出産前後の痔にはご注意!

早速ですが質問です。

二酸化炭素(CO2)は『シーオーツー』、水(H2O)は『エイチツーオー』と読みますよね

では、ブタン(C4H10)やグルコース(C6H12O6)も『シーフォーエイチテン』『シーシックスエイチトゥエルブオーシックス』と読むのですか?

長すぎて読みにくいので疑問に思いました。
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3です。


スルーしてもよかったのですが、どうしても#4様のお礼が気になってしまったもので…

僕が『理科』を習っていた当時、一部の炭化水素については中学の時点で、既に習っていたと記憶しています。
もちろん本格的に習い始めたのは、高校理科になってからですが。

質問者さまはうんざりするほど言われたことかもしれませんが、「ゆとり教育」の弊害を感じずにはいられません。

また理科教師も科学の世界をよく知っていないという点も挙げられます。
お勉強の理科は頑張ってきたのですが、実用上で必要な理科を知らないで教師になってしまった人が多いのかもしれません。
なぜならば、現場を経験すればIUPAC命名法、物質名、慣用名で呼んだほうが、簡単・確実、何より安全だからです。

これらは質問者さまのせいではなく、質問者さまを取り巻く教育環境が原因です。
でも質問者さまが大学生、社会人になれば、環境の原因も本人の原因にされてしまいます。

まぁ多少厳しい言い方ではあったと思いますが、これで大勢の前で赤っ恥をかくこともありませんし、それを知らない同級生と比べて一歩リードしたと思えばいいのです。

モノの呼び方は、時と場合で変わります。
化学物質だけでなく、それは人間関係でも一緒。
相手を思いやる呼び方を心がけてくださいね。

※化学を並んだ身としては「シーオーツー削減」という言葉がどうしても気になります。
質問者さまはきっとこの質問で「二酸化炭素」と読んでくれるでしょう。
これは日本の科学から見ても、喜ばしいことだと思います。
    • good
    • 5

少なくともあなたが院生になって学会で発表するとき、


>ブタン(C4H10)やグルコース(C6H12O6)も『シーフォーエイチテン』『シーシックスエイチトゥエルブオーシックス』
と読み上げたら「満場爆笑」間違い無しです。
他のお答にもありますが、異性体がある場合などその読み方は「最悪」でしょう。

>二酸化炭素(CO2)は『シーオーツー』、水(H2O)は『エイチツーオー』と読みます
これも発表時には「二酸化炭素」、「水」と読むのが一般的です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

初めて見た文字の羅列の読みを質問した高校生相手にそのような回答をなさるあなたにこそ『満場爆笑』でしょうね。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/06/06 21:40

分子式を読む場合は可能な限り、その物質名や慣用名を呼びます。



ですから、“シー・オー・ツー”と読む必要がないのなら『二酸化炭素』、“エイチ・ツー・オー”と読む必要がないのなら『水』と読みます。
ブタンやグルコースも然り、示性式をそのまま読み上げる必要がないのであれば、そのまま“ブタン”や“グルコース”などと読みます。
(なるべく聞き間違いや勘違いのしない呼び方のほうが好まれる)

“シー・フォー・エイチ・テン”などは一番非公式な呼び方と言ってよいでしょう。
数字を英語で読むか、日本語で読むかは4や5あたりが目安になりますが、呼び方が決まっているわけではないので、誤解のないように読めれば構わないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすく丁寧な説明ありがとうございました。納得できました。

お礼日時:2011/06/06 21:33

化合物を表す表記が上記のままなら、確かにそう読んで構いません。



ただ、異性体が存在する化合物の場合は、それが区別できるような示性式で書かれている方が圧倒的に多いです。もしくは慣用となっている物質名ですね。なので、読むときもそれに沿って読みます。

ブタンなら、

CH3CH2CH2CH3:n(ノーマル)-ブテイン

CH3CH(CH3)2:i(アイソ)-ブテイン

グルコース(glucose)もα-、β-、などの構造異性体の区別をつけて表記され、またそう読むようになります。


※ 余談ですが、英語だと、アルカン(alkane)類は~エイン(テイン)、アルケン(alkene)類は~イーン、アルキン(alkyne)類は~アインなどのような発音になります。

例えば、Ethane:エテイン,Ethene:エティーン(通称エチレン)、Ethyne:エタイン(通称アセチレン)となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/06 21:30

どちらかというと


シーよん、エイチじゅう
シーろく、エイチじゅうに、オーろく
と読みますが、普通はブタンやグルコースはそのまま名前で呼びます。
なぜなら、シーオーツ-と読めばCO2と具体的な化合物名が思い浮かびますが、ブタンやグルコースの分子式では異性体が多すぎて、化合物名が同定できないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

異性体の問題が出てくるのですね!!ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/06 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学式の読み方

例えば、

CO2を読み上げる際には、"シーオーツー"

と言いますが、水分子が2倍になっている(2H2O)場合、どのように読み上げるのでしょうか?

"2倍のH2O"でしょうか?
"に H2O"でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

話し言葉でのことですので、普通に言いやすく聞き取りやすい表現を選べばよいと思います。

例えば

2H2 + O2 → 2H2O

であれば、にえいちつーおーぷらすおーつーやじるしにえいちつーおー、で問題無いと思います。

Q化学式の読み方のルール

妹に聞かれたのですが答えられませんでした。教えてください。

 NaHSO4は硫酸水素ナトリウム
 MgCl(OH)は塩化水酸化マグネシウム

書き方、読み方のルールはどうなっているのでしょうか。
NaHSO4は、そもそも、Na+とHSO4-がくっつくので、HNaSO4とならないことは理解できます。
同様に考えると、MgCl(OH)は、MgOH+とCl-がくっつくのでMg(OH)Clになる気がするのですが。
それに、この()って必要ない気が・・・MgOHのときはいらないのに・・・
あと、読み方ですが、NaHSO4は後ろから順番に読むのに、Mg(OH)ClはOHから読みますよね。
(色々な参考書等を見ても全部その読み方になってます)
いったいなぜ??

Aベストアンサー

物質名や化学式の書き方はIUPACによる勧告で決まっております。

塩化水酸化マグネシウムはMg^2+とCl^-とOH^-のイオンでできた物質です。MgOH^+はほとんど存在していません。
複数のイオンが存在する場合、アルファベット順に書くルールがありますので、Cl^-が先、OH^-があとと言うことになります。

日本語名は基本的に「陰イオン名+陽イオン名」で、複数ある場合は陰イオンは陰イオンで前から、陽イオンは陽イオンで前からです。よって、
・NaHSO4は陰イオンの硫酸水素イオンと陽イオンのナトリウムイオンなので硫酸水素ナトリウム
・MgCl(OH)は、陰イオンの塩化物イオンと水酸化物イオンと陽イオンのマグネシウムイオンなので塩化水酸化マグネシウム
・AlK(SO4)2は、陰イオンの硫酸イオンと陽イオンのアルミニウムイオンとカリウムイオンなので硫酸アルミニウムカリウム
となるのです。

参考URL:http://ce.t.soka.ac.jp/muki/InorgNomen.pdf

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q原子番号 質量数 のついている元素記号の読み方

左下4 左上16  C  を音読しようと思ったらどのように読むのでしょうか?

よん じゅうろく たんそ でしょうか?

Aベストアンサー

左下の数字は原子番号です。
左上の数字は質量数です。

原子番号はその元素によって固有の値なので読む必要はありません。
質量数は中性子数で変化するので読む必要があります。
(最も安定な同位体は読まないことが多い)

一般的に、14Cは「シーじゅうよん」または「たんそじゅうよん」
と読みます。

Q例えば C6H12O6 などでの、数字の読み方

H2O は、「エイチ ツー オー」と読む人が多いと思います。
それでは、この数字が大きくなった場合(例えばC17H33COOHなど)、それでも英語で読むのでしょうか? 
例えば、学会では、どう読まれているのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本は日本語です。
「エイチ ツー オー」のような読み方をするのはむしろ少ないと思います。たとえば、H2SO4(硫酸)とか、CH3(メチル基)とか簡単なもののみです。
C6H5(フェニル基)でも「シー ロク エイチ ゴ」のように読む人の方が多いと思います。

どちらかが間違いというわけではないので好きなように読めば良いと思います。

Q分子結晶と共有結合の結晶の違いは?

分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

Aベストアンサー

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪

●分子結晶
分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素Si...続きを読む

Q化学式の発音

英語のテキストを音読しなければなりません。

が、式をどのように発音すればいいかわかりません。

A+B=C なら A plus B equals C.
になりますけど、
化学式の場合
A+B→C
の、「→」はどう読めばいいのか、
また平衡のときの「⇔」も読み方がわかりません。

あと、反応速度などで微分系の形で
d[A]/dt
もどのように発音すればいいのか、わかりましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

yield とか gives, goes toなんていうのもありました。
http://teachers.net/lessons/posts/361.html
http://www.teachers.ash.org.au/jfuller/chemistry/chem7.htm
http://wine1.sb.fsu.edu/chm1045/notes/Stoich/Equation/Stoich01.htm
http://wulfenite.fandm.edu/Intro_to_Chem/equations.htm

化学的平衡("chemical equilibrium")についてはわかりませんねぇ。

「d[A]/dt」は、たぶん
the derivative of [A] with respect to t
となるでしょう。「of」と「to」が入れ替わるのもありのようです。
http://www.sciforums.com/showthread.php?t=18172

参考URL:http://www.sciforums.com/showthread.php?t=18172

yield とか gives, goes toなんていうのもありました。
http://teachers.net/lessons/posts/361.html
http://www.teachers.ash.org.au/jfuller/chemistry/chem7.htm
http://wine1.sb.fsu.edu/chm1045/notes/Stoich/Equation/Stoich01.htm
http://wulfenite.fandm.edu/Intro_to_Chem/equations.htm

化学的平衡("chemical equilibrium")についてはわかりませんねぇ。

「d[A]/dt」は、たぶん
the derivative of [A] with respect to t
となるでしょう。「of」と「to」が入れ替わるのもありのようです。...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html