AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

こんにちは。

先日、仕事の関係で、
ある外国人と日本人の間に入って、
通訳をする事がありました。

英語ではなく、
また、私もその相手の国の言葉がそれ程出来る訳ではないです。
(本来の私の仕事は通訳業ではありません。)

とにかく、この日本人達がオヤジギャグ絶好調な上に、
若輩者の私を上から目線状態です。

それを良い事に、とんでもない注文が続きます。

オヤジギャグは止まらないし、だじゃれオンパレード、
わざと変な言葉を使います。

だじゃれをスルーしたいのですが、
「どうしたの?今の通訳して、さぁ!
 訳せないの?君、大した事ないね~喋れないんでしょ。」と。

「やぶからステックに~」なんて言われ、
「突然」とか「唐突に」と訳しても、相手の外国人は笑いませんから、
「今の伝わってないでしょ、訳してないでしょ」と言う話になります。

そこで仕方なく
「今の「唐突に」は、
日本語の表現で、
思いがけないところから突然に降りかかる有様から、
「ヤブカラボウ ガデル・・・(外国語で直訳)」と言います。
 「ヤブカラ」=「やぶから」は日本語、「ボウ」=「棒」は、
 英語のステックで表し、「やぶからスティック」。
日本語+英語で表現するのが、今日本で流行ってまして・・・
これ、冗談(ギャグ)なんですけどね・・・」(失笑・・・撃沈・・・)
と訳すのですが、
相手にしてみれば、「それが何か?」です。


次に、
「布団が吹っ飛んだ」的な、だじゃれ・・・
これも訳せないわけです。これこそ、素直に訳せない。

相手の国に、あまりギャグとか、だじゃれって習慣もないので、
これに匹敵する言葉に訳す事もできないし、
説明しても、その面白みって伝わらないのです。
(まぁ、だじゃれ ってつまらないけど。)

「「フトンガフットンダ(外国語に直訳)」と言いまして・・・
 日本語だと「布団が吹っ飛んだ」と言います。
 「フトン」は「布団」、「フットンダ」は「ふっとんだ」
 その「布団」と「ふっとん」が
 かぶっているんですね・・・
 これ、日本の言葉遊びのギャグなんですけど・・・」 (空気凍る・・・)

誰も笑わないから、
伝わっていないと言うことで、
日本人のオヤジ達は
「ホラ、全然ダメじゃん、全然通訳できないよ、この娘」と罵声となる訳です。

こんな だじゃれ が延々続き・・・

だじゃれ が訳せない事を知っていて、わざと楽しんでいるのか?
だじゃれ が(上級通訳者なら)訳せると、本気で信じているか?

どっちにしても、くだらなすぎます。

その外国の有名なベタなギャグに変えるのもありだと思いますが、
それと全く同じシーンで同じ様な内容でないと使えない気がします。
延々出てくる、オリジナルのだじゃれは、訳し切れません。

だじゃれ を訳す羽目になったら、どうやって訳しますか?


宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

通訳をする際に外国語で「この人はおもしろくもないことを言って場の雰囲気を台無しにするかわいそうな人ですので、どうか笑ってやってください」と言えばいいのです。



延々続くとのことですので外国の方と「まだやっているよこの人は。空気よめね~な~」と言ってあなたたちは別の会話で笑ってください。

PS.
駄洒落がおもしろかったら、それは駄洒落ではないのでは?
    • good
    • 0

>だじゃれ が訳せない事を知っていて、わざと楽しんでいるのか?



そうに決まってます。ルー大柴、知らなければ「藪からスティック」なんて、何も面白くないでしょう。

>だじゃれ が(上級通訳者なら)訳せると、本気で信じているか?

日本人なら中学で相当量の英語を勉強しているのに、本気で駄洒落が訳せると思っていたら、はっきり言ってその人たちの知能程度を疑ってしまいます。

だじゃれ を訳す羽目になったら、どうやって訳しますか?

小説とかの翻訳だと、他の駄洒落を考えるみたいですね。ある小説を英語と日本語の翻訳版と両方読んだのですが、駄洒落ではなく言葉の行き違いでしたが、異なる言葉の行き違いに置き換えてましたよ。翻訳なら「さて、どうしようか」と考える時間がありますが、通訳じゃ待ったなしですからちょっと無理ですよね。
    • good
    • 0

通訳です。


通訳をしていて感じるのですが、ある程度外国語の知識がある人は扱いやすいです。無い人は通訳というのはなんでも訳せると思っています。しかし、ジョークは世界共通のものとその国の言葉や習慣を知らないとわからないものがあります。もちろんなぜおかしいのかを説明することは可能ですが、それには日本語の語彙の説明や習慣の説明をせねばなりません。しかし、理解できたところで笑いはしません。「ああそうなんですか」で終わりです。これはまあ、「そういうこともある」とあきらめる以外ないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>ある程度外国語の知識がある人は扱いやすいです。無い人は通訳というのはなんでも訳せると思っています。

仰るとおりです。

どう訳しても、説明しても

>「ああそうなんですか」で終わり

なのですね。
ホッとしました。

お礼日時:2008/05/05 15:38

おはようございます。


それは大変難儀な目に合われましたね。

以前、同時通訳をなさっている女性の方の新聞記事を読んだことがあるのですが、その方の場合は、たしか国際会議か何かで相手国の方が大変下品なジョーク(要するに下ネタですね)を連発する方だったそうで、仕方がないので「相手国で今流行っているジョークのようですが、日本語には訳しようがないジョークですので笑ってあげてください」と日本側には伝えて、適当に笑っていただいて誤魔化したそうです。

ただ、質問者さんの場合、そのオヤジ達は訳して欲しいというよりも、訳せないだろうということを悦んでいる節があるので、いささか状況が違うかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

どこにでもいるんですね、
自分の都合で困らそうとする人。

「訳しようがないジョークででので、笑ってあげてください」ですね。
参考にします。

お礼日時:2008/05/05 15:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング