プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

電気のことを勉強し始めた私ですが、
サーキットプロテクタなどで、規格上、両切りにしないといけなかったり、片切りでもいいといわれたりするのですが、その電気的な意味の違いがわかりません。
メリット、デメリットも含めて、どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

No.3さんの回答に、片切りの切れていない方に触れると


感電すると書かれています。このような危険を回避するために、
内線規程では、電路の開閉器は両切りにすることが
きめられています。片切りにしてよい場合の緩和規定は、
対地電圧150V以下、使用電圧300V以下で、
接地されている回路の接地側の線のみ開閉器を省略できると
してあります。これに沿って正しく施工されていれば、片切りの接地側に触れても感電しません。しかし正しく施工されているかは、
不確定(違法ですが)ですので、確認が必要です。
片切りの切ってないほうが接地されていないのは、内線規程では違法です。(ただし機器や装置内は内線規程の制約を受けませんので、このような施工がされているかもしれません)
  
    • good
    • 7

初心者と言う事ですので・・・


普通、電気を供給する時には2本の電線で供給しますよね。(3本の時もあるけど)
その、両方を切るのが両切り、どちらか一方を切るのが片切りです。

両切り
メリット:切断先は完全に絶縁されるので安全。
デメリット:部品が若干高い。配線の手間が多い。

片切り
メリット:切断先は片側しか切れておらず、もう1方に振れると感電する。
デメリット:部品が安い。配線の手間が少ない。
    • good
    • 3

両切りの場合は、負荷が完全に電源から切り離されますので、


絶縁抵抗試験や、耐電圧試験の場合には、この方が有利です。
不利の面は機器の価格面と、スペースが必要なことぐらいです。
片切りでは、たいがいの場合、接地側が電源の接地線と繋がったままなので、安全面では両切りより劣ります。片切りの場合は絶縁抵抗試験のとき、接地側の線を断路する機器が必要になります。(断路端子台など)
    • good
    • 4
この回答へのお礼

とてもよくわかりました
ありがとうございます

お礼日時:2007/11/27 21:03

屋内配線の電気工事の施工については、「内線規程」があり、


電路は両切りが原則です。しかし緩和規程があり、
以下の場合は片切りでもよいとされています。
AC300V以下の電路で、対地電圧が150V以下で、
1線が接地されている場合は、その接地側の開閉器を省略できるとなっています。この場合はあくまで屋内配線のことです。
サーキットプロテクタ(以下CPと書きます)は、内線規程では、
電路の保護をする機器とは認めれれていませんので、使用する場所は、
装置、機器、制御盤などの、内部になります。
この装置の内部の場合は、製作者の責任範囲で、内線規程の制限を受けません。製作者、使用者の自己責任です。
まとめると、建物の工事での電路保護にははCPは使えない。
しかし、装置などの中にはCPは使っても自己責任であり、その場合は
片切だろうと、両切りだろうと、内線規程の制限はうけない。
電気的には、接地側は省略しても安全面では許される。
CPを両切りにしなければいけないとする規格は、無いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ただ、電気的な知識が不足しているので、この両ギリ、片きりの電気的な違い、メリットなど教えていただけると、ありがたいです。
何故、片きりでもよいときがあるのかなど、教えてください。
よろしくお願いします。

お礼日時:2007/11/27 01:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A