行事や何かの動物の赤ちゃんネタなどが多いのはご存知ではありませんか。朝刊の社会面とは少し方向性が違うことは読んでいて分かります。

悪いニュース、つまり悪い事件を世論に取り上げるのも新聞やTVの報道の役目です。面白半分にとらえて視聴率や購読率を上げるのではありません。読む人の主観によってはそうなるのかも知れませんが、それで終わっていては報道は要りません。(ここで言う報道とゴシップ記事やワイドショーは別物です)

外国のメディアのことはいざ知らず、悪を暴く、法改正に働きかける、キャンペーンを張るのも報道の仕事です。何らかの警告を含んでいるのを読み取れるか読み取れないかは個人の主観だから仕方ないですが。

>殺人事件に効果音やら怖い音楽やら使っていますが・・・
そうなんですか?そんなニュース私は見たことありませんが。
回答になっていなくて大変申し訳ございませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。夕刊でそうした記事があるのは初めて知りました。朝刊があるから夕刊は要らないと思っていましたが、これからは機会があったらチェックしようと思います。
素朴な疑問で書いた質問でしたが、色々なとらえ方が分かり勉強になりました。皆さんありがとうございます。

お礼日時:2008/01/30 22:11

ANo.2 です。



>ではなぜ悪いニュースを流す傾向が一般に多いのか、それは人間の不安を煽るという同時に、人々の目を惹き付けやすい、
>すなわち視聴率がとれるということにあります。残念ながら、多くの場合に人は不安を嫌いながら、そういったものを見て、
>互いに語り合うことが本来好きなのです

ネガティブなニュースが日本の特徴と言いながら、日本固有の原因について言及されていないのが残念ですね。

私は外国のニュース事情についてはわからんので、コメントできませんが「いいニュース」「悪いニュース」というのは
人間の主観的評価ですね。これを「多い」「少ない」という定量的/客観的な現象に繋ぐラインを指摘して欲しい。

私はそれが「影響度合い」ではないかと思うのですよ。日本人特有かどうかはわかりませんが、「良いニュース」よりも
「悪いニュース」の方がいろんな人が「何らかのアクションを起こす必要」があると考えます。

ニュースに接して行動を起こさなければならない人の数が報道の優先順位に繋っているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。「多いのはなぜか?」と質問してしまいましたが、悪いニュースは少数なんだけどインパクトが大きく残っている、のかもしれません。新たな見方が分かりました。

お礼日時:2008/01/30 22:09

 下のは全部回答になっていないと思います。



 ネガティブなニュース報道は日本の特徴であり、先進国には似たりよったりではありますが、日本のこれは外国人でも驚くほどです。外国人が驚くのは、その異常なまでの過剰演出にあるといいます。つまり日本では殺人事件を報道するのに効果音やら怖い音楽やらいっぱい使ってやるのですが、海外では相当ありえない話なのだとか。

 それにモンゴルではポジティブで幸せなニュースからはじまるそうです。最後に悪いネガティブなニュースを流すのが慣例だそうで。つまり別にもともと悪いニュースを流すというのが当たり前なわけではなく、かなり日本的な特徴があるといっても過言ではありません。

 ではなぜ悪いニュースを流す傾向が一般に多いのか、それは人間の不安を煽るという同時に、人々の目を惹き付けやすい、すなわち視聴率がとれるということにあります。残念ながら、多くの場合に人は不安を嫌いながら、そういったものを見て、互いに語り合うことが本来好きなのです。

「最近は物騒よね。昨日だって◎◎県で殺人事件があったんだってさ。」

 こうやって話すことで人は不安になると同時にスッキリするのです。ですから、世界一の動物園ができたというニュースと、連続殺人事件のニュース、仮にどちらをとるかといえば、たぶん後者でしょう。

 ただ他にポジティブでもニュースになることがあります。それが文化的に知名度が高い人をピックアップする「芸能」ニュースです。離婚という面もありますが、芸能人の恋愛や結婚というのはあほらしいと思えるのですが、これが視聴率をとれてしまうので芸能人には大変ですが、どうしてもネタにされてしまうのです。

 あと日本に特徴的なことは、天皇・皇居関連のニュースは結構視聴率がとれるということ。
 まあ平成天皇の結婚式や子供出産でベビーブームになるという変な歴史
があるくらいですから、日本のオカミ信仰は相当根強いみたいです。

 テレビもなぜか超がつくほど丁寧語、政治家に対する言葉とは大違いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。海外のニュースのことは知らなかったので、とても勉強になりました。怖いもの見たさで悪いニュースを知りたくなることは、私も少なからずあります。国民性はニュースにも反映されるのですね。

お礼日時:2008/01/30 22:01

ネガティブ、ポジティブなど気分の問題ではないのでは?


事故、災害、事件などが多いのは事例であるからです。
こうしていたから事件に巻き込まれた、の場合、それを参考にすれば多少免れることもあります。詐欺や事件は新手のものが続々登場しますよね。
注意を促すということでは悪いニュースも必要です。また社会悪を暴くのもニュースの大事な仕事です。飲酒罰則など世論を高め法改正に繋がった事例も多くあります。
面白く扱った記事は三流紙(ワイドショー)に任せてあるので、普通のマスメディアをネガティブにとらえないようにしてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。同様の事件が再び起こらないように対策に役立てる、というのは大切なことですね。気分に左右されず、冷静に見ようと思いました。

お礼日時:2008/01/30 21:56

それが社会の現実だからでしょう。

新聞やテレビのニュースの編集責任者も好きこのんで悪いニュースばかりを伝えているわけではないでしょう。よいニュース、明るいニュースを伝えたい気持ちはあっても、現実の社会に悪いニュース、暗いニュースがたくさんあるのに見て見ぬふりもできないということではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。真実を伝えるために、あえて見たくはないものも見るということはよくありそうですね。悪いことも含めて現実を知ろうと思います。

お礼日時:2008/01/30 21:54

いいニュースよりも、悪いニュースの方が影響範囲が一般に広く、報道の優先順位が上がるから。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かにインパクトありますものね。思い出したくない事件もありますが、やはり記憶に残ってしまいます。

お礼日時:2008/01/30 21:51

 非日常的な出来事ほど、ニュース性が高いからです。


幸せとはある意味平凡なもので、たとえば結婚したり
子どもができたり、昇進・昇給したりすると幸せに
なりますが、これではまったくニュースにはなりません。

 しかし、クルマに轢かれたらニュースになりますよね。
それは人生においてクルマに轢かれることが平凡ではない
出来事だからです。

 火事にならないことはニュースにならないけど、火事に
なったらすぐニュースになりますよね。「 便りがないのは
いい便り 」と昔の人は言いましたが、一般生活では話題に
ならないこと=ニュースにならないことが幸せなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ニュースが全てだと思っていると、平凡な幸せを見逃してしまうのですね。注意しようと思います。

お礼日時:2008/01/30 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんでマスコミは悪いことばかり報道するのでしょうか?

マスコミが報道するほど日本は景気は悪くないですが、派遣切りや輸出企業の赤字を必要以上にピックアップしたマスコミの報道で、それを真に受けた企業や国民がお金を使わなくなり本当に景気が悪くなってしまいました。
他に、麻生さんの漢字の読み間違えや、支持率の悪さを毎日のように大々的に報道しています。
僕はマスコミについてよくわかりませんが、マスコミが悪いことを報道するから国民は不安になり日本はより悪くなるのではないのでしょうか?マスコミは日本を良くしたいとは思っていないのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、マスコミは日々の「ニュース」を報道するモノです。
では、「ニュースとは何か?」という事になります。
goo辞書によると
===以下引用===
ニュース 1 [news]
珍しい出来事や新しい出来事。また、その知らせ。特に、新聞・ラジオ・テレビなどによる報道。
「耳よりな―」「―を流す」
http://dictionary.goo.ne.jp/
===引用以上===

つまり、珍しい出来事を知らせるのが、報道の仕事と言えます。
その意味では、「○○自動車は100万台生産しました」というよりも「○○自動車は、100万台減産しました」というほうがよほど「珍しい出来事」な訳です。
前者は、車を作るのが仕事なんだから当たり前の話で、ニュースとして売るにはインパクトが薄いんですよ。
だから、「無難に経営してる企業」よりも、「経営が悪化した企業」の方がニュースになりやすい(売りやすい=視聴者・購読者のニーズがある)と言えます。

景気の報道にしたって、今は景気が悪化してるのは事実なんですから、それを示す事柄をピックアップするわけです。
そして、その事柄が「派遣切り」や「輸出企業の赤字」な訳です。
「派遣切り」にしたって、今までだってあったでしょうけど、今回は「景気の悪化を理由に、何百人規模で派遣切り」があったのでニュースになりました。
これが一人や二人なら、(いつもの事だから)ニュースにならなかったでしょう。
逆に、景気がよければ、それを示す事実をピックアップするはずですよ。
事実、いざなぎ景気越えとか言われていたときは、トヨタが米国でフォードを抜いて売り上げ2位になったとか、「良いニュース」もありましたよ。

>マスコミが悪いことを報道するから国民は不安になり日本はより悪くなるのではないのでしょうか?

これは、受取手の問題でしょうね。
上記のようなマスコミの特徴を理解すれば、「悪いこと」の方が多くなるのは仕方ない事だと分かるはずです。

マスコミには、まず「伝える」という機能があります。
これは、情報をTV、ラジオ、新聞、雑誌、ネットなどのメディアを使って行われます。
次に、「監視する」という機能があります。
これは、政治・行政、社会を観察し、「何か起こったら」視聴者・読者に伝えます。
特に、政治・行政に対しては、不正が行われていないかや、有権者が今度の選挙の判断材料はないかを探し、それを上記の「伝える」機能を使って伝えます。
次に、「教育する」という機能があります。
これは、必ずしも知識が十分でない視聴者・読者に対して「解説」して理解してもらう為の機能です。
ここで、間違ってななら無いのは、「知識が十分でない=学力が低い」という意味ではありません。
マスコミは、幅広い人を対象に幅広い情報を伝えます。
当然、色々な人がいるもので、「経済はさっぱりだけど、科学には詳しい」人とか、その逆とか。
そこで、マスコミは「経済に詳しい」人を使って「解説」します。
それによって、「経済はさっぱり」という人も少しでも「経済」の知識を身につけることができます。
これが「教育機能」です。

そして最後は、「営利団体」ということです。
営利団体なのだから、売り上げを上げてなんぼの世界な訳です。
そこで、視聴者・読者の興味関心を捉えたり作り出したりして、売り上げを伸ばしていきます。
しばしば、これが行き過ぎて「大衆迎合」する余り、上記の本来果たすべき役割がないがしろにされることもあります。

>マスコミは日本を良くしたいとは思っていないのでしょうか?

マスコミは、あくまでも「政治・行政・社会を監視し、何かあれば視聴者・読者に伝える」のが役目です。
「日本を良くする」とか「日本を悪くする」というのは、その視聴者・読者がどう行動するかです。
所詮は、マスコミもただの「情報伝達機関」でしかないのですから。
視聴者・読者は、その情報を自分の持つ知識や他の方法で得た情報なんかと比べたり吟味したりして判断します。
そして、その判断に基づいて行動するのです。
「マスコミが世論を誘導し、自分たちのやりたい放題をしている、、、」なんてのは、マスコミを過大評価しすぎですね。
だいたい、日本は言論の自由があるので、マスコミも色々な思想を持って報道しています。
それらを見比べれば、全く違う主張に出会うはずですよ。
ただ、大衆迎合する傾向が強いために似たり寄ったりの主張をする場合も多々ありますが。

まず、マスコミは日々の「ニュース」を報道するモノです。
では、「ニュースとは何か?」という事になります。
goo辞書によると
===以下引用===
ニュース 1 [news]
珍しい出来事や新しい出来事。また、その知らせ。特に、新聞・ラジオ・テレビなどによる報道。
「耳よりな―」「―を流す」
http://dictionary.goo.ne.jp/
===引用以上===

つまり、珍しい出来事を知らせるのが、報道の仕事と言えます。
その意味では、「○○自動車は100万台生産しました」というよりも「○○自動車は、10...続きを読む

Qテレビのニュースはなぜネガティブなことばかりなんですか?

例えば私の身の回りに起きる出来事の割合はだいたい以下の通りです。

●よかったこと(可愛いわんちゃんとお友達になれたとか、
 本屋さんで、ずーっと探してた本が見つかったとか)…15%くらい
●普通(まあ、いつもこんなもんねみたいなこと)…80%くらい
●悪かったこと(例えば人ごみで足踏まれたとか、コンビニでおにぎりチンしても
 らったら焼けどしそうなくらいに激熱にされて訴えたくなったとか)…5%くらい(多めに計算しても)

これで殺人や事故に遭うようなことはほとんど1%にも満たないです。
ところが、テレビのニュースの割合は以下の通り。

■殺人事件や死亡交通事故、戦争で人々がたくさん死んだり、
 将軍様がミサイルを日本に撃つかもしれないというネガティブなこと…80%くらい
■普通のことかちょっといいニュース…20%くらい

どうしてニュースは悪いことばかり流すんでしょうか。
苫米地さんの本で「テレビは見てはいけない」っていうのがありましたが、
こういうことだからなんですか?

Aベストアンサー

>テレビのニュースはなぜネガティブなことばかりなんですか?

       ↓
専門的&統計的な事は分かりませんが・・・

◇現実の世相を映し、映像効果を考え、デフォルムとトリミングの上、演出脚色を場合によっては加えて、切り取って見せている。

◇視聴率・スポンサーの反応と評価が大きく影響するので、そこに阿る迎合した、好印象やインパクトを求めるテーマーと魅せ方の番組制作となる。

◇人間&視聴者の意識には、先行きへの不安(終末思想・ハルマゲドン・環境悪化・テロ問題)、現実への不満(凶悪犯罪・景気や雇用、金権政治・近隣トラブル)、他人の不幸への覗き趣味(スキャンダル・不倫・離婚・疾病)が潜在的&顕在的にあり、建前や公式の顔・性格・言動とは、異なる素の部分&本音が、関心度になり、視聴率や人気に繋がる。

立場や環境、性格で違うだろうが、高度に発展した情報化社会、欲しいものが少ない物資飽和生活&お金で何でも買える叶う拝金主義の下での、経済不安・詐欺や偽装事件・食品の安全性・いじめ&自殺&孤独死等の社会&個人の現実生活での不満に加え、先行きへの不安がベースにあり、他人の動向や格差、連帯感や繋がりを優越感&共通認識を無意識の内に探求する作り手と受け手双方のネガティブ心理が働いている。

◇反面、明るいニュースや積極的なマインドの人物紹介、教養や感動的なポジティブ番組もあるが、単発的・瞬間的・特別なケースとされ、持続性や発展性、波及効果が少ない。
オリンピックのメダル獲得、プロジェクトX、ガイアの夜明け等の感動や勇気を与える良心的な番組、スターのロマンスや結婚、楽観的な経済評論もあるだろうが、現実&将来への不安や不満に比べ、質量共に少なく視聴後の感動・印象も長く残らない、広がり難い。

明るい話題、ニュースは、実際には多くあるのだが、伝え方が傾向的にはシンプル・すっぴん・理屈っぽい・遠慮(慎み)がち・・・と言うケースが多い。
それは、目立つ事を嫌い、出る杭と成るを避ける、自慢話は余りオープンにしない(謙虚が美徳、能ある鷹は爪隠す)、日本人全体のDNAや美風、社会風潮にも関係しているのではないでしょうか。



>苫米地さんの本で「テレビは見てはいけない」っていうのがありましたが、
こういうことだからなんですか?

私は、賛否半々です。
文字や会話、勉学等を通じて、情報交流や自己啓発、社会参加をされておられるならば、テレビの重要な情報源であり、利用価値も高いと思います。
「過ぎたるは及ばざるが如し」
パソコン・ゲーム・メール何でもそうですが、時間は有限であり、偏りは視野視点を狭め、状況変化に臨機応変な対応のキャパシティを削ぐ。
テレビも受身で長時間、眺めているだけでは、視聴する番組の質量にも関係して、確かに良い成果&影響は少ないと思います。

でも、娯楽・教養・情報源・知識の習得に、利用価値は十分にあり、利用応用の視聴者自身の主体性・感性・ライフスタイルの問題でもある。
タイトル&キャッチフレーズ「テレビは見てはいけない」は、飽くまでも掴みのキャッチコピーであり、誇張された表現だと思います。

>テレビのニュースはなぜネガティブなことばかりなんですか?

       ↓
専門的&統計的な事は分かりませんが・・・

◇現実の世相を映し、映像効果を考え、デフォルムとトリミングの上、演出脚色を場合によっては加えて、切り取って見せている。

◇視聴率・スポンサーの反応と評価が大きく影響するので、そこに阿る迎合した、好印象やインパクトを求めるテーマーと魅せ方の番組制作となる。

◇人間&視聴者の意識には、先行きへの不安(終末思想・ハルマゲドン・環境悪化・テロ問題)、現実への...続きを読む

Qなぜ中国は北朝鮮をかばうのですか

中国は北朝鮮にあまり厳しい態度をしないみたいですが、なぜ中国は北朝鮮をかばうのですか?
仲良しな国なんですか?

それとなぜアメリカはイラクの独裁政権をやっつけたみたいに、北朝鮮の独裁政権をやっつけないのですか?

Aベストアンサー

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び、裏切り行為があれば、リンチにかけて激しい制裁を加え、挙句殺してしまうところまでいっています。中国が死刑を強硬に行うのは、所謂、同志の「裏切り行為」に対する制裁と見せしめです。おっかないんですよ、中国って。日本でも共産党委員長になった宮本顕治元議員も同志を殺害したという事実があります。とにかく危険な主義・思考なんです。


アメリカが北朝鮮の独裁政権を潰せないのは、イラクの時みたいに大量破壊兵器を持っているのは分かってはいるんですが、問題はその兵器にあるんです。CIAが入手した情報によれば、核ミサイルは勿論、生物兵器・細菌兵器という怖っそろしい武器をゴロゴロ持っているからです。それと並行してアメリカは北朝鮮に対し「攻撃」の大義名分を持っていない。それがアメリカが北朝鮮に対し攻撃できない理由なんです。もしアメリカと北朝鮮が戦争状態に突入したら、アメリカの同盟国である日本にも甚大な被害が出ると、きちんと計算してるからなんです。それと中国にも。


北は中国の言う事なら何でも「ハイハイ」と聞きます。それでアメリカは今懸命に中国を通して北を何とかしろと影の部分で交渉しているのですが、先にも書いた通り、北と中国は「同志」。かばっているからいつまで経っても進展が無いんです。

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び...続きを読む


人気Q&Aランキング