昔の人は「枕草子」とかの文章をそのまま日常会話として使っていたのですか?
それともあの言葉は文章用でほかにしゃべり言葉があったのでしょうか?
またそのまま日常会話として使っていたのだったら今日のようなしゃべり言葉になったのはいつの時代からでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 この手の推測はテレコが無い以上、所詮は推測でしょうが高価な紙にはそれなりの文章・・・つまり「話し言葉」でない「書き言葉」を書いていたと思います。



 現在使われている言葉から類推し、大胆な仮設をたてると「話し言葉」が文章に書かれるようになってきたのは上方文学から、それも「西鶴」の頃からではないかと推測します。

 一般庶民も読む「仮名混じり」の黄表紙的な本は会話らしい表現が随所に見られますね、、、しかし今日のような「しゃべり言葉」になったのはいつかと言われれば、連続した時間の線上の上で「いつ」とは決めかねます。

 一般には明治以降とか、戦後とか部分的には否定できない例もありますが、現在の話し言葉にも抑揚の無い「カレシ」とか、逆に語尾を極端に上げタリィ・・・という話し方が定着すれば、21世紀語と言えるかも知れません。
 
 
    • good
    • 0

回答ではないです。


一般に書き言葉は、文字として残るので、変化しずらいのに対し、
話し言葉は容易に変化します。
よって、書き言葉のほうがより古い言葉づかいになるというのは
不自然のことではありません。
かつて書き言葉と話し言葉がずいぶん違ったこともあったようですが、
「言文一致」とかいうので、書き言葉が、古い言葉づかいから
話し言葉なみの新しい言葉に改められました。

でも今「ら抜き」は駄目だとかなんとか、言葉はこう遣うものだなんて
定めようとしてますから、また書き言葉と話し言葉の食い違いが大きくなるでしょう。
言葉は変わるものなのに(^_^;)
    • good
    • 0

時代がぜんぜん違うんですけど、ちょっと参考になるかも知れないので・・・。


戦国時代の武将・黒田如水(官兵衛=かんべえ)の事をカトリックの宣教師はQuanfioyeと書いていたそうです。(司馬遼太郎著、播磨灘物語の冒頭参照)当時の人は”くわんふぃおいえ”って呼んでたんでしょうねえ。
旧かな使いの文をみると官と言う文字は”くわん”とかかれてますから、昔の口語が文章表現では残ってたんですね。
話言葉って常に変化してますから、いつ頃とはいえなくって、だんだん変わってきたんだと思います。
    • good
    • 0

参考になるかどうか解りませんが、ひとつ知っていることをお話しましょう。


『枕草子』に関して言えば、あの文章は、他の王朝文学と比べ、かなり砕けた文章だそうです。
橋本治氏の『桃尻語訳 枕草子』が『枕草子』が書かれた当時の印象に近いものである、と教授から教わったことがあります。
確かに、宮中の言葉は古来より特別なもので、一般人がはなしたことはなかったでしょう。
現在でも宮中で使用されている女房言葉は大凡一般人には理解できない特殊なものです。
また、現在でも文語と口語があるように、昔も記述する場合の言葉づかいと話す場合では違いがあったと思われます。
    • good
    • 0

専門知識が乏しいので参考になるのかどうか。

でも基本的な日本語はこの国が文明を確立していった時点で既に出来あがっていたんだと思います。ただ、それは市井の人のレベルの話で、皇族や貴族といった特権階級の人になるとその世界で使用する専門用語が多様されていったのではないでしょうか。現在でも業界用語といった隠語が存在する様にその世界に相応の言語が叉存在してたんだと思います。式部も納言も業界のヒトでしたしネ(笑) あとは時代に繁栄した新語が付いて来た、とこう考えるのですがどうでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q”なんか”という言葉 最近日常会話で、”なんか”という言葉をよく使います。何度も使うと、相手に伝えた

”なんか”という言葉
最近日常会話で、”なんか”という言葉をよく使います。何度も使うと、相手に伝えたいことが、曖昧になります。
そういった、口癖を改善するにはどうすれば良いでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

この場合の「なんか」は「なにか」の音変化形で、【1 はっきりした訳もなく、ある感情が起こるさま。どことなく。なんだか。】という意味になると思います。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/164507/meaning/m0u/
辞書にあるような
・どことなく
・なんだか
・よくわからないけど
・なんとなく
・特に理由はないけど
といった表現を使えば曖昧な印象は薄れるでしょう。

Q【旧約聖書と枕草子に詳しい人教えてください】旧約聖書と枕草子にカキ氷の記載があるそうなのですが、どこ

【旧約聖書と枕草子に詳しい人教えてください】旧約聖書と枕草子にカキ氷の記載があるそうなのですが、どこに記載があるのか教えてください。

旧約聖書のどこですか?

枕草子のどこですか?

Aベストアンサー

枕草子のみですが。

http://blog.goo.ne.jp/orange_no_siori/e/1dd33c1dd20aa7c873a12335019a174e

Qディベートの日常会話での有効性

みなさん、はじめまして。

ディベートの日常会話での有効性についての質問です。

日頃、相手から不当な中傷などを受けても、何も言い返せずに黙り込んでしまうようなことが多いです。

その場ではとっさに上手く言い返すような言葉が浮かばないのが原因なのですが、ディベートを勉強すればそういった場面でも効果的な反論が出来るようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

イメージトレーニングになりますので、割と早く反撃に出れると思います。
後になってから、「ああ言えば良かった」と思うことが私にもありますが、
結構咄嗟に少し考えて反論はしています。
人を中傷、非難するのではなく、自分の信念に基づく考えを引き出すようにしてください。

Q外国人向け、日本語教材の日常会話テープ 又は CD について

私は在日外国人に日本語を教えています。
今『日本語だけ収録の日常会話CD』がほしいと探していますが全くありません。。
英会話だと聞くだけで身につくとか英語だけで収録されているCDが沢山でているのだけれど、日本で日本語のテキストを見つけるのは難しいのかなー??
何方か情報を下さい。
試験問題とか練習用のテープ(説明とか入ってる)とかではなくて、純粋に会話だけのイントネーションなどを身に付けるための教材を探しています。

Aベストアンサー

凡人社の『毎日の聞きとり50日』(初級・中級とも上下あり。各3200円)を私は使っています。ただし、これはCDではなくてカセットテープです。
それから、聞き取ってタスクをこなすという形になっているので、「純粋に会話だけ」ではありません。お役に立たないかもしれませんね。

ラジオやテレビを収録して使ってみるなど、ご自分で工夫してみるのも一案ではないでしょうか。ラジオドラマとか、インタビュー番組とか。でも、これもクラスのレベルによりますよね。

ただ、英語で「聞くだけで身に付く~~」ってうたい文句の教材に、どの程度の信憑性があるものなのか……。私には???です。日本語もその点については???と思っています。

Q言葉の読み方とかの、とか

買春は、かいしゅんなのか、ばいしゅんなのか
下落は、げらくなのか、ぎゃらくなのか判りません。
人に聞いてもあやふやで、調べてもはっきりしません。
言葉の言い方や読み方は時代によって変化しているのでしょうか。
また「言葉とか、しゃべり方とか」の、とか、があまり好きではありません。
昔、躾に厳しい親戚の叔父さんに怒られた記憶があります。
「言葉やしゃべり方の」ほうが聞いていて、すっきりします。これも語尾上げのように時代の流れなのでしょうか。

Aベストアンサー

以前は「ばいしゅん」でしたが,最近は「売春」と区別するために「かいしゅん」と読むことが多いです。
特に,児童買春・児童ポルノ処罰法ができましたので(99年5月),ニュースなどでも「かいしゅん」という言い方をよく耳にするようになりました。
「児童売春」というと,児童が売春という犯罪行為をしているような響きがあるので,あえて「児童かいしゅん」と読むことで,児童に売春をさせている側の責任を問うということだと思います。
手元の,比較的新しい国語辞典(「新明解国語辞典第5版」)でも,「ばいしゅん」の項に「売春」「買春」両方が載っていますが,いずれ改訂されていくと思います。
ただ,「売買春」は「ばいばいしゅん」でしょうね(ばいかいしゅん,は聞いたことがない)。これも今後変わっていくかもしれませんが。

「ぎゃらく」は私も初耳です。
いわゆる「とか弁」や,語尾上げなどは,気になる人も多いです(私も)。ただ,使っている人も周りに多いので,気づくと自分もそれにそまっていることがあり,気をつけたいと思っています。
(ただ,語尾上げに関していうと,北関東のイントネーションは昔から語尾上げに近いパターンです。それはそれで一種の方言として大切にしたいもので,あえてよその地域の判断基準を持ち込むべきではないと思います)
時代の流れなのか,それとも一時的な流行でいずれまた消えて行くのかは,もう少し様子を見ないとわかりませんが,一般論として言えば,言い方にせよ,読み方にせよ,時代とともに変化するのは確かでしょうね。

以前は「ばいしゅん」でしたが,最近は「売春」と区別するために「かいしゅん」と読むことが多いです。
特に,児童買春・児童ポルノ処罰法ができましたので(99年5月),ニュースなどでも「かいしゅん」という言い方をよく耳にするようになりました。
「児童売春」というと,児童が売春という犯罪行為をしているような響きがあるので,あえて「児童かいしゅん」と読むことで,児童に売春をさせている側の責任を問うということだと思います。
手元の,比較的新しい国語辞典(「新明解国語辞典第5版」)でも,「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報