変圧器の一次側、二次側の配線に
Δ-Δ
Y-Y
Y-Δ
Δ-Y
がありますが、メリット、デメリットを教えてください.
関連のことならなんでもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 三相変圧器の結線の種類は、昇圧や降圧に便利なように組み合わせて選びます。

「Y-Δ」や「Δ-Y」は、Yの中性点を接地できるという利点があります。
 一次、二次ともY、△のいずれをも選定できるのですが、普通は、励磁電流中の第3高調波を吸収するため、一次、二次の少なくとも一方を△とします。
 なお「Y-Y」の場合は三次に△を設けることが普通です。また、二次側をYとし中性点を引き出し、三相4線式(420Y/242Vなど)とする場合もありますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。役立たせていただきます。
まだわからないことありますから、このあとも引き続き質問させていただきます。

お礼日時:2001/02/08 08:25

 pen2sanさんのおっしゃるとおり、送配電工学の教科書でも見れば、もっと詳しく載っているです。

ここで訊くよりグッと分かりやすいかも?ですよ。
    • good
    • 1

もし9766さんが電気工学を学んでいる生徒さんや学生さんだったらご自分で調べたり考えたりする事をお勧めします。

 このあたりの事は教科書に書かれていると思います。

考慮する点は、
*Y結線にすると巻線両端にかかる電圧が低くなり絶縁耐圧を低くする事ができます。 特に超高圧送電に有利。
*Δ結線の場合は循環電流を考慮すること。
*第3高調波を考慮すること。 特に、第3高調波が与える外部への影響(雑音)と端子電圧の上昇。
*3個の変圧器のうち、一つが故障した場合の影響。メンテナンス。
*中点接地の必要性の有無。


等でしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気回路 Y-Δ変換について

Y-Δ変換について
r1+r2=R12(R23+R31)/(R12+R23+R31)
r2+r3=R23(R31+R12)/(R12+R23+R31)
r3+r1=R31(R12+R23)/(R12+R23+R31)
小文字側がY接続、大文字側がΔ接続です。
この連立方程式から変換したいんですがY→Δ変換が出来ません。
Δ→Yは普通に連立すれば出来たんですが・・・。
Y→Δの場合は普通に連立しても解けません。
R12,R23,R31をr1,r2,r3で表せということなんですが
どうすればいいでしょうか。

Aベストアンサー

r1=R31R12/(R12+R23+R31)
r2=R12R23/(R12+R23+R31)
r3=R23R31/(R12+R23+R31)
より
r1r2=R12(R12R23R31)/(R12+R23+R31)^2
r2r3=R23(R12R23R31)/(R12+R23+R31)^2
r3r1=R31(R12R23R31)/(R12+R23+R31)^2
r1r2+r2r3+r3r1=(R12R23R31)/(R12+R23+R31)
=R23r1=R31r2=R12r3
から求められます。

Q変圧器低圧側端子の「+、0、-」の表示について

電気工学のカテゴリーがないので科学で質問します。
図は6000ボルトを低圧に変換する変圧器の低圧側端子ですが「+、0、-」の表示があります。
これは何を意味しているのですか?

Aベストアンサー

#1です。

「交流なのに「+,-」」

起電力の位相が逆ということです。

交流だから、

+が最大電圧(+)のとき、-は最小電圧(-)
+が0のとき、-も0
+が最小電圧(-)のとき、-は最大電圧(+)

これで、交流についていくらかの知識があればわかると思いますが、
わからなければ、あらためて質問を立ててください。

Q変圧器の2次側開放時の1次側電流について

電気関係の部署に配属になったのですが、ふと疑問に思ったことがありまして質問させていただきます。

単相変圧器で、1次側に電圧をかけると励磁電流(トランス定格容量の1%程度)が発生し、2次側に電圧が誘起されるということを勉強しました。
しかし、そもそも2次側を開放しているということは1次側にコイルが負荷としてぶら下がっているだけのように思え、だとすると、1次側に電圧をかければI=V/R
  R=JωL  で、2次側無負荷でも1次側に相当大きな電流が流れる気がしてきました。実際流れないのはわかるのですが・・・
Lが大きくてほとんど流れないということなんでしょうか? バカですみません。わかる方教えて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

記号に関して
Rは抵抗を表すときに使い、
リアクタンス(ωL)を表す場合にはXを
インピーダンス(r+jωL)を表す場合にはZを
使うことが多いかと。

二次側開放の変圧器
二次側巻線が開放→二次側巻線の電流が0→二次側巻線が無いのと等価→一次巻線だけのコイルを電源に繋いだときと同じ
というので良いかと。

励磁電流
励磁電流は、その名のとおり鉄心に磁束を誘起する電流成分ですね。
二次開放の時の一次に流れる電流は、一次側の自己インダクタンス(L1)と電源の電圧、周波数で決まります。

二次巻線の自己インダクタンスL2
通常の変圧器だと、ニ次と一次巻線の巻数比(ほぼ電圧比に相当)をαとすると
概略 L2=α^2L1 になります。巻数比の大小でL2の大小はかわります。
(1:1の変圧器だと、L1とL2はほぼ同じ)


(自己インダクタンスと相互インダクタンスつかって表す方法以外に、洩れインダクタンスと相互インダクタンス使って表す方法もありますが、表記がちょっと面倒になるので、割愛)

Q変圧器の励磁電流と一次電流との違いについて。

変圧器について勉強しています。
そこで,1点引っかかっています。

励磁電流と一次電流との違いは何なのでしょうか?
勉強不足なものでよく分かりません…。

励磁電流は鉄心に主磁束を形成する電流と書かれています。
ですが,一次電流も同じでは???と思って混乱しています。

お手数ですが,どなたかお分かりでしたら
教えてください。

Aベストアンサー

一次電流とは一次巻線を流れる電流のことで、(1)励磁電流と(2)負荷をかけたことによって流れる電流のベクトル和です。質問者の疑問点はおそらく、後者の負荷電流も磁束を発生させる筈なのに、何故前者だけに限るのか、ということでしょう。一次側だけを考えると確かにそうですが、負荷電流は二次側にも流れており、一次と二次の負荷電流が作る磁束は大きさが同じで向きが逆なので打ち消しあって無くなります。だから、主磁束は励磁電流だけが寄与すると言ってもいいのです。
また、電流の位相も違います。損失を無視すると励磁電流は電圧に対して90度の遅れですが、負荷による電流の位相は負荷の力率次第です。もし純抵抗負荷であれば、電圧との位相差はゼロです。よって、(1)と(2)は別々に取り扱う必要があります。

Q一次電池と二次電池の容量

一次電池と二次電池は同じ電池サイズを比較した場合、容量はどちらが多いのでしょうか?

Aベストアンサー

電池の形式などにもよりますが、一次電池の方が容量が大きくできる可能性が大きいと思います。
それは充電時の様々な問題を解決する必要がないからで、極端な話二次電池を一度だけ充電が可能に作れば通常の二次電池より容量を拡大できるわけです。
(最初の充電は十分に管理された環境下で行われるものとして)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報