『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

量的緩和政策とゼロ金利政策の違いについて教えて下さい。

量的緩和政策は、日銀が金融機関に、金融機関の必要とする額を大幅に上回る資金を供給して、世の中に出回るお金の量を増やそうとした政策で、金融機関は想定外の大量な預金引き出しに対して急いでコール市場でお金をやり取りする必要がないので短期金利はゼロ%になると理解しています。

また、ゼロ金利政策についても同様に、日銀が、市場の必要とする額を上回る資金を供給するため、短期金利がゼロ%になるように調整していると理解しています。

そこで質問なのは、
1)まず、上記に示したような理解であっていますか。
2)また、どちらも短期金利がゼロ%になるという同じ政策のように見えるのですが、違いは何でしょうか。

3)短期金利をゼロ%にするとなぜ長期金利も下がるのでしょうか。

以上3点、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いい加減な知識で回答する方もいるので、



小宮隆太郎「金融政策論議の争点」日本経済新聞社

を読むことをお勧めします。

ゼロ金利政策とは、日銀が主たる金融調整の手段を、無担保コールレートのオーバーナイト物で行っていた時の政策です。
量的緩和には広義には、金融緩和政策の意味もあるようですが、狭義には、ゼロ金利下における金融緩和政策です。

量的緩和論者には、岩田規久男などがおります。こうした意見に懐疑的な小宮隆太郎のような学者もいます。

2001年3月に、実際に日銀で、(狭義の)量的緩和政策が実施されました。
1)金融調整手段を、上記の金利から、日銀当座預金に変更。
2)物価下落に対するコミットメント
3)長期国債の買入れの増額
4)ロンバート型貸出の実施
です。

詳細は、上記の本をお読みください。特に白川方明の章で詳しく解説されています。
    • good
    • 0

1)2)


ゼロ金利政策とはマスコミが名づけた俗称です。
元々は1999年ごろに行われていた金融政策のことを指します。
しかし、語呂がよくイメージしやすいので、最近は金利がゼロになるような政策は全般的にゼロ金利政策と呼ばれている気がします。
ですから、『ゼロ金利政策=金利がゼロになるような政策』だと思います。

対して、量的緩和は学問的な定義のある政策です。
その内容は質問者さんが考えている通りの内容です。つまりは、銀行から債権などを買い取って無理やり金を渡して、金を使わせるという政策です。

つまり、ゼロ金利政策とは金融政策を結果から捉えて世間が勝手に呼んでいる政策で、量的緩和とは学術的な金融政策の一手法です(公開市場操作の一種だと思います)。
そして当然量的緩和をすれば金利は下がりますから、量的緩和を続ければやがて金利は0に近づきます。
金利が0になれば世間はそれをゼロ金利政策と呼ぶでしょう。
となると、同じ政策を結果面から見てマスコミが「ゼロ金利政策」と呼ぶこともあれば、学者や官僚が手法面から見て「量的緩和」と呼ぶこともあるでしょう。

3)
簡単に言うと、銀行が安く金を調達できれば安く貸せるということです。
小麦の仕入れ値が下がればパン屋は安くパンを売れるのと同じです。

ただし、何時まで金が安く調達できるか分からないと下がり幅にも限度があります。
ですから日銀が「当分安く貸します」「物価下落が止まるまで安く貸します」とアナウンスしていると銀行も安心して金を貸せるので、長期金利は下がりやすいです。

また逆に、銀行が余ったお金をコール市場で運用しても儲からなくなるので仕方なく別の市場でお金を運用するという動きも出ます。その結果当然金利は下がります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q量的緩和政策とゼロ金利政策の違いがよくわかりません。

WIKIには量的緩和は実質ゼロ金利政策と変わらないと書いており、とあるサイトではゼロ金利政策には限界があり最近は量的緩和政策が有効であると書いてありました。現在は量的緩和政策のほうがいいみたいですけどその理由もわかりません。あとゼロ金利政策は公定歩合の上げ下げとは違い無担保コール翌日物の金利をゼロ?にする政策であると自分の中では解釈しているのですがよろしいでしょうか?だとしたら公定歩合の上げ下げは量的緩和政策になるのでしょうか・・?
意味がわからなくなってきました;

Aベストアンサー

金融機関の救済と日本経済の建て直しのため
両方の政策を併用・相乗効果を企図したわけですが
異常事態下での緊急避難的な政策であることは
当事者の日銀さん自体がよく自覚しておられて
早期の是正を、模索していたため、今回の金利引き上げに
至った訳です。株価全体の上下異常変動など重大な副作用も生じました。
ゼロ金利で、極限まで日本経済を刺激して、浮上を図ったのですが・・・

Q量的緩和とゼロ金利政策の違いがわかりません

http://www.asahi.com/special/060307/window/060310a.html
この図と色々なサイトを見て私が現在認識していることはどちらも
日銀が公開市場操作によってお金の量を増やしているように見え、同じにしか見えません。どちらも結局銀行のお金の持分を増やしてあげるということでよろしいのでしょうか?なんで区別しているのかさっぱりわかりません。

Aベストアンサー

ご質問にお答えしたいとおもいます。

ゼロ金利政策はコール市場における無担保コール翌日物をターゲットにしてその金利を下げることは知っています。しかしその方法は結局資金を銀行にいっぱい供給するという手段ですよね?

ここが、おそらく混同されているところだと思います。ここは、コールレートをゼロにすることが目的だと思います。その手段として、日本銀行は、コール市場に資金を供給しているということだと思います。短期金融市場の誘導目標がほぼゼロということになれば、基本的には、資金の受け取り手は、ほぼゼロで資金を取れますから、日銀が特定の資金の捕り手に対してゼロで供給しなくても、ほぼゼロで資金の捕り手は資金供給を受けられます。従って、量的緩和の形にはなっていますが、それはあくまでも、ゼロ金利に誘導させるための手段と見るべきだと思います。

これって結局量的緩和と同じで日銀当座預金残高を増やしていることと手段はなんら変わっていないような気がするのですがどうでしょう?

日銀の当座残高を増やす意味は、結局、預金準備を積む事を強いられていますので、その意味では、金融機関はコールから積極的に資金を取りにかかります。しかし、準備が十分つまれている場合、コールから資金を過度に取り込むとは、ちょっと考えられません。残高が増えているとしたら、他の理由からだと思います。

だとしたら私にはゼロ金利政策は金利を0にするまでの目標の資金供給で量的緩和は更なる資金供給という風にしか解釈できません。

この結論は正しいと思います。

根本的に同じでその資金供給量の多さしか違いが見出せないため困っています。

私は、ちょっと主観的に解釈しているのかもしれませんが、結局、この後者の量的緩和策の目的は、金融機関を儲けさせる為の政策ではなかったか?と考えています。つまり、中央銀行が国債をオペで買い続け、長期金利が低下傾向にあれば、銀行は保有国債を売却し、儲けられます。そして、また国債の売買をします。そうすれば、ほぼノーリスクで、銀行は儲けられます。銀行が、国債オペで日銀に対して国債を売却すれば、日銀にある銀行の口座に資金が積み上がります。これで、銀行の純益は相当上がりまして、体力を回復しました。また、国債価格が高騰しましたので、長期金利は下がりましたが、資金需要は上がらないように見えました。本当は資金需要はあったと思いますが、銀行は、焦げ付きが怖くて、前向き融資をしなかったというのが現実であろうと思います。銀行は、日銀の狙い通り、儲けて、体力を改善させた。逆に言うと、コールのゼロ金利政策だけでは、金融機関は、儲けることができない。資金の出し手側は、ほぼゼロで資金を出すわけですから、儲けられません。しかし、先ほど述べたように、量的緩和策で、日銀が金融資産を銀行から買い上げれば、銀行は儲けられる側面があると思います。しかし、日銀の量的緩和策の目的が、本当に私が指摘した点にあるとは、断言できませんが、銀行が儲けたというのは事実です。

なんとなく理解できましたでしょうか?

ご質問にお答えしたいとおもいます。

ゼロ金利政策はコール市場における無担保コール翌日物をターゲットにしてその金利を下げることは知っています。しかしその方法は結局資金を銀行にいっぱい供給するという手段ですよね?

ここが、おそらく混同されているところだと思います。ここは、コールレートをゼロにすることが目的だと思います。その手段として、日本銀行は、コール市場に資金を供給しているということだと思います。短期金融市場の誘導目標がほぼゼロということになれば、基本的には、資金の受け...続きを読む


人気Q&Aランキング