痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは。

理学部と工学部の違いについて教えてください。
また、この二つをあわせた理工学部の性格についても教えてください。
僕のイメージでは理学部は国立にしかなく、主に哲学的な事を
学ぶ。物理、数学など。実学的ではない。社会の即戦力にはならない。
しかし、基礎研究という事ではとても大事。
工学部は比較的実社会と連動していて、社会に出ても即戦力に
なり得る。形而下学を学ぶ。電気工学、機会、情報など。
庶民的。
理工学部は、どちらかというと工学部のイメージに近く庶民的
比較的社会と連動している。

という感じです。
本当のところを教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>ちなみにプリンキピアはラテン語でかかれているのでしょうか?




プリンキピアは何度か再版されています。
第1版:1687年 ヨハネスケプラーの惑星の理論にニュートンが
    完成させた距離の2乗に反比例するという重力の理論を
    組みあわせ、王立天文台の観測データ等を交えながら
    惑星の運動を微分法を用いて定式化。これを全3冊にまとめ
    出版。
     重力の理論はロバートフック(フックの法則で有名)が
    数式化を試みたが未完成。この問題についてエドモンド
    ハレー(ハレー彗星の周期計算で有名)らと論じていた。
     ハレーがこの話をニュートンに話したところ、すぐ
    数式化の要点をニュートンが答えたため、その考えを出版
    するようニュートンに働きかけたのがきっかけ。
第2版:1713年 ライバルであるロバートフックや仲が悪くなってし
    まった王立天文台(グリニッジ天文台)初代台長 ジョンフラム
    スチートの名前が記載された部分を削除。月の運動に関する理論
    を追記。
第3版:1726年 月の理論の記載にもろもろの誤りがあったため
    訂正されるはずだったが、校正手順のズサンさからこの部分
    が大幅に削除され出版される。

 プリンキピアはいずれもラテン語で書かれていますが、この第3版が
出版されるとき英訳が同時出版されたとのことです。この後も版数が
重ねられていると思いますので、全ての版に英訳があるかどうかは
分かりませんが。

>僕は、理工系にあこがれる文系学生でありまして

 もし興味があれば科学史と呼ばれる分野に手を出されては。
大学の物理学科というと計算ばかりしているイメージが
あるかもしれませんが、科学の歴史について研究し論文を
書いている先生がいらっしゃいます。

 私の実家が家を建て直したとき、担当した建築士の人が
早稲田の建築科卒の人だったんですが、もともと文学に
興味があり、早稲田の文一に入学し、在学中に建築に
興味がわき、文学部卒業後、理工学部建築科に入りなおしたとか。
 人生いろいろ。思いたったが吉日ということもあります。
よろしければ理系の道へ!

      
    • good
    • 9

私は理学部物理学専攻大学院生です。


理学部はあなたが思っている通り、結構哲学的な面を持っています。物事の根本を理解します。工学部は「比較的実社会と連動していて、社会に出ても即戦力になり得る。形而下学を学ぶ。電気工学、機会、情報など。」というあなたの意見に当てはまる面を持っています。従って、工学部、特に電子電気系などは、就職でも強いです(今現在の話です)。私は物理をやっていますが、就職活動中「物理学科ねぇ・・・」と言われました。更に別の会社では、「あなたが他社を落ちたのは物理学科だからです」とまでいわれました。
就職を考えるのであれば(より有利な方を、という意味で)工学部でしょう。しかし物理を学んでいる人間は非常にマルチに対応できます。電気回路や機械言語等は、物理学科でも深く学ぶことが出来ます。その機会もあります。従って、”能力次第では”就職も問題ありません。
あなたが持っているイメージは、結構つぼをついていると思います。理工学部に関しては、物理学科と電気電子学科の両方が共存している大学であれば、行く価値ありかと思います。うまくいけば、物理の”根本を理解しようとする姿勢”と、工学部の”実質的な技術を身につける姿勢”の両方を学べるかもしれません。ただ、どちらか一方が浅くなる可能性もあります。
技術者としてのスキルを身に付けたいのであれば、是非大学院進学を目指してください。私は大学院に進学することで、多くの事を学ぶことが出来ました。
いずれにせよ、一長一短があります。自分でよく考えて、周りの人の意見を聞いて、結論を出してください。学部、学科選びは大変重要です。私の周りでも、「あっちが良かった」とぼやいている人が多々います。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
僕は、理工系にあこがれる文系学生でありまして、理工系の
学生ではありません。

物理はそんな風に社会には思われているんですね。
知りませんでした。
僕は物理学に少なからず理想を抱いています。

お礼日時:2002/12/12 00:40

 私が大学に入ったとき、ちょうどご質問の答えにあたるようなことを


先生が説明してくれまして、理工学部が英語でDepartment of Science
and Technologyだということが非常によく理解でしたのその線で
説明させて頂きます。

 即戦力云々は別としても、だいたいイメージどおりでいいと
思います。

 現在科学Science若しくは物理学と呼ばれている分野は、
17世紀のアイザック・ニュートンの時代に確立された
もので、それまで主に言葉によって自然を説明しようと
していた哲学の世界に、数学と実験による客観的証明
を持ち込んだものです。
 余談ですが、今では偉大な物理学者として歴史に名を
残しているアイザック・ニュートンの有名な物理学書
「プリンキピア」の正式タイトルは、「自然哲学における
数学的諸原理」というもので、この諸原理という言葉に
あたるプリンキピアがこの本のタイトルとして広く知られて
います。

 17世紀のニュートンの時代に、物理学が発展したのは
天文学の研究が国家レベルで行われるようになったからなので
すが、これはこの時代ヨーロッパの国々が世界貿易に本格的
に乗り出したのキッカケで、航海術の進歩が国家戦略の
中心となったためです。
 つまり船が正確に海上を航行するための、正確な位置測定の技術が
必要となり、位置測定の基礎となる天体観測データが大量に集められ
たことが物理学の理論の発展に繋がったのです。
 また海上での経度測定や船の速度を測定するため、精密な
時間測定のための時計の開発が進み、今でいう精密機械工学が
発展し始めました。

 その後、18世紀に入り、ニュートンをはじめ17世紀の
多くの学者の研究成果が数学的にまとめ上げられ、発展しつつ
あった機械工学と結びつき、産業革命へとつながります。

 このころになると、もともと自然現象を理解するために
使われていた数学(今でいう物理学)の研究結果が、
産業革命の中、物作りのためだけに応用され始めます。
この時代に現代工学(Engnieering,Technology)の基礎が
確立したということです。

厳密な区切りは難しいと思いますが、この17世紀から
発展し始めた科学(サイエンス)を学ぶのが理学部で、
18世紀から発展し始めた工学(エンジニアリング)、
技術(テクノロジー)を学ぶのが工学部です。

 日本の場合、19世紀に入ってから、富国強兵政策の
一環として、(東京大学中心に)以上の工学の部分を
中心に外国から取り入れた経緯があります。
 そのため今でも理学博士より工学博士のほうが
多いとか、経済発展のわりにはノーベル賞に繋がる
ような科学分野の研究成果に乏しいという状況です。

 さらに以前なら、外国の優れた科学研究の結果を
そのまま持ってきて物作りに応用するといった工学的
手法だけで十分でしたが、工業技術もトップクラスに
登り始めてから、日本も工業技術発展のため自ら基礎的な
科学研究をする必要に迫られ始めました。

 つまり物作りをする技術者に、科学と工学のバランスのとれた
知識、感覚が要求され始め、こういった産業界の要求にいち早く
答える形で、主に私大を中心に理工学部の設置が進んだのです。

 私大が先に動いた理由はいろいろあると思いますが、
文部省等、お役所の束縛から国立大学より逃れやすく、
比較的自由にカリキュラムが変更できたことや、
世間の動きに迅速対応することが大学として生き残る
道であったことが考えられます。

 理学部、工学部、理工学部に、電気工学科や電子工学科といった
似たような名前の学科があることがありますが、おおざっぱ
な傾向として、理学部、理工学部で学んだ人たちがときに
現代物理学や現代数学まで持ち込んでとことん現象を理解し
応用しようとするのに対して、工学部出の人たちは、
電磁気学、熱力学、機械工学といった19世紀までに基礎が
確立したいわゆる古典力学の範囲ですませようとする傾向が
あるよです。

 ただ最近は大学のレベルが非常に落ちているということもあり、
学部レベルではあまり差がでるほどの勉強をしていないという
話も聞きます。

 
    • good
    • 11
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

僕は理工学部生ではないのですが、ニュートンのプリンキピアの
あたりなど、大変面白く読ませていただきました。
とても、わかりやすかったです。

ちなみにプリンキピアはラテン語でかかれているのでしょうか?
もしよろしかったらお答えください。

理系って面白そうですね!!

お礼日時:2002/12/09 07:58

私立・理工学部出身の者です。



僕が学生のときに聞いた話ですけど、理工学部とは、文部省の学部に対する
学生定員数を上げるために、理学部と工学部をあわせて作っただけと聞きました。

学科・学部に多いのは、名前を変えただけでほとんど何も変わっていないって
ことがあるので、もし受験生なら要注意です。

僕の思う理学部と工学部の違いは、
理学部ー学問的。各分野を細かく勉強する
工学部ー応用が多い。数学、物理などの基礎はさらっとして、応用の授業が多い。
という感じでしょうか。


ただ、現実問題、どれだけの大学生が本気で勉強してるかも怪しいところ、
(携帯でカンニングするぐらいですから)
即戦力となると、どちらも似たようなもんでしょう。
企業なら、企業に入ってから研修などをして、その企業にあうように
教育しなおすわけですから。

こんな感じでどでしょか。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

僕もどこかでそういう話を小耳にはさんだ覚えがあります。

僕は大学生です。
かいとうありがとうございました。

お礼日時:2002/12/09 07:53

補足です。



理学部の主な動機づけは、自然の仕組みを解明することであり、
工学部の主な動機づけは、役に立つ技術の基礎を築くこと
ではないでしょうか。

いずれにせよ、大学での研究がそのまま世の中で使われることはマレですし、
結果として、理学部で解明されたことが世の中のためになることも、決して
工学部に比べて少ないとも言いきれないでしょう。
あと、就職に関しては、工学部の先生の方が一般には企業とのつながりも
大きいに対し、理学部の先生は企業とのつながりが小さく、また、学生の
就職に熱心でないことも多いらしいです。(あくまで一般的な傾向ですが)

というわけで、もし、あなたがこれから進学先を選ぶなら、
1.学部名よりは、その学校のその学部のその学科で学べる(研究できる)内容の方を重視し、
2.同じような内容のところなら、「知りたい」のか「役に立ちたい」のかを考え、
3.自分で就職先を見つける自信があるのかどうか(もしくは企業以外での
研究者になりたいのかどうか)
というようなことを考えるといいかもしれませんね。

ちなみに、私立の理学部としては、当然?東京理科大にもありますよ。
    • good
    • 10

理学部は「哲学」というより、純粋な自然科学を学ぶところです。


数学の抽象的な部分をとらえ「哲学的」と周囲が思うだけです。それが自然科学なのです。基礎研究というより、厳密に正しいことを追究する学問です。
一方、理学部でも、物理や生物や化学、高分子化学は数学と違い実験もあります。

ただ、理学部出身者がすべて研究者になるわけではなく、半分以上は民間企業でいろいろな仕事に就きます。

それから、確かに国立にしかないような印象を受けますが、関西では関西学院大学には理学部がありました。が、2002年4月に情報科学科と生命科学科が増設されるとともに、物理学科と化学科の収容定員増を行い、「理工学部」に名称変更されたそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

理系についてまったく無知なのでもっと知りたいと思いました。

お礼日時:2002/12/07 06:35

工学部卒のものです。


大体おっしゃるようなイメージだと思います。
理学部はよく分かりませんが、理工と工学部では、工学部のほうが「ヘヴィ」な感じです。ハハハ、わかりますでしょうか?

でも、学校はしょせん学問を教わるところで、社会に出たらまた一から勉強です。即戦力は難しいと思いますよ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
即戦力はイメージで言ってみました。
皆さん社会になるとまた違った勉強が必要で大変らしいですね。
人のこといえないや(汗)。

お礼日時:2002/12/07 06:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の工学部と理工学部ってどう違うの??

大学の工学と理工学ってどう違うの??
今、自分は工学部ですが、他の大学には理工学部というのがあって、
少し不思議でした。
やっぱり名前が違うのですから、内容もそれなりに違ってくるんですよね??

Aベストアンサー

理学と工学の言葉の違いは分かりますか?

理学は、研究を行う部分。科学の基本的な理論から真実をつかもうとする学問です。
工学は、技術を培う部分。科学を実際の生活に役立てようという学問です。

これを大学(高等教育機関)に当てはめる際に、教える部分は同じだろう、両方一緒に教えた方が有用な人材が作れるだろう、と考えたのが理工学部です。理工学とは、理学と工学という意味ですね。
工学部は、技術面だけに特化した学部です。社会的にどう役立てるか都考えるものですね。そういう意味合いでは、薬学、医学も工学の一部なのですが、歴史的な関係で、これらは独立した学部を持っています。

ということで、理学部に機械工学科はありませんし、工学部に理論物理学科はありません。
また、理学部は研究者を、工学部は技師・技術者の育成機関です。理工学部はその両方を目指したものですが、早稲田大学の理工学部は明らかに実学志向で、研究者も基礎研究重視の国公立大と一線を画しているようです。

ただ、理学と工学に境界線はありません。化学を例に取ると、基本研究の面から、社会に役立てられないかと考える応用(工業)化学科が理学部にあることもありますし、技術に役立つ化学を研究したいと、工学部に化学科があることもあります。生物学・生命学についても同じです。
理学部の基礎研究から化粧品や洗剤など、社会に役立つモノができることもあれば、量産するにはどうしようと考えた工学部から基礎理論ができることもあるわけです。
両者は、やりたいことは異なるけど、お互いに共存する関係です。なので、理工学部というものもあるわけですね。

他の回答の方への回答となります。大学を教育機関と見ると、この区別は他の回答の方に見られるようにどうでも良いことになってしまいます。研究機関と見なしたとき姿が見えると思いますよ。
学生に教えることを重視すれば、頻繁に人事交流されることもあるかと思いますが、その研究の基軸になる部分で人材が異動することはよほど特殊なケース(研究内容を変更するなど)でない限り、無いはずです。なお、研究交流は先に書いた理由で無い方がおかしい。
数学科
物理科→これ、物理学科ですよね。
化学科
があってそれらが理学。という部分は正しいです。理学の中の理論学科系ですね。あと、
生物学科(これは、動物学科・植物学科・細菌学科など、学会の構成に応じて割れることも多いようです)
地学科(これも、天文学科、気象学科など、学会の~以下略~)

ただし、これを基礎理論から応用させようという、応用化学科、応用数学科、応用物理学科やコンピュータ基礎理論を完成させようと、情報学科・情報数理学科などが新設されてきていますが、こういう学科も理学です。

社会に役立てようという面から、基本理論を求める学科は工学系となります。工業化学科などですね。ただし、研究内容の理念の違いは、教育内容はあまり変わらない(大学もある)かもしれません。

なお、真実を求めるのは、科学も文学も同じだ!!アプローチの仕方が違うだけだ、という理念の元、文理学部という学部もあります。(ありましたという大学も多いですが)
文学部と理学部は兄弟だという考えですね。科学の生まれはいろいろありますが、その生まれを博物学に求めた場合、博物誌という文学とくっつくわけで、そこからの発想ですね。科学論文も文学であるといえば、間違ってはいないわけで。
早稲田大学の理工学部(無くなりましたが)は、当時の国公立大が文理学部を表明し、研究を真理の探究とみなしたのに対し、研究も実生活へ役立つ実学であるとしたアンチテーゼの表明だったのだと思いますよ。

東京理科大については、前身が東京物理専門学校(今の専門学校とは違うものです)で、当初から学部卒の理系学生を社会に送り出すことを目的にしていました。
もともとは基礎研究を重視した理論系の理学部だけでした。敷地の関係もあり、大きな実験はできなかったのですよね。
その後、郊外にキャンパスが持てるようになり、工学系で必要な広い設備を持つことができ、念願の理工学部を持つことができましたが、基礎研究を行っているところとは区別しました。
さらにその後、さらに郊外(日本国内だけど海外?)に本格的な工業施設を作る敷地が確保でき、工学部を作りました。その結果、理学部、理工学部、工学部の3つとも持つことになりましたが、教育内容に即してのもので、名前にはきちんと意味があります。実験施設に応じている部分もあり、私としては正直だなと思っていますが。
東海大など、世界的な設備を完成させて教授を招聘し、それに応じた学部学科を作るケースもあり、理工系はお金が掛かる分、大学もその設立・意地は本気でないとできません。
東海大は、大学設立のルール変更に伴い、この4月に九州東海大と北海道東海大を吸収合併しますが、これに伴い理工学系各学部を再編させています。この辺、苦労がかいま見れるので、面白いですよ。
けっして規模とか他のいい加減な理由で分けているわけではありません。

理学と工学の言葉の違いは分かりますか?

理学は、研究を行う部分。科学の基本的な理論から真実をつかもうとする学問です。
工学は、技術を培う部分。科学を実際の生活に役立てようという学問です。

これを大学(高等教育機関)に当てはめる際に、教える部分は同じだろう、両方一緒に教えた方が有用な人材が作れるだろう、と考えたのが理工学部です。理工学とは、理学と工学という意味ですね。
工学部は、技術面だけに特化した学部です。社会的にどう役立てるか都考えるものですね。そういう意味合いでは...続きを読む

Q東大の理1と理2の違いは?

僕は次から高1になるのですが、大学は東大の理系を考えています。
理3が医学部だということは分かっている(し、行く気はない)のですが、
理1と理2の違いがあまりはっきりしません。
学部進学の際、どのように振り分けられるのですか?
できれば具体的な人数なんかのデータがあればいいのですが・・・。

Aベストアンサー

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・医学部・工学部
↑は、それなりに人数比率も反映した順番になっていて、理1なら工・理が大部分を占めるし、理2なら農・理・薬が大部分を占めます。

ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには#2の集計表とにらめっこしてほしくありません。
むしろ、大学側からの「進学のためのガイダンス」(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/guidance/H16_html/index.html)や、#2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。

あくまで#2の集計表とかは参考までにね。#2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。
目標高く勉強のほうがんばってください。

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・...続きを読む

Q旧帝大ってどんくらいすごいですか?

旧帝大ってどんくらいすごいですか?
私の祖母はめっちゃ旧帝大信者です
姉が私立大なのですが 実家帰るたび嫌味を言われていてかわいそうです
信者はうちの祖母の世代に限るんでしょうか?
皆さんは「旧帝卒」って聞くとどう感じますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地方(なぜか中四国にはないんですよね)にあります。
特徴としては総合大学として、文学部、商学部、法学部、理学部、工学部が必ずあり、各分野の進歩を担う人材の育成を目的としています。
要は、「研究者」つまり「学者」を養成することが大きな目的です。

対して私立大の両雄、早稲田、慶応の例で書くと、これらは、社会に実際に役立つ人材を広く育成することが目的で、「実学」(実際の社会活動に役立つ学問)を教えることが主になります。
たとえば、建築の話ですると、
旧帝大は建築学の権威を育てたいと考え、私立大は優秀な建築家を育てたい、と考えているわけです。

ここでのポイントは、学者さんと技師さんとで、どちらを尊敬するか、ということですね。
昔は多くの人は中学にも行かずに職人や商売人になりました。職人は技師と同じ職場にいますし、経営者も商売人と直接関わる間柄になりますよね。技師さんや経営者さんは大学を出ていても身近な存在なんです。大学を出たばかりの設計技師さんよりも、現場で腕を磨いた頭領の方が優秀なことも多かったでしょう。
でも、身近に学者さんはいなかったでしょう。

で、回答になりますが、「旧帝大卒」と私が聞いた場合、研究者になるための一通りの作法を学んだ人だ、という認識を持ちます。実際に研究者になっていなくても、学んだ、つまりそういう考え方を習ったというところがキーになります。お茶の師匠になっていなくても、その作法を習った人は、茶道とは、というところを知っているだろう、というのと同じです。

これ、言い換えると、「私大卒」と私が聞いた場合、社会に実践的に役立ついろいろなことを知っている、身についている、と思います。

上下がある話ではなく、社会に貢献するやり方の違い、だという認識です。

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地...続きを読む

Q数学教師は教育学部か理学部か

東京都内の中学校か高校で数学の教師をしたいと考えています。数学が好きで専門的なことを学びたいと思う一方で、教育学についても学びたいと思っています。教育学部と理学部ではどちらのほうが採用やその後のことを考えると良いのでしょうか?中学校か高校かによっても変わってくるとは思いますが、どちらをとっても不利にならないようにしたいです。ちなみに現在考えているのは、教育学部なら東京学芸大学、理学部なら東京工業大学か大阪大学です。

Aベストアンサー

私自身は中高の理科免許と中学数学の免許を持っています。
(と言っても今はサラリーマンです)

結論としては、理学部に進むことをお勧めします。

私も進学を考える時に同様のことで悩みました。
他の方も書かれていますが、やはり中高で理系科目を教えるとなると、
きちんとした専門性に裏付けられなければ、薄っぺらになってしまうと思います。

私が当時出した結論は教育学部でした。
ただし、教育短科大学ではなく総合大学の教育学部を選び、大学に入ったあとに選択肢を残しました。
結果、結局、研究室は理学部の研究室に入れてもらい、研究はモロに物理学を専攻してました。

ただし、教育学部であっても、理系科目の教授は教育学系でなく、純学問をかなり専門的に研究をされている場合もあり、
どちらに決めるにせよ、志望大学の研究室の研究内容を調べてみて見るのも良いと思います。

学芸大は単科カレッジでありながら、養成課程以外も持ちそれなりに幅広く学べるようになってきているそうなので、
そういう意味では悪くないと思いますが、理系に強いイメージはやはり薄いですかね。

ただし、研究に関しては研究室次第ですが、その前の基礎教養を身につける時点では理学部の方が有益なのはいうまでもありません。
(当然代償として別枠で教員養成科目が必要になるので授業はやや忙しくなるとは思います)

理学部に進んだ場合も教育系のインカレサークルや、
私立学校や教育委員会が募集する大学生を対象とした、教育ボランティアや非常勤講師募集など、
教育現場に触れる機会はいくらでもあると思いますので、
そういったものを有用に使えばイイかと思います。

ま、個人的には教育現場に触れるのはほどほどに、
学問の追求と、いろんな意味での社会勉強、友人作りに、恋愛を頑張って欲しいですけど。
(教育現場なんて教員になったあとは嫌でも毎日見れますから。
情報収集と教育への情熱を保つため程度で充分かと)


長くなり恐縮ですが、
兎角。ご自身で大いに悩み、ご自身の意志で進路を決めて下さい。
自分自身でこれから先数年分の人生を決められる素敵な機会に立たれているのですから。
それにご自身の中で決めた目標に向かって努力するというのが、貴方の受験勉強への大きなエネルギーになるはずです。

頑張ってください。
そして素敵な高校生活を。

私自身は中高の理科免許と中学数学の免許を持っています。
(と言っても今はサラリーマンです)

結論としては、理学部に進むことをお勧めします。

私も進学を考える時に同様のことで悩みました。
他の方も書かれていますが、やはり中高で理系科目を教えるとなると、
きちんとした専門性に裏付けられなければ、薄っぺらになってしまうと思います。

私が当時出した結論は教育学部でした。
ただし、教育短科大学ではなく総合大学の教育学部を選び、大学に入ったあとに選択肢を残しました。
結果、結局、研究室は理学...続きを読む

Q理学部物理学科の就職先

理学部物理学科に行きたいと思うのですが、将来どんな仕事に就けますか?またどの大学の理学部がオススメですか?教えてください。

Aベストアンサー

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年です。君が遭遇した物理研究問題が解決されるには、どんな天才でも、500年はかかると知っていたならば、自分の人生を投げうってまで、研究を続ける人はほとんどいないでしょう。いたとしても、それは単なる気違いです。

近年、東大の小柴さんがノーベル物理学賞を受賞しました。君は小柴さんのようになりたいのか?
大きな天体観測装置で、遥か宇宙のかなたからやって来たニュートリノと呼ばれる素粒子を観測したのである。次にまたニュートリノを観測するのに、何百年かかるか分からない。小柴さんは、言いました。「ちゃんと準備をしておけば、チャンスはやってくるものだ。」この言葉は、研究者をとても勇気づけたと思います。

だけれども、私はそうは思わない。科学は、帰納法といって、何度も繰り返して確かめられるものでなければ、ならないのだから。小柴さんの観測は、確かに正しかったかもしれないけれども、それを科学と呼ぶには、早すぎた。何千年も早すぎた。

それを、はや合点して、ノーベル賞を出すほうが、奇跡的だとは思わないかい?もっとも、ノーベル賞は生きてる人間にしか与えられないことになっているらしい。

そうそう、相対性理論の産みの親のアインシュタインは、ノーベル賞をいくつかもらっているけど、相対性理論では、とうとうノーベル賞はもらえなかったんだよ。

。。。というわけで、物理学で新しい発見を目指すのであれば、将来どんな仕事に就けるかどうかなんて、ちっちゃな問題です。というか、関係のないことでしょう。でも。。。確かに、食べて行かないと、研究できません。そういう意味では、それは大切だ。それには、自分の研究の妨げにならない仕事を選ぶことだ。

。。。とにかく、何か自力で(そして人に頼らないで)研究できる能力をつけることだ!発見のできる自分作りをする。。。

。。。だけれども、上の意見は、君が天才研究者だったら・・・・の話だ。。。だから、ちょっと裏腹ではあるが、自分の良い理解者に早く巡り会うことも非常に大切だ。自分よがりの研究者は、無駄な人生を送ってしまうからだ。

ん~。。。大体にして、そういうことをここに「質問」して、「はいそうですね。理解できました。そうします」っていう考えになれると思う?

アインシュタインだって、死ぬまで悩んだと思うよ。

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年...続きを読む

Q物理学を学んだ学生の就職について

物理学を学んで修士課程を終えたとして就職でどうのような選択肢がありますか?

Aベストアンサー

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を卒業する場合には、勉強した「知識」をそのまま使って企業で活躍するというセンスよりも、むしろ、そこで習得した「能力」を生かすというセンスだからです。逆にもし工学部を卒業しても、そこで学習した知識がそのままどんぴしゃで企業でも使えるケースは珍しいようです。

また、物理の中での理論と実験の違いですが、私の知る限り、理論だと実験よりも会社には不利ということはないと思います。それには二つ理由があります。一つは現代の産業の現状は、IT系に重点が移ってきていて、理論系なら殆どの場合コンピューターをかなり使いますので、その面でかえって有利であること。もう一つは測定器や作業機械の使い方などは、実験系だからといって同じ機械を使うとは限りませんし、どちらにしても入社後に勉強するケースのほうが多いと思われるからです。

企業の中で、理学部出身の人が工学部出身の人よりも少ない主な原因は、日本中で工学部の定員が非常に多いことでしょう。私の見る限り、卒業生が就職で苦労するケースは、分野というよりも、むしろ個々人のパーソナリティに依ることが多いように思われます。企業では周りの環境に柔軟に順応してくれる人、しっかり意思疎通の出来る人を好むでしょうし、当然、企業の利益にかなわないことをしたいという人は、どんな学部の卒業生でも取らないでしょう。


次に具体的な現状を書きます。どこの大学とは、もちろんここでは書けませんが、卒業生の就職先はやはりIT係を中心に製造業が多いです。それは元々日本の産業構造自体がIT係に重点が移ってきているためだと思います。一言にIT係といっても、かなり幅が広いですし、IT係以外の製造業も多いです。どんな製造業でも最近はコンピューターはかなり使うと思われます。

製造業の中には当然、民間企業の研究所に就職するケースもあります。民間企業の研究所では、ごく一部の例外を除いて、その企業の利益に直結することを研究します。その内容は、物理学に基礎を置いた研究もありますし、物理学とは直接の関係のない研究をすることもあります。物理の卒業生はどちらの方向にも進んでいます。ただし「直接の関係のない」と言っても、物理はあらゆるものの基礎になりますから、殆どのものは何らかの関係はあります。

次に多いのは、公務員や中学高校教諭だと思います。その場合は、もちろん、公務員試験の勉強や、教員免許をとり教員採用試験の勉強をする必要があります。

製造業に比べれば、数は少なくなりますが、商社や金融関係に就職した人もいます。また特殊な例ではパイロットになった人もいます。


せっかく物理学を勉強したのに、就職した後に直接に関係のないものをやるのは勿体ないとか、しんどいとか思われるかもしれません。しかし、ANo.3さんも書かれているように、物理学というのは、あらゆる学問や科学技術の基礎であり、また、知識そのものを使わなくても、物理学を学ぶ過程で習得した「現実に根ざした論理的思考」というのは、どんな分野にも共通に必要なものなのです。ANo.4さんも書かれているように、「仮説・検証・修正」という物理学の方法は、あらゆることに適用が可能です。

また、「知識の陳腐化」ということがあります。技術というものは日進月歩ですから、大学でどんな分野の学問をした場合でも、どのみち入社後にも勉強をし続けていかないといけません。しかし理学系と工学系の違いは、理学部で勉強したことは、時間が立って成り立たなくなるようなことではないというところです。物理で言えば、力学や電磁気学などの知識が陳腐化することは未来永劫ありません。それらは自然界の法則だからです。ところがある特定の「技術」というものは、多くの場合数年で陳腐化してしまいます。

さらに、逆に基礎的な知識が必要になったときに、技術だけを学んでいた人が基礎に立ち戻って勉強しなおすのは、大変なエネルギーが必要になります。一度でも基礎を十分に勉強したことがある人は、忘れてしまっていても、少し勉強すれば思い出すことができます。基礎をしっかり勉強した上に応用を勉強するほうが、応用だけを勉強しているより安心です。

これは教育関係に進む場合も同様だと思います。やはり理学部でしっかりその分野の内容を勉強しつつ教員免許も取るほうが、教育学部で教員免許をとるよりも好ましいと、個人的には思っています。(両方やるのは確かに大変ですが。)


最後に、修士課程に進むメリットについて付け加えます。学部で、およそ力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学を学習するわけですが、それは学問の基礎の部分です。卒業研究~修士課程で、研究(らしきもの)に手を染めることにより、その基礎部分の知識の本当の意味が、より正しく深く理解できます。また、現実の問題を考えることにより、「問題解決能力」も身につけることができます。研究の世界では必要に応じて問題を自分で整理して設定する能力が求められます。誰かがきれいに作った問題を解くだけの話ではなくなってくるのです。そのような能力はどんな分野に就職しても必要とされるものです。大学院ではその部分も学ぶことが出来るはずです。

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を...続きを読む

Q「理学部」か「工学部」で迷ってる女。

こんにちは。
高校3年で今年大学受験する、理系の女です。
国立で「理学部」にするか「工学部」にするかで迷っています。
最初は理学部に行く気でしたが、周りの方のお話を聞くと、
理学部は就職が難しいし、大学卒業後は就職はせずに大学院に行く人が多い
と言われました。

私は大学卒業したら就職するつもりでいて、大学院はまたお金がかかってしまうので、行く気はありません。

先日面談した時に先生に「工学部」を勧められました。
工学部は大学院に行く方ももちろんいらっしゃいますが、理学部よりも就職率が高く就職しやすいと聞きました。それに、理学部よりも入学しやすいと言っていました。
しかし、男ばかりのイメージが強く、女が工学部に入るというのに大変抵抗があります。
勉強面もそうですが、それより友達ができなかったらどうしよう;と言ったことで不安になります。
大学は友達を作りに行く所ではなく、勉強をしに行く所だと言うのは分かっていますが、やはり大学生活というのも楽しみたいです。

理学部は工学部に比べると入るのも大変だし、就職もしずらいとのことで、工学部もいいなぁ~と思ってきましたがやはり友人関係が心配です。

そこで、理学部と工学部のメリット・デメリットを教えていただきたいです。
些細なことでもかまいませんので宜しくお願いします。

こんにちは。
高校3年で今年大学受験する、理系の女です。
国立で「理学部」にするか「工学部」にするかで迷っています。
最初は理学部に行く気でしたが、周りの方のお話を聞くと、
理学部は就職が難しいし、大学卒業後は就職はせずに大学院に行く人が多い
と言われました。

私は大学卒業したら就職するつもりでいて、大学院はまたお金がかかってしまうので、行く気はありません。

先日面談した時に先生に「工学部」を勧められました。
工学部は大学院に行く方ももちろんいらっしゃいますが、理学部よりも就職...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
今現在大学一年生で「理工学部」に所属しているものです。
僕たちの大学は2年進級時に自分の専攻する学科を決めるシステムになっています。
ので、理学部・工学部両方の情報が入ってきますのでお役に立てればと思い投稿させて頂きました。

それではいくつかの項目に分けて説明させて頂きます。
まず入学時の難易度ですが、確かに少し理学部が高いですが、難易度で理学部と工学部のどちらかを選ぶというほど差はないように思います。
うちの大学でも、理学部志望と工学部志望で実力差は感じられません。

次に大学院と就職の件ですが、やはり先輩や同級生から話を聞いても、理学部であれば大学院を出るのが当たり前、ということらしいです。
工学部でも今は約8割近い人が大学院に進学しますが、それでも約2割の人は就職しますから、絶対大学院というわけではないと思います。
特に機械工学・電気電子工学は企業からの需要がかなり高いようです(興味がないなら選んでも仕方ないですが(^^;))

友達づきあいについては、確かに工学部は女子の割合が少ないとは思います。が、理学部も女子の割合が多いわけではないと思います。
そもそも理系は男子の割合が高いので・・・
具体的な数字を出すと、うちの大学に関して言えば
理工学部の男女比率は
男:女=8:2
工学部の男女比率は
男:女=8.5:1.5
理学部の男女比率は
男:女=7.5:2.5
です。
ですが、実際は学科によってかなり違います。
機械工学や電気電子工学になると、男:女=9:1もしくはクラスに女子が1人・2人しかいないというところもあるそうです。
逆にシステム工学や経営工学、生命工学などは女子の割合が増えるようです。

数字だけみるとこんな感じですが・・・
実際うちの学部の女子はみんな普通に友達できてます。
サークルに入れば他学部の人たちとも付き合いができるわけですし、逆に人数が少ないことで団結力が高まってる感もあります。(クラスに4、5人しか女子が居なかったら、そりゃ仲良くもなりますよね笑)


僕としては、自分が将来やりたい事を実現できる方に行く方がいいと思いますが、なかなか高3のときにやりたい事がはっきりしている!というのもそう無いと思いますので最後にアドバイスさせて頂くと、
理学部というのは本当に自分の選んだ学問そのものが好きな人が行くものだと僕は思います(物理であれ数学であれ化学であれ)。
理学は自分の研究成果がすぐ実益に結びつくものではないので「自分は数学が好きだから勉強するんだ!何に役立つかは後で誰かが考えてくれ!」ぐらいの人が一番向いてるんじゃないかな~と思います。(工学部もそうだとは思いますが、理学部の方がその傾向が強いと思います。)


色々と質問外の事も答えてしまい、長々とした回答になってしまいましたが、より状況を知って貰えればと思い付け加えました。
質問外のことはめんどくさければ読みとばしてください笑
参考になればうれしいです。

こんにちは。
今現在大学一年生で「理工学部」に所属しているものです。
僕たちの大学は2年進級時に自分の専攻する学科を決めるシステムになっています。
ので、理学部・工学部両方の情報が入ってきますのでお役に立てればと思い投稿させて頂きました。

それではいくつかの項目に分けて説明させて頂きます。
まず入学時の難易度ですが、確かに少し理学部が高いですが、難易度で理学部と工学部のどちらかを選ぶというほど差はないように思います。
うちの大学でも、理学部志望と工学部志望で実力差は感じ...続きを読む

Q公務員に向いている学部は?

現在高校3年の女子です。今まで将来の事をあまり考えずに
興味が湧いたからというだけで慶應と早稲田の文学部を志望してたのですが、
改めて将来のことを考えると、結婚する気がなく、できれば生涯働きたいと思っているので
公務員を目指してみようかなという気持ちが出てきました。
そこで公務員試験について調べたら、経済や法律からの出題が多いようなので、
志望学部を変えようかなと思い始めました。
こういった観点から考えると、経済学部と法学部だったらどちらの方がよいのでしょうか?
親に相談したら、「お前はやりたくないことに向けて努力できる性格じゃないから興味のある学部にした方がいい」と言われてしまいましたが…
この時期に学部に迷ってるというのはあまりいい事ではないと思うので、
なにかいいアドバイスがあったらお願いします。

Aベストアンサー

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だったそうです)法律か経済か、興味のあるほうでよいでしょう。邪道ですが、単に公務員を目指すのならば、入試段階で入りやすいほうの学部でも良いのかもしれません。

 それから、ひとつ注意点を。
 お調べになったとおり、行政職の公務員採用試験、特に「専門試験」と言われる物は法学や経済学、政治学といった分野からの出題が圧倒的です。なので、「とっかかりやすさ」で言えば、法学部や経済学部の方が有利なわけです。しかし、「とっかかりやすさ」はあるにしても、大学の講義がそのまま採用試験に結びつくか、というと必ずしもそうではないそうです。公務員試験の受験者は公務員試験用の予備校に通う場合が多いです。

 なので、もし文学部の方に興味があるのならば、文学部へ進学した方が良いでしょう。文学部から公務員になる人も多いです。No1の回答者の方のお話の通り、4年間も勉強するわけですから、自分がより興味のある方を選択するのが良いと思います。

 以上です。何か疑問点あれば補足してください。

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だっ...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q理系は国立志向が非常に強いですが、そんなに私立はダメですか?

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいのは明らかなのですが、
慶應理工から大学の研究職を目指すんだったら、
一浪して東大(もしくは東工大)へ行った方がいいですか?
設備面や教育面で私立は国立に劣るようなのですが、
同じように勉強を頑張るならば私立と国立の大学4年間で、
研究の実力などにかなり差が出るものなのでしょうか?

慶應理工に進学するなら頑張れば国立にひけをとらないという気持ちで行きたいし、
そういう気持ちになれないなら浪人も考えざるを得ないです。
現時点では進学にも気がすすまず、浪人にも気がすすまず、
人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

僕には学校の進路指導やインターネットで集めた断片的な知識
しかないので、回答とともにアドバイスお願いします。

僕は今年東大に落ち、慶應理工に行くことになっています。
(まだ入学金を払っていないので24日までなら一応変更は可能です。)
しかし、慶應理工にいくのはなんとなく気がすすみません。
学校の進路指導で理系は国立の方が良いと散々言われてきましたし、
このサイトにおいてもこういう類の質問では必ずそう言われます。
しょうもないですが、可能性の高かった東工大を
受けておけば良かったと今になって後悔しています。

僕は将来、大学の研究職に就きたいと思っているので、
国立へ行った方がいいの...続きを読む

Aベストアンサー

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人から90人になったらどうでしょう。
ま、これは教室だけ広げてマイクでも付けておけば何とかなるでしょう。
ところが、研究室配属以降だとどうなるかというと、教員一人が4年生3人の面倒を見るところと、6人の面倒を見るところでは、目の行き届き方が違うでしょう。(極端ではありますが、ピアノのレッスンを想像すると良いかも知れません。)
勿論、3人だ6人だというのは4年生の数であって、修士博士と他にも学生は居るわけです。
研究面で弱いと、それだけ博士課程(後期?)の学生が少なくなるでしょう。
充実した研究室であれば、博士課程後期の学生も少なくないことが多いので、彼らに4年生修士1年生の面倒を見させれば、大体どうにかなります。
なお、4年生になっただけでは、通常研究なんて何にもできません。
つまり、授業だなんだで忙しいわ、抱える学生の数は多いわ、手伝ってくれる博士は少ないわ、という三重苦になりかねません。
理論系だと違うかも知れませんけどね。

また、東大東工大の場合、学内で行ける研究室が多くなります。
これは結構便利なことで。
情報が入って来易いですし。(もっとも十分な情報だとは限りませんが....)
自分のしたいことに近いことは選び易くなります。(ま、学内に限る必要もないんですが)
早稲田慶応でそこまで選択肢があるのかな、と。

入試の話に戻れば、文系がセンターで数学をやる場合は、得意不得意の差があり大変だと思いますが、理系の場合は差がそれほど出そうにない国社ですから、そういう意味でも理系なら国立を目指すべきだという指導は間違いではないと思います。

というわけで、早慶と東工大東大、両方受かっていれば後者、どっちを目指すかでも後者だとは思います。
しかし、国立優位というのは何れも研究室所属後のことでは無かろうかと思います。
私立で学部生をしたことはないのですが、おそらくは、研究室所属前であれば、そんなに変わらないのではないかと思います。

東工大よりは確実に良さそうなのが、
女の子が居る、キャンパスにたぶん華がある。
くだらないことかも知れませんが、長い人生まるっきり無駄なことだとは思いません。
男子校から男子校へ行くようなことになりかねない人は特に。

> 人生の中でワースト5に入るくらいにピンチな状況です。

全然甘いです。
だって慶応に受かってるんですから。(笑)
全落ちならワースト-10でしょうか。
このくらいのことで一々動揺してはいけません。
悩むのは大いに結構ですけどね。
そんなに悪い状況ではありませんよ。という客観的な視点は持っておいた方が良いでしょう。
本当にそれがワースト5なら、今まで何もしてこなかったって事ですから、そっちの方がかなり拙いですよ。

慶應に行っても浪人しても、どっちでも良いとは思いますが、浪人する場合、精神的には弱いのかな、というところが気になります。

私立が良くないのは、
1.教員に対して学生数が多すぎる
2.どうも、教員の授業だ何だが国立より多いようだ
3.「研究設備」が貧弱なことが多い(必ずしもそうとは限らない)
4.3.に関連して、概ね大学院が弱い
5.よくは知りませんが、大学院定員がどうなっているか、東大東工大のように研究室の選択肢が豊富か
6.学費が高い
7.結果的に研究志向の学生は若干少ないかも
なんて辺りではないでしょうか。(ものすごく詳しいわけではありませんが)

1.は解りにくいと思いますが、
あなたの高校のクラスが30人か...続きを読む


人気Q&Aランキング