先に仕事でメールをもらったとき、「立会い」という言葉を見ました。 この言葉がよくわからないので、ほかの言葉「立合い」と違いがわからない。意味と意味の違いを説明ができるだれかがいれば、大変にたすかります。

よろしくお願いします。

アレック

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

かなり意味は異なります。


中高校生レベルの漢字テストに、同音異義語、異字同訓語としてよく出る問題です。

立ち会い・・・その場にいて物事の成り行きや結果を見守ること。またその人。立会演説。立会外取引。立会時間。
http://dictionary.goo.ne.jp/srch/thsrs/%E7%AB%8B …

立ち合い・・・双方から出て向かい合うこと。また出合って勝負を争うこと。試合。(相撲の) 立合。
http://dictionary.goo.ne.jp/srch/thsrs/%E7%AB%8B …
    • good
    • 2

文面によって多少意味が違ってきますが


一般的に「立会い」はその場に居合わせるといった意味になります。
証人になるためにその場に居るといったことですね
「立会人」という言葉の語源です。

一方「立合い」は勝負や決闘などを意味します。

どちらもお互いに出会うといった意味でも使うことが出来ます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「合理的に説明してください」という言葉の意味と使い方について

「合理的に説明してください」という言葉の意味と使い方がいまいちよく分かりません。

例えば相手が「○○が△△になっていたから、××した」と言ったとします。
しかし「△△になっていた」というのは、実は相手の嘘です。
相手から色々話を聞いていたら、相手の話に矛盾が出てきました。

こういう時に私は「合理的に説明してください」と言ったりするのですか?

つまり「合理的に説明してください」というのは、「あなたが今までした、いくつかの話をまとめた時に、矛盾が出ないように改めて説明してください。言い訳をだらだらするのではなく、なるべく短い言葉で、だれもがなるほどと納得するように説明してください」ということですか?

Aベストアンサー

>つまり「合理的に説明してください」というのは、「あなたが今までした、いくつかの話をまとめた時に、矛盾が出ないように改めて説明してください。言い訳をだらだらするのではなく、なるべく短い言葉で、だれもがなるほどと納得するように説明してください」ということですか?

おおむねそういうことでよいと思います。一番大事なのは「だれもがなるほどと納得するように」というところでしょう。
「理にかなった説明をしてください」ということですから。

ただ、相手がそのように説明してくれるとは限りません。
「そのようにきちんとと受け取るか」と「そのように話せるか」という、2つの難関がありますから。

Qほかはない 2) ほかならない 3) ほかにはない ??

あなたの命を救ったのは、御主人であるあなたを必死に守ったこの犬に(___)。 2
1)ほかはない 2) ほかならない 3) ほかにはない
1と2と3の区別はなんですか?どうも^^

Aベストアンサー

(_)の前の助詞「に」がポイントです。

すべての選択肢に当てはまるように文章を考えますと、

1)この犬のほかはない
2)この犬にほかならない
3)この犬のほかにはない

「ほかならない」は、「~にほかならない」の形で使います。
意味:まさに~だ、それ以外でない(強調、断定的に述べるときに使う)

つまり、1,3と比べて2が最も強調している文章ということになります。

Q意味が分からない言葉について アプリとは、どういう意味ですか? 日本語で分かりやすく、難しい言葉を使

意味が分からない言葉について
アプリとは、どういう意味ですか?
日本語で分かりやすく、難しい言葉を使わずに教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

アプリはアプリケーション(application)を略したもので、とくにソフトウェアに関してはアプリケーション・ソフトウェアの略です。アプリケーションとは適用(すること)・使用(すること)・応用(すること)・貼り付け(ること)などを意味し、アプリケーション・ソフトウェアはパソコンやスマホなどにインストールして使えるソフトウェアを指します。
アプリの仲間の言葉にアップリケ(フランス語)があります(こちらは服や布に何かを貼り付ける手芸のことです)。

Qこの言葉の違いどう説明すればいいでしょうか?

中国の知り合いAさんに「イ尓到底是在這里,還是跟他去?」は日本語でなんと言うかと聞かれて、「ここに残るか、それとも彼と行くか」と答えたが、正しいでしょうか?
知り合いBさんが「ここに残るか、彼と行くか、どっちにする?」のほうが正しいではないかと言われて、ニュアンス的にちょっと違うと説明しましたが、どうしてもうまく納得できないので、その違いをどう説明すればいいでしょうか?
皆さん助けてください。

Aベストアンサー

france-jinさん、

ご質問:
「還是」=それとも、私もそう思って答えたが、他の方が仰ったよう「到底」を強調したい場合は「どっち」を使ったほうが適切ですかね?

そうですね。「到底」があれば、日本語では「どっち」を使ったほうが適切です。

「到底」を入れる目的は、日本語の "いったい"ですね。あなたに何回も同じの質問を聞いても回答無しとか、はっきり教えなかった場合は、欲しい答えはやっぱり "どちらですか" についてです。

怒っているかもしれないし、平気の時も使えます。

例えば、あなたの顔を見て、日本人はずだと思っていましたが、ある日、あなたが広東語がうまいことがわかって、以前あなたに質問を聞いたことがないけど、

”祢到底是日本人、還是香港人?祢的広東話非常好”
これは 怒っていません。

”祢到底来、還是不来?我等了祢一個小時”
これは怒っています。

Q誤用されている言葉や意味が一般化している場合は、もうそれを正式な言葉や意味にして良いんじゃないかな?

例えば「間髪入れず(かんぱついれず)」って使う人多いですが、本来は「間、髪を容れず(かん、はつをいれず)」ですよね。
「すぐに」とか「即座に」って意味で使っているから意味は良いとして、言葉としては「間髪容れず(かんぱついれず)」を正式な使い方にしちゃっても良いと思うんですよ。

「三十路(みそじ)」ってのも30歳ちょうどのことだけど、この言葉を使って30代をあらわしたりする人も結構いますよね。
だったらもう三十路は「本来30歳ちょうどを意味するが、30代を表現する場合も使用する」みたいな感じで意味を変えちゃったり。

「敷居が高い」ってのも、「後ろめたいことがあって、そこを訪れるのに抵抗感がある」って意味だけど、「分不相応」って意味で使ってる人が多いと思うんですよ。
これももう「分不相応」も加えちゃって良いんじゃないかと。

他にも「煮詰まる(議論とかが)」とか「姑息」とか。

なぜならその間違った意味や用法で会話が成立しちゃってるから。
本来の意味をちゃんと理解している人たちは、そういう会話を聞いていると、「???」となると思うのですが、正式な意味として認定されてしまえば、その微妙なストレスはなくなると思うんですよね。
言葉なんて時代で変わっていくものだから、もっと柔軟にした方が良いと思うのですが、いかがでしょうか?

例えば「間髪入れず(かんぱついれず)」って使う人多いですが、本来は「間、髪を容れず(かん、はつをいれず)」ですよね。
「すぐに」とか「即座に」って意味で使っているから意味は良いとして、言葉としては「間髪容れず(かんぱついれず)」を正式な使い方にしちゃっても良いと思うんですよ。

「三十路(みそじ)」ってのも30歳ちょうどのことだけど、この言葉を使って30代をあらわしたりする人も結構いますよね。
だったらもう三十路は「本来30歳ちょうどを意味するが、30代を表現する場合も使...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃることは一理あると思います。

 例にあげられたような言葉は、まだマシです。
 辞書をひけば本来の意味がわかりますから。
 しかし、「誤用」のほうが完全に優勢になれば、コミュニケーションのツールとして成り立たないでしょう。
 下記のリンク先のリンク先からひきます。
==============引用開始
 昔、後輩が恥をかいた話を聞いたことがある。お偉いさんに仕事の進捗状況を訊かれ、「完全に煮詰まってます。アドバイスをいただけませんか?」と言ってしまったそうだ。
「オマエはオレをなめてんのかー!」と一喝され、延々と説教されたらしい。
 誤用ひとつにメクジラを立てるのもどうかと思うが、このお偉いさんはそういうキャラだからしかたがない。「煮詰まる」と「行き詰まる」を間違えると、こういうことが起こりかねない。
 実社会で使っちゃいそうで、使っちゃうと相手が逆上しかねない誤用って、ほかにもいろいろある。
「ご苦労様でした」
「役不足」
「枯れ木も山の賑わい」
 そういうのは知っておかないとダメだろ。
==============引用終了

 近年、辞書をひいても本来の意味がわからなくなった言葉がいろいろあります。
 個人的には、「使えなくなった言葉」になっています。
 詳しくは下記をご参照ください。
【もうダメかもリスト】〈2〉──けっこう厳選(笑)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2266.html
==============引用開始
【1】これはもうダメだろう(新聞や辞書でも目にする)
1-1  一生懸命
1-2  独壇場
1-3  喧々諤々
1-4  潮時
1-5  ぎこちない
1-6  まぬがれる
1-7  逆王手
1-8  組みしやすい
1-9  檄(げき)を飛ばす
1-10  忸怩(じくじ)たる
1-11  知恵熱 ※これは新聞では見かけない?
1-12  確信犯
1-13  とても+肯定形
1-14  ★全然+肯定形(個人的には× 新聞も使わないだろうな)
1-15  なるほど(好ましくない相槌)
1-16  こだわり(本来は否定的な語)
1-17  生き様(微妙。「様」は本来は否定的な語)
1-18  さらなる(微妙)
1-19  破天荒
1-20  助長
1-21  ごぼう抜き
1-22  手をこまねく
1-23  憮然
1-24  白羽の矢が立つ
1-25  ジンクス
1-26  斜に構える
1-27  とんでもありません
1-28  とんでもございません
1-29  せめぎ合う
1-30  他人事(たにんごと)
1-31  王道
1-32  善し悪し(よしわるし)
1-33  私淑
1-34  欠
1-35  鳥肌が立つ
1-36  心が折れる
1-37  あげつらう

(略)
==============引用終了

おっしゃることは一理あると思います。

 例にあげられたような言葉は、まだマシです。
 辞書をひけば本来の意味がわかりますから。
 しかし、「誤用」のほうが完全に優勢になれば、コミュニケーションのツールとして成り立たないでしょう。
 下記のリンク先のリンク先からひきます。
==============引用開始
 昔、後輩が恥をかいた話を聞いたことがある。お偉いさんに仕事の進捗状況を訊かれ、「完全に煮詰まってます。アドバイスをいただけませんか?」と言ってしまったそうだ。
「...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報