大変質問しにくいことですが、“24時間TV等のボランティア募金で道路や信号は作られており、重量税等は信号を点滅するために使われている。ソレを知らないのはあまりにも勉強不足だ”と 言われました。

 さらにジャンルは違いますが ハワイ沖の船の調査費用は 日本の税金で行われているとも言ってました。 

 これってかつがれたんですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

24時間テレビの募金では、福祉車輌といって


車椅子のまま乗車できるよう最後部に
リフトが設置されている大型のバンが
社会福祉施設に送られます。(たしか毎年2台だったと思います)
番組内で前回車輌が送られた施設で使われている様子も
放送されていますよ。

実際私は、「24時間テレビ」と書かれた車輌に乗ったことがあります。
道路や信号が作られているのではないです。
    • good
    • 0

追加です。


24時間テレビはわかりませんが,ラジオのほうでは,全国の民放ラジオ局が共同して毎年クリスマスの前後に行う「通りゃんせ基金 ラジオミュージックソン」というチャリティー番組があり,収益金はその名のとおり盲人用の信号の設置にあてたり,アイバンクや録音図書の作成・購入など,視覚障害者の福祉に当てています。
そういう意味ではウソとはいえないのかもしれませんが,でも自動車重量税が「信号を点滅するために使われている」という言い方は変ですよね。
信号を設置して維持管理する,というのならまだわかりますが「点滅」が目的とは。信号の機器の中にある点滅制御回路の部分だけに払われるんですかね。
ちなみに,自動車重量税は「道路などの社会資本を充実するための財源として、車検の際自動車の重量に応じて課税される国税です。」(国税庁のページより)ということです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7192.HTM
    • good
    • 0

たぶんそうだと思いますが…。



24時間テレビには毎回キャッチフレーズがありますが,「全国の危険な交差点に信号を!」などというのは聞いたことがありません。
http://www.ntv.co.jp/24h/
には,第23回の23時間テレビで寄せられた7.6億円の募金の使いみちがありますが,入浴カーや車椅子などの福祉車両,国内の災害,海外の地域医療,インドの地震などとなっており,道路整備は見当たりません。
大体,お金に印があるわけじゃなし,信号を作るお金と信号を点滅させるお金をどうやって区別するのでしょうか。

ハワイ沖の船の捜索はアメリカの沿岸警備隊と海軍が行っていますから,アメリカの税金でしょう。
駐日米軍には日本が国の予算の中からいわゆる「思いやり予算」を組んであげていますが,ハワイまで出動したりしてはいません。

道路交通法違反の反則金が道路や信号整備に当てられているというのは本当です。(URL参照)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=41694
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東北太平洋沖地震募金、企業を介さず直接したい

東北太平洋沖地震の募金をしたいと思っておりますが、
企業や他の手を解さず、自治体、市町村か県に直接振り込みたいと思っています。
(色々ご意見があるとは思いますが、私はそれ以外の方法は、性質上
100%が被災者の方々の手に渡るのは難しいのではないかと考えています)
このような方法は、振込先のご迷惑になるのでしょうか?
また、可能だとしたら、大体いつ頃、どこで情報が公開になるのでしょうか?

もう一つ、お聞きしたいのは、
主な被災地(という表現もやや難しいとは思いますが)に、必要時応じて
お金を割り振る公的機関あるいは制度などはありますでしょうか。
例えば、仮設住宅が宮崎では人数分揃ったが、岩手では金銭的な問題で不足したと言う
ような場合に、岩手に割り振るような。
何分素人で、また私自身も現在余震に右往左往している状況ですので
要領を得ない質問で申し訳ないのですが、
自分にできることは金額的な支援だけだと思いますので、お教えいただきたいのです。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

市役所のホームページ等見て下さい
私の市ではホームページに募金の事乗ってます

Q東北地方太平洋沖地震の募金が被災者に届くのは?

地震被害の様子をテレビでただ眺めているだけしかできない
無力な自分を申し訳なく思っています。

せめて募金を行いたいのですが、
疑問があります。

テレビ各局や、有名な団体が募金活動を行っていますが
そこで集められた募金はどこにいくのでしょうか?
そして、それはどうやって被災者に分配されるのでしょうか?

お金という形で均等に被災地の方に分配されるのか、
または何か物資となって分配されるのか
その先がよくわかりません。

また、分配される被災者も家族が多い方や
家がなくなった方が優先されるとか、
金銭額に多い少ないを配慮されるのでしょうか。

きちんと困っている方に届けばいいのですが、、、
どこかで搾取されたりするのは
本当に嫌です。


ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 義捐金は、いわば使途指定の寄付金なので、それぞれの団体が適当と思うやり方で配分することになります、下記に長野県の例を挙げましたが、募金をしている団体の募金目論見書(いろいろな言い方あり)に、配分方針と選定方法が記載されていると思います。
http://www.pref.nagano.jp/keiei/kouhout/chuetsuj/gienkin/shito.htm

 考えてみれば、神社もお寺も教会も、どれも寄付で建てられ維持されています。昔は、小学校も地元の寄付で作られました。

 ご自分の趣旨に一番適した団体を選んで寄付されてはいかがでしょうか。

QEdy・おサイフ携帯等の普及は募金活動にマイナス?

私はコンビニ等あらゆる場所で募金箱を見つけたら、
・1回上限10円
・1円玉、5円玉優先
という意味不明の自己基準で募金してます(笑)
一方、私はEdyやおサイフ携帯等のキャシュレス化のシステムも積極的に利用しています。
来年にはいよいよスイカとおサイフ携帯が融合し本格的にキャシュレスの波が一気にやってくると思われます。
私自身は募金をやめるつもりはありませんが、キャシュレスシステムの普及は募金の減少につながらないのでしょうか?
ちょっと心配です。

Aベストアンサー

興味深いご質問、というか問題提起ですね。

ご存知かも知れませんが、インターネット経由では、既にEdyやお財布携帯を用いて募金を行えるサイトも存在します。
・Edyの使える募金サイト
http://www.edy.jp/edy_site/edy_site_charity.html
・赤い羽根共同募金
http://www.akaihane.or.jp/donation/body1.html#keitai

募金活動に「積極的に」取り組まれている方ならば、キャッシュレスシステムの普及後も、このような仕組みを活用して、継続されるのだろうと思います。

ご心配されているのは、そこまで積極的ではないけど、「小銭でお釣りを貰ったときに、目の前に募金箱があれば入れる」くらいの方であれば、キャッシュレス化により、その取り組み機会が失われるのではないか、という点なのでしょうね。
言われてみれば、確かにあり得る話だと思います。

「希望的観測」を含めて、将来的にはキャッシュレスで募金できる「募金端末」がコンビニに設置されるようになるのではないか、と考えます。

あるいは、会計時に「端数を募金に回す」ことができるレジが登場するかもしれません。

また、企業の社会的貢献の一環として、売上の一定割合を寄付に回すところも増えていますよね。このような企業の製品、サービスを利用することによって、募金活動に参加する「間口が広がる」とも考えています。

トータルで考えて、あまり心配する必要もないのでないか、と私は思います。

最後に、キャッシュレス化が進んでも、やはり人々は小銭を持ち歩くことからは逃れられないのではないか、と私は思います。
紛失・盗難などのリスクもあり、キャッシュレスシステムだけに依存して社会生活は送れない気がしますし、「いまいくら持っている」という現金特有の存在感(?)は、なかなか手放せないのではないかな、……と。

興味深いご質問、というか問題提起ですね。

ご存知かも知れませんが、インターネット経由では、既にEdyやお財布携帯を用いて募金を行えるサイトも存在します。
・Edyの使える募金サイト
http://www.edy.jp/edy_site/edy_site_charity.html
・赤い羽根共同募金
http://www.akaihane.or.jp/donation/body1.html#keitai

募金活動に「積極的に」取り組まれている方ならば、キャッシュレスシステムの普及後も、このような仕組みを活用して、継続されるのだろうと思います。

ご心配されているのは、そこま...続きを読む

Q新潟中越沖地震のボランティアについて

新潟中越沖地震のボランティアに参加したいのですが、これまでこういうボランティアに参加したことがありません。募集の情報等はどのように調べたらよいのでしょうか。何か注意すべきことなどあったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

まずはいくつか
http://bosai.pref.niigata.jp/bosaiportal/0716jishin/volunteer/bus.html

http://www.fukushiniigata.or.jp/activity/volunteer/saigai3.html

http://www.tatunet.ddo.jp/saigai/

ご参考までに

Q東北地方太平洋沖地震

していいのか、すると逆に迷惑という可能性もありますが
あえて聞きます。

地震被害に対して募金でなく
実際に行って何か手助けできるんでしょうか?
どこかの機関で募集などしていないでしょうか?

Aベストアンサー

救助隊もなかなか近づけないような状態ですから、今は無理です。
ある程度、状況が落ち着けば、ボランティア募集も始まるはずです。
どのような形になるか判りません。
まず、宿泊場所があるかわかりません。
水、食べ物があるかわかりません。
自分の水、食料、泊まるテントや車中泊する車などが無いと、行くことすらできない可能性があります。
あなたはその準備が出来ますか?
出来なければ、そうしたインフラが整わない限り、行くことはできないでしょう。行っても足手まといになるだけです。
水害復旧にボランティアとして参加した経験から言えば、最低でも電気水道物流が普及しない限り、一般のボランティアは現地に入れないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報