ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

現在理学部の一年ですが、工学部に転学部しようか迷っています。
物理に興味があり研究していきたいと考え、また、純粋に学問を探求できそうなイメージにあこがれて理学部に進学しました。
しかし、最近将来の自分の姿を考えると、いまいち具体的なイメージがわきません。また、理学部での研究は工学部に比べて理論的で自分が果たしてやっていけるのかという不安もあります。
将来はいずれにせよ研究者になりたいと考えています。工学部にいけば民間企業の研究者という選択肢の幅も広がるように思います。
いまいち文章がまとまりませんが、転学部すべきかどうか悩んでいます。皆さんの意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

理学部出身,理学修士で,博士課程のみ工学系で工学博士をとったものですが...


私は化学ですが,物理でも大差ないと思います.

今の段階での転学部はほとんど意味がないと思います.
就職先については,学部レベルであれば,理学部だと中学,高校の教員になる人がそれなりにいる以外は,理学部も工学部も大差ありません.理学系の大学院で修士をとっても,大半の人はメーカーなどの技術者や研究員として就職します.どういう系統の会社に行くかは,自分の興味とか,卒研等で所属した研究室の分野に依存してくるので,理学部だから,工学部だからということもとくにないでしょう.

たしかに実用とかはあまり考えずに広い範囲の物理を理論の立場を重視して学ぶ理学部と,応用のために必要な部分を,常に何に使えるかを前提に学ぶ工学部とでは,たとえば同じ電磁気学でもスタンスはずいぶん違うと思います.
理学部はなんだか理論ばかりのような気がするかもしれませんが,実際の研究室レベルになればかなり応用的なことを視野に入れているところもたくさんあります.というか,今や象牙の塔にこもっていては研究自体ができないのが現実ですから,理学部といえども応用を無視していられる時代ではないのです.
逆に工学部は,応用が見えている分,物理として学ぶ範囲は狭くなり,現実的な実例を学ぶことに時間をかけなくてはならないという面はあるものの,当面の応用はともかくとして基礎現象を研究することにかなりの力を入れる研究室も数多くあるのです.また工学でも先端領域では理論自体が未成熟で,使えそうな結果だけが先にあり,理論的解明が必要になっているようなものもたくさんあります.こういう場合は理学部的な理論研究を並行してやらざるを得ないこともあるのです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

理学部も工学部的なところがあり、
逆もそうであるという経験者からのご意見は、
実情に疎い私には非常に参考になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/16 02:55

理学部の4年で、大学院は工学系に進むものです。


質問者さんと同じく、物理専攻です。

私は大学受験のときは理学部、工学部の違いなど特に考えずに進学したのですが、4年になる頃には工学系のほうが産学連携など盛んだし理学系より人の役に立つ研究ができるんじゃないかな、と思って工学系の院に進むことにしました。質問者さんも転学部する必要は全くないと思うし、学年が上がるにつれて視野がはっきりしてから院での専攻を決めればいいと思いますよ。院試の科目は理学系も工学系も大差ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

僕も受験のときは、工学部という選択肢をあまり深く考えてはいませんでした。
実際に理学から工学へ進まれた方、それも物理専攻の方からの、
「転学部する必要は全くない」
というアドバイスは非常に参考になります。
確かにまだ視野がはっきりしていないです。
院試の科目に大差はないというアドバイスも参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/16 03:32

 今、僕も理学部化学の2年です。



 理学って就職がない、授業は異常に難しいとか本当にいい噂ないですよね。気持ちとってもわかります。僕もそんなことを考えてる時期ありました。
 でも、そう急ぐことないと思いますよ。2年段階で、工学(化学系)の友達と話していても、授業でやっている内容はそう変わらないです。理工(化学系)はどっちにいっても量子力学はやるし、実験もやってることはそこまで大差ないように感じます。(多少差があるとすれば、工学→実験機器の使用方法重視 理学→実験機器の理論重視 と感じるくらいです。)
 僕も将来的には研究者になりたいです。(つか、理工学系だれしもの夢ですよね?w)僕が理学にとどまったのは、自分なりに、将来研究者になるのであれば、理論(基礎)的な部分が理解できてないと、研究者にはなれないと思ったからです。同じ機器を扱うにしても、ただ使える人と原理を理解したうえで使える人とでは差が出ると思います。また、下手に転学してあわただしく単位をとるよりも、今いる学部で、十分ないい成績をとることのほうが重要だと思ったからです。加えて、僕は文学や社会学の専門科目の授業の単位も取得しています。(視野を広く持つという意味で。)自分なりの努力というのは、学部によらず必ず認められるものと信じています。ですから、転学よりも今の位置で精一杯努力してみるのが1番ではないかと、僕は思います。
 ちょっと、文章としておかしいところがあるかも、知れないですが、同じ夢を持つものとして、僕の考えを書いてみました。最近、僕のまわりは、単位が出ればどうでもいいとか、そうゆう輩が多いので、この質問を見てちょっとがんばろっという気になれましたw

 お互いに、夢に向かってがんばりましょう!!
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

同じような思いを抱いた経験をもつ先輩からのご意見は本当にありがたいです。
「理論(基礎)的な部分が理解できてないと、研究者にはなれない」
という部分にあらためて考えさせられました。
また、僕自身この回答を拝見して励まされましたし、
もっと努力しようと思いました。
僕が言うのも変ですが、研究者になるためがんばってください。

お礼日時:2005/10/16 03:22

転学部すべきかどうかはあなたが決めることですが、


私があなたの立場ならば、転学部はしません。

研究者になりたいのならば院卒が実質的な必須条件となりますから、
学部は理学部のまま卒業して、
修士課程を工学部で、というほうが自然な流れかと思います。

あくまで意見のひとつです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学院から工学部というのは考えていませんでした。
非常に貴重なご意見ありがとうございます。
ぜひ検討したいと思います。

お礼日時:2005/10/16 02:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院での理学部から工学部への転部について

 私は地方の理学部物理科の(今年から)3年の者です。
 センター試験で失敗して自信をなくし、希望してた大学と違うところに入学しました。
さらに工学部で電気を勉強し、環境のことを考えた半導体の研究を行いたいと思っていたのですが、物理科でも勉強できるのではないかと思い、学部も工学部から理学部物理科にかえてしまいました。
 しかし、いざふたを開けてみると、私の興味のもてる研究がありませんでした。

 そこで院に進学するときに転部をする人がいると聞き、考えています。
 良い研究室に入りたいため他の大学院に入りたいのですが、研究室訪問、過去問の入手、以外にやるべきことはあるでしょうか。
 また、修士で卒業したいのですが、就職活動をさせともらいながら二年で卒業できるのでしょうか。

 回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>良い研究室に入りたいため他の大学院に入りたいのですが、研究室訪問、過去問の入手、以外にやるべきことはあるでしょうか

質問者様のおっしゃっている「研究室訪問」及び「過去問入手」を
最初に行えば良いと思います。

その上で、今から行った方が良いことは、以下の2つです。
(1)大学学部での成績
出身学部の成績も院の合否の参考にする場合もあるので、現在の大学での成績も
しっかり取っておいてください。

(2)基礎学力の構築
3年生ということなので、特に以下の事を勉強した方が良いと思います。専門科目は、
4年生から始めても間に合います。

(i)数学
理系であれば、どの分野を受験するにしても必要です。

(ii)英語
大学のHPで確認されるのがよろしいと思いますが、最近では、TOEIC(TOEFL)などの
外部試験で、英語の学力を判断することが多いです。
早めに受験しておかないと、出願日にスコア提出が間に合わず、受験できないことも
十分ありますので、注意してください。


>修士で卒業したいのですが、就職活動をさせてもらいながら二年で卒業できるのでしょうか
就職活動をどの程度させてもらえるかどうかは、教授次第です。
なので、行きたい研究室の教授に訪問ついでに、その研究室の大学院生に就職活動状況を
聞くと良いと思います。
その上で、二年で卒業できるかどうかは、自分次第です。
他大学の大学院に進学する場合は、大変忙しい生活になるということを覚悟した上で、
一生懸命頑張れば可能です。

>良い研究室に入りたいため他の大学院に入りたいのですが、研究室訪問、過去問の入手、以外にやるべきことはあるでしょうか

質問者様のおっしゃっている「研究室訪問」及び「過去問入手」を
最初に行えば良いと思います。

その上で、今から行った方が良いことは、以下の2つです。
(1)大学学部での成績
出身学部の成績も院の合否の参考にする場合もあるので、現在の大学での成績も
しっかり取っておいてください。

(2)基礎学力の構築
3年生ということなので、特に以下の事を勉強した方が良いと思います。専門...続きを読む

Q物理学を学んだ学生の就職について

物理学を学んで修士課程を終えたとして就職でどうのような選択肢がありますか?

Aベストアンサー

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を卒業する場合には、勉強した「知識」をそのまま使って企業で活躍するというセンスよりも、むしろ、そこで習得した「能力」を生かすというセンスだからです。逆にもし工学部を卒業しても、そこで学習した知識がそのままどんぴしゃで企業でも使えるケースは珍しいようです。

また、物理の中での理論と実験の違いですが、私の知る限り、理論だと実験よりも会社には不利ということはないと思います。それには二つ理由があります。一つは現代の産業の現状は、IT系に重点が移ってきていて、理論系なら殆どの場合コンピューターをかなり使いますので、その面でかえって有利であること。もう一つは測定器や作業機械の使い方などは、実験系だからといって同じ機械を使うとは限りませんし、どちらにしても入社後に勉強するケースのほうが多いと思われるからです。

企業の中で、理学部出身の人が工学部出身の人よりも少ない主な原因は、日本中で工学部の定員が非常に多いことでしょう。私の見る限り、卒業生が就職で苦労するケースは、分野というよりも、むしろ個々人のパーソナリティに依ることが多いように思われます。企業では周りの環境に柔軟に順応してくれる人、しっかり意思疎通の出来る人を好むでしょうし、当然、企業の利益にかなわないことをしたいという人は、どんな学部の卒業生でも取らないでしょう。


次に具体的な現状を書きます。どこの大学とは、もちろんここでは書けませんが、卒業生の就職先はやはりIT係を中心に製造業が多いです。それは元々日本の産業構造自体がIT係に重点が移ってきているためだと思います。一言にIT係といっても、かなり幅が広いですし、IT係以外の製造業も多いです。どんな製造業でも最近はコンピューターはかなり使うと思われます。

製造業の中には当然、民間企業の研究所に就職するケースもあります。民間企業の研究所では、ごく一部の例外を除いて、その企業の利益に直結することを研究します。その内容は、物理学に基礎を置いた研究もありますし、物理学とは直接の関係のない研究をすることもあります。物理の卒業生はどちらの方向にも進んでいます。ただし「直接の関係のない」と言っても、物理はあらゆるものの基礎になりますから、殆どのものは何らかの関係はあります。

次に多いのは、公務員や中学高校教諭だと思います。その場合は、もちろん、公務員試験の勉強や、教員免許をとり教員採用試験の勉強をする必要があります。

製造業に比べれば、数は少なくなりますが、商社や金融関係に就職した人もいます。また特殊な例ではパイロットになった人もいます。


せっかく物理学を勉強したのに、就職した後に直接に関係のないものをやるのは勿体ないとか、しんどいとか思われるかもしれません。しかし、ANo.3さんも書かれているように、物理学というのは、あらゆる学問や科学技術の基礎であり、また、知識そのものを使わなくても、物理学を学ぶ過程で習得した「現実に根ざした論理的思考」というのは、どんな分野にも共通に必要なものなのです。ANo.4さんも書かれているように、「仮説・検証・修正」という物理学の方法は、あらゆることに適用が可能です。

また、「知識の陳腐化」ということがあります。技術というものは日進月歩ですから、大学でどんな分野の学問をした場合でも、どのみち入社後にも勉強をし続けていかないといけません。しかし理学系と工学系の違いは、理学部で勉強したことは、時間が立って成り立たなくなるようなことではないというところです。物理で言えば、力学や電磁気学などの知識が陳腐化することは未来永劫ありません。それらは自然界の法則だからです。ところがある特定の「技術」というものは、多くの場合数年で陳腐化してしまいます。

さらに、逆に基礎的な知識が必要になったときに、技術だけを学んでいた人が基礎に立ち戻って勉強しなおすのは、大変なエネルギーが必要になります。一度でも基礎を十分に勉強したことがある人は、忘れてしまっていても、少し勉強すれば思い出すことができます。基礎をしっかり勉強した上に応用を勉強するほうが、応用だけを勉強しているより安心です。

これは教育関係に進む場合も同様だと思います。やはり理学部でしっかりその分野の内容を勉強しつつ教員免許も取るほうが、教育学部で教員免許をとるよりも好ましいと、個人的には思っています。(両方やるのは確かに大変ですが。)


最後に、修士課程に進むメリットについて付け加えます。学部で、およそ力学、電磁気学、量子力学、熱統計力学を学習するわけですが、それは学問の基礎の部分です。卒業研究~修士課程で、研究(らしきもの)に手を染めることにより、その基礎部分の知識の本当の意味が、より正しく深く理解できます。また、現実の問題を考えることにより、「問題解決能力」も身につけることができます。研究の世界では必要に応じて問題を自分で整理して設定する能力が求められます。誰かがきれいに作った問題を解くだけの話ではなくなってくるのです。そのような能力はどんな分野に就職しても必要とされるものです。大学院ではその部分も学ぶことが出来るはずです。

buturidaisukiさん、こんにちは。

就職のことはやはり気になりますよね。同じようなことを普段よく尋ねられるので、多くの卒業生を見てきた経験から現実にどうかということを書かせていただきます。

まず、結論から書きますと、ANo.1~ANo.3の皆さんも書かれているように、本人さえしっかりしていれば、大抵の会社は選択肢に入ると思います。

ANo.4さんは、分野は影響は受けると書かれていますが、ある程度、そういうこともあるでしょうが、それほどではないと私は思います。というのは、元々、理学部を...続きを読む

Q理学部物理学科の就職先

理学部物理学科に行きたいと思うのですが、将来どんな仕事に就けますか?またどの大学の理学部がオススメですか?教えてください。

Aベストアンサー

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年です。君が遭遇した物理研究問題が解決されるには、どんな天才でも、500年はかかると知っていたならば、自分の人生を投げうってまで、研究を続ける人はほとんどいないでしょう。いたとしても、それは単なる気違いです。

近年、東大の小柴さんがノーベル物理学賞を受賞しました。君は小柴さんのようになりたいのか?
大きな天体観測装置で、遥か宇宙のかなたからやって来たニュートリノと呼ばれる素粒子を観測したのである。次にまたニュートリノを観測するのに、何百年かかるか分からない。小柴さんは、言いました。「ちゃんと準備をしておけば、チャンスはやってくるものだ。」この言葉は、研究者をとても勇気づけたと思います。

だけれども、私はそうは思わない。科学は、帰納法といって、何度も繰り返して確かめられるものでなければ、ならないのだから。小柴さんの観測は、確かに正しかったかもしれないけれども、それを科学と呼ぶには、早すぎた。何千年も早すぎた。

それを、はや合点して、ノーベル賞を出すほうが、奇跡的だとは思わないかい?もっとも、ノーベル賞は生きてる人間にしか与えられないことになっているらしい。

そうそう、相対性理論の産みの親のアインシュタインは、ノーベル賞をいくつかもらっているけど、相対性理論では、とうとうノーベル賞はもらえなかったんだよ。

。。。というわけで、物理学で新しい発見を目指すのであれば、将来どんな仕事に就けるかどうかなんて、ちっちゃな問題です。というか、関係のないことでしょう。でも。。。確かに、食べて行かないと、研究できません。そういう意味では、それは大切だ。それには、自分の研究の妨げにならない仕事を選ぶことだ。

。。。とにかく、何か自力で(そして人に頼らないで)研究できる能力をつけることだ!発見のできる自分作りをする。。。

。。。だけれども、上の意見は、君が天才研究者だったら・・・・の話だ。。。だから、ちょっと裏腹ではあるが、自分の良い理解者に早く巡り会うことも非常に大切だ。自分よがりの研究者は、無駄な人生を送ってしまうからだ。

ん~。。。大体にして、そういうことをここに「質問」して、「はいそうですね。理解できました。そうします」っていう考えになれると思う?

アインシュタインだって、死ぬまで悩んだと思うよ。

私は、私大の物理学科を卒業して、大学院までいき、博士の学位を得、外国で12年、結婚もせず研究生活に明け暮れ、ようやく41歳の年で、日本の某国立大学に就職できました。

振り返ってみると、結構つらかったです。
どの大学がお勧めかといえば、それは、東京大学か京都大学がいいでしょう。でも、そんなところへは、難しくていけない?じゃぁ、いかなくてもいいと思います。他の回答者が述べていたように、結局のところ自分自身の問題です。

物理学や数学は、スケールが問題です。
人生高々100年...続きを読む

Q大学の転部試験とは

大学の転部試験というのがどのようなものか、
いまいち分かりません。
分かる方、ご教授ください。

(1)まったく異なる分野の学部(理工→文学など)の転部も可能なのでしょうか。
(2)試験範囲は入学試験と同範囲ですか。もしくは、大学一年次の履修範囲も含まれるのでしょうか。

Aベストアンサー

そういうのは普通にあるし、大学はポジティブに見てるよ。
友人等でもそういう経緯で他大や他学部に移った奴は多くいるし。

僕の周囲ではそんな話はまったく聞いたことありませんよ。



そもそもそれを不可にしてしまえば、「転部したい」と言う奴が減ってやる意味がなくなってしまう。
入試成績など調べられませんし、どうでもいいことです。
転部や編入でもっとも見られるのが
「学部平均点」、そして英語(TOEIC,TOEFL)です。
あまり小論や面接は重視されず、例えば経済学部を受けるのに
「やる気があります」と言ってもあまり効果は無く、経済学部系の講義を複数取っておくことが有効です。
よくも悪くも数値主義です。
専攻の分野の試験もありますが、おおむねゆるいです。
留学やTOEICをメインにやっておくといいですね。

過去問題を解いたり、編入、転部者に話を聞くといいですね。
僕の周囲では、何事もまんべんなく頑張るタイプに成功者が多かったです。
(授業に出る、サークルに入る、TOEICも何回か受けている)。その上で「薦められて」「何となく」編入や転部を受けて受かったって人が多いですね。

主観的、言動的であることより、
客観的、行動的である方がいいようです。

そういうのは普通にあるし、大学はポジティブに見てるよ。
友人等でもそういう経緯で他大や他学部に移った奴は多くいるし。

僕の周囲ではそんな話はまったく聞いたことありませんよ。



そもそもそれを不可にしてしまえば、「転部したい」と言う奴が減ってやる意味がなくなってしまう。
入試成績など調べられませんし、どうでもいいことです。
転部や編入でもっとも見られるのが
「学部平均点」、そして英語(TOEIC,TOEFL)です。
あまり小論や面接は重視されず、例えば経済学部を受ける...続きを読む

Q学部変更について

こんにちは。
現在高校生なのですが、大学についてお聞きしたいことがあります。
大学では、在学中に入試をし直し、学部を変えたり、違う大学に編入したりできるときいたのですが、

たとえば(例)神戸大学の工学部→神戸大の文学部
などの変更はテストを受けなおすとできるのでしょうか?
また例↑で文学部をおちた場合、そのまま工学部に在学できるのですか?
もし同じ大学の違う学部に受かった場合、入学金はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

同じ大学の他の学部に移籍することを『転学(部)』、
別の大学に移籍することを『編入学』といいます。

転学/転学部は、同じ大学のなかで行いますので、大学に入学するときに支払う入学金の支払い義務は発生しません。試験も、学内での事務手続きの一環として行われますので、受験料が取られることもありません。転学の試験に失敗すれば、在籍している学部にそのまま残ることになり、転学の試験を突破すれば、選択の余地なく次の学年から別の学部に異動します(退学するなら別ですが)。

しかし、一般の入試や編入学と違って、毎年行われるとは限りませんし、すべての大学で行っているわけでもありません。また、カリキュラムが違うのと、編入学ほど単位認定が柔軟には行えない(同じ大学なので必然的に厳密になる)ために、4年間で卒業できなくなる可能性も編入やそのまま在籍した場合よりも高くなります。

転学の基準は、
 o 入試段階の成績
 o 入学後の履修成績
 o 面接
 o 小論文とか筆記テストなど
などから判断されるようです。例えば、センター+前期のような試験で入ってきたとして、自身の成績が転入希望先の合格最低点を下回っているようなときには、その段階で転学部を認めない等のケースがあります。


対して、他の大学の途中の学年に移ることを『編入学』といいます。この場合は、他の大学の入学試験を受験することになるので、受験料および入学金が発生します。

この場合は、編入希望先に合格しても、在学している大学とは別のところでの話ですから、合格しても入学は辞退することができます。

単位認定にあたっては、よっぽど異なる分野からの編入でもない限り、通算して4年間で卒業できるような形にはしてくれることが多いです。


なお、いずれについてもですが、入学前から転学・編入学を予定するというのは、ちょっと無謀です。工学部に入学しても、最初の1年から一年半くらいは大学生としての基礎的な素養、あるいは○学部における専門の学問が理解できるように準備するトレーニングに費やされ、専門の内容は4年間の大学生活の後半になってやっと現れてきます。入学前から転入・編入を考えるということは、最初の大学・学部で具体的な内容を学ばない状態で、次の大学・学部での専門的な内容についていくためのトレーニングなしで移ることになり、大変危険です。危険であるだけでなく、大学に対する認識不足といわれてもしかたないです。転学・編入学の面接で低評価になるとともに、その後の就職等にも影響を及ぼしかねません。最初からいきたいところに行っとけよ、という話になるわけで。

「できるからやる」という抜け道活用策としてではなく、ご自身は何をしたいのかを考えて、最初のスタート時点から王道を歩んでいってくださいな。

同じ大学の他の学部に移籍することを『転学(部)』、
別の大学に移籍することを『編入学』といいます。

転学/転学部は、同じ大学のなかで行いますので、大学に入学するときに支払う入学金の支払い義務は発生しません。試験も、学内での事務手続きの一環として行われますので、受験料が取られることもありません。転学の試験に失敗すれば、在籍している学部にそのまま残ることになり、転学の試験を突破すれば、選択の余地なく次の学年から別の学部に異動します(退学するなら別ですが)。

しかし、一般の入試...続きを読む

Q他大学院受験のメリットデメリット

現在、地方の東北大学工学部に通う4年生で、東大の院試を考えてるものです。
しかし、試験日程の重なりのために、東大と東北大の院のどちらかしか受験することが出来ません。
この上で東大を受けるのはリスクがあるということは知っていますが、がんばろうと思い、研究室の教授に受験する旨を伝えました。

すると、教授からはこのようなデメリットを伝えられました
 ・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。
 ・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になるから、東北大学にいるよりも就職に悪く働く可能性もある。
 ・高校のときに受からなかったから院で行きますなんて時代錯誤もはなはだしい。

自分は正直、高校のときに受からなかったし、ネームバリューという点にひかれて大学院での受験を考えていましたから、これを言われてとてもショックでした。しかも、なんのメリットもないのに東北大学の院を受けられないというリスクを犯す必要があるのか、と思いました。

そこで質問です。東北大学を受けないというリスクをおかしてまで東大を受けるメリットはあるのでしょうか?ちなみにぼくは修士を出たら就職するつもりです。よろしくお願いします。

現在、地方の東北大学工学部に通う4年生で、東大の院試を考えてるものです。
しかし、試験日程の重なりのために、東大と東北大の院のどちらかしか受験することが出来ません。
この上で東大を受けるのはリスクがあるということは知っていますが、がんばろうと思い、研究室の教授に受験する旨を伝えました。

すると、教授からはこのようなデメリットを伝えられました
 ・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。
 ・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になる...続きを読む

Aベストアンサー

私は地元の国立大から京大の院で修士博士と修了しました。

その上でレスしますと

・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。

一理あると思います。旧帝クラスであればもうどう転んでも修士で良い会社に内定でます。

・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になるから、東北大学にいるよりも就職に悪く働く可能性もある。

学生のレベルは東大の方が高いと思いますが、博士課程進学者・求人は東大のほうが多いと思うので、最終的には同じような感じではないかと思います。

・高校のときに受からなかったから院で行きますなんて時代錯誤もはなはだしい。

東大と京大は外部からの進学者が定員の4割程度いたはずなので、まあ時代錯誤としても浮きはしないでしょう。



下位旧帝大から上位地方国立大(千葉とか神戸とか)には学生が他大学を受験することを好ましくないと思う教授が結構いるようです。

ただ気になったのが
ネームバリューという点にひかれて大学院での受験
これはちょっと微妙です。

教授の実績を見て判断してください。東北大レベルだと、おそらく分野によっては東大と同等もしくはそれ以上の実績を残している教授もいるはずです。東北大での自分の担当教授の方が実績が多いのにネームバリューで東大に行くなんて言ったらそりゃ向こうも機嫌を悪くするでしょう。ただ工学はどうも東大の方が格上な気がしなくもないですが…

どちらにせよ円満解決するなら合理的な理由が必要だと思います
・やりたいことの相違
・メジャー分野なら実績
・設備
・立地※ 

※はっきり申しまして東北大の立地は非常に悪いです。東大(に限らず都会の大学)ならば「来週日曜にyy大のxx教授主催のセミナーがあります。参加したい方は~」みたいな掲示が結構あります。東北大では無理でしょう。
自力で研究を進められる教授クラスの人間ならいいですが、学生にとって情報過疎は厳しいものがあります。このあたりのことを教授に問うてみてはいかがですか?

ということで、私としては東大受けてみればいいんじゃないの?と感じます。就職するのでしたら最後の学生生活ぐらい華やかな東京で過ごすというのも良いと思いますよ。

浪人はきついので阪大や京大なども受けときましょう。

ちなみに博士課程へ進み大学に残るつもりであれば積極的に外へ出されます。

私は地元の国立大から京大の院で修士博士と修了しました。

その上でレスしますと

・修士を卒業して就職するつもりの人間は旧帝大から旧帝大に院で変えるメリットはない。

一理あると思います。旧帝クラスであればもうどう転んでも修士で良い会社に内定でます。

・むしろ東大に進学して東大内部での勝負になるから、東北大学にいるよりも就職に悪く働く可能性もある。

学生のレベルは東大の方が高いと思いますが、博士課程進学者・求人は東大のほうが多いと思うので、最終的には同じような感じでは...続きを読む

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q東北大に進学か、蹴って浪人か。

この春に東北大学の理学部地球科学系を後期で受験したものです。合格したらどうするか...で非常に悩んでいます。

僕は、漠然とやりたいことを考えて、宇宙物理とか地球科学とかやりたいなあ、と思って地球科学系を志望しました。

他に私大も受けたのですが全滅し、浪人するのも嫌なので、受かったら進学しようかと考えてました。

けど、就職について調べてみると地学系は悲惨らしいんです。教員しか仕事がないとか書いてあって...。自分としてはその研究を続けたいとは思っていません。学びたいな、っていう内容は地球とか宇宙とかに興味あるんですが、就職はIT系とかに進みたいんです。

大学が就職予備校ではない事はわかっています。けど、思うような就職が出来ないのなら行って後で後悔すると思うからもう1年、他の学部志望でやり直すべきなのかと。

でも、浪人は辛そうで耐えられません。
周りの友達がハジけている中で志望大学をわざわざ蹴って1年間頑張れるのかなと思ってしまいます。それに、また合格できる保証もないですし。


母親は、他に行きたいなら浪人すれば?と言い、父親は旧帝信者なので東北大で就職に困るはずがないだろうと一点張りです。



お聞きしたいのは、

・地学系の就職状況はどうなのか
・浪人するのと進学するのは、どちらが得策に思えるか(直感的に、で構いません)
・東北大学で転部や転科はできるのか



まだ受かった身ではないとはいえ、受かったらすぐ進路をきめねばならないので、質問させていただきました。どれか一つで構いません。お返事を下さい。お願いします

この春に東北大学の理学部地球科学系を後期で受験したものです。合格したらどうするか...で非常に悩んでいます。

僕は、漠然とやりたいことを考えて、宇宙物理とか地球科学とかやりたいなあ、と思って地球科学系を志望しました。

他に私大も受けたのですが全滅し、浪人するのも嫌なので、受かったら進学しようかと考えてました。

けど、就職について調べてみると地学系は悲惨らしいんです。教員しか仕事がないとか書いてあって...。自分としてはその研究を続けたいとは思っていません。学びたいな、っていう内...続きを読む

Aベストアンサー

就職に直結し、採用数も多い学科は、そう多くも有りません。
医・歯・薬・法・経・情報・電子・機械・建築と言ったところでしょうか。
それじゃあ、それ以外の学部・学科が就職が無いのか?

もちろん、上記の就職直結学科より厳しいのは当然と思います。
しかし、全く就職が出来ない、あるいは実質それに等しいなら、
その学部・学科は、定員を大幅に削減していることでしょう。
そうはなっていないことは、それなりの就職が有るということです。

すなわち、地学学科出身者が、地学専門の職業に就くのは、困難だと思いますが、
それを問わなければ、就職の道は、十分有るものと考えます。

特に、IT系に進みたいとのことですが、近年ではどの分野でもコンピュータ解析は不可欠ですので、
それを極めることが就職の道につながることと思います。

とは言え、在学中に学ぶ知識は大切にしましょうね。
一生の財産になります。

Q工学部に入ったら後が大変??

質問させてもらいます。
私は工学部に進学予定なのですが、インターネットで色々と調べた結果、入った後が文系と比べてかなり辛そうです。私は工業科に進んでしまい、普通教科を独学で勉強するはめになってしまい、高校生活を楽しむ事が出来ていません。なので大学だけはサークルに入ったりして、楽しみたいと思っています。勿論勉強等は疎かにしない程度です。しかし、工学部に入ると勉強が忙しくて遊んでる暇が全くないと聞きました。そうなると私の青春時代は勉強しかしてませんでした、になってしまいます。

工学部に入りたい理由は、特には無いのですが、就職しやすい所と物をつくる点が私には向いている。といったところです。工学部のどの学科にするかはまだ決めていません。
遊びに大学に行く訳じゃありませんが、大学だけは勉強漬けになりたくありません。ある程度青春も欲しいです。

皆さんならどうしますか?皆さんの意見が聞きたいですので、宜しくお願いします。

なりたい職業・将来の夢を探すっていう意見は、NGでお願いします。なりたい職業・将来の夢が決まらないので質問しているので。

質問させてもらいます。
私は工学部に進学予定なのですが、インターネットで色々と調べた結果、入った後が文系と比べてかなり辛そうです。私は工業科に進んでしまい、普通教科を独学で勉強するはめになってしまい、高校生活を楽しむ事が出来ていません。なので大学だけはサークルに入ったりして、楽しみたいと思っています。勿論勉強等は疎かにしない程度です。しかし、工学部に入ると勉強が忙しくて遊んでる暇が全くないと聞きました。そうなると私の青春時代は勉強しかしてませんでした、になってしまいます。
...続きを読む

Aベストアンサー

工学部と文系学部を比べると、大学、学部、学科によっても違いますが、一般論として、工学部は、忙しいですね。
文系学部は学年が上がるにつれ、どんどん楽になっていくのに対して、工学部は逆にどんどん、大変になって忙しくなっていきますからね。
一年時はほとんど、文系と変わらないのですがね・・・
専門科目や実験が二年あたりから、入るようになり、それは大変です。
四年生なんかも、入る研究室によっては、かなり忙しいですからね。
特に外研(外の研究室で国立系の研究機関など)なんかに行くと、夏休みも社会人と同じくらいしかもらえないとこもよく聞きますね。
一日の拘束時間も社会人とほぼ、同じだし。
それに対し、文系の四年生なんて、ほとんど毎日が休みみたいなとこも多いし・・・すごい差ですよ。

おまけに、理系単科系私大TOPのTR大学なんかをはじめとして、一般的に留年率も相当高いらしいですし。

まあ、学問以外のことで、大学生活をエンジョイしたければ、間違いなく文系ですね。
卒業する為に学業に取られる最低限の時間が全く違います。
しかも、言い忘れましたが、理系(工学部)が就職が良いといっても、大企業に就職したければ院まで進学するのが常識ですからね。
特にレベルの低い大学は院卒でないと大企業は採用してくれません。
(レベルの高い大学だと理系職でない職種なら有名企業に学卒でもはいれますけど)
けれど、レベルの高い大学ほど院進学率が高いのですけど・・・
矛盾してますね。
まあ、レベルの高い大学の学生は大企業の研究職、技術職につきたい方が多いからだと思いますけどね。
確かTR大で50%くらいだったような・・・
とある超有名大学の理系ですと70%以上が院に進学するらしいですよ。
逆に最低レベルの大学では5%程度のとこもあるようです。
でも同レベルの偏差値の大学だったら、間違いなく理系の方が就職はしやすいと思います。
(特に中間レベルの大学で比べた時)
理系の学生の方が文系の学生より絶対数が少ないですからね。

まあ、入学してしまえば理系でも社会人に比べれば、楽だと思いますし、二年生になる頃には慣れると思いますよ。
慣れない人がけっこう辞めていくようですけど。

結論ですが、「遊びたい、大学の学問以外のことをやりたい」とあなたが強く感じているのなら、文系に進むべきでしょう。

工学部と文系学部を比べると、大学、学部、学科によっても違いますが、一般論として、工学部は、忙しいですね。
文系学部は学年が上がるにつれ、どんどん楽になっていくのに対して、工学部は逆にどんどん、大変になって忙しくなっていきますからね。
一年時はほとんど、文系と変わらないのですがね・・・
専門科目や実験が二年あたりから、入るようになり、それは大変です。
四年生なんかも、入る研究室によっては、かなり忙しいですからね。
特に外研(外の研究室で国立系の研究機関など)なんかに行くと、...続きを読む

Q物理学で研究職につくには

現在、高3の受験生です。

僕は、将来は物理学で研究職につきたいと思っています。

そもそも、研究職につける人は、かなり限られると思いますし、
物理学という分野でも同じ事が言えると思っています。

それに僕は、そんなに天才的な何かがあるとは思えませんし、
高校時代から物理の難しい本を読んで、
大学レベルの事を勉強しているなんて事もありません。

それでも、やっぱり研究職につきたいと思います。

学校の授業でも物理が一番好きですし、
勉強してて面白いとも思えて、自分には物理があってるのかな~
なんて思っているんですが、
こんなくらいの考えで物理学科なんて行ったら、
痛い目見たりしてしまうでしょうか?

何か質問がよくわからなくなってしまったんですが(笑)

とりあえず、物理学科に行って、研究職につける人というのは、
どれくらいいるもんなんでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。補足です。

No.2で原子核理論と原理核実験を書き忘れるという失態を犯してしまいました。そういう分野もあります。その他、生物物理などもあります。

No.3の方が書かれていますが、物理は実力主義の世界なので、出身大学は関係ないです。
実力主義の結果として東大や京大の特定の大学出身者に偏る傾向があるということになります。
たとえば、東工大は東大出身の教授が多いのですが、それは東工大出身者をコネで採用するということをしていないので、実力で採用した結果そうなってしまうだけです。
しかし、東北大、名古屋大出身の優秀な研究者もたくさんいますので、ご安心ください。
物理学者になることだけが目標であれば、どうせ学部では基礎的な勉強しかしないし、教授と専門分野について語りあうことも一切ないので、旧帝大だろうが地方大だろうがどこでも一緒です。
でも、一般に優秀な者は入試程度でつまづくはずはないです。

さて、宇宙にご興味がおありとのことですが、大きく2つのパターンに分けられると思います。
1.数学が得意で、物事の原理を根本的に突き詰めるのが好き
2.漠然と宇宙が好き
1でしたら、初期宇宙などの宇宙理論、もしくは素粒子論がよいでしょう。
2でしたら、観測的宇宙論や宇宙観測がよいでしょう。

宇宙理論はかなり人気のある分野ですよ。
私は東大出身ですが、同期で宇宙理論に進んだ人は数人いました。
(全員、とても優秀な方でした。)
残念ながら全員、途中でやめていきました。
宇宙理論はそんな感じです。
だいたい、宇宙理論は各大学にポストが2つや3つくらいしかないわけです。
ある大学のポストが2つと仮定して、そのポストについている教授、助教授の年齢が55歳、45歳だったら、(定年が65歳なので)あと10年間はその大学では全く空きがでません。その一方で、毎年数名、大学院に入ってくるわけですから、おのずから競争は厳しくなります。そういう分野は博士課程を終えたあと、世界中を任期が2,3年のポスドクをやりながら転々とします。
たまにポスドクが切れちゃって半年や1年くらい無職になったりする人もいます。
そこまでして続けるというのは、物理が好きというのを通り越していて、物理教の狂信者といった感じですね。
で、諸国を転々として、日本に空きができたら帰ってくるという感じでしょうか。
だから、旧帝大で宇宙理論のポストにつこうと思ったら、それなりの能力と覚悟が必要でしょう。
しかし、基準を下げれば、結構簡単です。
日本には実はたくさん大学があって、地方大学で一般教養の学生に物理を教えるポストや、国際××福祉大学のような聞いたこともないような私立大学で文系の学生にエクセルやワードの使い方を教えるポストもたくさんあり、そういうのは割と簡単になれます。
理論でしたら、お金がもらえて時間があればどこにいようが研究はできるので、そういう手もあります。

ちなみに、宇宙観測に行った同期数人は、ほとんど研究者としてのポストか、JAXAや民間企業などで観測衛星の開発にかかわる仕事についています。宇宙観測も人気があります。

素粒子実験、物性実験は、博士号取得→助手→助教授とかなりスムーズに進むケースが多いです。

生物系では、博士課程の途中で助手になる人もいますし、分野によっていろいろですよ。

今は理系は修士まで行くのが当たり前で、優秀な大学院生も大勢いる一方で、学部の内容さえろくに理解していない本来大学院に来る必要もない大学院生も山ほどいるのが現状です。だから、遠慮することないと思いますよ。(意外かもしれませんが大学より大学院の方が簡単に入れます)
そこそこの大学を出て修士までだったら、希望すれば大抵どこでも就職できるので、とりあえず物理学科に行って勉強したらいいと思いますよ。
理論物理は人間の能力を極限まで鍛えるのに最適です。
物理をやめて今は他の分野の仕事をしている友人が
「場の量子論を経験した以上、他の分野の学問は簡単にしか思えない」
と語っていました。確かに数式には極端に強くなります。

ただし、修士で就職する場合、修士1年の終わり頃から就職活動を開始しなくてはいけないので、大学院に入って1年以内に決断する必要があります。長い間迷っている時間はないです。で、その時期はまだ場の量子論の初歩をかじりかけた段階だと思うので、さしずめ1950年代までくらいの物理しか知らないでしょう。物理の全体像を把握する前に続けるかやめるか決断しなくてはいけないということです。
博士課程まで行って博士号をとるのは簡単なことですが、そこまで行くと27歳なのでそれなりのリスクが伴うことを覚悟しておく必要があります。

最後に、
ノーベル賞を受賞した朝永振一郎(ともながしんいちろう)は、物理学者になると父親に話したときに止められたそうです。そんな道に進んでも高校の教師になるのが成れの果てだぞ、それでもいいのか、と。朝永さんは、好きだからそれでも構わないと思い、物理の道を選びました。
私もこれから進もうとする人に少し怖気づかせることを書いてしまいましたが、kiku511様は朝永さんのようにすごい才能があり、次々と大発見をして歴史に名を残すような学者になるかもしれませんね。

No.2です。補足です。

No.2で原子核理論と原理核実験を書き忘れるという失態を犯してしまいました。そういう分野もあります。その他、生物物理などもあります。

No.3の方が書かれていますが、物理は実力主義の世界なので、出身大学は関係ないです。
実力主義の結果として東大や京大の特定の大学出身者に偏る傾向があるということになります。
たとえば、東工大は東大出身の教授が多いのですが、それは東工大出身者をコネで採用するということをしていないので、実力で採用した結果そうなってしまうだけで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング