マンガでよめる痔のこと・薬のこと

海釣り用のスピナーベイト(10g~15g)でお薦めのルアーありましたら何方か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

safari56さんが言うようにプロディジーSWなどありますが


あまり釣果としては良くないのですがそれでも良いのでしょうか?
20年位前に東京湾でスピナーベイトやバズベイトで釣りしたこと
ありますが、よくヒットはしますが本体じゃなくブレードばかりに
食ってきてしまいました
やはり同じところではスピンテイルに分があります
ベイトブレスの湾ベイトやDUELのライブベイトバイブブレード
なんか使いやすいですよ
    • good
    • 0

果たしてこれをスピナーベイトと言ってしまって良いかは?ですが、


シマノから「プロディジーSW 」ってルアーが発売されていますよ。
最軽量モデルで14gです。

バスではポピュラーなルアーなんですけどね。
ソルト(海)のルアーではスピナーベイトはあまり見ないですね。
ブレードが付いたルアーということであれば、ソルトの世界では
スピンテールジグというのは種類も豊富で人気・実績共にあります。
上に書いたシマノのルアーもどちらかというと、そっちからの派生かと。

ちなみに、数年前某雑誌の特集でいわゆるバスを釣るための
正真正銘スピナーベイトを海で使って釣れるか?
って記事を見たことがありますが、
シーバス相手で釣れない事はなかったですが、
他のルアーに数で圧倒的に釣り負けてました。
バスとシーバス、同じバスとついても習性が違うのでしょう。

更に、バス用のスピナーベイトは海で使うとサビます・・・。

参考URL:http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=29 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバスルアーをシーバスルアーに使えますか

シーバスルアーを買ったつもりが、実はバス用ルアーでした。淡水用なので、海水につければフックは錆びると思いますが、特に、ルアー本体がダメになることはあるのでしょうか。
バス用ルアーでもがんがんにシーバス用として使っても、特に問題ないでしょうか。ちなみに私の購入したルアーは、見た目はシーバス用ルアーと似ていて、何とかなく釣れそうな感じがします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

「そんなの関係ねえ!」と小島よしお以来耳にしていなかった言葉がピッタリ当てはまりますね。実際全く関係ありません。
その証拠と言っては何なんですが、私が東京湾で90UPを釣ったルアーはラッキークラフトのベビーシャッド(クリア)でしたし、70UP17連発したのはスミスのパニッシュ(ヤマメ)でした。以上、自慢です。

事実ラパラにバス用とかシーバス用とかって書いてないでしょ?本当に良いルアーって言うのは『魚種を選ばず』なんですね。

では国産のルアーはクズだ、ダメだ、使えねえ、あり得ねえか、と言うと決してそんな事はありません。自慢したのもただ己の自己満足のために自慢したわけではなく「もちろん国産でも釣れるよ♪」という意味があるんです。
じゃあ何故わざわざバス用とかシーバス用とか書いてあるかっていうと…釣り具屋さん、特にルアー専門店なんか行くとこれでもかとばかりにルアーが陳列しているでしょ?これはただ並べているんじゃなくて魚種別にコーナーが仕切られていて陳列している、そうしないとお客さんがルアーを選びにくい、というのはもうお分かりですよね。そこで陳列に明け暮れる店員さんやバイト君の立場で考えると…何も書いてないと「これ、どこに置きゃあいいんだよ?」となってしまいますが『トラウト用』『シーバス用』と書いてあれば釣りをしたことのない新入りのバイト君でも陳列ができちゃう、というわけ。

つまり元々『バス用』『トラウト用』『シーバス用』『青物用』というのはむしろ釣り具屋さんの要望で付けられたものなんです。

ではメーカーは?と言うと、ハッキリ言って『雰囲気』で決めてます。
「この形はバスっぽいだろ」「この重さは青物だろ」「この大きさはシーバスじゃない?」と決めているだけでルアーの原料から製造工程・使用する塗料の原料から付着方法・仕上げまでまるっきり同じなんですが、大体このあたりの釣りをする人にいいんじゃない?で決まっているのです。
もちろん何の根拠もなくテキトーに、で売れるほど甘っちょろい世界ではありません。だからそのメーカーの蓄積した販売実績や社内テストやユーザーの意見で集めた実績がベースになっているので一概に『テキトー』と言い切ることはできません。それでも最終的には『雰囲気』なんですよね、実際トラウト・ルアーやバス・ルアーでシーバスも釣れちゃうんだから。
つまりメーカーは「一番売れるのはココ」と『トラウト用』『バス用』『シーバス用』…と振り分けているのです。これを企業用語で“販売戦略”と言います。

だから『“釣れるルアー”と“売れるルアー”は違う』と言うのです。

と言うことはバス用のルアーでシーバス釣ったって釣れて当たり前、ただしそのルアーが『ルアーの本質としてキッチリ泳ぐ、サカナを惑わす』性能があれば、なのです。もっともバス用と名乗ってバスが釣れないルアーでは何を狙っても釣れませんけどね。

どうも、釣りバカです。

「そんなの関係ねえ!」と小島よしお以来耳にしていなかった言葉がピッタリ当てはまりますね。実際全く関係ありません。
その証拠と言っては何なんですが、私が東京湾で90UPを釣ったルアーはラッキークラフトのベビーシャッド(クリア)でしたし、70UP17連発したのはスミスのパニッシュ(ヤマメ)でした。以上、自慢です。

事実ラパラにバス用とかシーバス用とかって書いてないでしょ?本当に良いルアーって言うのは『魚種を選ばず』なんですね。

では国産のルアーはクズだ、ダ...続きを読む

Q満潮or干潮の時間帯で一番良いのは前後どの辺りの時間なのでしょうか?

最近、海釣りを始めた者です。海釣りでは満潮や干潮等の潮の動く時が魚の活性が上がり釣り易くなると聞きました。
よく潮見表に記載されている時間の前後どの辺りが一番食いが良いのでしょうか?
当然、潮の良く動く大潮が一番良いのだと思うのですが、その辺もご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いしますm(_ _)m

例:満潮時間(8:17/18:58)、干潮時間(1:29/13:32) 中潮

Aベストアンサー

今晩は。
対象魚にもより(釣り師の感にも?)意見が色々あると思いますが、、。私の周りでは新月の大潮の期待値が最も高いです。また、潮の動きでは、干潮前後の1~2時間程度・満潮前後の1~2時間程度が狙いめかと思います。
そして、これはあくまで私の経験則ですが、月の潮位よりも日の満・干の動きを参考にしたほうが良いと思います。また、釣り場の地形によっても大きく左右されます。(地形によっては日の潮位とは別に潮の動く場合があります)その他、2枚潮・3枚潮等厄介な潮もありますが。(これは流れてる潮で潮位とは少し違います)いずれにせよ潮の動きが悪いと魚の食いは悪いです。(特に磯では) 後は幾つかの意見を参考に、ご自分の釣り感覚を磨かれるとよろしいのではないのでしょうか。

参考URL:http://www.mamboo.noi.co.jp/

Qベイトロッドとスピニングロッドの違いについて教えてください。

ベイトロッドとスピニングロッドの違いについて教えてください。
一応検索してみたのですが、詳しい解説が乗っているサイトを見つけられませんでした。
詳しい方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

両者の比較なので、バス用のルアーロッドと仮定してお話しします。

ベイトロッドは、ベイトリール用のロッドで使い方としてベイトリールの特徴である、トルクを活かした重いルアー、オモリの操作や太いライン(大体8ポンドから20ポンドくらい)の操作を得意としています。そのため比較的硬めのブランク(竿の素材)調整になっています。
また、クランクベイトを使うような巻物には、若干重いと言うハンデはありますが、ある程度曲がることで衝撃を吸収しやすいグラスファイバー繊維を使った物もあります。
基本的に力を入れやすいようにトリガという突起のあるベイトリールや使い方に合わせたリールシート・グリップ形状になっています。
ベイトリールの特性に合わせているので、それに付くガイドも負荷に耐えられる物となっており、多くは前後にフットのあるダブルフットの物がバット(リールに違い部分)側付いており、全体的に経の小さい高さも低い物が付いていることが多いです。
基本的にリールをロッドに対し上向きに使うのでガイドも上側になります。

スピニングロッドは、ベイトの逆にあたり、スピニング用のロッドで、ブランクも比較的柔らかめの物が多く、軽めのリグ、細めのライン(2~6ポンドくらい)の操作に適している物が多いです。
ガイドはリールにあわせてバット側が高めのフットになっていて、先に行くほど低く経も小さくなります。
また、ロッドに対しリールを下向きに使うので、ガイドも下側になります。
多くはチューブラーという中空のカーボン素材ですが、とても軽いルアーを扱う物や竿先を柔軟にしたいときには、全体またはティップ(穂先)側に柔らかいブランクのソリッド(中空になっていない物)が使われます。

ただし、バス用のルアーロッド以外にはジグロッドや投げ竿などスピニングロッドには色々ありますのでこの限りではありません。

こんなんで分かりますか?
釣具屋さんで見て頂くのが一番早いとは思いますが・・・

両者の比較なので、バス用のルアーロッドと仮定してお話しします。

ベイトロッドは、ベイトリール用のロッドで使い方としてベイトリールの特徴である、トルクを活かした重いルアー、オモリの操作や太いライン(大体8ポンドから20ポンドくらい)の操作を得意としています。そのため比較的硬めのブランク(竿の素材)調整になっています。
また、クランクベイトを使うような巻物には、若干重いと言うハンデはありますが、ある程度曲がることで衝撃を吸収しやすいグラスファイバー繊維を使った物もあります。
基...続きを読む

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む

Qソルトウォーターでバス用ベイトリール

ソルトウォーターでバス釣り用のベイトリールを使うのってやはりリールにはよくないのでしょうか?
シーバス釣りで使いたいのですが、錆や塩が気になってしまいます。
海にはスピニングリールの方が向いているのでしょうか?
また、海で使った後のよい手入れ方法などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 一般にバス用に使われるベイトリールは淡水以外での使用を勧めていません(取説内に記載してあると思います)。ちなみにスピニングもメンテナンスフリーではありません。ほっておくとえらいことになります…。

 シマノは少し前?にベアリングを改良しています。ダイワにもベイエリア用のベイトリールがあります。共に「塩」に対する防食性能は高いと思われますが、完全・永久ではないですから、釣行前後のメンテナンス・定期的なベアリングの交換は必要だと思います。

 楽なのは、バスワンやトライフォース等の軸にベアリングを使用していない(はずの?)リールを買って、使用するという選択です。オーバーホールも簡単だと思います。
 寿命・巻き心地を気にしないならば、買ってすぐに全部ばらし、CRCなどで全部グリスを落としておき、釣行前にシリコン等の皮膜スプレーを吹き付けておけば大丈夫だと思います。釣行後、オイル等の濁りはありますが、グリスを落として再び…そしてオイルも…という作業を考えると、「お湯でザブザブ…乾かしてプシュー」が楽だと思います。

 シリコンスプレーをスプールの軸に吹き付けると、CRCよりも回転性能が悪くなりますので、軽いミノーは投げにくくなりますが、バイブレーションならばリールの性能はカバーできると思います。

 個人的にはフックのメンテナンスの方が面倒だと思います。(ヒットの確率はフックのシャープさがキモだと体験的に思いましたので…)

 参考になれば幸いです。

 一般にバス用に使われるベイトリールは淡水以外での使用を勧めていません(取説内に記載してあると思います)。ちなみにスピニングもメンテナンスフリーではありません。ほっておくとえらいことになります…。

 シマノは少し前?にベアリングを改良しています。ダイワにもベイエリア用のベイトリールがあります。共に「塩」に対する防食性能は高いと思われますが、完全・永久ではないですから、釣行前後のメンテナンス・定期的なベアリングの交換は必要だと思います。

 楽なのは、バスワンやトライフォー...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qエギング 遠投の仕方

こんばんは。
エギングを始めて2ヶ月とちょっとなんですが
遠投できません。ラインを長めにたらしてキャストしようとしてもタイミングが合わずダメです。振り子の要領とよく聞きますが意味がよく分かりません。いつもラインを短くして竿先だけで投げてる感じです。どうしたら遠投出来るようになるんでしょうか?アドバイスお願いします。又、参考になるDVD等あったら教えて下さい。

Aベストアンサー

釣り歴25年、エギング歴9年です。但し、エギはお遊び程度。
私も釣り仲間から竿先だけで投げていると指摘されましたが、別に良く飛ぶから気にしてません。

先ず、フォームの前にタックルはどんな感じですか?
カゴ釣り、ルアー釣り、投げ釣り等、タックルのバランスが悪ければ
同じ人が投げても全く飛びません。

例えば道糸が太い、古い、場合は飛距離が落ちますし、エギが軽い場合も当然です。あと、竿が固い(強い)場合も飛びにくいです。
スピニングリールの場合は指を離すタイミングも重要ですし、道糸が少ない場合も飛距離は落ちます。

投げ釣りと異なり、軽いエギを投げますので、調整はし易いと思います。
根拠はありませんが単純に、指を離すタイミングと角度、スイングが小さくならず、スイング速度を上げれば飛ぶと思います。あとは肩の力を抜いて肘で投げる感覚でしょうか。

竿8フィート~9フィートで柔らかめ、エギ3.5号、道糸PEなら1号前後、ナイロンなら2号~3号で、ある程度飛ぶと思われます。

Qちょい投げ竿はシーバスロッド等の代用品となりうるか?

今年の初夏に釣りを始めたばかりど素人です。
先輩の誘いでキス釣りを始め、いわゆるちょい投げの竿(イシグロの自社製品、3.6m、4千円)を買ったのですが、その竿はシーバスロッド等のルアー釣りの代用品となりうるのでしょうか?
仕事が不規則で、いつ釣りに行けるかわからないため、エサを必要としないルアー釣りを覚えたいと思っているのですが、イシグロの店員から、「お客さんがお持ちのちょい投げ竿で十分代用できますよ。」と言われました。
試しに2回行ってみたものの、結果は2回ともボウズ。行くたびに釣れる訳ではないのはわかっていますが、このまま自信を持ってこの竿で挑戦していけばいいものかどうか迷っていまして…。
当然、高価な物や専用の物が有利なのは承知ですが、それほどシビアに釣果を求めてはいないので、楽しめさえすればいいかとも思っていますが…。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理屈だけ言えば、問題ありません。なにしろスピニングリールの構造上多少軽い仕掛け(ルアー)も投げられちゃうし、安い竿は少々無茶しても折れないように出来てますから。だって初心者だとちょっと根掛かっただけで信じられないような荒業で外そうとするでしょ?それにサカナが掛かったら信じられないようなゴボウ抜き~しばらくプランプランさせたりするでしょ?初心者向けの竿は頑丈じゃないと、困るんです。

とここまでは単にできるかできないか、の話でここから先は『釣れるか釣れないか』の話。

2回釣りに行って2回ともボウズ、だそうですがここから勝手に邪推すると「さては、エサ釣りの要領で闇雲に沖に投げやしたね?」と。それでは初釣果はチョイと遠い先の話。というのも、エサ釣りでもそうですが、とにかくサカナがいる所にルアーを通さなきゃ釣れるわけがありません。それもエサ釣りのように臭いで惹き付ける事ができないから1箇所でも多く『ここ、いそう…』という所にルアーを通すのが肝心。これ本当。
となるとブッコミ釣りみたいな担ぎ投げでは狙った所に投げるなんて器用なことは到底できません。ここの回答者でも「狙った所の半径20cm以内にルアーを落とせる」という人が結構います(私は最近ルアーをやっていないので半径10cmの程度・以前は10m先の茶碗の中にルアーを落とす事ができた)が、実はそんなに難しい事ではない、手首の返しを利用したキャストに切り替えれば。

つまりいろんな安い竿がある中で貴方が持っている竿が『手首の返しを利用したキャスト』ができるかな?という点に全ては掛かってきます。もし利き手で手首を返したキャストができる(もう片方の手は竿尻に添える)のであればあとは船の陰や桟橋の下や光と影の境目を狙って投げればいいだけで、キャスト回数をこなせばいつの間にか狙った所に打ち込めちゃう。先にも記した通り、サカナがいる所にルアーを通さなければ、絶対に釣れません。
けど『手首を返したキャスト』をやっていたらハンパなく手首が痛え・手首が攣る、というのであれば完全に不向きです。釣り具屋の店員に「だましやがったなバカヤロウ」です。そんなときは安くていいのでシーバスロッド購入を検討するとよろしいでしょう。

なお以前の質問で
http://okwave.jp/qa4293339.html
http://okwave.jp/qa4265843.html
↑1~2万円前後のシーバスロッドに関して回答していますのでこちらを参考にしていただければ、万が一手首が攣るような竿だったとしても安心ですね。

どうも、釣りバカです。

理屈だけ言えば、問題ありません。なにしろスピニングリールの構造上多少軽い仕掛け(ルアー)も投げられちゃうし、安い竿は少々無茶しても折れないように出来てますから。だって初心者だとちょっと根掛かっただけで信じられないような荒業で外そうとするでしょ?それにサカナが掛かったら信じられないようなゴボウ抜き~しばらくプランプランさせたりするでしょ?初心者向けの竿は頑丈じゃないと、困るんです。

とここまでは単にできるかできないか、の話でここから先は『釣れるか...続きを読む

Qバスロッドで海釣りできる??

バスロッドで海釣り(堤防あたり)できますか??

 もしできるとすれば、硬さはLかMLどちらの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんの言われるように長さは問題になることもありますが、前回の回答の様に6フィート6インチのバスロッドなら問題なく使えます。
ルアーなら釣る魚種によってはLではなくULが良かったり、MLではなくMHが良かったりしますが、扱いやすくて平均的なのはMLだと思います。一本のみなら私ならMLにします。

チョイ投げ(餌釣り)メインであれば投げたいおもりに竿を併せる必要があります。
MLなら5~28g、7~30g程度のルアーウエイトが標準です。
ルアーウエイトで1オンス=28gとすると約8号のおもりが該当します。


ここからは参考までに。

ULやLで釣りやすい魚種、メバル、カサゴ、アジ、メッキ、シーバス(セイゴクラス)仕掛けは1~2g程度のジグヘッド+2インチ程度のワームなど。
MLやM、MHで釣りやすい魚種はシーバス(ハネクラス以上)、カサゴ、ソイ、アイナメ等の若干大型の根魚向けだと思います。シーバスなら7cm~のミノー、根魚ならジグヘッド+3インチ程度のワーム。
あくまでも釣りやすい程度に考えてください、上手な人はLでもMでも関係なく釣りますから。

バスロッドとシーバスロッドの強さや調子はよく似ていると思います。
バスロッドのML=シーバスロッドのML程度です。
この先、もしも購入予定でしたらMLのシーバスロッド(胴調子)かエギングロッド(先調子)にして8フィート程度の竿を選んでおけば海では色々(シーバス、エギング、ライトジギング、チョイ投げ、ボートキス釣り、投げのイイダコ釣り等)使えます。
バスには長すぎると思いますが・・・。
お勧めの竿はダイワのエギングロッド E-GEEの83MLです。
この竿は今年色々使いましたがコストパフォーマンスも良いと思います。
(PEラインが使えるFujiSiCガイド+ステンレスガイドフレーム)
同価格帯(1万円程度)の竿は基本的にどのメーカーでも仕様はあまり変わらないと思いますので、デザインや好みのメーカーで選んでも良いと思います。
予算オーバーと思いますが、これ以下の竿はSiCガイドがトップだけだったり、全ガイドがハードガイドだったりします。

メバリング目的でしたら何も考えずにメバリング用のソリッドティップの竿を選んでください。長さは7フィート3インチか7フィート6インチが扱いやすいです。
メバリングの竿はバスにも使えないことはないです。30cm以下のバスなら釣ったら楽しいですよ。投げられるルアーが限られますが。

ちょっと短いですが、大手の釣具店に置いてある赤や、青、緑色のグラス100%の安い竿も色々使えて楽しいみたいですよ。鱒レンジャーといった名前で売っていたりします。管理釣り場や、メバリングで使えます。あくまでサブとして考えて欲しいですが。

#1さんの言われるように長さは問題になることもありますが、前回の回答の様に6フィート6インチのバスロッドなら問題なく使えます。
ルアーなら釣る魚種によってはLではなくULが良かったり、MLではなくMHが良かったりしますが、扱いやすくて平均的なのはMLだと思います。一本のみなら私ならMLにします。

チョイ投げ(餌釣り)メインであれば投げたいおもりに竿を併せる必要があります。
MLなら5~28g、7~30g程度のルアーウエイトが標準です。
ルアーウエイトで1オンス=28gとすると約8号のおもりが該当...続きを読む

Qエギング用ロッドとシーバス用ロッドについてご意見を聞かせてください。

エギング用ロッドとシーバス用ロッドについてご意見を聞かせてください。

エサ釣りはそこそこ経験ありです。
ルアー釣りをはじめようと思ってるんですが(まずは堤防)、エギング用とシーバス用ロッド、それぞれの特性と汎用性を教えてください。

釣具店に行ったり、ネットでカタログを見あさったりしたのですが、見れば見るほどわからなくなりました。

Aベストアンサー

補足読ませてもらいました
再投稿させてもらいます
実は「シーバスでエギング」、「エギ竿でシーバス釣り」と、どちらもやったことあります

「シーバスでエギング」は竿がグラングランな感じ(ちょっとわかりにくいですね)で、エギがどのように動いているのかイメージできませんでした
3年くらい前のことなので釣果をはっきりと思い出せませんが、多分、友人はアオリを5杯くらい釣ったのに、自分はボーズだったように記憶しています
釣果より、シーバス竿でエギをしゃくる感触が気色悪くて絶対無理という感じが脳裏にしっかりと刻み込まれています

「エギ竿でシーバス釣り」は離島遠征で荷物を軽くするためにやりました
早朝、防波堤から70cmのヒラスズキを釣りました
タックルは安物のエギング用ロッドに安物のリール、ラインはファイヤーラインの0.8号だったと思います
やつらは巨体の割にはメジナや石鯛、ヒラスやカンパチのようにはぜんぜん引きは強くありません
経験者は分かると思いますが、防波堤では浮いてきて、上で暴れるだけです
竿を立てずに海面まで浮かさずタモに誘導するとすんなり釣りあがります
足場が高くないところなら、2キロまでならラインを持って顔の向きにひっぱりながらぶりあげ、ずりあげも可能です
エギングロッドでは、プラグでシーバスの他に、ルアーでアジ、サバ、カサゴ、キロ前後のブリの幼魚、キロ前後のアラの幼魚まで釣ったことがあります

補足読ませてもらいました
再投稿させてもらいます
実は「シーバスでエギング」、「エギ竿でシーバス釣り」と、どちらもやったことあります

「シーバスでエギング」は竿がグラングランな感じ(ちょっとわかりにくいですね)で、エギがどのように動いているのかイメージできませんでした
3年くらい前のことなので釣果をはっきりと思い出せませんが、多分、友人はアオリを5杯くらい釣ったのに、自分はボーズだったように記憶しています
釣果より、シーバス竿でエギをしゃくる感触が気色悪くて絶対無理という感じが...続きを読む


人気Q&Aランキング