ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

対面キッチンのダイニング側に、簡単な食事をするためのカウンターテーブル(奥行は40cm、長さは1mほど)を作りたいと考えています。

木製の棚受http://www.rakuten.co.jp/kurashi-h/722779/857711/
を使いたいのですが、強度的に弱すぎるでしょうか?
物を置く棚としてではなく、テーブルとして使いたいんです。
やはり脚はつけないとダメでしょうか?
他にもカウンターの作り方があれば教えて下さい。

イメージとしては、超熟と言う食パンのCMで小林聡美さん、もたいさん、片桐はいりさんがキッチンで料理しながらおしゃべりしてるのですが、そこに映っているカウンターが理想なんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.3です


通常の使用方法で、本当の棚板の受けに使うのであれば何ら問題ないと思いますが、テーブルとなると、前にも書いたとおり手前側(棚受けのない場所)に力をかけることが予想されます。
その場合、天板の厚みが25ミリとして、使えるビスは棚受けから25ミリ未満にしないと突き抜けてしまいます。
このビス3本で大丈夫かな?と言うのが心配点です。
取り付けてすぐに外れて・・・と言うことは考えられませんが、使っているうちに徐々に緩んで、ある日ガタッ・・・なんて事が有るやも知れません。
出来れば天板を止めるビスの一番壁側だけでも貫通ボルトナットで締めておくのが良いかと・・・しかしながら、表面にビスが見えてしまいますので、座堀をして埋め込むなどすればいいのですが、工具がないと大変ですね。
もしくは、天板の上の壁に板押さえの細い木等をビス止めしておくのも有効な方法です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。

>一番壁側だけでも貫通ボルトナットで締めておくのが良い
なるほど!!
前回の回答でとにかく大きいビスを使えばいいと思ってましたが、天板の厚みのことは全く考えていませんでした。
ボルトナットは頑丈そうですね。
これで棚をテーブルとして使う上での心配点が解消されました。

まったくの素人なのでビスをかくすような小細工はできそうにないので、そういうデザインと言うことにしてみます。

お礼日時:2008/02/22 15:17

棚受だけで 留めている場合揺れる事が有ります


棚板を 壁に固定された方が宜しいかと

ちなみに その棚受が心配のようでしたら
こちらは 如何でしょうか
     ↓
http://www.k-g-y.co.jp/counter/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってすいません。
教えて頂いたページ大変参考になりました。

棚板を壁に固定することは難しそうですね。
出来ればやってみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/10 09:15

リンク先の画像を拝見しました・・・天板の奥行きが40センチとのことですから、なるべくこの幅に近いものを使用してください。


テーブルの場合、立ち上がるときに手をつくことが良くありますが、この時棚受けが短いと、天板を止めているビスに引き抜く方向の力が加わり、天板が外れる可能性があります。
天板の厚みにもよりますが、ちょっと不安の残るところですね。
リンク先の棚受けの他、このような折りたたみ式も便利だと思います。
http://www.rakuten.co.jp/nonaka/437306/646868/64 …

また取り付けに関しては、壁裏の柱に止めるのはもちろんのこと、付属のビスではなく、より長いものを使うことをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

棚受の奥行が290ミリに対して、天板奥行が40センチでは少し心もとない感じでしょうか。

天板の奥行を40センチとしたのは、よく読む雑誌の幅が35センチくらいなのでテーブルとして使うなら40センチくらいあったほうが便利だなぁ程度の理由です。天板を35センチにして、なるべく棚受の長さに近づけたいと思います。
ビスもホームセンターで長いものを買ってこようと思います。

教えていただいたリンク先のおりたたみ式もいいですね!
使わないときはたたんでおけば部屋も広くなりそうです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/22 09:26

当たり前かのように回答しておきつつ言葉が足りなかったかな?と、補足します。



この手の製品のいう「耐荷重」とは、その加重までは製品自体が破損、変形せずに持ちこたえられる、という意味でして、気をつけていただきたいのはそれを取り付ける場所です。
付属のネジもついていますが、これを使ったからといって仮に相手が石膏ボードであればネジが聞かず、規定の荷重に達する前に抜け落ちてしまいます。

ですので取り付けの際には、ものにかかる荷重と同時に取り付け部分の強度に目を配ってください。
取り付ける側であるキッチンの素材や、厚み、中に隠れる梁?の有無、ネジをねじ込んだ際の抜け落ち強度・・・。
場合によっては補強が必要となる場合もあり得るということです。

またお尋ねの「この棚受を3つ、4つとりつけると単純に耐荷重が×2になるものなのでしょうか??」についてはその通りです。
棚受け一つについての耐荷重が30kgであれば、二つ使えば単純に60kgまで耐えうることとはなりますが、これはあくまで二つ均等に荷重が分散した場合です。
棚板の両端にこの棚受けを取り付けたとしても、片方に60kgのものを載せた場合には、ほぼ一本で支えることとなり無理が生じます。
可能であれば、複数本使用されるに越したことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧でわかりやすい回答ありがとうございます!!

キッチン前の壁は木の柱に石膏ボードがはられています。
ねじをさす場所は柱になるようにすればいいわけですね。
そして棚受を多めに使うようにすれば、わりとしっかりしたものができあがりそうですね。

これで安心して初めてのDIYを楽しめそうです。ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2008/02/21 15:33

ご案内いただいたページにそれぞれ規格として「耐荷重30kg、35kg」とあるじゃないですか?


足りるも足りないも、あとはどの程度重さの荷重をかけるか載せるか、あなた自身しか判断つきませんよ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

全くそのとおりです。伝わりにくくてすいません。
きっと食事をしたり、書き物をしたり、ミシンをかけたりするのには耐えられるのだろうとは思うのですが、一般のテーブルの耐荷重と言うものを知らないため、テーブルとして使ってもいいものかと考えてしまいます。

例えば、この棚受を3つ、4つとりつけると単純に耐荷重が×2になるものなのでしょうか??

お礼日時:2008/02/21 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【棚の下につけて重量に耐えられるように使うL字金具】を棚の上側ではなく下側に付けるのは重量を耐える力

【棚の下につけて重量に耐えられるように使うL字金具】を棚の上側ではなく下側に付けるのは重量を耐える力が大きいからですか?

それとも上側にL字金具を付けると棚板が平らでなくなるから裏側に付けてるだけですか?

棚板の支えとなるL字金具は棚板の上側に付けるのと下側に付けるのとでは最大荷重は変わるのか教えてください。

どちらの方が重たいものを支え続けられるのか科学的に教えてください。

Aベストアンサー

>下側に付けるのは重量を耐える力が大きいからですか…

物理学のカテですが、理論的にそんなことはありません。

ごく軽いものしか載せる必要がない棚なら、単純にL字に曲げただけの金具でも良いですから、金具は上向きでも下向きでもどちらも同じです。

>上側にL字金具を付けると…

ある程度の重量物を載せる棚だという前提で、棚板をL字金具に、強度を保てるように固定するのが困難だからです。

棚受け金具は帯鋼板を単純にL字に曲げただけでは、大きな強度は得られずすぐ曲がってしまいます。
鋼板の長手方向にくぼみを付けるとか、支えを入れるとかしているため、棚受け金具を壁に逆L字に取り付けた場合、棚板は棚受け金具の下側からしか取り付けられなくなります。

>棚板が平らでなくなる…

それも一つの理由にはなるでしょうけど、それがすべてではありません。
窓の上に棚を付けたい場合など、棚受け金具を下側に持ってこれない場合もあります。

>どちらの方が重たいものを支え続けられるのか科学的…

要は、棚板と棚受け金具の固定方法の問題。

棚板が上であれば、棚板がたわんだり折れたりしない範囲で重量物を載せることが可能。

棚板が下なら、棚板を固定するのに棚板の厚さ未満の木ねじしか使用できず、木ねじの引き抜き強度で耐荷重が制限されます。
もちろん、棚板の裏側に補強材を当てて棚受け金具との連結方法に工夫を凝らすなどすれば、この限りではありません。

>下側に付けるのは重量を耐える力が大きいからですか…

物理学のカテですが、理論的にそんなことはありません。

ごく軽いものしか載せる必要がない棚なら、単純にL字に曲げただけの金具でも良いですから、金具は上向きでも下向きでもどちらも同じです。

>上側にL字金具を付けると…

ある程度の重量物を載せる棚だという前提で、棚板をL字金具に、強度を保てるように固定するのが困難だからです。

棚受け金具は帯鋼板を単純にL字に曲げただけでは、大きな強度は得られずすぐ曲がってしまいます。
鋼板の長手方...続きを読む

Q棚板の必要な厚み量を計算する方法

片側に(棚柱の)棚受2点ずつ合計4点で支持された木製棚板に必要な厚み量を荷重から計算する方法について教えてください。
荷物を、ほぼ均等に載せる場合と、棚板の中心付近に集中的に載せる場合についての式が知りたいです。
前者の場合については全く分からず、後者の場合は、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2691713.html に紹介されている式を変形して厚みを求める式にすれば良いのかなと思ってます。

Aベストアンサー

材料力学の公式集から、2点間の距離L、梁の幅b、梁の厚さhの時。
梁の撓みyは
1)支点間に均等荷重の時
  y=WL^3/(4E*b*h^3)
2)支点の中心に集中荷重の時
  y=5WL^3/(32E*b*h^3)
W:荷重、E:材料の弾性率。

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む

Qキッチンカウンターに板をつけて食事をするときだけ使えるように折りたたみ

キッチンカウンターに板をつけて食事をするときだけ使えるように折りたたみ式に取り付けたいと思っています。キッチンカウンターは別に買った物とかではなく、家を建て替えるときに対面式キッチンにしたものです。頑丈にうまく取り付けるにはどうしたらよいか、どのような材料を使ったらよいか、アドバイスいただきたいと思います。うまく説明ができなく申し訳ありません。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

大きめのホームセンターに行けば、「折り畳み式の棚受け金具」を売ってると思います。
http://www.tanner-wago.co.jp/products/jyama/tanauke.html
http://www.njy.co.jp/hafele-tablesupport/tablesupport.htm
http://www.kanamorikanamonoten.com/store/sowa-tanauke1.html

どれくらいの幅の棚を作ろうとしているか次第ですが、
1mぐらいなら、これ二つ(一組)を両端に付けるだけで十分固定できると思います。

Q石膏ボードへの棚板の取り付け

石膏ボードにボードアンカー等で棚板を取り付けたいのですが、
ネットで色々と調べていると耐荷重が心配です。

L字のブラケットを2ヶ所取り付けて119×28cm、3キロの棚板を設置するのですが、ボードアンカーでも大丈夫でしょうか?
収納用に取り付けたい棚なので、できるだけ色々と載せたいのですが、棚板の耐荷重が20キロまでなので、ブラケットの重さも合わせて30キロ程の荷重がかかるかと思います。ブラケットには1本に2ヶ所ビスを止める穴があります。
電動ドリルも持っていないので、できればドライバーで取り付けられるものがいいのですが、どうしても必要なら安価なドリルを買うつもりです。

他にも8キロほどの大きな鏡も吊り下げたいのですが、こちらは1箇所しか支えるところがありません。

下地探し器を買って下地に止めることも考えていますが、取り付け位置はある程度限られているので、下地の間隔が離れていると厳しいです。下地は通常どの程度のスパンで有るのでしょう?

Aベストアンサー

No.3です。みらる4への補足を受けて

 石膏ボードは、全体に荷重がかかる場合は結構強いのですが、一点に荷重が集中するととても弱いのです。
 引き抜きに関しては、裏の柱(スタッド)にビス止めすることで対応します。
 押し付けに関しては、面で支える
が基本です。
 →吉野石膏 | 工法紹介 | 一般的な壁・天井工法 | 木造壁・天井下地、鋼製壁・天井下地 ( http://yoshino-gypsum.com/kouhou/ippan/index.html )

 No.3で回答したのは、それを踏まえてのことです。棚に荷重がかかったとき可能な限り面でそれを受ける事になりますが、棚受けが下にあると棚受けの足が図のようにめり込みます。それを防ぐために板をあてがうと不細工です。そのため、棚受けを逆さにして棚全体の板をつけるのです。同時に棚受けの取り付け横位置の制約が少なくなったり、壁の汚れ防止にもなります。

 また、荷重を天井の回り縁や下地材で受けると同時に、支点-力点の距離と支点-作用点の差を小さくして壁にかかる押し付け圧力を提言するためです。(右上の図)

No.3です。みらる4への補足を受けて

 石膏ボードは、全体に荷重がかかる場合は結構強いのですが、一点に荷重が集中するととても弱いのです。
 引き抜きに関しては、裏の柱(スタッド)にビス止めすることで対応します。
 押し付けに関しては、面で支える
が基本です。
 →吉野石膏 | 工法紹介 | 一般的な壁・天井工法 | 木造壁・天井下地、鋼製壁・天井下地 ( http://yoshino-gypsum.com/kouhou/ippan/index.html )

 No.3で回答したのは、それを踏まえてのことです。棚に荷重がかかったとき可能な限り面でそ...続きを読む

Q机の天板の厚さ

幅1800×奥行600~700程度の机を作ろうかと考えています。

その場合、天板の厚さはどのくらい必要ですか?
木材の種類によっても変わるとは思うのですが、
教えてください。

もうひとつ、
机はできれば梁を作らずに、天板は持たせたいのですが、梁をつくって持たせた方がよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝見しました。本職では有りませんが娘宅の流し台と対面する=その先にテーブルが有る様な調理台兼下は収納の様な台を作りました。

天板、立ち上がり、底板全て厚み30m奥行き5~60センチ横幅2M3~40センチでした。両立ち上がり間は2M弱だったと思いますが、天板の上に50Kg余の私が上がってもたわみなど知れたものでびくともしませんでした。

参考までに作った手順を下に記します。

上下とも両横(立ち上がり材)の入るきっちりの溝を5mmほど堀り直角に成るように嵌めます→天板・底板から(机ですから不要)下穴を開け(ビス止め穴を塞ぐ栓の入る穴を5mm深さ開けます)50~75mm位の茎4m位の細工ビス止めします。

設置位置の後ろが壁際でしたら後ろ面にベニヤ板張りが簡単です。私の場合は切れ端で一辺が15~20センチの二等辺三角形の物を二個作り後の方に天板と即板に直角を当てて先のようにビス止めしました。

仕上げはビス穴隠しをカンナで取りニス塗りです。我が家には上下二段両横は残材利用で40mmの柱四本横止めの先のようなやり方の台が有ります。

娘宅10年余自宅のが9年位びくともしないで使っています。

参考に成る所は取り入れられて良い物が出来ます事を願っています。

拝見しました。本職では有りませんが娘宅の流し台と対面する=その先にテーブルが有る様な調理台兼下は収納の様な台を作りました。

天板、立ち上がり、底板全て厚み30m奥行き5~60センチ横幅2M3~40センチでした。両立ち上がり間は2M弱だったと思いますが、天板の上に50Kg余の私が上がってもたわみなど知れたものでびくともしませんでした。

参考までに作った手順を下に記します。

上下とも両横(立ち上がり材)の入るきっちりの溝を5mmほど堀り直角に成るように嵌めます→天板・底板から...続きを読む

Qデスクカウンターの耐荷重

ヘーベルハウスで家を建てて居間にデスクカウンターをつけましたが、これの耐荷重っておよそどのくらいでしょうか?
メーカーの人に訊いても常識の範囲内とかパソコンがおけるレベルというだけで。

パソコンもデスクトップで本体とディスプレイを置いたら結構な重さになりますが。
どなたか教えていただきますと助かります。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

市販のデスクの場合は耐荷重が記されていることもありますが、
これは大工さんによる作り付けでしょうから、構造計算をして何キロまでOKということはしません。

あくまで日常の用途に使用するに耐えうる荷重を想定して作られているわけです。
使用する側もそのように認識して使う必要があります。
(そもそも昔は建物ですら構造計算なんかしていませんから。大工さんの知識と経験であれだけのものをつくっていたのです。)

また、耐荷重の目安としてデスク板の厚さと支持方法がどうなっているかをみてみてください。
割とごつい板ですと期待がもてます。

ただしデスクトップの本体を置くのはやめたほうがいいかもしれませんね。
一時はいいかもしれませんが、長時間置いたままにすると板がたわむおそれもあります。

Q軽くて丈夫で安い棚板はないですか

自宅新築に伴い、両側から取り出せるクローゼットを作成します。
(コンビニの冷蔵庫みたいな感じです)
棚板サイズが、900ミリ×900ミリ位になるため、適当な板がありません。
木では高くつきますし、あまり大きいサイズがありません。
アクリル板も結構します。
加工が簡単(丸のこで加工できる)で、軽くて丈夫で安い材料はありませんか。載せる物は、タオルや下着類です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。 私ならこうするというのを説明します。 気に入ればやってみてください。

ホームセンターでコンパネを900×900に切ってもらう。(切断金額は、ワンカット10円位です。正確に切れるので利用した方がいいです。

切ってもらった二枚を張り合わせる(木工ボンド使用)、乾くまで重しを載せてください。 速乾性の木工ボンドを使えば、小一時間もすれば、手でははがせないくらいくっつきます。

それをお好みのシートでくるむ、または紙で包む等、化粧をして使用する。 板の厚みは24ミリ位になります。 これなら人が乗っても大丈夫です。ただし棚受けがしっかりしていることが条件。

注意! 上記でコンパネと書きましたが、似たものに構造用合板なるものがあります。サイズが少し違いまして、コンパネが900×1800、 構造用合板が910×1820 です。どっちでもかまいませんので、厚さ12ミリのものをお勧めします。 質問者様の用途では、9ミリのものでもOKかも。 ただしどっちを使うにしても、張り合わせてください。12ミリのものなら一枚でも、最初は大丈夫かもしれませんが、やがてたわんできます。 どうせ、半分のこしてもしょうがないでしょう?(笑) 価格は、1500前後ですね。 

それと、もうひとつ大事なことがあります。 買う合板は、F☆☆☆☆と表記されているものを買ってください。この合板は、JASの低ホルムアルデヒド規格基準に合格している合板していることを示すものです。 安さにつられて買ってしまう(それでもたかだか500円位)と、変な匂いや、目がちかちかする等、健康に悪いです。

以上、参考まで。

はじめまして。 私ならこうするというのを説明します。 気に入ればやってみてください。

ホームセンターでコンパネを900×900に切ってもらう。(切断金額は、ワンカット10円位です。正確に切れるので利用した方がいいです。

切ってもらった二枚を張り合わせる(木工ボンド使用)、乾くまで重しを載せてください。 速乾性の木工ボンドを使えば、小一時間もすれば、手でははがせないくらいくっつきます。

それをお好みのシートでくるむ、または紙で包む等、化粧をして使用する。 板の厚みは24ミ...続きを読む

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Q棚柱をネジで固定したいのですが、壁の厚さについて

すいません。大工仕事はまったくの素人です。
以前倉庫を新築したのですが、壁に棚柱(メーカはロイヤルというところです)を
付けて棚を作りたいのですが、どのような長さのネジを買えばよいか分かりません。

http://www.kanamorikanamonoten.com/store/royal-dabobasira.html


倉庫を新築する際に壁に釘が打てるように1㎝のベニアの上に1.5cmの石膏ボードを貼り付けて
もらいました。
棚柱の厚さが1.4センチですので、ベニアまで2.9センチの距離があります。
ロイヤルから出ているネジの長さが2センチから5センチまでなのですが、どの長さのものを
選べばよいでしょうか。石膏ボードの下はベニアですのでアンカーというものは使えないですよね?

重さ20キロから30キロくらいのものを乗せたいのですが、単純に1+1.5+1.4なので
4センチのネジでいいでしょうか?5センチのものを買って完全に貫通させた方が強度が
増すのでしたらそうしたいのですが、どうでしょうか。

Aベストアンサー

石膏ボードに押し当てて そのまま棚柱をビス止めすることは決して最善の方法とは言えません。
ビスの先端とビス頭だけで支えているわけですから、途中にある柔らかい崩れやすい物質は捻りの力で簡単に崩れます。
また 経年とともに荷重の変化(棚の上のものを移動させる時の荷重の変化)に耐えられないこともお分かりかと思います。

確実に棚の荷重を支えるならば、もうひと工夫しましょう。

それは、棚柱が直接石膏ボードを押さえつけない工夫です。

55mmのシナベニヤを奮発します。
棚になる一面にシナベニヤをコーススレット(30-35mm)で止めつけます(20-30cm四方に一本の割合で良いです)
そうすることで壁面全体の強度が増してきます。

その上で任意の場所に棚柱を取り付けることが可能になります。
また、特に気にならなければその上にクロスを張る必要もないと思います。

石膏ボードをサンドイッチ状に挟むことができれば、
質問の棚柱の釘の長さにも気を取られることはないはずです。
先に打ち込んだコーススレットがしっかり保持していますから・・・。

また、質問にもありましたが・・・
下地のベニア板をネジが突き抜けるか 抜けないかは、ネジの先端の構造によって違ってきます。
10mmのベニヤ板であれば突き抜けるに越したことはありません。
ましてや、下穴を開けた場合でしたらベニア板を貫通させる必要があります。

本来 止めるべきものの厚みの 3倍ほどの釘の長さが必要とされてます。
今回の場合は別ですが・・・。

石膏ボードに押し当てて そのまま棚柱をビス止めすることは決して最善の方法とは言えません。
ビスの先端とビス頭だけで支えているわけですから、途中にある柔らかい崩れやすい物質は捻りの力で簡単に崩れます。
また 経年とともに荷重の変化(棚の上のものを移動させる時の荷重の変化)に耐えられないこともお分かりかと思います。

確実に棚の荷重を支えるならば、もうひと工夫しましょう。

それは、棚柱が直接石膏ボードを押さえつけない工夫です。

55mmのシナベニヤを奮発します。
棚になる一面にシナベ...続きを読む


人気Q&Aランキング