痔になりやすい生活習慣とは?

とある設備メーカでサービスをしています。海外工場に納入した設備の電源接続が現地電設業者によってなされ、確認したところ3相核相間電圧は380Vでしたが、GNDと各相間は225Vでした。
配電盤を確認すると3相4線式で中性相のバーがありそこから出た線が設備のGNDに接続されていました。この結線の仕方は正しいのでしょうか?
この設備は世界中で使用できるように入力電圧によってタップを変えられる3相トランスを積んでいます。またそこから単相100V用のトランスも併設しています。
設備納入先顧客の元請会社の監査で設備筐体からサージ電圧が規定値以上検出されると指摘を受けていますが、この結線方式と関連あるでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    回答ありがとうございます。設備のGNDとはPEです。電気工事業者によって配線接続されるので詳細は分かりませんが分電盤は4線式でした。設備の電源接続端末での確認でPEと各相間で224VあったのでPE線が中立線バーに接続されていると予想しています。
    この各相とPE間に電圧が掛かる状態はNGと判断して宜しいのでしょうか?
    写真を添付します。

    「3相4線式電源の中性線に設備のアースを接」の補足画像1
    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/15 15:41
  • うーん・・・

    再回答ありがとうございます。分電盤内のN相バーと各相間電圧も224Vでした。また盤内のアースケーブル端子とN相関はほぼ0Vでした。
    私の理解ではPEとは対地と同じで各相間電圧が380Vなので各相とPE間も380Vであるべき、なのですがそれは誤解なのでしょうか?
    サージ電圧測定は立ち会っていないのでよく分かりませんが、オシロスコープを使用して設備PE端子と設備筐体のカバー留めネジ間を測定したと伺いました。電源ON時ではなく運転動作中にサージ電圧が△30V以上表示されたと聞きました。
    どうぞ宜しくお願いします。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/15 20:42
  • うーん・・・

    お盆休み中にも係らず6度も丁寧に回答下さり本当にありがとうございます。
    この設備は3相3線式を元に作られているので機内にN相端子は無く、通常PE端子には分電盤からのGND線を接続してもらいます。単相100用トランスはR,S相から取り込みます。下記に配線図の一部を添付します。恥ずかしながら3相4線式の中性線について未だ理解出来てない様です。
    分電盤での測定時には設備側開閉器は遮断していませんでした。
    たとえ本設備のPE端子に接続された線が分電盤のN相ではなくPE(GND線)に接続されていたとしてもPE-他相間電圧は224V表示が正常なのでしょうか?
    本設備にはDC電源とその回路もありまた複数の3相サーボモータを持っているので運転状況により相関が平衡しない時もありますが悪影響は無いのでしょうか?
    どうぞ宜しくお願いします。

    「3相4線式電源の中性線に設備のアースを接」の補足画像3
    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/16 10:50
  • うーん・・・

    色々と教えて頂きありがとうございます。現地の電源方式とその配線処理が設備と合致しているかが質問でしたので少々混乱しています。各御回答内のご質問に順次お答えします。
    回答No.8:一次側のN相が接地極に接続。これは添付図中の左端の端子台PEの事でしょうか?→元々分電盤からのアース線を想定してますので機内GND端子に接続されます。
    それともTM1トランス内のNと記載されたJ0074の事でしょうか?→トランス2次側接地の為です。
    回答No.10:電気の管理者の管理基準に合っているのでしょうか?→ご指摘のN相が上記No.8の左端端子台の事ならば、正にそこが知りたいところです。
    回答No.10: 分電盤からの配線は4線(R,S,TとN)だけです。
    トランス2次側は1線PE接続になっています。
    結論としては3相4線式電源から給電してもらうにはトランス配線の変更が必要なのでしょうか?
    宜しくお願いします

    No.10の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/16 14:45
  • うれしい

    明快なご回答ありがとうございました。また添付資料が不鮮明で申し訳ありませんでした。
    筐体は導電性床に設置されてますが脚底に絶縁ゴムが敷かれてるので接合はないと思います。
    ただラインを構成する他社の小型設備は単相電源でコンセントから給電されておりアース線を本設備にも接続していた様に記憶してます。N相とは別系統のアース線(PE)と接続されてる状態であった場合、迷走電流は発生しやすいと言えるでしょうか?

    No.11の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/08/16 17:26

A 回答 (12件中1~10件)

補足ありがとうございます。


他社製設備が接続しているコンセントは、接地極が無い2Pコンセントと言う事でしょうか?
コンセントなので、1線はN相だと思いますが、同一の系統であれば、特に迷走電流は生じないと思います。(コンセントが別のトランスから来ていると言う事は無いですよね?)
むしろ、導電床の接地が、共用接地であるN相につながっているかが問題のような気もします。
別の接地極につながっていなければ、N相との電位差はありませんから、PEと混触しても、電流は流れません。
導電床が別の接地極に接続されている場合は、共用接地のN相とは電位差がある場合があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

Lupan344様
2日間非常に親切丁寧なご説明頂き 誠にありがとうございました。かなり理解が進みました。この上は現地の電気設備担当者と直接話しながら確認するしかないと思います。
その為の十分な予備知識を得る事ができました。重ねてどうもありがとうございました!!

お礼日時:2017/08/16 19:13

補足ありがとうございます。


画像がやや不鮮明だったので、文字が読み取れませんでした。
図面左側の端子台は、L1、L2、L3、PEだったわけですね。(PEをN相と勘違いしていました)
分電盤からの配線は、L1、L2、L3、Nのみと言う事なので、PEは別に供給されていないと言う事ですね。
つまり、TN-Cの、N相共用接地と言う事なのでしょう。
その場合は、N相を負荷側のPEに接続する事になります。
この場合は、PEから別の接地極に接続してはいけません。
単相負荷用ダウントランスは、1次側でN相に接続していなので、不平衡電流は、相不平衡となります。
ただし、極端な相不平衡で無ければ、問題ありません。(制御電源や、補器類なら問題無いでしょう)
図面が不鮮明で良く見えませんが、単相動力負荷のダウントランスは、各相から1組ずつで、合計3組として、バランスは取っているわけですよね?
制御電源・補器類のダウントランスは、1相から取っていますが、負荷容量はそれほど無いと思います。
ですから、不平衡率はそれほど高く無いでしょう。
1次側の接続が問題無ければ、現在の結線で問題ありません。
筐体とPE間のサージ電圧は、筐体とPE間で電流が流れている事を示していますが、迷走電流の調査や、筐体とPEが確実に接合されているかを確認する必要があります。
筐体が、建物の鉄筋などと、固定アンカーで電気的に接合されていませんか?
こういう迷走電流は、調査が困難ですね。(電線管がPEと確実に接合していない事も考えられます)
この回答への補足あり
    • good
    • 0

もし、保護接地とN相を結合しているとしたら、TN-C配電方式だと思いますが、現地がそのようになっているのなら、N相からPEを取るのは間違いではありません。


ただ、配線はN、PEを含む5線で供給されているんですよね?(1次側で、N、PEが接続されているかもしれませんが、需要点で、それを再接続する必要があるのかがわかりません)
また、ダウントランス2次側は全て、1線PE接続ですか?(図面右側が切れているので、良く見えません)
この回答への補足あり
    • good
    • 0

本来は、3相3線式を前提として設計されている場合は、制御電源や補器類をダウントランスで降圧している場合、制御電源は2次側非接地、人が触る箇所がある場合は、その系統のダウントランスを制御系と分けて、2次側の1線をPEに接続する設計が多いはずです。


この場合は、1次側のN相は非接続とする方がトラブルは少なくなります。(ダウントランスを使うので、接地相は不要です)
制御系を非接地とするのは、2次側の地絡による制御電源の遮断を防止する為なので、生産機械などの制御回路では一般的です。(制御電源のダウントランス一次側は、漏電遮断器としないで、漏電検知のみ、もしくは過電流遮断器のみとする方法もあります)
添付図では、N相は負荷側には接続しないで、PEに接続しているように見えますが、そのような接続が現地の技術基準もしくは、電気の管理者の管理基準に合っているのでしょうか?(接続しないのであれば、N相は不要なような気もしますし、PEに接続するのも、意味は無いような気がします)
変電トランスの2次側のN相接地極とPEが共通になっている場合は、変電所と需要点の距離が近接しているなら、そのような結線も可能かもしれませんが、逆にPEと需要点の接地抵抗が大きく異なる場合は、PEに需要点との対地電圧が生じて、保護接地にならないような気もします。(実際は、感電事故までは生じないでしょうが、漏電ブレーカーの誤動作の可能性はあります)
    • good
    • 2

ちなみに、添付図では、あきらかに一次側のN相が接地極に接続されているように記載されていますが、これは変電トランスの2次側の接地を意

味していて、分電盤で接地極に接続しているわけでは無いですよね?
    • good
    • 0

補足ありがとうございます。


3相3線式を前提としているならば、S相が接地相と考えられているのでしょう。
3相4線式で結線した場合は、N相以外は接地相はありません。
制御回路は、ダウントランスで1次側とは分離されるので、電位としては浮いています。(対地電圧は不定です)
1次側のN相は、どこかで接地されているので、制御盤のPEとは、電位差0もしくは、数Vの電位差があります。
1次側のN相以外の相は、N相と定格の電位差があり、PEとは、N相がPEと電位差がなければ、同じ電圧、N相とPEとの電位差があれば、その分の電位差分上昇しているはずです。
3相4線380/220Vの場合は、PEとの電位差は、220V以上となるはずです。
N相に接続しない事による不平衡電流は、3相3線と同じ事ですから、特に問題は無いでしょう。
一般的には、不平衡電流は、単相負荷で生じるので、通常は単相負荷をN相につないでいるわけです。
したがって、ダウントランス一次側をN相に結線すれば、不平衡電流をN相へ流す事は可能です。
ただし、タップは220Vに合わせる必要があります。(2次側は非接地でかまいません)
    • good
    • 0

3相4線式の場合は、設備機器側のターミナルR(u)、S(v)、T(w)、Nは、電動機等にR、S、Tを接続し、R、Nを制御電源もしくは、補器類に接続するのが一般的です。

(制御電源、補器類は、人が触る可能性があるので、1相が接地相である必要があります)
質問文の設備機器では、100Vのダウントランスで制御電源としているので、ダウントランスの1次側は、R、Nで良いのですが、3相3線での使用も想定している場合は、R、Sで結線されている可能性があります。
この場合は、ダウントランスの2次側の接地をPEとしている可能性もあります。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

念のためですが、通常はN相が接地されていても、PEとは、接地極が異なる場合があるので、機器のPEをN相には接続しません。


保護接地極がある場合は、そちらに接続して、機器の接続線としては、N相はN相のターミナルに接続する必要があります。
なお、メーカーによっては、N相用のターミナルが無い場合もあるかもしれません。(質問文の機器は、R、S、T、Nのターミナルがあり、別にPEのターミナルがあるんですよね?)
    • good
    • 0

補足ありがとうございます。


この状態は、PEもN相も共通の接地に接続されているか、PEがどこかでN相に接続されている事を意味します。
なお、N相以外の各相は、N相が接地されている場合は、対地電圧もN相との電位差と同じになります。
3相3線で、1線が接地されている場合は、接地相とそれ以外の相の電位差は、対地電圧と等しくなります。(日本の3相3線200Vの場合は、通常はS相を接地して、R-S:200V、S-T:200V、R-T:200V、S-E:0V、R-E:200V、T-E:200Vとなります)
3相4線の場合は、N相が接地されているので、N相以外の各相は対地電圧を持っています。
問題がおきる場合は、電力会社が直接低圧動力として、3相4線で供給している場合で、この場合は電力会社側のトランスのN相が接地されますが、需要家側の接地極と距離が離れている場合は、接地抵抗が異なるので、N相と接地極で電位差が生じ、N相を需要家側で設置極に接続すると、漏電が起きてしまいます。(同時にN相以外の相で電圧降下が起きてしまいます)
筐体のサージ電圧が、PEとの間に生じた事は、筐体がPEに確実に接合されていない事を意味しているのでは無いでしょうか?
機器側の開閉器を遮断した場合に、1次側のN相とPE間の電圧はどうなっていますか?
分電盤での測定は、機器側の開閉器を遮断した状態で行っていたのでしょうか?
もし、そうだとすれば、1次側でPEとN相は、共通の接地線に接続されています。
つまり、1次側は、需要家の変電トランスの2次側に接続されていて、トランスの2次側のN相が接地されていると言う事です。
また、分電盤の接地線も、共通の接地極と接合されていると言う事でしょう。
    • good
    • 0

お礼ありがとうございます。


PEと各相は、当然ながら電圧があって正常です。
N相と各相の電圧はどうでしょうか?(N相と各相との電圧も224Vのはずなので、N相の接地点とPEの接地点が近接しているか、PEがN相に接続されている可能性があります)
PEは保護接地ですから、対地電圧が生じているなら、NGです。
設備筐体にサージ電圧が生じているのは、対地間ですか?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今時は、単独のカメラのみで、解析によって距離を割り出す、ことが可能になったのでしょうか?

先日、次のような新聞記事を見付けました。
<港湾周辺での船舶事故を防ごうと、海上保安庁は、高性能監視カメラを港に設置して船舶を撮影し、位置情報などを他の船舶に伝える新システムの導入を目指している。>

この記事で、複数のカメラを設置する、とは説明されていません。単に、記事上では、複数カメラについて言及してないだけ、のこともありえます。

ところで、対象への距離を知るためには.生物では両眼を使っていますよね。
質問は、今時は、単独のカメラのみで、解析によって距離を割り出す、ことが可能になったのでしょうか?

Aベストアンサー

東芝の方式は、光学レンズの色収差(色によって、焦点距離が変わる現象)を利用しているようですが、このアイデアは確かに秀逸ですね。
一般的に光学レンズは、カラー画像の解像度を高める為に、色収差がなるべく少なくなるように設計されます。
しかし、逆に言えば、色収差が大きいレンズの場合は、収差が大きい色のフィルターを使えば、単眼カメラでも、2種類以上の測距情報が得られると言う事ですね。
これは、ある意味、発想の転換と言うか、弱点を利点に変えていると言う事ですね。

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む

Q三相回路の応用?

↓の問題どうやって解きますか?
答えを見た限り、電力量以外わかりません。
答えは P=13.3(kW) I=38.3(A)  です。
回答お願いします。m(__)m

Aベストアンサー

まず、銅20kgを25℃→900℃に昇温する熱量を求めます。
銅の比熱0.13kcal/kg・Kより、求めるQ=20×0.13×(900-25)=2275kcal、1kcal=4.184kJより、2275kcal→9518.6kJです。
15分間ですから、15×60=900秒で昇温するので、1kw=1kJ/sより、9518.6/900≒10.6kWの電力が、効率100%で必要です。
電気炉の効率=0.8より、所要電力P=10.6/0.8≒13.3kWとなります。
線電流Iは、力率が1.0の場合は、P=√3IV、I:線電流、V:電圧より、I=P/(√3V)=13.3×1000/(√3×200)≒38.4Aとなります。(電流値は、所要動力P=13.25kWで計算すると、38.3Aとなります)

Qコンクリート打込み時に水を加えてはいけない理由を教えて下さい。 管工事の問題で 【コンクリート工事に

コンクリート打込み時に水を加えてはいけない理由を教えて下さい。

管工事の問題で

【コンクリート工事に関する記述のうち適当でないものはどれか。
1 打込み時に、スランプ値が所定の値より低下した場合は、水を加えてワーカビリティーをよくする。
2 打込みは...
3 ジャンカ...
4 コールド...】
とあり 答え--- 1です。

①水を加えてはいけない理由を教え下さい。
②水を加えたら、どういった影響がでますか?

Aベストアンサー

コンクリート打設時に水を加えてはいけない理由を知るためには、コンクリートがなぜ固まるかを知らないといけません。

コンクリートは、セメント・水・骨材・混和剤を反応させて作ります。セメントと水が反応してガラス質の硬い結晶ができ、それが骨材をつなぎ合せて固まるんです。セメントは質量の40%もの水と反応して結晶を作っていきます。
一般的にコンクリートの水セメント比は40%~60%の範囲で用います。これから30%に相当する水を引いた残りの10~30%に相当する水は、コンクリートの施工に必要な水であり、コンクリートを硬化し強度を高めるのには不必要な水となります。

生コン業者は適度な水加減をして運んできますから、コンクリート打設時にそれ以上に水を加えると、コンクリートの品質(強度や耐久性など)が低下することになります。

QLED100個を乾電池で光らせたいです

LED100個を出来るだけ少ない乾電池で光らせたいです。使い道は投光器の自作ですので、強い光を出せるようにしたいです。
LEDは順方向電圧(VF)1.25~1.8V、推奨電流20mA、逆耐圧5V、Pd150mWの物を使いたいです。
どのような回路にすればLED100個を出来るだけ少ない乾電池で光らす事ができますか?

Aベストアンサー

乾電池(だけではないが)では出せる電流にかなりの限度があり、20mAのLEDを個別に100個発光させると2Aになりますから、単3アルカリ乾電池2個ではかなり苦しいかもね。乾電池にも内部抵抗があるため、単3アルカリ乾電池2個(直列接続で公称無負荷端子電圧は3V)ですが、2Aも流せばひょっとしたら2V以下に電圧降下し、しかも短時間で寿命が尽きると思いますよ。

乾電池は容量(×××mAh)の表示がありません。それは流す電流に対して容量が大きく変わるから表示できないからで、100mAの消費電流なら2,000mAhの容量があっても2Aも流すと1,000mAh以下に落ちるでしょう。短時間で終わりになります。単1アルカリ乾電池を2個使うことですね。

私は1個が3WのLEDを32個使ったリング照明(カメラのレンズの周りから照らす照明)を作っていますが、電源は小型のバッテリーです。

LEDを2個直列につないでそれに電流制限抵抗をつけ、それを50組用意し、単1アルカリ乾電池を2個直列にした電源(公称3V)につないでみてください。こうすると順方向電流を20mAにしたときに消費電流はトータルで1Aになり、2時間以上はたぶんもつと思いますが(ただし徐々に暗くなります)。
LEDの順方向電圧降下が1.25~1.8Vとこれだけ幅があると、電流制限抵抗の値は、実際に試してみないと決まりません。22Ωから数Ω以下までやってみないとね。

乾電池(だけではないが)では出せる電流にかなりの限度があり、20mAのLEDを個別に100個発光させると2Aになりますから、単3アルカリ乾電池2個ではかなり苦しいかもね。乾電池にも内部抵抗があるため、単3アルカリ乾電池2個(直列接続で公称無負荷端子電圧は3V)ですが、2Aも流せばひょっとしたら2V以下に電圧降下し、しかも短時間で寿命が尽きると思いますよ。

乾電池は容量(×××mAh)の表示がありません。それは流す電流に対して容量が大きく変わるから表示できないからで、100mAの消費電流なら2,000mAhの...続きを読む

Q直流モータ駆動時のMOS FET破壊について

図の回路を作成し、以下の操作をしました。回路作成後初回の操作となります。

①AC100Vの電源はOFFとしておく
②50kΩの抵抗を左回し。FETのG-S間を短絡しておく。
③AC100Vの電源をONにする。モーターは回らない。
④50kΩの抵抗をゆっくり右回し、FETのG-S間電圧を上昇させる。あるところでモーターが全速力で回りだした。
⑤50kΩの抵抗をゆっくり左回し、FETのG-S間電圧を下降させる。ところが、FETのG-S間が短絡されるまで回してもモーターは全速力で回り続けている。
⑥AC100Vの電源をOFFとする。モーター停止。
⑦FETに取り付けたヒートシンクを手で触る。発熱は無く、常温のまま。
⑧50kΩの抵抗が最も左回しの状態で、FETのG-S間が短絡されていることを確認。
⑨AC100Vの電源をONにする。再びモーターが全速力で回りだした。

上記はFETを破損した過程の記述となりますが、破損原因が分からなくて困っています。
FETの破損原因について、心当たりをお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか?

図の回路を作成し、以下の操作をしました。回路作成後初回の操作となります。

①AC100Vの電源はOFFとしておく
②50kΩの抵抗を左回し。FETのG-S間を短絡しておく。
③AC100Vの電源をONにする。モーターは回らない。
④50kΩの抵抗をゆっくり右回し、FETのG-S間電圧を上昇させる。あるところでモーターが全速力で回りだした。
⑤50kΩの抵抗をゆっくり左回し、FETのG-S間電圧を下降させる。ところが、FETのG-S間が短絡されるまで回してもモーターは全速力で回り続けている。
⑥AC100Vの電源をOFFとする。モーター停...続きを読む

Aベストアンサー

状況から推定してFETの D-S 間が短絡しているように思います。
一般にFETの D-S 間は大電流では断線し耐圧オーバーではショートするようです。このFETは耐圧は十分にあるようなので耐圧オーバーはちょっと考え難いように思います。
しかしドレインに負の電圧が加わったら・・・・モーターと並列のダイオードが断線していませんか?
FETにも D-S 間にダイオードがあるようですがこれも断線するとドレインに負の電圧が加わります。破壊原因になり得るように思います。

「安全動作領域」については検討しておられますか?
FETでもバイポーラでも電圧が掛った状態で流してもよい電流には時間の制限があります。
TK10Q60Wでは100Vの電圧が掛った状態で流し得る電流は10A、その継続時間は100μ秒以内です。
これを超えると内部のジャンクション部分が溶けて破壊します(外見的には熱くない)。
詳細はデバイスのデータシートを見てください。

スイッチング形態も気になります。
ゲート電圧をゼロからゆっくり上げていますね。モーターに電流が流れ始めた時はFETはスイッチング素子としての完全なONではなくアナログ的なON、つまり D-S 間にかなり大きな抵抗が残った状態になっているはずです。モーターは起動時には機械的には無負荷であっても大電流が流れますがこの起動電流のためにチップは高温になり溶けてしまいます。あまりにも短時間で高温になるため放熱器では吸収できません。

状況から推定してFETの D-S 間が短絡しているように思います。
一般にFETの D-S 間は大電流では断線し耐圧オーバーではショートするようです。このFETは耐圧は十分にあるようなので耐圧オーバーはちょっと考え難いように思います。
しかしドレインに負の電圧が加わったら・・・・モーターと並列のダイオードが断線していませんか?
FETにも D-S 間にダイオードがあるようですがこれも断線するとドレインに負の電圧が加わります。破壊原因になり得るように思います。

「安全動作領域」については検討しておられ...続きを読む

Qコンデンサー関連でちょっとした疑問です。

教科書や問題集で独学しているのですが、コンデンサー関連で2つわからないことがあります。

1.左の図で、スイッチ1だけが閉じられています。コンデンサー1では上の板に正電荷、下の板に負電荷がたまるのはわかります。でも、なぜコンデンサー2の下の板は電荷が0のままなのでしょうか?コンデンサー1の下の板とコンデンサー2の下の板は等電位なのに、電荷が偏っていてもいいんですか?
そもそも、問題ではいつも電池の正極とつながった方の板に正電荷がたまりますが、仮に電池の負極とだけつながった板があったら、それには負電荷がたまるのですか?

2.右の図では、板Bの両側に合わせて2CVの正電荷がたまります。この後、スイッチKを切って、板Bを板Aの方に移動させると、板Bの両側に等量にCVずつたまっていた正電荷の割合は変わりますか?私は板Aと板Cとの距離が変わっても上下にCVずつと考えて式を立てたのですが、解答ではわざわざQ1とQ2とおいて、Q1+Q2=2CVとしていました。こう書かなければ×ですか?

Aベストアンサー

正電荷、負電荷、なんて実態はないと思ったほうが・・・・。
静電気の場合は考える必要もありそうですが・・・・・・・。
通常の電気回路では正電荷と負電荷は常に対、つまり正電荷がなければ負電荷は存在しえない。
電気と言うエネルギーを電源のマイナスに戻す力?性質?、電気エネルギーが来ていないのに、そんな力?性質?確認しようがありません。
例えは適当でないかもしれませんが、吸い取り紙、水に上から垂らせば、水を上に吸い上げる力あります(確認もできます)、水のないところに垂らしたら?、何も起こりません。

Qモータでこんなことがあるのでしょうか

モータで重量物を上昇と下降をさせております
10年以上正常に上昇と下降を行っておりました

先日、上昇は正常なのに下降は速度が早いと連絡がありました
報告からモータに何らかの不具合が発生したのではと思います
原因はどのようなことが考えられるでしょうか

Aベストアンサー

規定より重い荷物を載せている場合は下降速度が速くなります。
その他いろいろ考えられます。
昇降装置はどのようなの構造なのでしょうか?
昇降装置の構造図やモータをどのように制御しているのかなど
のシステム構成などの図や説明を追加して補足しますと、原因
を推定できる可能性があります。
これらが不可の場合は、製作したメーカーに相談することを
お勧めします。

Q氷は溶けずに水を冷却することはあるのか?

断面が5センチ四方、高さ10センチの容器に9センチの高さまで凍らせた氷のブロックがあるとします。氷の温度はマイナス5度とします。この氷のブロックの上に、水温15度の水を5ミリリットル入れ、30秒後にその水を取り除いた場合、氷は溶けているでしょうか?

また、この例題とは別に氷と水が接触し、氷が全く溶けずに水が冷却されることはあるのでしょうか?
それともどんな場合でも氷と水が接触すると、表面でごく僅かに氷が溶けているはずでしょうか?

Aベストアンサー

>それともどんな場合でも氷と水が接触すると、表面でごく僅かに氷が溶けているはずでしょうか
そのときの条件次第。
水の量が極端に少ないときは、氷の温度が上がる(もちろん氷点下の範囲)その分で水を0°に冷やしさらに凝縮熱も奪うなら、氷は溶ける必要ありません。

Q移相器の動作原理を教えてください… 検索しても全然出てこないです

移相器の動作原理を教えてください…
検索しても全然出てこないです

Aベストアンサー

これがわかりやすいかな?
http://cc.cqpub.co.jp/system/contents/1611/

もっと高度なのはこれで、エクセルマクロが付いているから自分で設計ができます。
http://118.243.179.248/90deg.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング