『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

テニスの全仏オープンで、ジミー・コナーズ(アメリカ)が1974年~1978年の間出場停止処分を受けていたと聞きました。
理由をご存知の方、ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1974年にワールド・チーム・テニスと契約をした為に出場を拒否されたと記憶してます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。参考になりました。そういえば昔は別々に興行をしていたような気がします。しかしなぜ全仏だけ??アンツーカーでVSボルグというのを見たかったですが。。。

お礼日時:2008/03/19 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWTT(ワールドチームテニス)

こんばんは
アメリカで開催されていた
『ワールドチームテニス』のルールは
通常のテニスのルールとだいぶ違うらしいですね
ご存知の方がいたら
WTTのルールを教えていただけないでしょうか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。WTTには結構豪華なメンバーが出ているので、
スカパーでももっと放送してほしいと思っております。

で、ルールなんですが、私もきっちりと覚えているわけではなく、
一部うろ覚えの部分もあることをご了承ください。

WTTはチーム毎に男女シングルス、男女ダブルス、
それにミックスの全5試合での対抗戦ですが、
それぞれの試合の勝利数の比較ではなく
最終的な取得ゲーム数によってチームの勝敗を決めます。
それぞれの試合は5ゲーム先取で行われ(←ややうろ覚え)
例えば対戦結果が2勝3敗であっても
トータルで取得ゲーム数が多ければそちらのチームの勝利となります

一般のテニスの試合と違う点としては、
●ノーレットルール(サーブがネットに触れても、サービスエリアのなかに落ちたらそのまま続行する)
●試合中、ゲームの途中でのメンバーチェンジが可能
●ポイントの数え方が15・30・45ではなくソフトテニスのように1・2・3と数える
●ノーアドバンテージ(←ややうろ覚え・3オールになったらレシーバーがサイドを決めて、その1ポイントを取った方がゲームを取る)
といったあたりだと思います。

また最近ではグランドスラムにも採用されている
チャレンジシステムも採用されているのですが、
わざわざチアリーダーの使うポンポンのようなボールを
監督が宙に投げあげてチャレンジを宣言するという
いかにもアメリカらしいエンターテイメントになってます。

他にもコートのアドサイドとデュースサイド、
それにアレーの部分が色違いになっていたり、
監督以下出場選手が全員、コートサイドに座っていたりと
見た目からして派手好きのアメリカらしい印象でした。

出場選手も現役のトッププレーヤー(ノウルズやネスター)、
往年の名プレーヤー(06年にはサンプラスが登場)や
ランキング2桁後半選手、さらにはアンナ・クルニコワなど
非常にバラエティに富んだ選手が出場したりして、
良くも悪くもアメリカらしい“大味な”イベントです。

こんにちは。WTTには結構豪華なメンバーが出ているので、
スカパーでももっと放送してほしいと思っております。

で、ルールなんですが、私もきっちりと覚えているわけではなく、
一部うろ覚えの部分もあることをご了承ください。

WTTはチーム毎に男女シングルス、男女ダブルス、
それにミックスの全5試合での対抗戦ですが、
それぞれの試合の勝利数の比較ではなく
最終的な取得ゲーム数によってチームの勝敗を決めます。
それぞれの試合は5ゲーム先取で行われ(←ややうろ覚え)
例えば対戦結果が2勝3...続きを読む


人気Q&Aランキング