水が蒸発するのに関係があるのは,水の気化熱なのでしょうか?
というのも,水たまりの水が太陽エネルギーを受けて蒸発するメカニズムがどうなのか,というのが分かりません。
(あくまで,常温の状態で)

実際に知りたいのは,絶縁油が常温で蒸発するのか
ということです。絶縁油の気化熱自体は,ある人に聴いた
ところ,水の1/10であり,水より10倍蒸発しやすい
のかもしれないと考えているのですが,実験結果が
あるわけでなく,答えがでません。

どなたか,この辺の分野に詳しい方がいらっしゃれば
ご返答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

気化というのは相が変化する一現象です。

相が変化するにはエネルギーの移動が起こります。例えば液体が気体になるのに必要な熱量を気化熱と呼び、その反対の相の移動が起こるときに、気化熱は放出されるのです。気化というのは熱エネルギーが分子の運動量を大きし、分子間力の制約を破ってしまうために起こった現象だと#2の方が述べていますがそのとおりです。エネルギーの移動が緩やかに起こるか、激しく起こるかの違いだけで、基本的には常温だろうが、氷点下だろうが同じことといえます。ただしこの気化熱というのは、気圧が変化すると当然変化します。気圧は鍋にかぶせられた蓋のようなものです。(例えば真空中での水の蒸発は熱を加えなくても瞬間的に起こる。)
 絶縁油とは何を指すのかよくわからないのですが、油の場合は分子量が大きくなると蒸発しにくくなると思います。原油を目的別に分解することを分留といいますが、まさしくこの、気化熱の差を利用したものです。1/10というのはあまりに漠然としていて何を指すのか判然としませんが、水より蒸発しやすいものも蒸発しにくいものもいろいろあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

水の分子が、分子間力より大きな運動エネルギーを持って大気に飛び出すことができた時に、その水分子は蒸発したと言えるでしょう。

水分子もたくさんあって、お互いぶつかり合っているので、運動エネルギーが大きい(速い)のもあれば運動エネルギーが小さい(遅い)のもある。温度は、たくさんの分子での平均値でして、常温でも、一部の速い分子は、飛び出します。ですから、常温でも蒸発は起こるのです。

気化熱は、確か沸点の温度に達した液体が、気体に成るために必要な熱だったと思います。ですから、沸点に達した絶縁油は、沸点に達した水より10倍蒸発しやすいと言った方が良いでしょう。
ただし、絶縁油の沸点は水より高いので、同じ温度の絶縁油と水では、水の方が何倍も沸騰しやすいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすかったです。本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/02/12 22:32

絶縁油は以下の参考URLサイトのPCBで良いのでしょうか?



PCBでも特定の化合物でしょうか?

細くお願いします。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~yoshida-phil-sci/L3_0 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱化学方程式の融解熱・蒸発熱を絶対値で表す理由

はじめて質問させていただきます。よろしくおねがいします。

普通、熱化学方程式の融解熱・蒸発熱は、たとえば水の蒸発熱ですと、
H2O(液)=H2O(気)-44kJ(数字は、本来小さい文字です)
とあるのに、ある参考書を読むと、「融解熱・状態熱は、吸熱だが絶対値で表す」と書いてあります。
疑問は、熱化学方程式の融解熱・蒸発熱を絶対値で表す理由がよく分からなくて、何でなのかな…と思っています。

分かる方が居ましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の補足です。
水と水蒸気の間の変化を表す熱化学方程式は、
H2O(液)=H2O(気)-44kJ または
H2O(気)=H2O(液)+44kJ
と表すことになります。ここで、符号を逆転させることは出来ません。

ただし、「気化熱」とか「凝縮熱」という言葉を使う場合について、たとえば上式では「水の気化熱は44kJである」ということを表していることになり、下式では「水の凝縮熱は44kJである」と言うことを表していることになります。
言い換えれば、44kJの前の符号が、上式では-であり、下式では+になっていますが、それぞれが表す「気化熱」と「凝縮熱」はいずれも「正の値」になるということです。現実問題としてそれらが負の値になることはありません。

別の表し方をすれば、
H2O(液)=H2O(気)-気化熱 または
H2O(気)=H2O(液)+凝縮熱
になるということです。ここでは気化熱」と「凝縮熱」はいずれも「正の値」です。それらの前の符号の違いに注して下さい。

Q水の蒸発熱

水の蒸発熱41kJ/molは、水(液体)の生成熱(286kJ/mol)、水(気体)の生成熱(242kJ/mol)から求めると44kJ/molになってしまうのですがこれはどうしてですか。

Aベストアンサー

No.1の方の仰る通りです。

水(液体)の生成熱(286kJ/mol)、水(気体)の生成熱(242kJ/mol)は両方とも25℃、1×10^5Paにおいての値です。

なので同、条件下では44.0kj/molが水の蒸発熱になります。

ちなみに0℃だと蒸発熱は45.2kj/mol、100℃だと40.7kj/molになります。

Q水と油と言うが油に水は含まれていない?

水と油は混ざり合わない例えでいいますが、実際油の中に水は含まれていないんですか?
では、油の液体性の流動的なものの成分はなんなんですか?

Aベストアンサー

この回答に「油の中にもわずかに水が溶けている」は酷すぎる。
水というのは、物質の名前です。

では、水と言う物質って何?

あなたの周りにあるすべての物体を構成している物質には、二種類あります。
 ひとつは、純物質と言って、蒸留しようが、ろ過しようが、沈殿させようが、決してそれ以上のものに分かれないもの。難しく言うと物理的方法では分けられないもの。
 もうひとつは、混合物と呼ばれるものです。身の回りのほとんどのものは混合物です。たとえば海水は、一様のように見えますが、ろ過すると細かい砂やプランクトンが除かれます。透明でまったく濁りがなくなっても、沸かせば気体になって逃げるものとそうでないものに分かれます。蒸発して逃げたものを冷やして集めると透明な液体が得られます。
 その液体は、もうどんなにしても分けられません。どの部分をとっても凝固点も沸点も同じです。・・このようにそれ以上、物理的な方法では分けられなくなったものが純物質です。

 水も、そのような純物質のひとつです。

 一方の油も、身の回りの油は混合物で、たくさんの種類がありますが、これも蒸留とかで何種類かの油に分けられるものが多いですが、分けていって最後には、全体が同じ性質のものが何種類か取り出せます。水を含んでいる場合も、それで水はなくなります。
 油と呼ばれるものにはたくさんの種類がありますが、これはおいておきます。

★まったく別の話
 物質には、固体、液体、気体と言う三つの状態があります。
 すべての物質は、最低の温度(マイナス273度くらい、絶対零度)では、すべて固体ですが、温度を上げていくと液体、さらに気体とその状態を変えていきます。(押さえつけられていないと液体の状態を保てないもの、途中で他の物質に分解するものなどもあります)
 固体は、その物質を構成している粒子が位置も距離もほとんど変えないもの。液体は距離は保っているけど自由に動き回る状態、そして気体はお互いに何も力が働かず自由に飛び回っている状態。
 水も、固体、液体、気体の三つの状態を取ります。

★水と油が溶け合わない
 これは、水の分子同士が強く引き合っているからです。水をコップにいっぱいまで入れたら水面が盛り上がるでしょう。その--表面張力--も水分子の強い引き合う力によるものです。そんな仲の良い水分子の集団に、水と結びつきにくい物質--そんなものを一般的に油と総称します--を入れたって、はじき出されてまとまるしかない。=難しい言葉で疎水結合と言う。
 まあ仲の良い女の子の集団に、男の子が仲間に入れてもらえないのと一緒です。水面の油を見たら、そのように眺めて同情してあげましょう。

★油の液体性の流動的なものの成分
 ですから、それは「成分」ではなく、温度です。バターだって加熱すれば溶けて流れる。食用油だって冷やせば固まる。

★実際油の中に水は含まれていないんですか?
 この質問の場合は、含まれていない場合も流動性はある。--液体--
 と言うのが良いでしょう。水は関係ない。

 というか、水を大量に含ませるとマヨネーズがそうであるように、流動性をうしないます。

 
 

この回答に「油の中にもわずかに水が溶けている」は酷すぎる。
水というのは、物質の名前です。

では、水と言う物質って何?

あなたの周りにあるすべての物体を構成している物質には、二種類あります。
 ひとつは、純物質と言って、蒸留しようが、ろ過しようが、沈殿させようが、決してそれ以上のものに分かれないもの。難しく言うと物理的方法では分けられないもの。
 もうひとつは、混合物と呼ばれるものです。身の回りのほとんどのものは混合物です。たとえば海水は、一様のように見えますが、ろ過すると細...続きを読む

Q水たまりの蒸発について質問です。

水たまりの蒸発について質問です。

液体の水が気体の水蒸気になるのは沸点の100℃になった時だと思っていたんですが、
雨上がり後の水たまりが寒い日でも無くなってしまっていることに「なんで?」って思いました。
お湯を沸かしている時は100℃にならないと気体にならないのに
何故、水たまりの水は常温でも気体になるんですか?

文系出身で化学の知識が中学レベルでとまっています。
そのレベルでも説明できる内容なら教えてください。

Aベストアンサー

中学レベルなら「分子」の説明で理解できると思います。
固体・液体・気体の三状態は知ってると思います。
その三状態は分子の状態によるものです。

固体の氷は、分子と分子が電気的なつながりでガッチリとつながっていて
細かく振動しながらも規則正しく並んでいます(結晶化)。

0度以上になると分子と分子の反発力が強くなって
電気的な力でゆるやかにつながりながらも、不規則な速度で不規則な方向へ動き出します。
だからひとかたまりになりながらも自由に流れる液体になります。

100度を超えると、分子と分子の反発力が強くなりすぎて、電気的な力でのつながりを振り切って
一つ一つの分子が不規則な速度方向へと自由に動きまわります。
分子がバラバラなので目には見えません。



水溜りの水が気体になるには、
分子が大気圧にはね返されずに水面から飛び出す必要がありますね。
(大気圧の低いところなら飛び出しやすくなって、沸点も低くなるんです)

今回の質問は、
常温でも分子間に働く力を振り切って、大気圧にも逆らって水面から飛び出せますか?
・・て質問と言い換えられます。

液体の水でも、分子は不規則に運動しているので、
速く動いてる(高い運動エネルギーを持っている)のもあれば、
動きの鈍い(低い運動エネルギー)分子もあります。
分子同士は常にお互い衝突しあって、運動方向を変えたり速度を変えています。
分子が衝突したときにエネルギーが一個の分子に集中することもあります。
高いエネルギーを持つことになった分子がポンポンと水面から飛び出していきます。
こうして全体として100度未満の水でも気体となることができるんです。

coirnさん、4490180さん、rmz2さんが言っているように常に蒸発は起こってるんです。

分子は便利な考え方なんですよ。

中学レベルなら「分子」の説明で理解できると思います。
固体・液体・気体の三状態は知ってると思います。
その三状態は分子の状態によるものです。

固体の氷は、分子と分子が電気的なつながりでガッチリとつながっていて
細かく振動しながらも規則正しく並んでいます(結晶化)。

0度以上になると分子と分子の反発力が強くなって
電気的な力でゆるやかにつながりながらも、不規則な速度で不規則な方向へ動き出します。
だからひとかたまりになりながらも自由に流れる液体になります。

100度を超えると、分子と...続きを読む

Q気化熱による熱の移動

気化熱による熱の移動

(1)水槽Aに外向きの換気扇を取り付ける。
(2)水を入れて換気扇を回す。 
http://d0ldhq.blu.livefilestore.com/y1pAtWoB1iJzQr_ccN-dwQk3YleeUMAVs1VyP8Y_k67a_cdWYyJGi-tackAkSrQTXb9p4A5Fbuuv5v-7B3BMkBgzgY9SNEG1ySa/%E7%84%A1%E9%A1%8C1.bmp?psid=1

こうすると水槽Aの中の水の蒸発が促されて水温が下がると思うのですが

(3)水槽Bに内向きの換気扇を取り付ける。
(4)水を入れて換気扇を回す。
(5)2つの水槽をパイプでつなぐ。 http://d0ldhq.blu.livefilestore.com/y1psKj2sgXxhPmRNcbhEuU0qYp5uiv0cvJOqhpSkrcQuimutC5A2BIdUjNCkukXO9kqJ3-DbJvlHCdqPyXzDNpYMZ1TfLB-tPhM/%E7%84%A1%E9%A1%8C%EF%BC%92.bmp?psid=1

こうすると水槽Aで蒸発した水蒸気が水槽Bで液体に戻り
熱の移動が起こって水温が上がりますか?

気化熱による熱の移動

(1)水槽Aに外向きの換気扇を取り付ける。
(2)水を入れて換気扇を回す。 
http://d0ldhq.blu.livefilestore.com/y1pAtWoB1iJzQr_ccN-dwQk3YleeUMAVs1VyP8Y_k67a_cdWYyJGi-tackAkSrQTXb9p4A5Fbuuv5v-7B3BMkBgzgY9SNEG1ySa/%E7%84%A1%E9%A1%8C1.bmp?psid=1

こうすると水槽Aの中の水の蒸発が促されて水温が下がると思うのですが

(3)水槽Bに内向きの換気扇を取り付ける。
(4)水を入れて換気扇を回す。
(5)2つの水槽をパイプでつなぐ。 http://d0ldhq.blu.livefilestore.c...続きを読む

Aベストアンサー

(2) の状態で水温が下がるためには,換気扇で追い出した分の空気が外から供給されていなくてはなりません.しかもその空気は湿度100%より低いことが必要.なので,閉鎖容器に穴を開けて換気扇を取り付けるという状況なら,空気の流れは理想的にはないので,気化熱で冷えるのも容器内の空気が水蒸気で飽和するまでです.実際には空気がファンのどこかから漏れてきますが.
同様に,(4) の状況では空気の流れがおこりませんので,熱輸送もありません.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報