マンガでよめる痔のこと・薬のこと

すみません、知恵をお貸しいただけたら幸いです。
3年ほど前、近くの大工に頼みリフォームをしました。
その時、床をパイン材にしてもらいました。

最近、気づいたのですが、フローリングの木と木の間に隙間ができており、よく見てみると、くっついているところと隙間があるところ、
両方あります。
・・・でその隙間があるところの上にうちのワンコがウンをべったり塗りつけてくれて、ウンが入り込んでしまいました。
泣く泣く、爪楊枝などで掻きだしたのですが、きれいにはならず・・・
爪も入れましたが微妙に入りません。0.5m~1mほどの隙間だと思うのですが、広範囲ですので、今後子供や犬がいろんなものをこぼしたとき、隙間に入り込んで不衛生と思います。
どうにかしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?
ちなみに床暖房等ではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

無垢の床板を使用されたからには、隙間やキズは覚悟しなければいけません。


無垢材を床に使用される場合は、あらかじめそれらの事はご説明して納得していただいた上で施工するようにしています。質問者様も納得されての事だったのではないでしょうか?
無垢の床材は梅雨の時期は隙間がつまり、冬の乾燥した時期は隙間が多少広がりますが、3年ほど前の施工ということなので、一応木材の「暴れ」はおさまってきていると思われますので、今の状態で落ち着くと思います。
無垢材はそうした狂いがあり、傷がつきやすい半面、合板と違ってやわらかく、冬場はあたたかくて気持ちのいいものです。狂いも木の1枚1枚の「性格」だと思えば愛しく思えたりします。
不衛生に感じられるのであれば、せめて換気に気をつけ、カビやダニの発生を抑制することくらいですかね。下手に対処するとせっかくの無垢の床が台無しです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
<無垢の床板を使用されたからには、隙間やキズは覚悟しなければいけません。
そうなんですか・・・全然知りませんでした。
こちらはただ、パイン材って素敵だなぁと思って、大工さんに聞いたところ、「そんなもの床にするなんて、見たことも聞いたこともない」と言われてあきらめていたのですが、数日後、「安いのが手に入った」とだけ言われて、「じゃぁそれでお願いします」と言ってしまいました。
今回の大工には非常にいろいろな面で不満があったので、また大工のせいかと思ってしまいました。
事情があり、不満のある大工に頼まなければならなかったのですが、そんな人におしゃれな物(?)をお願いしたのが間違いでいした。

<冬場はあたたかくて気持ちのいいものです。

それが、残念ながらそうでもないんです・・・
かなり床冷たいです。2階なのですが・・・
冬はホットカーペットがないと歩けません。

多分断熱材とか相当ケチったと思われます。

隙間について納得できました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/06 16:14

無垢材湿度によって変化します。


フローリングの隙間をどうにかするには完全な湿度管理が必要だと思います。
現実的には不可能に近いので、合板フローリングに張り直す、または、
無垢材のとうまく付き合っていくしかないでしょう。

以下、ご参考まで

近年合板フローリングが良く用いられるのは、
無垢材に比べ反り、収縮が少ない⇒クレームが少ない。
1枚板ではない⇒施工が楽。
しかも、技術的に最近のフローリングは一見すると無垢材?っと勘違い
するような物が多いです。

無垢材の利点としては、温かみのある肌触りです。
またパイン材などの針葉樹(パイン材は松の仲間です)は軟材(Soft wood)と言われ柔らかい木材です。その分、温かみはでるのですが傷がつき易いというデメリットもあります。

同じ無垢材でも、塗装によって大きくかわります。
見た目、肌触り、経年変化などはどのような塗装をしたかによって大きく変わります。
自然派塗装(オイル系)の場合:温かみのある肌触り、傷は付き易いが多少の傷であれば補修が可能です。半年~1年に1回以上のメンテナンスが必要といわれています。
ウレタン塗装の場合:肌触りが冷たくなってしまうけれど、傷がつき難り、補修はほぼ無理。その代わりメンテナンスは楽。
その他ワックス類のについては・・・すみません・・・知識なしです。

温かみを感じられないってことなので、塗料が原因では?
<無塗装ですと床についた汚れが落ちなくなります。それこそ不衛生です。・・・・ダイジョブですか????>
ちなみに、無塗装が一番温かいです。木のぬくもりってやつですね

パイン材の無垢材は割りと厚めのフローリングが多いのですが、質問者さんのところでは、「安いパイン材のフローリングが・・・」ってことなので少し薄いものかもしれません。
厚みが厚ければ厚いほど反りが少なくなります。
また、
>冬はホットカーペットがないと歩けません。
無垢材にホットカーペットは大敵です。ホットカーペットによって強制的に水分を飛ばされてしまいます。(反り、縮みの原因です。)
使用する際はホットカーペットの熱が床に行かないよう対策が必要ですので気おつけてください。
(多少の反り、縮みは水分を含むことで戻りますが、限度がありますので注意してやってください)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして大変申し訳ございません。
何の塗装だか・・・全然わかりません。
水分はこぼしても浸透はしないので、何らかの塗装はしてあります。
安いも高いもこちらの予算も提示していないのにもかかわらず勝手に決められてしまいました。
ホットカーペットダメだったんですね・・・
今年から導入したのですが、ただ、ホットカーペットの下にアルミの
シートを引いてありますので、若干マシかと・・・
これ(ホットカーペット)を引いただけで去年と灯油の減りが明らかに違いました。
素人考えですが、2階なので断熱材を床に引いてないそうです。
あれだけ、「冷暖房効果が違いますから断熱材は最大の物をお願いします」と念を押したにも関わらず、壁などにも入っていなく、
2階の増築した部分(1階部分は空洞)は全く断熱材が入っていなかったので、鬼の様に床が冷たく、鳥小屋を建てられたと腹が立っています。
こんな大工に頼んだことを非常に後悔しています。
関係ないことでグチってごめんなさい。

お礼日時:2008/02/12 13:29

#1の方の御指摘で尽きていると思いますが、隙間の掃除には硬めの歯ブラシが格好の道具になるのではありませんか? または歯間の掃除を目的としたトゥースピックが強力な助っ人になるかも知れません。

これは下記で購入できます。

参考URL:http://www.web-know.com/higuchi/p72dentaltoothpi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなり申し訳ありません。
糸ようじ等の細いものですね。もっていますのでやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/12 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフローリングにホットカーペットを敷きたい

そろそろ寒くなってきたのでホットカーペットを用意しようと思います。
昨年度はフロアクッションの上に直接ホットカーペットを敷いていました。
しかし現在住んでいるアパートは床がフローリングなのですが、
とても傷が入りやすく、また表面も見るからに安タイプなので
直接ホットカーペットを敷いて大丈夫かな?と心配しています。
こういった場合は何かシートを敷いた方がいいのでしょうか?
ホットカーペットカバーを新調しようと考えているのですが、
今まで使っていたカバーをシート代わりに下に敷いて
その上にホットカーペット本体を載せても大丈夫でしょうか。

Aベストアンサー

フローリングは、すなわち木で出来ていますから
温度変化が大きすぎると、そり返しやゆがみが
起きる可能性があります。
ですから、フローリングにホットカーペットの熱が
伝わらないように、厚手のカーペットを敷いたり
断熱材のようなものを敷いた方が良いと思います。
今までお使いだったホットカーペットカバーでは
厚みが少ないため、熱が伝わってしまう可能性があるので
利用するなら、それを敷いた上に更にもう一枚カバーを
かけるなどした方がよいと思います。

Q無垢材ってそんなに隙間が開くのでしょうか?

新築でリビングを無垢材にしようと検討しているのですが冬になると暖房で
隙間が開くようなことを聞きました。
どれくらい開くようになるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

材料にもよりますが、
でも、基本、伸縮があるのが無垢材ですから、
合板よりも、余裕を持ってはる事にはなりますよ。

後、お客さんが、そういう事を理解していないと
クレームになるので、伝える事にはなります。

どれぐらいとか、伝達してても、
「隙間が開いたからなおして」
というお客さんもいるので、
営業マンとかは、使ってほしくない人もいるでしょう。

どのくらい?というのは、難しいですが、普通、大きくて
1、2ミリでしょう。

小さい、隙間やキズが気になるような方には、オススメ
できないというのは、パターンです。
昔に比べ、細々言う人が多いので、そうなっています。

基本、建築は手仕事。味わいのある家を求めるなら
本来の無垢とか使用したいですね。

Q断熱シートをホットカーペットの下に敷く効果

フローリングの床の上に、3000円程度のホットカーペットを直接敷いていました。ホットカーペットのスイッチを入れてから温かくなるまでにかなりの時間がかかり、一番強にしても足りませんでした。安物だからかなとあきらめていたのですが、アルミ保温シート(断熱シート)を敷くと良いと知って通販でよくみかける断熱シートを購入してみました(1000円以下)
ホットカーペットの下に敷き(床の上)ましたが、やはり温かくなるまでには時間がかかり、一日つけっぱなしで、夜になってやっとこれで十分かな?と思えるぬくもりになりました。
効果があるのかどうかイマイチわからない状態です。
理想的には、ホットカーペットの温度を、今までの「強」よりも低くできることだったのですが、これでは今までとあまり変わりません。
期待が大きかっただけでしょうか?

床を触ってみると、ホットカーペットの表面の温度とあまり変わらないくらい温かくなっています。これは、ホットカーペットの熱が逃げているのでしょうか?

それから。断熱シートの下にもう一枚、新聞紙や段ボールなどを敷いたほうが効果的、または、断熱シートを二枚重ねたほうが効果的など、良いアイデアがあれば教えてください。

フローリングの床の上に、3000円程度のホットカーペットを直接敷いていました。ホットカーペットのスイッチを入れてから温かくなるまでにかなりの時間がかかり、一番強にしても足りませんでした。安物だからかなとあきらめていたのですが、アルミ保温シート(断熱シート)を敷くと良いと知って通販でよくみかける断熱シートを購入してみました(1000円以下)
ホットカーペットの下に敷き(床の上)ましたが、やはり温かくなるまでには時間がかかり、一日つけっぱなしで、夜になってやっとこれで十分かな?と思えるぬくも...続きを読む

Aベストアンサー

「床を触ってみると、ホットカーペットの表面の温度とあまり変わらないくらい温かくなっています。これは、ホットカーペットの熱が逃げているのでしょうか?」

熱が逃げている証拠です

昨年我が家は厚めのカーペットの上にホットカーペットを敷いていましたが若干床に熱が洩れます、
新聞紙は殆ど効果は無いと思うが、ダンボールは空気層があり、効果が期待出来ます、何れも床が暖まらない断熱が必要です(少しは温まりますが)、厚めの熱が伝わり難い物が良いと思います。アルミ保温シートは薄く断熱効果は少ないです、アルミは輻射に対しては有効ですが。

今年は更に省エネの為のコタツに戻しました、床の上はカーペット2重にし、上にコタツを置いています、ホットカーペットと比べ30%程度は省エネで且つ暖かいです。


「安物だからかなとあきらめていたのですが、」安い高いは能力に殆ど関係なく、カーペットと上に被せる生地の違いで、ヒーターは同じ能力です。

Q無垢材(パイン)床の手入れ方法について

7月に一戸建てに入居、なんせ初めてのマイホーム購入でいろいろと適切なアドバイスありがとうございます。
今回は無垢(パイン材)の床の手入れ方法について詳しい方のアドバイスお願いします。以前の質問は一応、拝見しましたがいまいち理解できません。そろそろ3ヶ月が経つ事から床の手入れが必要かと考えていますが、疑問点が!!
 (1) 手入れ方法は「ワックス」それとも「ニス」?     その特徴は?
 (2) どういう材料がベスト(ベター)
 (3) どれくらいの頻度で?
無垢床はやわらかく傷が突きやすいのは難点ですが、見た感じも肌触りもすごく気に入っています。少しでも長く利用したいと思っていますので良いアドバイスお願いします。
 
 

Aベストアンサー

子供が、汚れた足で歩く場所、台所などで、水や液体がこぼれる場所は、ワックスをかけた方が良いと思います。しかし、ワックスは、耐水性はないので、すぐに拭かなければ、汚れはしみ込みます。

ワックスを掛けると艶が出ます。足触りも違って来ます。ワックスの頻度は、その感触がなくなった頃です。ワックスをかけると乾拭きは楽にはなります。

ワックスは、素材の色合いが変わりません。木ロウ(はぜの木の実から取る)、蜜ロウ(ミツバチの巣から取る)をペースト状にした自然系ワックスが使い易く、健康にも良いです。固形の木ロウは、昔から使われています。ワックスは、全体に使う前に、部分的に塗ってテストしながら使えます。

しかし、現在の感触が気に入っておられるなら、ワックスは、必要ありません。乾拭きが一番です。ユカでごろごろする場所もワックスを掛けない方がよいでしょう。

ワックスや塗料を塗るのは板の表面だけで、裏面は生地のままです。ワックスや塗料で板の寿命が延びる訳ではありません。板の寿命は、床下の湿気、根太の腐れなどによるたわみ等による影響の方がずっと大きいのです。

子供が、汚れた足で歩く場所、台所などで、水や液体がこぼれる場所は、ワックスをかけた方が良いと思います。しかし、ワックスは、耐水性はないので、すぐに拭かなければ、汚れはしみ込みます。

ワックスを掛けると艶が出ます。足触りも違って来ます。ワックスの頻度は、その感触がなくなった頃です。ワックスをかけると乾拭きは楽にはなります。

ワックスは、素材の色合いが変わりません。木ロウ(はぜの木の実から取る)、蜜ロウ(ミツバチの巣から取る)をペースト状にした自然系ワックスが使い易く、健...続きを読む

Q無垢の床にホットカーペット

最近新築した家で、無垢(樺)の床です。
今までエアコンすませていたのですが、今年は寒いのです(TT)
パワー不足を感じるのですが、ファンヒータは体質上向きません・・・
ホットカーペットとエアコンの併用を考えてるのですがどうなのでしょうか?
こちらでは、お勧めできないとのお話が多いのですが、うまい方法はないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

断熱シートを敷いてからカーペットをかければ良いのではないかな。
節約にもなりますし。
ホームセンターのコタツやホットカーペットのコーナーあたりに売っていると思います。
http://www.sharp.co.jp/support/kurasi/hn/hj1.html
http://muryou-de.com/setu/danbou.htm

参考URL:http://www.sharp.co.jp/support/kurasi/hn/hj1.html,http://muryou-de.com/setu/danbou.htm

Qフローリングの隙間

皆様いつもお世話になっております。
新居に引越し5ヶ月位たつのですが最近床フローリング材の隙間をみつけ気になり注意して各部屋を見る様にしていたのですがリビング(床暖房設置)及び寝室のフローリングの継ぎ目と言うか切って貼ってある部分の隙間があります。小学生の子供が結構砂汚れのまま帰宅し砂がその隙間に入ってしまい困ってます。大工の腕の問題でしょうか?また工務店には相談はしてみるつもりですが。何かと信用出来ない部分もありこちらにて最初におうかがいさせて頂きます。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

某フロアーメーカーのものです。
参考になるかどうかは分かりませんが、意見を述べさせていただきます。
お使いのフロアが
(1)無垢フローリングの場合
実際の隙間がどれくらいのものであるか分かりませんが、本来ならば無垢フローリングは隙間を空けて施工します。
これは木材が湿気により伸び縮みするからで、その緩衝の意味から隙間をわざと空けて施工するのが本来の意図です。しかし最近は隙間を空けずに施工する場合が多いので、部分的に縮んだフロアで隙間が空いたのかもしれません。

(2)合板を使用したフロアの場合
合板も湿気によって伸び縮みします。(無垢材ほどではないですが)よってこれも湿気や熱によって縮んだのかもしれません。(床暖房対応のフロアでも熱により縮みます)

と建前を言いましたが、実際は施工によるものが大きいです。
フロアの伸び縮み量は施工の仕方に大きく左右されます。
特にメーカーとしては施工の際に糊・釘を併用して決められたやり方で施工をお願いしていますが、特に糊を使っていないと、保持力が弱いので、フロアの動きを止められません。(釘はあくまでも初期保持力を出すだけであり、接着剤でしっかりとした固定をします)
特に床暖房を使用しているところは、接着剤を使用しないと釘だけでは床暖房対応のフロアを使用していても1mm以上の隙間は空きます。
また、フロアの張り方で、隙間はいくらでも空きます。(フロアは長方形なので、接合部分で斜めにつければそれだけで隙間が空きます。)

隙間が気になるようでしたら、工務店に、相談するのではなくどのような施工をしたのかしっかりと確認をしたほうがよいと思います。(但しフロアにはV溝が切ってあるので、実際より隙間が大きく開いているように見えます。実際に名刺をはさんでみて何枚入るか見てみてください。3枚ぐらいまでならば、隙間としては受け付けてくれないと思いかも知れませんが)
なお、補修方法は補修用のパテを埋めるのが一般的ですが、ひどいものは部分張替えをすることになると思いますので、これは工務店との相談となります。

余談ですが、隙間のクレームは実際にはよくあります。現場を確認すると大抵は施工が問題ですが、工務店はよくフロアーが悪いと言います。フロアはJAS認定工場で生産された工業品で、それを現場の手作業で貼るので、精度良く製造しても、フロアーが悪いと文句をつけられて少々つらい立場ではあります。

某フロアーメーカーのものです。
参考になるかどうかは分かりませんが、意見を述べさせていただきます。
お使いのフロアが
(1)無垢フローリングの場合
実際の隙間がどれくらいのものであるか分かりませんが、本来ならば無垢フローリングは隙間を空けて施工します。
これは木材が湿気により伸び縮みするからで、その緩衝の意味から隙間をわざと空けて施工するのが本来の意図です。しかし最近は隙間を空けずに施工する場合が多いので、部分的に縮んだフロアで隙間が空いたのかもしれません。

(2)合板を使用...続きを読む


人気Q&Aランキング