ふと思ったのですが、いわゆる高速道路の中で、東名と名神のみが高速道路と称し、それ以外はすべて〇〇自動車道となっているようですが、なにか法的な根拠が
あるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

道路 種類」に関するQ&A: 道路の種類について

A 回答 (2件)

これは時代背景とイメージで、法的意味はないですね。


名神高速は昭和32年に、東名高速は昭和37年に着工し、ハイウエーをそのまま和訳したものです。
まだ自家用車も普及していないこの時代は夢のハイウエーだったのでしょう。
その後、車社会が発展するにつれ、自動車専用あるいは歩行者自動車両用という概念ができ、自動車道という名になりました。それは必ずしも「高速」で走ることが目的でなく、流通や都市間関係を重視するためにこのような表現になったと思われます。
一方、首都高速、阪神高速あるいは名古屋高速などは、歴史が古い上、町中をスイスイ行くというイメージで高速が定着しています。地下鉄を高速鉄道というのと同じですね。(しかし、必ずしも高速ではないですが・・・)
なお、中央自動車道は、昭和40年代は中央高速と呼んでいましたが、全線開通を機に「自動車道」となりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすいません。そう言われれば中央道は確かに高速道路と言っていた時がありました。となると、時代背景もそうですが、日本の大動脈に敬意を表して高速のままかなと言う気もします。ご指摘有り難うございました。

お礼日時:2001/02/20 17:18

道路法により、次のように規定されています。



(道路の種類)
第三条
 道路の種類は、左に掲げるものとする。
一  高速自動車国道
二  一般国道
三  都道府県道
四  市町村道

高速自動車国道法
(高速自動車国道)
第三条の二
 高速自動車国道については、この法律に定めるもののほか、別に法律で定める(高速自動事国道の意義及び路線の指定)
第四条
1  高速自動車国道とは、自動車の高速交通の用に供する道路で、全国的な自動車交通網の枢要部分を構成し、かつ、政治・経済・文化上特に重要な地域を連絡するものその他国の利害に特に重大な関係を有するもので、次の各号に掲げるものをいう。
一  国土開発幹線自動車道の予定路線のうちから政令でその路線を指定したもの
二  前条第三項の規定により告示された予定路線のうちから政令でその路線を指定したもの

この、指定の詳細は下記のヘージに有ります。

参考URL:http://archive.hoops.ne.jp/law/1957G275.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。法的な根拠は解りました。ただ、東名と名神だけ、何故自動車道でなく、高速道路と称するのでしょうか?私の一番知りたいのはそこなのですが、ご存知ありませんか?

お礼日時:2001/02/13 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東名高速道路や中央道を走行中に思ったこと

途中で右ルート左ルートというのが出てきますが、これは何故でしょうか?何故分ける必要があるのでしょうか?両方のメリットデメリットってあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

右ルート、左ルートと2ルートを作ってある場所、東名下り・大井松田―御殿場や上下線の日本坂トンネルは、山間部やトンネルで、以前は渋滞の名所として有名な箇所でした。
交通量を分散させて渋滞解消をさせるために、考えられる手段は『車線を増やす』事が一つの方法がありますが、上記の箇所は山間部やトンネルのため簡単にできない区間です。

大井松田―御殿場区間では、以前は上り線を下り線(右ルート)として使用し、新しく上り線を作る事で渋滞解消を図りました。
地図を見てもらえばわかりますが、下りの右ルート左ルートは隣接していますが、上り線はかなり離れた工事が簡単な所に道を造りました。
日本坂トンネルでは、上下線とも新たにトンネルを掘り、車線を増やして、それぞれ右ルート左ルートにして供用しています。
工事が簡単で工事費を抑える事ができました。

しかし、この方法をとった事で、現時点でのデメリットはパーキングエリアの使用に制限があるくらいです。

大井松田―御殿場の間には鮎沢パーキングがありますが、鮎沢パーキングには従来からある下り線・左ルートを使わなければ利用できません。

また、日本坂トンネルの場合、東京方面への上り線で、日本坂トンネル手前の日本坂パーキングを利用したら、左ルートを通るしかありません。

しかし、ドライブプランをしっかり立てれば、ほとんど影響がないとも言えます。

右ルート、左ルートと2ルートを作ってある場所、東名下り・大井松田―御殿場や上下線の日本坂トンネルは、山間部やトンネルで、以前は渋滞の名所として有名な箇所でした。
交通量を分散させて渋滞解消をさせるために、考えられる手段は『車線を増やす』事が一つの方法がありますが、上記の箇所は山間部やトンネルのため簡単にできない区間です。

大井松田―御殿場区間では、以前は上り線を下り線(右ルート)として使用し、新しく上り線を作る事で渋滞解消を図りました。
地図を見てもらえばわかりますが、下...続きを読む

Q高速道路と自動車専用道路の違いは?

高速道路と自動車専用道路を比較しますと、高速道路の方が多少スペックが高いとは思いますが、どちらも信号機が無くスイスイ走れる点では同じです。
おそらく輸送能力もほとんど同じだと思います。
建設費は高速道路の方がかなり高いと聞いていますが、それなら高速道路を止めて自動車専用道路を建設すれば良いのではと思うのですが?

Aベストアンサー

>高速道路と自動車専用道路の違いは?
 法律上では、高速道路と呼ばれる物には、自動車専用道路も含まれると明記されています。
 (高速道路株式会社法 第二条 第二項 等)

 要は、他の特別の法律(例えば高規格幹線道路)の適用がない高速道路を区別する為の言葉が、自動車専用道路です。

 質問者さんがおっしゃりたい、高速道路って東名や名神なんかだと思いますが、あれって大都市間の輸送インフラを維持すると言う名目で国が管理している道路(国道)です。
 (当然国でなく地方・地域が管理する道路も有ります。)

 速度に関しては、法律が変りましたから、一般道でも安全であれば最高速度が80Kmに上げられた所も有ります。
 (しかも悲しい事に首都高速道路なんて、名前は「高速道路」の癖に最高速が50Km制限なんて所も…。)

 また、東名高速道路や名神高速道路と同じ高速道路が名称に付く、首都高速道路と阪神高速道路とは法律上も実態上も明らかに異なります。
 
 イメージ戦略をかねた固有名称だと思っておいた方が適切かと思います。
 (新名神高速道路は、後述する慣例を無視して名神高速道路の後継である事を示す為に高速道路を付けて命名されました…。)

 なお、最近の高速に走る事(80~120Km)を前提とした設計をした道路(高規格幹線道路-高速自動車国道[A路線] )に対する名称は、○○自動車道と付けるのが慣例化しています。
 紛らわしいですね…。

>高速道路と自動車専用道路の違いは?
 法律上では、高速道路と呼ばれる物には、自動車専用道路も含まれると明記されています。
 (高速道路株式会社法 第二条 第二項 等)

 要は、他の特別の法律(例えば高規格幹線道路)の適用がない高速道路を区別する為の言葉が、自動車専用道路です。

 質問者さんがおっしゃりたい、高速道路って東名や名神なんかだと思いますが、あれって大都市間の輸送インフラを維持すると言う名目で国が管理している道路(国道)です。
 (当然国でなく地方・地域が管理する道路...続きを読む

Q東名高速の補修工事

先日の静岡を中心とした地震で東名高速が一部崩れ落ち、昨日は最初、昨日の24時までに補修完了、やっぱり無理となって今日中となったら今度は今朝のニュースで今日中も無理と言い出しました。

お盆中で焦るのはわかりますし、焦らせるつもりもないのですが、逆に安全性が気になりました。

崩れた部分は土盛り(?)と言われる部分で耐震基準が決まってないそうです。
今回の地震は東海地震より規模が小さいそうですがそれでも崩れました。
仮に今までと同じまで補修しても来週東海地震が来れば当然崩れます。

全体の点検と補修が必要と思いますが、今回の緊急の工事に関してはどのレベルまでやるのでしょう?

一旦、今日中なり明日中なりに今までのレベルまでもどして、直後に東海地震対策で点検、補修となると非効率、税金の無駄遣いに感じます。

Aベストアンサー

震度7の阪神大震災で高速道路の橋脚が倒れましたが、今回の震度6弱の地震で崩壊するようでは、本物の東海地震が起こったらどうなるのでしょうね。
目先のお盆の時期であるとか、13日14日の平日はETC千円乗り放題の時期だから12日中に補修完了すべきだとか目先のことばかり考えていると将来に大きな禍根を残すことになりそうです。

もちろん今回の補修箇所は、今後地震が起こってたとえ前後が崩壊することはあっても、今回の部分は残っているくらいで無いと補修の意味がありません。

Q道路法上の道路(認定道路の考え方)について

道路法上の道路について知りたいのですが、 認定道路で道路占用許可が必要な場合というのは、例えば4m認定道路となっていても、実際は両端に建築線があって、その部分に占用する場合はどうなるのか?
セットバックしている持ち主の承諾がいるのか、認定道路として申請が必要なのか?

Aベストアンサー

#1です。追記します。
認定道路内に建築線があるのは、原則論から言えばありえないのですが、まれに、境界確定が出来ず残っていることもありますね。

この場合でも、あくまでも認定道路としての占有許可は必要となります。

Q行政通達の法的位置付けと法的拘束力は?

省庁の局長名で民間企業に対し行政通達というものが発効されることがありますが、行政通達に従わなければならないという法的根拠はあるのでしょうか? 法律(省令・政令・都道府県条例含む)と通達との関係がよくわかりません。一官僚の書いたものにすぎない(←失礼!)通達文書が、国会審議を経て決定した法律に比べ、より高位にあるというか、強い拘束力を持つというか、法律を事実上オーバーライドしてして扱われているのが実態であるような気がするのですが、なんとなく納得いかない気が以前からしていますので、どなたか解説をお願いします。

Aベストアンサー

「通達」は#3の方が書いているように、内部文書として出されています。
性格としては法律の具体的運用で、不明確な部分を補完する行為とされていて、法律と同等の拘束力を持ちます。

これは、法律の効果の範囲は、既に本文に盛り込まれており、通達は効果の明確化であり、変更では無いからです。
ですから、法律の根拠のない通達は無効になります。

実際には、具体的内容を伴う関係で、jedimasterさんが感じている様に、より厳しい規制が伴う様に読めますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報