位置情報で子どもの居場所をお知らせ

現在カーボンCFRPの加工を行っているのですが,カーボンの粉は人体に有害と聞きました.
ですが検索してみてもなかなかカーボンの有毒性について載っているサイトが見つかりません.
カーボンCFRPの粉は本当に有毒なのでしょうか?
取り扱いの注意などと共に教えていただけると幸いです.

A 回答 (2件)

一般に公表されてはいませんが、毒性はアスベストに準ずると考えられているようです。


先進的な研究室では「無塵化」し「衣服の取り替え」を徹底し、もちろん飲食物持ち込み厳禁の「閉鎖空間」での実験を行っています。
理由は、この物質が「代謝不能」「排除不能」であるためです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます.
無防備で加工を行っていたのですがやはりマズイようですね…

どの程度の量を吸ってしまうとリスクが高まるのでしょうか?

お礼日時:2008/07/14 12:07

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/21/n …
http://www.ednjapan.com/content/l_news/2008/05/u …

あとはとがったカーボンが肺の中に入ると肺をきずづけのもあります

対策は
アスベスト対策と同じで同じ規格のマスクをして作業をするなどです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
現在は危険性が指摘されている段階ということでしょうか.
今後取り扱いには注意したいと思います.

お礼日時:2008/07/14 12:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭素繊維(カーボン)の危険性について

炭素繊維(カーボン)の人体における危険性についての質問です。

日頃より使っている、とある道具がカーボンでできています。

ところが、先日、破損してしまい、コーティングが破れてさらに削れ、素材があらわになってしまいました。

破損面は少々ケバケバしており、灰色でさわると手に灰色がつくような状態です。

そこでアスベスト(まったく関係ありませんが)を想像してしまい、「炭素繊維があらわになり何か人体に影響ないのか?」と感じました。

とくに問題ないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カーボンナノチューブの一部の構造は有害性が指摘されていますが
質問者様のはゴルフクラブか自転車フレームあたりに使用されている
炭素繊維CFRPかと思います

CFRPは触っても舐めても吸っても無害です

Qハンダ付けのときの煙って、吸い込んでも問題ないですか?

ハンダ付け作業時に、ハンダから煙が出ますが、吸い込んでも問題は無いんでしょうか?また、煙が目に入ったりとかも心配です。

Aベストアンサー

ハンダヅケヒュームの毒性については.2つの報告があります。
1.松脂(はんだ付ようペースト)による気管支炎・喘息
2.鉛・錫による中毒
ハンダ(solder)で検索(PubMed)すれば.大体のところはわかるかと思います。
Http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed

鉛の毒性については.呼吸器からひゅーむとして入った場合に.呼吸器疾患がなく.りゅうけいの大きな場合は.原則としてたんとして.胃に輸送され.胃酸で分解吸収されます。
呼吸器疾患がある場合(例喫煙者)や粒子が小さい場合(例としては拳銃の煙.銃弾はハンダ屑と鉛をたして流して作りますからハンダの一種でしょう)には.たんがたまりますので.健常者の2-5倍の量が肺に蓄積します。胃へ移動せず.年単位の時間がかかって徐々に肺から吸収されます。この時の特徴として.鉛中毒指標(ALAゃコプロなんとか)は上昇しません。又.血中鉛濃度が上昇するのに.半年以上の時間がかかります。又.高濃度の鉛が胃腸管から吸収される場合と異なり.肺からの吸収は.徐々に.すこじづつ.起こります。その結果.時間差が出てしまい.毒性かはっきりわかるような特性を示しません。特に.肺は呼吸器ですから.常に新鮮な血液が流れてきて.この血液に解けるだけの鉛が徐々に溶け出すので.骨蓄積鉛と同様に鉛中毒指標を上昇させません。しかし.血に溶ける程度は最大に溶けていますから.神経毒性が強くなります。その結果.たとえば.心臓の神経伝達が遅くなって.心不全となり仕事を辞めて行く方が多くでで.鉛中毒指標が上昇するまでだけも勤めてなく.いつまでたっても鉛の毒性か証明されない(鉛中毒指標が上昇しない)ことになります。

毒性か証明されない各種身体障害がでるでしょう。
それと.鉛規則関連を読むと.「蓄積鉛は毒性がない」という方針で書かれています。これは.血中鉛濃度が上昇しない.鉛中毒指標が上昇しないためです。しかし.神経毒性が現れてきます。特に.骨の成長が停止する40代以降は.骨から鉛が溶け出し.神経に作用してあるとあらゆる神経障害を引き起こします。神経毒性を考えれば.40過ぎになってあるとあらゆる神経障害に悩まされることになりかねません。多くの方はこの時に精神疾患と誤診され.効きもしない森田療法などの神経治療が行われるでしょう。又.脳にはメタロチオイネン類似物質として鉛が蓄積します。これは.老人性痴呆症の原因の一つです。痴呆患者の脳内鉛濃度が高いという報告をなんかで見かけましたが.放射性鉛の報告かもしれません。
肺から吸収される鉛は.胃腸管から吸収される鉛とは異なった変な特性を持ちます。神経毒性がきわめて高く.造血毒性を示す鉛中毒指標が現れない状態でいろいろな身体障害を引き起こします。現行鉛作業規則では.神経毒性についてはまったく考慮されていませんので.その取り扱いには注意が必要です。

最後に.現在使用されているハンダにはいろいろなわけのわからない種類のハンダがあります。鉛・すす・インジウム・銀・ビスマス・アンチモンが化学便覧に記載されている成分です。これらの物質についてはわかりません。検索してみてください。

ハンダヅケヒュームの毒性については.2つの報告があります。
1.松脂(はんだ付ようペースト)による気管支炎・喘息
2.鉛・錫による中毒
ハンダ(solder)で検索(PubMed)すれば.大体のところはわかるかと思います。
Http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed

鉛の毒性については.呼吸器からひゅーむとして入った場合に.呼吸器疾患がなく.りゅうけいの大きな場合は.原則としてたんとして.胃に輸送され.胃酸で分解吸収されます。
呼吸器疾患がある場合(例喫煙者)や粒子が小さい場合(例としては拳...続きを読む


人気Q&Aランキング