大人になってからヴァイオリンを始めて1年になります。
最初の頃は長年の憧れだったヴァイオリンを弾くことが出来、とても楽しかったのですが、最近少し苦痛になっています。
それは「音程が正確に取れないこと」です!
具体的には自分が出したい高さの音に、左指が正確かつ安定して押さえることが出来ません。

音程を正確に取るためには先ず耳の訓練が必要なことは多くのサイトやレッスン誌にも書いてあります。
私も電子ピアノで様々な音階をゆっくり弾いて練習しています。
また、レッスンを受けている先生からは「他の弦との共鳴で確認しましょう」と指導されています。
確かにその通りだと思います。
しかしそのようにして自分が出したい音がイメージ出来ても、肝心の左指がその音を出す場所に行かない状態です。
共鳴で確かめるということも結局は弦を押さえて音を出して初めて認識できることで、いつも音を出してから「あ~、またズレてた・・・」の繰り返しです。

ゆっくりと音階を弾いていくだけなら何とか音程を外さずに出来ますが(百発百中ではありませんが)、少し早い曲を弾いたり、ポジションチェンジをすると外れてしまいます。特にサードポジションからファーストポジションへの移行時によく外してしまいます。

ヴァイオリンを始めたばかりの頃は正確な音程もわからなかったので、何となく近い音でも満足できていましたが、耳が訓練されてきた今では自分の音で気持ち悪くなることもしばしばです。

やはりひたすら練習して身体で覚えるしかないのでしょうか?
現在私が行っている練習は、調別に(今のところはC、G、D、Aだけ)音階やスケールをゆっくりと共鳴音を意識しながら練習しています。また電子ピアノでの確認もしています。
効果的な練習方法や、考え方などヒントになることでしたら何でも結構ですので教えてください。

長さにしてみると数ミリの世界ですが、それをいつも正確に押さえられるヴァイオリニストの方は改めて尊敬です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ヴァイオリン族の楽器は、やはり音程をとるのが難しく、これは楽器の特性上仕方がありません。

練習あるのみですね。私も長年チェロを弾いていますが、音程に関しては未だに満足がいきません。

>それをいつも正確に押さえられるヴァイオリニストの方は改めて尊敬です。
じつは違うんですよ。確かに上手い人は音程を正確にに当てる確率は高いですが、全ての音で正確に当てているわけではありません。「外した」と思ったら、瞬時に修正しているんです。よく考えてみてください、いくら天才でも100%正確に押さえられるなんてあり得ないと思いませんか? 現実には、いかに聞いている人に分からないように修正するかがポイントなんです。hctclvさんの場合、音程がずれたら「ずれた」と気づくことが出来ていますので、あとは瞬間的に修正できるように練習すればきっと上達すると思います。


>ギターのように目盛(目盛の名称が分らない)を作ってあげたら覚えやすいですよ。
 それだけは絶対にやってはいけません。音程は耳で聞いて修正するようにしてください。目で見て修正する癖がついてしまっては、永久に音程がとれなくなってしまいます。

>多分弦は平均律
 ヴァイオリン族の楽器は平均律ではありません、純正律です。ほんとうに弾いている人ならこんな稚拙な間違いをする筈がないと思いますが、、、。haruhyoubyさん、知らないのなら、いい加減な回答をするのはやめてください!
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これからも正確な音程に近づける指感覚を習得すると同時に、
耳の訓練も行い、瞬時に音がズレたかどうかを判別し修正できるようになりたいと思います。

お礼日時:2008/07/21 19:37

手短にワンポイントアドバイスです。


「左手の親指の位置を意識したことがありますか?」

ポジションをとるときには親指を意識して練習してみてください。
目印は何もないので,やはり感覚で覚えるしかないです。
百発百中を目指してゆっくり練習してください。

親指の重要性について書かれているページがありましたので,
読んでみてください。参考になると思います。

ポジション移動で音程が定まらない場合
http://www.violinwakaru.com/artcl_30/30_00092.htm

3rd から 1st ポジションへ
http://silver-tone.com/howto/howto_311.asp
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
また、参考になるサイトを紹介していただき、ありがとうございます。
他のページも「なるほど!」と思うことが多く、各ページをじっくり読んでいきたいと思います。

お礼日時:2008/07/21 19:37

補足。

私のかなり昔の弦経験によると(記憶が朧ろげ)
多分弦は平均律???(その辺り専門ではないので良く分らないのですが)というか、全体の指盤の長さに対して、各音がほぼ等分割に付置してあったので、どの辺りにどの音があるのか一つ一つの音を正確に捕まえるというよりは、全体の弦の長さをまず捉え(基準とし)て、どの辺りを押さえればいいのかを考えていけば良いと思います。最終的には腕と指との感覚で覚えていくしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これからも頑張っていきたいと思ってます。

お礼日時:2008/07/21 19:04

一般的には鍵盤や他の楽器の演奏の通り、丁寧に(同音の共鳴-「うなり」が聞こえる部分を探して)音を覚えていくのが良いでしょうが、コントラやチェロの訓練で(指盤が長いので状況がまた異なるとは思うのですが)時折使うように、各音の高さのところで白い糸等(端はセロテープでひっつけてました)で、ちょうどギターのように目盛(目盛の名称が分らない)を作ってあげたら覚えやすいですよ。

慣れてきたら外して、あとは身体感覚で覚えましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
糸を張ったり、シールをつける方法は賛否ありますが、それも1つの方法でしょうね。
最終的には身体感覚が大事ということはよくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/21 19:03

 


 偽奏音程 ~ 調と律の融合 ~
 
 だれにも共通の“正しい固定した旋律”は、存在しないようです。
 物理的に承認される音程は“オクターブ”や“完全五度”などです。
(ヴァイオリンは原則として、四本の弦を“完全五度”に調弦されます)
 
 GDAEの周波数は、それぞれ等しい間隔ですが、ハ長調のメロディ
では、A弦とE弦が、開放弦のままだと不自然に(無機的に)響きます。
 そこで、上昇するときは高く、下降するときには低いめに奏します。
 
 さらに転調するたびに、つなぎめごとに丹念に調整、ゴマ化しながら
“偽奏”します(途中で調律できない伴奏ピアノも、狡猾な技巧を要す)。
 かつて歴史的に、四つの調律法(調弦法)が存在しています。
 
1.自然律(金管楽器の倍音=8:5:3:2の順に得られる古代率)
2.平均律(1700年頃、バッハが用いた鍵盤用の均等音程などを総称)
3.純正律(1889年、田中正平が、転調可能な多鍵盤オルガンを発明)
 
4.カザルス(Pau Casals i Defillo')の“表現する音程”(弦楽器)
 彼のチェロは、シャープ記号を半音よりも高く、フラット記号を半音
より低く捉える傾向があると指摘され、賛否両論が対立しました。
 
 つぎの引用は、芸大在学中にアルト・サックス(木管楽器)を選んだ
作曲家の伝えるエピソードです。この書籍は、才気にあふれています。
(おもしろい観点ですが、わたしは音程優先だったと解釈しています)
 
── かつて、モーツァルトの演奏にかけては神格化されていた指揮者
ブルーノ・ワルターは、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団のあ
る日の練習のさい、こういったそうだ。
 「だめだ、だめだ。ああ、モーツァルトが聞いたら、何といってなげ
くだろう!」
 この言葉が出たのは、オーケストラのヴァイオリン・パートが、モー
ツァルトのシンフォニーのなかの和音に、開放絃を使った直後のことで
あった。それから一つ一つの和音を、ていねいにヴィブラートをかけて
分奏する練習が始まったという。(II 音楽の形成 3 速度と表情)
── 芥川 也寸志《音楽の基礎 19710831-19781030 岩波新書》P128-129
 
 おしまいに一言。あなたがイメージする音程は、誰かの演奏した旋律
を脳内記憶したものです。その通りに再現できたら、おそるべき奇跡的
技巧の持主ですが、しょせん誰かのコピーにすぎないのです。
 
 わたしは、アマチュア演奏家たる者は、愛読する古典文学を音読する
アマチュア文学者のように、つつましい研究家たるべきだと思います。
 もちろん、同居者のために、しばしば黙読しなければなりませんが。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
ヴァイオリンを一生の友として続けていきたいと思ってますので、含蓄のある文章を参考に、わからないところは可能な限り調べていきたいと思います。

お礼日時:2008/07/21 18:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筝のことですが・・・。陰音階?四七抜き音階?陽音階?よくわからなくなっちゃいました!

学校で筝のところがテスト範囲で今勉強をしているのですが。。。
陰音階?四七抜き音階?陽音階?よくわからなくなっちゃいました!陽音階か陰音階のどっちかが四七抜き音階のはずなんですけどどっちなんでしょうか???明日がテストなんで急いでます!!!!!!!!!!!

Aベストアンサー

筝の音階といいましても、理屈で考えれば、ようは柱(じ)の位置さえ変えてしまえば、どんな音階でも作れてしまうのですから、まさに自由自在なのですが、おそらく、学校で習った筝の音階とは、生田流、山田流で使われている、一般的な13弦の筝の調律のことを言うのでしょう。

参考URLでわかるように、その場合は、いわゆる「陰音階」の「ヨナ抜き」と言われるものでしょう。「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ」のうち、4番目のレと、7番目のソを基本的に使わない音階による音楽のことです。

でも、陰音階などという言葉、久しぶりに使いました。今でも言うのですね。

ちなみに、はるか昔の雅楽の時代の筝(樂筝)は、陽音階で調律されるのが一般的のようです。テストに間に合いますか?

参考URL:http://a-youme.jp/okeiko/html/know/01.html

Qどうしてもヴァイオリンが弾きたい

今20代のものですが、どうしてもヴァイオリンが弾きたくて

しょうがないです。

この旨を吹奏楽の知り合いに聴いて見た所、ヴァイオリンは無理だから

チェロにすれば?と宣告されました・・・

子供の頃からじゃないと無理といわれたのですが、

どうしてもヴァイオリンを奏でたいです。

もちろん趣味の範囲ですが、音楽経験が皆無の私が

効率よく演奏出来る程度のレベルまで持っていくにはどうすれば

いいでしょうか?

ちなみに次期社会人、予算(低)です。

方法だけでも是非。

理想は家で好きな曲をYAMAHAサイレントヴァイオリンでギコギコです・・

Aベストアンサー

私も28で始めました。どうしてもやってみたかったもので。
週1で30分のレッスンを受け、毎日1時間くらい練習しました。3年たって、アイネクライネナハトムジークに挑戦中です。自分では思ったより満足できる上達ぶりです。
費用はレッスンが月1万かかり、ヴァイオリン本体と弓とケースのセットで19800円でした。安物ですが、特に不自由してません。いまだに使ってます。
私は、よい先生に習うことと、練習を毎日することと、自分でよい音が出るよう工夫する感性があることが、ポイントだと思います。大人でも子供でも、自分で工夫できない人はうまくなってないです。
とりあえず安い楽器買って、習いに行くことをお勧めします。

Q第2弾: コード毎に調整すれば、絶対音感の人も完璧と認める音程で1曲全ての演奏が可能か?

まえの質問の 『絶対音感の人が完全と認める純正律でのドレミの周波数は?』 ですが、この悪夢の疑問の泥沼にはまっていたのは十数年前で(歳がばれる)、本当に疑問に思っていたことはちょっと違っていました。
今思い出しました。すみません。

●本当に疑問だったこと その1
3音の和音なら完全にきれいに響く和音ができることと、曲にはどの瞬間にも必ずコードがあること、この2つのことを考えると、 『コード毎に音程を調整しながら演奏すれば、1曲の最初から最後までの全てを完全に純正律で演奏することが可能なのではないか?』 でした。
「完全に純正律で」とは理屈の上での純正律ではなく、絶対音感の持ち主の人が 完全! 完璧! と認める音程での演奏のことです。

●本当に疑問だったこと その2
仮に上記「その1」の答えが YES だとした場合、それぞれのコード間の音程の比率はどのようになるのでしょうか? その計算式を教えて下さい。
もしかしたらコード進行によって、つまり同じFのコードでも、たとえば C→F の場合と G→F の場合とでは、同じFでも微妙に音程が違ってくるような気がするのですが、その辺の解説とか、コード進行ごとの計算式とか、 ・・・・・ 望み過ぎですね。

音楽の才能も絶対音感もない平凡なサラリーマンを、どうかお救い下さいませ。

まえの質問の 『絶対音感の人が完全と認める純正律でのドレミの周波数は?』 ですが、この悪夢の疑問の泥沼にはまっていたのは十数年前で(歳がばれる)、本当に疑問に思っていたことはちょっと違っていました。
今思い出しました。すみません。

●本当に疑問だったこと その1
3音の和音なら完全にきれいに響く和音ができることと、曲にはどの瞬間にも必ずコードがあること、この2つのことを考えると、 『コード毎に音程を調整しながら演奏すれば、1曲の最初から最後までの全てを完全に純正律で演奏す...続きを読む

Aベストアンサー

●本当に疑問だったこと その1について
コード毎に調整すれば可能ですが、鍵盤楽器ではまず無理です。
バイオリン系統では可能ですが、バイオリン3台で3和音のコード
進行は可能です。しかしあまり意味の無いことではないでしょうか。
●完全な純正率はありえないので(どこかでギャップが発生します)
例えば 主音Cの周波数を1(例えば100HZ)とすると
→完全5度上のGは周波数は 3/2 (150HZ)
→完全5度上のDは周波数は 3/2x 3/2 = 9/4 (225HZ)
(オクターブ下のDはその半分で 9/8 (112.55HZ)
→完全5度上のAは周波数は 9/8x 3/2 = 27/16 (168.755HZ)
と順に調律していくと
C→G→D→A→E→H→F#→C#→G#→D#→A#→F→C(オクターブ上)
計算では 周波数が 262144/531441 (202.7HZ)になります。
これではせっかくの純正率がなりたたなくなります。

現代聞き慣れているピアノやキーボードは平均率ですから純正率と
比べるとかなり緊張感のある刺激的な和音(正確には濁っている)のですが気にならなく、転調も容易です。
絶対音感と純正率はあまり関係ないと思いますが?

●本当に疑問だったこと その1について
コード毎に調整すれば可能ですが、鍵盤楽器ではまず無理です。
バイオリン系統では可能ですが、バイオリン3台で3和音のコード
進行は可能です。しかしあまり意味の無いことではないでしょうか。
●完全な純正率はありえないので(どこかでギャップが発生します)
例えば 主音Cの周波数を1(例えば100HZ)とすると
→完全5度上のGは周波数は 3/2 (150HZ)
→完全5度上のDは周波数は 3/2x 3/2 = 9/4 (225HZ)
(オクターブ下のDはその半分で 9/8 (112.55HZ)...続きを読む

Qピアノ教則本(HANON音階練習)にモードが載らない理由

3,4年くらいクラシックピアノをやって、いまジャズをちょっとやろうかと思っているものです。ハノンをずいぶんとやりました。それで、音階とうものがあたかも「長音階」「和声旋律短音階」だけしかないかのような感覚になってしまい、モード(イオニオアン、ドリアン、フリジアン、・・・オルタードドリアン、ミクソリディアン♭6・・・)といような音階が、非常に遠いと言うか奇異な存在として感覚されてしまいますが、実は長音階短音階と並んで同等に近い位置で、身につけるべきものだと思うんです。
クラシックではなぜ、実際使っていると思うんですが、モードの音階を軽視するのでしょうか。

また、各モード音階の指使いなどはどう考えたらいいでしょうか。黒鍵は親指以外でというパターンで考えればいいんでしょうか。

Aベストアンサー

学術的には、長調や短調と、モード、は別な物とは考えません。専門的には Major mode, minor mode, という使い方をします。数あるモードの中から、歴史的に アイオニアンが長調、エオリアン(アエオリアンとも呼ばれます)が短調として使われるようになったのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89_%28%E6%97%8B%E6%B3%95%29

もっと専門的には

http://en.wikipedia.org/wiki/Musical_mode

中世の教会旋法は6音(ドからラまで)しか無かったので、モードは元々6種類だけでした。で、19世紀フランス印象派に影響を受けたジャズを行うに当たって、「シ」からはじまるモードはどうしようか?ということで、後に ロクリアンが加わりました。

=スケールの指づかい=

ハノンの指づかいは完璧ではありません。無数にある指づかいのうち、ハノンの指づかいは、ほんの一部と考えるのが妥当だと思います。レベルにも寄りますが、親指で黒鍵を弾かなければならない場合もあります。それぞれの場所で、いちいち指づかいのプランを立てなければいけません。鉛筆で自分の指づかいを書き込むわけです。では、大雑把ではありますが基本をいくつか。

右手: 
一番下の音が白鍵の場合:1
一番下の音が黒鍵の場合:2
一番上の音が白鍵の場合:5
一番上の音が黒鍵の場合:4

左手:
一番下の音が白鍵の場合:5
一番下の音が黒鍵の場合:4
一番上の音が白鍵の場合:1
一番上の音が黒鍵の場合:2

と、だいたいこのようになります。もちろん例外はたくさんあります。
しかし、これで全てのモードの指づかいが大体カバーできるはずです。ぶっちゃけた話し、弾けたら何でもいいのです。ハ長調スケールのように全部白鍵の場合は123だけで弾いてしまうほうがやりやすい場合もあります。ハノンの枠を越えて、柔軟に考えてみる事が大切だと思います。

余談ですが、我が国家「君が代」は dドリアン、 と西洋では解釈されています。  

学術的には、長調や短調と、モード、は別な物とは考えません。専門的には Major mode, minor mode, という使い方をします。数あるモードの中から、歴史的に アイオニアンが長調、エオリアン(アエオリアンとも呼ばれます)が短調として使われるようになったのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89_%28%E6%97%8B%E6%B3%95%29

もっと専門的には

http://en.wikipedia.org/wiki/Musical_mode

中世の教会旋法は6音(ドからラまで)しか無かったので、モードは元々6種類だ...続きを読む

Qオリエンタル音階ってどんな音階?

こんにちは。
オリエンタル音階という音階があるそうですが、どんな音階でしょうか?
半音が四つ、増四度音程が二つあると聞いたのですが、具体的な音が分かりません。
ご存知の方がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

蛇遣いが使うような感じのエキゾチックな音階です。

中東では Hejaz Scale ヘジャーズ・スケール、
インドでは ラーガ (インドの音階)といわれるものの総称と考えてよろしいと思います

下のサイトの中の、「アラブの音階」、「インド」の音階を比べてみますと、共通する音階が存在します。種類が多いので、「オリエンタル音階とはこれだ!」と特定できるものではないと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%9A%8E


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報