理科の授業で 1番楽しい授業といえば、実験です。
そこで小中学生を対象にした『野外でのミクロ観察』
を行ないたいと思うのですが、500~1000倍率で何が
見えるのかということで今、探しています。
安価で1000倍の世界が体験出来るのですが、何が見えるのか、何が見て感動をするのか、その「観察物」を探しています。
今のところ、独自に探しましたが
1.赤血球 X1000
2..皮膚ダニ X500
の当たりしかありません。
もっと感動を与えるような観察物はありますでしょうか?
アドバイスをお願いしたいのですが、お忙しいところ、大変申し訳ございません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

昔の経験者ですが、誰でも何処でも手に入る観察対象がよいと思います。



 倍率も観察しやすいように、低学年は100~500倍、高学年で300~1000倍の方が対象を捉えやすいと思います。

 昔の経験で恐縮ですが文化祭の展示で以外に好評だったのは、池のミジンコ、ワムシの類いとか蟻とか、室内の安全な蜘蛛のような手に入り易いものの展示で、倍率次第では思いがけない新しい驚きと感激があるはずです。

 30~50倍でバッタ、せみ、かまきり、蝿などの顔をアップにして絵に書いただけでも、CGグラフィックのイラストの世界に近い面白さが発見できる筈です。
    • good
    • 0

上等の顕微鏡だなあ。


プランクトンを見ないの?池の中の、藻や枯れた草の茎が固まってるやつ、あれを採集して絞るといろんなのがいっぱいいます。とてもきれい。
花粉も変な格好のがいっぱいあるなあ。
葉っぱでも何でも、薄く切って染めると細胞がよく見えます。タマネギなんかでやりましたねえ。
精子見るのも動きが面白いですが、誰の。
それから、ユスリカの幼虫、あの赤い虫ですけど、頭を摘んで引っ張ると、肉眼でも見える巨大細胞の塊が出てきます。これを染めると染色体が!
    • good
    • 0

その位の倍率になると多分、油浸系の対物レンズになると思います。


そうなると簡単にプレパラートが作れる材料ということになるのではないでしょうか?
本当なら染色もしたいところですが・・・。

染色ができれば細胞系のものが面白いと思います。

できなければ、花粉なんか入手も簡単で、数種類で形などを比べると面白いかもしれません。特に高倍率では形の変化が面白いです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冬の野外自然観察を教えてください。

小さい子どもの自然体験について教えてください。

山で遊ぶのが好きで、特に昆虫などが好きな少年たちは、
森林が凍てつき、虫捕りもできない冬の間、
野外に出たら、どんな遊びをしてすごしていますか。

冬しか観察できないもの、
冬に行っとくとよいスポット、
冬に探しに行って見つけるべきもの、
なにかお勧めの遊び、
面白いアイデア等

あれば教えてください。

雪のない地方で、大人と子供を交えた少人数でできる案をお願いします。

Aベストアンサー

虫が好きなら、オサ掘りなんてのはどうでしょうか。
夏場は取りにくかったオサムシが取り放題です。
オサムシは綺麗な個体も多いですし、地域によってレアな種もいて奥深いです。

あと、自然が好きなら冬の夜空は絶対見ておくべきでしょう。
空気が綺麗で暗い場所に行けば、宝石箱のような星空が見えます。

海や川が近くにあれば、バードウォッチングなどはどうでしょうか。
私は冬の朝方、河口にバードウォッチングに行くことがあります。
冬しか見れない渡り鳥が来ているかもしれません。

適当に思いつくまま挙げてみました。

Q細胞小器官の観察 ゴルジ体、中心体などが観察できなかった理由

学校で、タマネギの表皮細胞とヒトの口腔粘膜細胞の観察がありました。(光学顕微鏡)
染色液は酢酸カーミンで、倍率は100~400倍です。
どちらの細胞も、核ぐらいしか観察できず、レポートで観察できなかった原因を考えています。
ミトコンドリアや液胞は染色液が原因かと思っていますが、ゴルジ体、中心体、葉緑体の原因がわかりません。
わかる方がいたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

酵母の細胞内品質管理機構について調べているものです。

正直400倍程度だともし次に見えるとしたら液胞ぐらいで
ミトコンやゴルジなんかは、正直他の染色方法を考えないと
物理的に難しいと思います。

Qコルクの細胞観察

高校の生物の実習で剃刀で薄く切ったコルクの切片を顕微鏡で観察しました。
そしたらコルクの細胞は似たような形は一つもなく、皆違った形でした。
コルクの細胞がこのような形をしているなのはなぜなんですか?

Aベストアンサー

コルクの観察でロバート・フックがcell(細胞:小さな小部屋)と名付けたのでこの手の実習ははよくやりますね。
細胞の形に関してですが、まずコルクというのははコルク樫という樹木の表面の樹皮です。この層は既に乾燥している死んだ細胞の集まりです(これによって内部を守っているのですが)。
新課程なので浸透圧に関して学習していないと思いますので、その知識が無くても分かるように説明しますと、動物細胞と植物細胞の違いの一つに細胞壁があるか無いかがありますよね。硬い細胞壁があるために植物は体勢を保てる訳です(骨が無い訳)。
細胞の中身には細胞質基質や細胞小器官で満たされてますよね。でもコルクの層は地中海性気候の乾燥した時期に出来ます。その時に細胞内の水分が全て失われます。すると中身は空っぽになり細胞壁で囲まれた、小部屋の集まりになります。そのコルクの層ははがしたり、加工するときに圧力がいろいろかかりますよね。それに外側の細胞壁が耐えられずにいろんな形につぶれるので様々な形の細胞が観察される訳です。
背景から説明しましたがわかりましたでしょうか?
まぁだからコルクは柔軟性があるのでワインの栓などに使われるわけです。

コルクの観察でロバート・フックがcell(細胞:小さな小部屋)と名付けたのでこの手の実習ははよくやりますね。
細胞の形に関してですが、まずコルクというのははコルク樫という樹木の表面の樹皮です。この層は既に乾燥している死んだ細胞の集まりです(これによって内部を守っているのですが)。
新課程なので浸透圧に関して学習していないと思いますので、その知識が無くても分かるように説明しますと、動物細胞と植物細胞の違いの一つに細胞壁があるか無いかがありますよね。硬い細胞壁があるために植物は体...続きを読む

Q赤血球

赤血球内でATPを産生することはできるのですか??

Aベストアンサー

blackdragonさんは勘違いかと思います。

赤血球はミトコンドリアを持ちません。ですから好気呼吸は出来ません。しかし,解糖でATP合成は可能です。

参考URL:http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/hematology/node24.html

Q科学映像(ミクロ撮影など)を学術目的で撮影している方いらっしゃいますか?

ミクロ撮影などの科学映像を実際に作っていらっしゃる方へ。
また昆虫・小動物の生態観察に映像を使っているという方など、どのように撮影されているのか5W1Hでお聞きしたいのですが。
私は樋口源一郎さんの粘菌映画がとても好きで、小林米作さん(今年100歳!!)を尊敬しております。
今現在、科学映像とはそういった科学映像のプロではなく研究者がDV撮影している場合がほとんどだと思いますので、そういった科学映像が一般に知られることがあまりありません。
実際に撮影している方、マニュアルなど教えてください。

Aベストアンサー

私は仕事で撮っているので自分のHPにアップはしていませんが、
googleなどで「顕微鏡写真 自分の見たいもの」で検索すればたくさん出てきます。

人体があまり好きでないのでしたらお勧めできませんが
参考URLは人体のいろいろな組織の写真を見ることが出来ます。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/g_nexus_6/frame.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報