漏斗と書いて、「ろうと」とも「じょうご」とも読みますが、
どう違うのでしょうか。
広辞苑によると「ろうと」は、「じょうご」に同じ。
一方、講談社の日本語大辞典では、「じょうご」には銅製らしきものの写真がついて、「ろうと」にはガラス製らしい図解がついていました。
使い分け方があるのでしょうか。
教えてください。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

意味は下の方と同じですけど、


もっとつっこんだ説明をすると〔漏斗〕「漢語的表記」(じょうご)というのは
こぼれずよく入るので、上戸の意としても用いられます。

漏斗(じょうご)というのは口の小さな容器にはめて液体を注ぎ入れる用具の事です。口は円形で下方へ行くに従ってつぼんで、先は管状になっています。
(下の方は醤油を例にしています。)

漏斗(ろうと)は漏斗(じょうご)と意味は同じです。
ただ、使う用途が違うだけです。
理科の実験で液体を注ぎ入れる用具を「漏斗(ろうと)」。
それ以外の液体を注ぎ入れる用具を「漏斗(じょうご)」と言うんです。

意味は同じでも材質は全く違いますからね。
    • good
    • 28

「ろうと」は理科の実験の時に使ってましたよね。

「じょうご」は一升瓶とかの醤油などを小さい容器に移すときに使います。
    • good
    • 9

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「人間らしい」とは「動物らしくない」という意味?

そもそも人間って動物ですよね。

しかし
「人間らしい」「人間っぽい」というのは
「動物らしくない」という意味ですか?

それとも「動物っぽい」ことを人間らしいと表現しますか?
場合によりますか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

場合によると思います。

「人間らしい」を「理性的」あるいは「道徳的」と解釈する場合、相反するが「動物」となるでしょう。

「人間らしい」を「温かみのある」あるいは「血の通った」と解釈する場合、相反するのが「機械」となるでしょう。

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q広辞苑において「こども」はどのような表記(こども、子供、子どもなど)がされていますか? また、意味も

広辞苑において「こども」はどのような表記(こども、子供、子どもなど)がされていますか?
また、意味もどのようなことが書かれているのか教えてください(。>д<)

Aベストアンサー

第三版(昭和58年発行)の見出しは
こーども【子供】です。
これ以上は著作権の問題もあるので書きません(笑)

Q愛称「~っぺ」「~ちん」「~りん」「~ぼん」

全国の愛称の語尾を集めています!
地域性とかに違いがあるかなと思っているのですけど、
ほんまのところはどないやろか?っちゅうことで、
なるべく、テレビなどに影響されていない、子供の頃に使っていた愛称やと助かります。
「っぺ」=べい=兵衛
「ぼん」=坊
       とかの語源や、
       東西日本の違いなんかがわかればなお良いです!(><

Aベストアンサー

nuohさん、こんばんは。

 ご質問を見て、ふと子供の頃に覚えた「とんとんともだち」の歌詞を思い出しました。著作権上、歌詞を書けませんので、語尾の部分だけを記しますと、

 ちょん・ぼう・やん・んぼ・ちん・ちゃんこ・どんどん

 作詞者はサトウハチロー。本人は東京生まれですが、父が弘前、母が仙台生まれだったため「ボクの血の中には東北のものが流れているから、田舎の詩を書くのに何の苦労もしない」という言葉を残しています。

 だからといって、上に挙げたものが東京もしくは東北地方で使われている愛称だとは、もちろん断言できません。むしろ、リズムを重視して作詞したと考えるのが妥当でしょう。
 というわけで、この歌に関しては地方による違いは分りませんでした。申し訳ありません。

 ちなみに南関東在住の私自身で言うと「ぼう」が一人いただけで、後は「ちゃん」付け、小学校中学年ぐらいからは、ほとんどが呼び捨てでした。気の荒い地域だったのでしょうか・・・

Q「空爆」と「爆撃」?「地上戦」と「陸戦」?

新聞の見出し等で良く見かける【空爆】という言葉ですが、国語辞典で引くと「〔「空中爆撃」の略〕航空機による爆撃」
用例として「敵基地を―する」とありました。

しかし、何か違和感を覚えます。
そもそも「爆撃」自体が空から爆弾を落とすことですよね。
そう思い、【爆撃】で引くと「航空機から爆弾などを落として攻撃すること。」 用例は「基地を―する」で、同じでした。

大砲で砲弾を撃ち込むのが【砲撃】、銃で撃つのが【射撃】、魚雷攻撃が【雷撃】、そして爆弾投下による攻撃が【爆撃】と、非常にすっきりしていると思うのですが、なぜあえて【空爆】が多用されるのか不思議です。
わたしにとっては違和感のある【空爆】なる言葉はいつごろから使用されたのでしょうか?

同様に、湾岸戦争のころからマスコミではよく【地上戦】なる言葉が登場していますが、この言葉は国語辞典では出てきません。
陸上での戦闘の意味だと思うのですが、それなら日本語では海上での戦闘を【海戦】と言うのと同じく【陸戦】ではないでしょうか?

Aベストアンサー

No.5です。
「空爆」について、AQUALINEさんの疑問に触発されて、私も興味をもち考えてみました。
もう一つ似たような言葉に「空襲」もありますよね。
これは航空機による空からの攻撃(爆撃のみならず機銃掃射も含めた)の総称でしょうが、やはり今の日本では死語ですね。

で、あちこち検索をしたらこんなページを見つけました。
ご参考までに。

http://www.asaho.com/jpn/bkno/2002/0318.html

もうひとつべつなもの↓

参考URL:http://www.warbirds.jp/ansq/7/G2000072.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報