【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

高3男です。

先日友人に「イージス艦の衝突事故で石破防衛大臣は辞任すべきだと思うか」や「アメリカの大統領選挙でオバマ氏とクリントン氏のどちらが勝つと思うか」など時事問題について聞かれて反応に困ってしまいました。

一応夜7時のNHKニュースと朝日新聞はほぼ毎日見ているのですが、時事問題に詳しくなるとまではいかなくても、上に書いたような話題に自分の意見を持つぐらいになるためには、これだけで十分でしょうか?

特にNHKはほとんど事実しか伝えないので、見ていてもあまり意味がないような気がしてきたのですが・・・。

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

#9の方も仰っていますが、大切なのはメディア(情報)リテラシーの能力を磨くことです。


メディアリテラシーというのは、簡単に言うと「必要な情報を、正確に集め、それを必要に応じて活用する技術」のことです。
けっして、「PCやネットを使いこなすこと」ではありません。

その意味で行けば、NHKニュースと朝日新聞だけでは少々不足ですね。
お薦めとしては、テレビだと
「NHK7時のニュース」
「NHK-BSきょうの世界」
「NHK視点・論点」
「BSドキュメンタリー」
「NHKスペシャル」
「NNNドキュメンタリー」
「テレ朝テレメンタリー」

などなど。
まぁ、ドキュメンタリー番組は興味あるもの中心でも構いませんが、NHKニュース・今日の世界・視点・論点は観た方が見識が広がります。

新聞では、
「朝日新聞」
「読売新聞(もしくは産経新聞)」
の社会面・政治面・国際面・社説くらいは読んでおくと良いかと思います。

あとは、高校の「現代社会・公民」の教科書や参考書を読み込んで、日本の政治システムなどの基礎をしっかり認識しましょう。
(民主主義とは何か?、三権分立とは何か?憲法とは何か?etc,,,)
こうした「基礎知識」がしっかりしていないと、上記のTVや新聞を観たり読んだりしても、「自分の耳に心地好い情報」だけを「無意識」に選択してしまい、偏った思想になったりしますので。

後は、「多読」をお薦めします。
自分の興味あるものからで良いので、兎に角色んな本を読んでみることです。
難しすぎて理解できなくても、取り合えず読み終える事を目標にして「活字慣れ」してください。
そうすると、だんだんと「読解力」も付いてきます。
気になった本は何度も読み込んで、自分の知識にしてしまいましょう。

>特にNHKはほとんど事実しか伝えないので、見ていてもあまり意味がないような気がしてきたのですが・・・。

大事なのは、事実を知るだけでなく、その事実を元に貴方がどう考えるかです。
その為には、基本的な事を知っていなければなりません。
また、基本的な事が分らなかったら、それを調べる能力も必要です。
インターネットは便利なツールですが、情報量が多く「玉石混淆」でし、中には意図的・無意識に拘わらず、間違った情報、偏った意見も多々あります。
また、容易に「真偽」の分らない対立する情報があることも殆どです。
その時に頼れるのは「自分自身」です。
これは、社説を読んだりTVの解説員の解説なんかを聞くときにも言えることです。
大事なのは、その解説を「鵜呑み」にすることではなく、そうした情報を元に「自分の意見を形成したり、活用すること」です。
TVや新聞、ネットなどはその情報を集めるための「ツール」でしかありません。
そして、それらの「ツール」を使いこなす為には基礎となる知識と、情報探索能力が必要です。
それを磨いてください。

※蛇足にちょっとした例を。
例えば、「日本は犯罪が増えた」とメディアで盛んに叫ばれているけど本当にそうか?と疑ってみます。
で、「本当に増えたかどうか」をネットで調べます。
でも、この時ただ闇雲に検索して個人のブログなんかを読んでも、真実が分ることは殆どありません。
そうではなくて、毎年警察庁が出してる統計情報というのがあります。
これを観ると、増えている処か減っているのが分ります。
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h19/index.html

これは、「毎年警察庁が統計情報を出している」という知識を元に情報を検索した結果分った事実です。
そして、こうした知識は本や学校の授業や新聞などから得た情報から得た結果身に付いたモノです。
これが、情報リテラシーと呼ばれるモノの一端です。
長文失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

例まで出していただいて非常に分かりやすかったです。

お礼日時:2008/03/17 18:37

判断は自分ですれば良いことです。


マスコミその他、他人に頼るのは異常です。
まだ不明なことは誰も同じ、結論を持とうとする考え方自体に問題があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに選挙の勝敗なんてまだ誰にも分らないですよね。

まあ、今から思えばその友人も真剣に議論するというよりは軽く触れたという感じでしたが・・・。

お礼日時:2008/03/17 18:32

 それだけでは、持てるのは「自分の意見」ではなく「自分流に解釈した朝日の意見」という事になるのではないでしょうか。

情報源なんてすべからく偏っていると思って見ていた方がいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

メディアに頼りすぎずに自分の頭で考えるようにします。

お礼日時:2008/03/17 18:31

 「群盲像を撫でる」という諺をしっていますか。

5人メクラさんがそれぞれ「耳」や「鼻」「胴体」「足」「尻尾」を触って「像とウチワのようなもの」とか「太いホースのようなもの」とか、一部分の認識だけでとんでもない誤解をしてしまうことの戒めです。
 NHKであれ朝日新聞であれ、マスコミの限られた時間・空間内での報道(報道倫理とかで意識的に報道されないこともある、“偏向”もある?)は一面的、部分的なものに過ぎないことを理解しておく必要があります。
 防衛大臣の問題も、イージス艦事故の問題も、ことの次第が正しく理解できるほどの多面的で、掘り下げた情報が出てきているとは思われません。したがって、今の時点で「こうすべき」いった決定的な結論は軽々に出すべきではないと思われます。
 ニュースを読み、時事問題を考える場合、まずは、「情報質量ともに不十分」であることを前提に「表から裏から」、「右から左から」、正反対の方向からそれぞれ考え、結論を出すためにはどんな情報が必要かを考え、その情報を自分で探す努力が必要でしょう。「推論」を立てて、それが証明できる情報を探すという方法も有効と思われます。
 質問者は高校3年生とか。まだ、くだらない時事問題を根掘り葉掘り詮索する必要性があるとも思われません。 今大事なのは軽はずみに断定的な判断を下さないことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

不十分な情報で軽率な判断はしないようにします。

お礼日時:2008/03/17 18:38

何を読むかも大切だとは思うが、一番大切なのはメディアリテラシー


を高めること。

これに尽きる。ほんの60年ほど前の第二次世界大戦時に
おける情報による大衆の洗脳化。

何事にも、自分で考え、徹底的に調べること。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ニュースや新聞をうのみにせず、疑問に感じた時は自分で調べるようにします。

お礼日時:2008/03/17 18:30

新聞を読んだりニュースを見ることは素晴らしいことです。


しかし、見るだけなら小学生だってできます。
今あなたがやらなければいけないのはもう一歩先。
その物事に対して興味を持つことです。
例えば大統領選挙ですけど
過去にどんな大統領がいて、その人達はどういう経緯で就任したのか。
こういうことを考えて実際に調べたことはありますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

自分が興味を持った話題は積極的に深く掘り下げるようにします。

お礼日時:2008/03/17 18:26

事実を報道と言っても事実の一部にすぎません


自分のつごうの悪い事を報道しなくとも嘘の報道に成らないことをお忘れ無く
出来るだけ多くの情報を集められることをおすすめします
個人的にはNHK朝日は偏っているように感じております
CNNやBBCなども参考になさる方が良いでしょう
ヤフーの知恵袋当たりには好く論争しています
OkWaveは政治問題は直ぐされるようです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ニュースや新聞以外にも掲示板の論争なども参照してみます。

お礼日時:2008/03/17 18:25

テレビニュースは、NHK.CNN.BBCを…


新聞は、朝日と産経を…

NHKと朝日だけでは、情報が左へ偏りすぎですね。
食事と同じくバランスを心がけましょう。

あとは、ネットでヘッドラインを見ていけば…

>特にNHKはほとんど事実しか伝えないので、見ていてもあまり意味がないような気がしてきたのですが・・・。
事実しか…事実の一部しか、と考えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

できるだけ多くのメディアに触れるようにしたいと思います。

お礼日時:2008/03/17 18:24

NHKは公共放送ということもあり、出来るだけ主観が入らない様な報道をしています(それでも完璧ではありませんが)。


既に自分なりの意見がある人であれば、NHKだけでも充分ということもあるでしょう。

朝日新聞はじめ各紙は事実に意見を交えて報道するメディアです。
朝日が左寄りなのは有名ですね。
朝日ばかり見ていると、結果的に彼らの主張を鵜呑みにしてしまう危険性も含んでいます。
可能であれば朝日、読売、毎日、産経、日経まで読むとそれぞれの主張の違いが分かってバランスが良くなるでしょう。
先の回答にあるヤフーを始めとしたオンラインニュースは各社の記事が掲載されていたりするので便利だとは言えます。
(ロイターや共同通信もありますしね)
ただし、どの場合においても偏りが内容に情報ソースがどこかは確認しておく必要があります。

ある程度自分の主張が固まったら、自分に合う新聞だけでも良いでしょうけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

各社の社説やヤフーサイトを利用して情報に偏りがないように心がけたいと思います。

お礼日時:2008/03/17 18:21

自分の意見を持つには、複数の新聞の社説を読み比べることをオススメします。

もちろんそれぞれの新聞が毎日同じテーマを取り上げているわけではありませんが、世間を騒がす大きな事件の場合は、必ずいくつもの新聞が取り上げているはずです。社説を読み比べると、一つの事件にも色々な見方があることが分かります。それを読み比べてみれば、自然と「自分はこう思う」という意見が生まれてきますよ。たくさん読み比べるのは大変でしょうが、一番意見が違いが分かりやすいのは朝日新聞と産経新聞です。どれか一つだけ新聞を読み続けると、どうしても偏ってしまいます。どうせ自分の意見を持つのなら、偏った意見ではなく、バランスの取れた意見を持ちたいでしょう。社説はホームページでも読めますので、まずはそこかから始めてみてはどうでしょう。

参考URL:http://allatanys.jp/A003/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

各社の社説をホームページで見ることができたのですね。
これから利用していきたいと思います。

お礼日時:2008/03/17 18:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング