アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

義父が亡くなって7回忌も過ぎ、分骨したお骨を総本山に納めに行くことになりました。義母はじめ身内みんなで新幹線で出かけます。午前中は総本山である知恩院へ。せっかくの京都なので午後は夜の新幹線の時刻まで観光をします。この場合、服装はどうしたらいいのでしょうか?義母は観光がメインみたいなものだから気楽に・・・と言いますが、いつもジーンズしか履かない中学生の娘に制服を着せるべきか、私も茶色のワンピースなら地味だからいいのか…?など迷っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私たち家族も納骨に行く事を過去に3度も経験していますが、全く観光用の服装でした。


他にも同じような家族が居られましたが、皆さん喪服では有りませんでした。
だたし、納骨後他に観光客も見える中で奥の立派な座敷に通され抹茶を頂きますので、余り粗末な恰好ではいささか気後れするかも知れません。

私個人的には、ジーンズはアメリカの作業着で有ると思って居ますので、正式な場所での着用は好きでは有りませんが、日本的な感覚ではお洒落着と捉えて居るようですね。
中学生の学生服はどこに出かけても正装であり、さわやかで素敵で、私的感覚ではおすすめですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
3度も経験なされているのですね。
座敷に通されることは初耳でした。「お茶室で失礼ではない服装」として考えてみたいと思います。

お礼日時:2008/04/17 15:04

 7回忌過ぎてますんでわりとゆるやかでいいですよ、、制服みたいに固い服装はしなくてもいいでしょう。



 普段どーりのかっこが一番です、ましてお孫さんですし。義父さんも喜びますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あんまり堅苦しさを要求して「面倒なこと」という気持ちになってしまうと
義父に申し訳ない気持ちもありますし・・・。
「どんな格好で行って見送ったらおじいちゃんが喜ぶか?」娘と話してみます!(^^)!

お礼日時:2008/04/17 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母の納骨について

今週末、京都の東本願寺へ実母の納骨へ行く予定です。その際に服装はどのようにしたらよいでしょうか?スーツを着ていったほうが良いのかシャツにパンツ等のカジュアルすぎない服装でよいのか迷っています。皆さん、教えてください。

Aベストアンサー

>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納骨の法要にふさわしいフォーマル等のある程度地味な服装でないとおかしいと思います。>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納骨の法要にふさわしいフォーマル等のある程度地味な服装でないとおかしいと思います。>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納骨の法要にふさわしいフォーマル等のある程度地味な服装でないとおかしいと思います。
なお、「東本願寺」の記載が、真宗大谷派の本山(現在の真宗本廟)や大谷祖廟(東大谷)のことではなく、このいわゆる京都・東本願寺(真宗大谷派の本山)とは関係のない東本願寺東山浄苑への墓地納骨でしたら、霊園納骨同様の墓前法要でしょうから通常はフォーマルです。

>京都の東本願寺へ納骨
だけでは情報が不足でアドバイスがしにくいです。
東本願寺の大谷祖廟への納骨手続きだけでしたら、ご親族の納骨立会いはなくお預かり手続きだけですので、たぶんお墓への納骨法要のように多くの親族が集まるということはありませんでしょうし、すでに行かれる方も決まっているでしょうから、特にフォーマルである必要はありません。
ただ、ご親族が集まって午後2時30分からの本堂での永代経法要に参加するとか、御廟か茶所仏間か本堂での申経(一座読経)をされるのでしたら、やはり納...続きを読む

Q大谷本廟への納骨にかかる費用はいくら?

故人の満中陰法要も終わり、年内に納骨をしなくてはならないのですが、

分骨という形で一部(のどの骨?)は大谷本廟へ、

その他の骨は田舎の墓へ納めたいのです。

ところで大谷本廟へ納骨するときに最低限必要な費用はいくらくらいかかるのでしょうか、

また、大谷本廟への「永代供養」にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか、

サイトを色々調べましたが、その費用の金額がよくわかりません。

何方かお詳しい方がおられましたら、是非教えていただきたいのですが。

よろしくお願いいたします。

宗派は浄土真宗東本願寺大谷派でございます。

Aベストアンサー

坊さん@本願寺派です。

ご質問には「大谷本廟」とございますが、「大谷本廟」は、(宗)浄土真宗本願寺派(本山・通称「西本願寺」)の施設で通称「西大谷」という廟所です。
ところが、ご質問の最後に、
>宗派は浄土真宗東本願寺大谷派でございます。
とあります。このような宗派名は浄土真宗の各教団には存在しません。
もし、(宗)真宗大谷派(本山・真宗本廟=元京都東本願寺)でしたら、分骨の廟所は「大谷祖廟」となります。
どちらも検索で出ると存じますが、
費用は、「大谷本廟」の祖壇納骨の場合、納骨のみで2万円~。永代経扱いで5万円~となっています。
寺院区画への分骨は、各寺院ごとに異なりますし専用容器も必要ですから、手次の所属寺にお尋ねください。
いずれにしても所属寺院に納骨(分骨)申込書があります。
直接でも受付は可能ですが、法名、所属寺寺院番号の確認、分骨証明書(分骨埋葬許可証)など必要書類がありますので窓口で確認してください。

Q納骨の方法について

 長男が亡くなり、納骨を考えております。
 私は遺骨をお墓に入れようと考えておりますが、母は遺骨には魂があり本山の總持寺にのど仏を納め供養しなけばならないと申します。曹洞宗では、遺骨の一部をお寺に納めるのが一般的なのでしょうか。
 私は、お墓は遺骨を土に返してあげる場所と思っています。すでに遺骨の一部は長男がなっなった場所に散骨しました。
 このような事をすれば、魂は救われないのでしょうか?
 アドバスをお願いします。
 

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
大本山總持寺にはたくさんの壇信徒の方が納骨されます。ですが、曹洞宗として大本山への納骨を必須のものとしているわけではありません。
各お家のお墓に納め菩提寺の住職に供養して頂くというのが通常の姿です。
遺骨に魂がある、という考え方は故人を追慕し供養する上で大切な気持ちだと思いますが、それゆえにむしろ、特別な事情がない限り、ご遺骨をあちこちに分ける事は感心しません。
上と同じ理由で、散骨もあまりお勧めしません。散骨は墓地埋葬法の盲点を突いて行なわれるもので、公的に認められている墓制ではありません。公序良俗を侵さない範囲で「お目こぼし」されているというのが実態で、自治体によっては地域内での散骨を条例で禁止しているところもあります。

Qぼったくりの永平寺曹洞宗

ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。僧侶は4人、戒名は信女です。35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。その費用は90万円請求されました。その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。タッタの5分ですよ。それで4万円以上のお布施を請求されました。
 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。これってひどすぎると思いませんか?100万円近くの金を払ったのですよ。これは当然ビジネスというべきです。それなら明細書、請求書、領収書をだすべきでしょう。
 このことを永平寺に質問しましたが、10日経っても返事がありません。無視しているのです。
 永平寺の修証義というお経には、貪ってはいけない、欲を出してはいけないなどと書いてあります。それなのになんという強欲な!!
 聞くところでは、永平寺系曹洞宗は一番えげつないそうです。金をぼった繰ります。
 みなさんのご意見をお聞きしたいと思いますのでよろしくお願いします。

ひどいと思いませんか?私は先ごろ母の葬儀などを行いました。寺はあの有名な永平寺の系統で大変大きな寺の檀家です。僧侶は4人、戒名は信女です。35日の忌明けまで7日ごとの経にきてもらいました。その費用は90万円請求されました。その他に、初盆の人が寺に集まり初盆の行事がありましたが、家族が順に呼ばれて焼香をするだけで一家族は5分程度で終わりました。タッタの5分ですよ。それで4万円以上のお布施を請求されました。
 葬儀や法要に関する明細書も請求書もなくそれどころか領収書もありません。これっ...続きを読む

Aベストアンサー

 なにか話がごっちゃになっていますね。
 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。
 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。削除要求をされるかも知れません。
 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括しているわけではありません。「曹洞宗」という宗教法人が包括しています。
 ですので,永平寺に質問書を出されても,永平寺はそれらの寺院を統括又は包括していませんので,永平寺にとってはお門違いの質問であり,回答がないのも然りです。
 包括している「曹洞宗」としても,教義に関しては,僧侶を監督し,曹洞宗の教義と違うことを弘通すれば指導しますが,寺院の運営に関してまでは口出しできません。法律上,別の宗教法人であるからです。
 
 さて,うちの菩提寺(曹洞宗・永平寺直末)の相場ですと,
 枕経+通夜+葬儀     =30万円
 葬儀脇導師3万円×3名  = 9万円
 葬儀御車料1万円×4名  = 4万円
 葬儀御膳料2万円×4名  = 8万円
 逮夜法要2万円×5回   =10万円
 逮夜法要御車料1万円×5回= 5万円
 逮夜法要御膳料1万円×5回= 5万円
     計         71万円 となります。
 うちの菩提寺では,院号なしの信士又は信女の場合,戒名料はありません。
 
 曹洞宗では,施食法要が営まれます。新亡施餓鬼と言って,前の施食法要以降に亡くなられた方のある檀家が施主となり,お布施を包むのですが,からお盆の法要と並修するお寺もあれば,彼岸法要と並修するお寺もあり,全く別の日程で営むお寺もあります。
 うちの菩提寺ですと,1霊3万円ですので,質問者の方の菩提寺が1霊5万円ということは,おおむねうちの菩提寺の1.5倍の額と考えれば,71万×1.6=100万超となりますので,質問者の方の菩提寺の相場の額を請求されたのではないでしょうか。
 うちの菩提寺と比較すれば,「高いなぁ」とは思いますが。
 同じ曹洞宗の寺院でも,それぞれの地域性や檀家の状況にもよりますので,1ケ寺をもってして,曹洞宗寺院全部がそうであるかのような誤解はしないでください。
 
 質問者ご自身が,御母様を亡くされ,初めて菩提寺と接されたのではないでしょうか。
 寺院は住職のものではなく,檀家のものです。宗教法人としての代表役員は住職が就いているでしょうが,檀家(その中の総代)が寺院を支えているのです。檀家の多い寺院であればなおさらです。きちんと会計担当の責任役員が居り,お寺に納めたお布施などは,住職の懐に入るのではなく,宗教法人の会計に入り,そこから住職は給料を貰っています。所得税等の源泉徴収もされています。
 お寺から示された額も施食法要のお布施の額も,檀家総代会(寺院護持会)が決めた額であると思われます。
 お布施などは個人のプライベートな支出なので,領収証を貰ったところで,経費で落とせるわけではないので,領収証を求める人が少ないのが実情ですので,求められれば領収証を出すというスタンスの寺院が多いと思います。求めれば領収証を出してくれることが多いようです。特に葬儀に掛かった費用については,遺産分割協議の際に揉めないように,喪主が相続人全員に葬儀費用を示すために領収証を求められる方もいらっしゃると聞いています。
 また,曹洞宗大本山永平寺ですと必ず領収証をくださいます。
 
 それから,お寺が相続税を脱税するということはありえません。法人に相続税が発生することがないからです。お寺が相続税を脱税したのではなく,そのお寺の住職が相続税を脱税したのでしょう。

 曹洞宗寺院及び僧侶全体を貶めようとなさっているようで,悲しくなりました。

 

 なにか話がごっちゃになっていますね。
 タイトルだけ見ると曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように思われますが,現実に質問者の方が「ぼったくり」」だと思っているお寺は別のお寺ですよね。
 永平寺もそのお寺も別々の宗教法人ですから,あたかも曹洞宗大本山永平寺がぼったくりをしたように勘違いさせるタイトルは好ましくありません。削除要求をされるかも知れません。
 よく,曹洞宗の寺院で,「永平寺系」「總持寺系」と称する寺院がありますが,それらの寺院を,永平寺又は總持寺が統括して...続きを読む

Q★納骨・分骨の常識とは?

大切な実父の死去からもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。父の事(癌告知・闘病から4年目。亡くなる1週間前に61歳を迎えた矢先の死去でした)については、以前からこのサイトで何度となく相談させて頂きました。

癌告知を受けた時は既に「末期」からのスタートでしたので、この4年間、父の「死」について考えない日はありませんでした。が、こうしてその時がきてしまったという現実は、やはり受け入れ難く、未だ悲しみから癒えぬ事はありません。

私自身、ファザコンという簡単なものではなく、父への感謝の気持ち・・・父に対する思いは半端ではありません。

来月には四十九日を迎えます。
結婚し実家を出ている私としては、納骨の際、父の遺骨を手放す事に抵抗があります。
火葬場で分骨用の骨壺に分骨してもらえば良かったのですが、その時は気持ちも高ぶっていた為、結局分骨出来ませんでした。

私自身、こういった方面の常識には疎く、果たして私のような理由から生じる「分骨」は、やはり常識外なのでしょうか?

私としては、分骨し、その遺骨は納骨せずに自宅にずーっと置いておきたいのです。
「分骨」した上、さらに「納骨」されない・・・。
これでは父は成仏されませんでしょうか?

仮に「分骨」可能な場合、火葬場ではなく、四十九日になってから行なっても良いものでしょうか?
もちろんその場合は、お寺さん同席の上で行なうつもりです。

皆様、どうか無知な私にアドバイスお願い致します。

大切な実父の死去からもうすぐ1ヶ月が経とうとしています。父の事(癌告知・闘病から4年目。亡くなる1週間前に61歳を迎えた矢先の死去でした)については、以前からこのサイトで何度となく相談させて頂きました。

癌告知を受けた時は既に「末期」からのスタートでしたので、この4年間、父の「死」について考えない日はありませんでした。が、こうしてその時がきてしまったという現実は、やはり受け入れ難く、未だ悲しみから癒えぬ事はありません。

私自身、ファザコンという簡単なものではなく、父へ...続きを読む

Aベストアンサー

No1のamida3です。そうですか、一応、私どもの宗派のご門徒さんなのですね。
そうですね、私どもの宗祖・親鸞聖人も多数のところに分骨されていますし、浄土真宗では本山に分骨するのも門徒のたしなみとなっていますので、分骨自体は宗教上はまったく問題がありません。
いずれは遺骨が「液状化」してしまうという事に驚かれたのもわかります。お墓の改葬時に「遺骨が無い」とビックリする方は多いですからね。ただ、お骨と言っても科学的にはカルシウムです。カルシウムは大気中の水分を吸収する性質があるようで(科学的な専門家ではありませんが)・・・保管場所の湿気によっても異なりますが、早くても15年くらいからで、30年以上大丈夫な場合も一応あります。
ちなみに、樹脂等で酸化を防いでペンダントにしたりとか遺骨で作るメモリアルストーンというような新ビジネスもあるようです。
-------------
まだ、お墓が決まっていないということですので、分骨はお墓が決まって、そこへの納骨時に、当該墓地の管理者であるところ(運営主体によって宗教法人であったり、財団法人であったり、自治体であったり)からいただいてください。それ以前にはできませんので49日では無理そうですね。あくまで、一旦納骨されたものを分骨したと言う形態しか現在の状況ではできません。なお、お墓が現在ご縁のお寺と関係がないということになれば、分骨の確認も現在のお寺さんではないので(多くは納骨時の石材店さんに手配を依頼し、石材店さんのほうで代行して書類も揃えてくれるとおもいます。)
ちなみに、事前に火葬場に申し出ていれば、分骨証明ではなく、火葬証明書(埋葬許可証)が複数交付されていました。
以上です。

No1のamida3です。そうですか、一応、私どもの宗派のご門徒さんなのですね。
そうですね、私どもの宗祖・親鸞聖人も多数のところに分骨されていますし、浄土真宗では本山に分骨するのも門徒のたしなみとなっていますので、分骨自体は宗教上はまったく問題がありません。
いずれは遺骨が「液状化」してしまうという事に驚かれたのもわかります。お墓の改葬時に「遺骨が無い」とビックリする方は多いですからね。ただ、お骨と言っても科学的にはカルシウムです。カルシウムは大気中の水分を吸収する性質があるよう...続きを読む

Qお墓と浄土真宗西本願寺への納骨について

浄土真宗本願寺派のものです(母が亡くなるまで知りませんでしたが・・)
母が亡くなり、父が墓を建てました。
火葬したときにお骨が2つありました。(一つは小さくのど仏?)
父は2つともお墓に入れると言っていましたが、まわりに聞いたところ、浄土真宗本願寺派では京都の西本願寺(大谷本廟?)に納骨すると言っていました。そこで、お伺いします。2つともお墓に入れるというのはおかしなことなのでしょうか?本人の気持ち次第と言われればそれまでなのですが・・・。あと、京都の西本願寺(大谷本廟?)に1つを納骨する場合にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

ちなみに住まいは大阪です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再度、
納骨のみは文字のとおり納骨するだけですが一座経の扱いで当日のみ合同での読経に参加できます。永代経扱いは、「5万円以上」から、「10万円以上」、「20万円以上」・・・・・「1000万円以上」まで11区分あり、30万円以上ですと総永代経ではなく別修永代経になり区分ごとに楽の有無、院号の表装、記念品の式章、記念品の区分(本廟ではお斉扱いはありません。)、年回や祥月の案内が異なります。
本廟の案内だけでも数ページにわたり、永代経の区分も細かく書けばこの場では書ききれません。いずれにしても所属寺の印をもらいに行かなければですから所属寺で見せてもらってください。

Q納骨時の服装について

こんばんは。
近々祖母の納骨に行きます。
納骨時には、祖母と生前親交のあったお坊さんが
儀式をされることになっています。
その時には、喪服を着るべきなのでしょうか。
それとも、黒か地味な服なら構わないのでしょうか。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
納骨は、いつ行なうかに関わらず法要ですから当然、礼服(喪服)です。ごく内輪で略式で行なう場合でも、男性であれば最低限、黒系または濃紺系のスーツでなければなりません。女性も、それに準ずるフォーマルな服装である必要があります。

Q納骨の時の服装

今度の日曜に、母の百か日法要と納骨を姉とお墓でする予定です。
服装は、フォーマルを着た方がいいのでしょうか?
そして、コートですが、ウールのロングの黒はあるのですが襟元に黒いファーがついています。
ファーがついているのはだめでしょうか?
あとPコートならもっているのですが、これはカジュアルなのでだめでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民間霊園に勤務しています。
>コートですが、ウールのロングの黒はあるのですが襟元に黒いファーがついています。
>Pコートならもっているのですが、これはカジュアルなのでだめでしょうか?
この時期、皆さん着られていますよ。もっとカジュアルな人もいらっしゃいます。

>百か日法要と納骨を姉とお墓でする予定です。
他の方(参列者)がいるかはともかく、お姉さんとreochan86さんが施主(分かりやすくいうと
主催者)ですよね。“納骨だけ”でしたら、うちの霊園でもフルにカジュアルな服装も珍しく
ないのですが、法要と納骨をされる方はフォーマルが多いです。
百か日法要をされるので、コートはファー付ロングやPコートでいいですが、その下の服装は
フォーマルを着られた方が良いと思います。

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む

Q永代供養の意味。教えて下さいamida3。

私たち、40代の夫と30代の私と子供二人。
今のところ、ご先祖の供養をしています。

私の実家の禅宗では
永代供養は、子供のいない人や独身のかたで
今後、仏さまの供養が出来ない人が
お寺様にお願いしていました。

禅宗で言う、亡くなったときにしどう金(字がわかりませんが)みたいなものでしょうか?


実際、私たち夫婦や亡くなった祖父母も知らなかったようで今回、義父が亡くなり、よそ様からの
『○○さんとこは、納めていない』という
陰口から、?と思い亡くなったら
誰でも納めるんだ・・・。と思い納めましたが
私は、納骨先にお支払いするものと思っていました。

今後、最低50年間、供養していただけると言うことで
有り難く思っていますが、納骨は義母を東別院に預けてあるので、3回忌後に義父も東別院にお願いしようと思いますが、またそちらにも永代供養料が必要ですか?

Aベストアンサー

別院の場合、冥加金の金額は「いくら以上」と決まっています。私が電話して聞いても良いのですが、できればご自身で聞いてみてください。
名古屋別院 052-321-9201(代)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報