月の満ち欠けの説明のサイトを見ていると、
決まって地球の周りにいろんな形の月が描いてあって、
新月が太陽の方向にあるのですが、
(http://www.so-net.ne.jp/kagaku/naze/hon/cat_b_1_ …のような)
この図だと三日月や新月は夜中に観測できない気がするんです。
たとえ観測できたとしても、
西の地平線にかろうじて見える程度な気がするんですが、
そうなんでしょうか?
三日月が頭上に見えるのは夕方だけなんですか?

A 回答 (3件)

大体予想される通りです。



ごくおおざっぱに言ってしまえば、満月は太陽が西に沈むと同時に東から昇ってきて、一晩かけて天を横切り、翌朝太陽が昇ると同時に西に沈むことになります。

半月は、太陽が沈んだときにちょうど南に現れるか、夜半過ぎに東から昇ってきてちょうど南に来たときに太陽が昇って来る(=見えなくなる)2つのパターンがあり、同じく三日月も、太陽が沈んだ直後の西の空か太陽が昇る直前の東の空に現れるパターンがあります。(なので三日月は夕方か朝方のわずかな時間しか見えません)

新月は、昼間に太陽と一緒に空にあることになるのでもちろん見えません。
ただ、その時は月からすると地球がちょうど満月のように見えるので、その照り返しで明るくなった月が昼間の空に白く見えることはあります。
あと見ることができるとすれば、日食の時に太陽にかぶさる黒い影が新月です。

ものすごくおおざっぱですみません!
お分かりになりにくかったら、ご指摘下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり三日月は真夜中に見えないんですね。
なんだか夜中に見た気がして、理屈が間違っているのかと思ってました。

お礼日時:2001/02/21 11:39

昼間の月をかなりハッキリ見る方法があります。

月の位置がわかれば、の話ですが。
長い筒(内側を黒いつや消しスプレーで塗ったものが良い)を使って覗くんです。目に入ってくる明るい光が遮られるため、視覚が暗順応して、かなり暗いものまで見えます。金星が見えたという話も知人から聞いたことがあります。
もちろん天体望遠鏡でもかまいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな技があるんですね。今度試してみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/24 01:19

> 三日月が頭上に見えるのは夕方だけなんですか?



昼間でも月は見えています。
ただし、ご想像のとおり太陽の近くに見えていますので、注意深く見ないと気づかないかも知れません。
月は29日周期で満ち欠けしていますので、(これを朔望月といいます)この3日目にあたる月を三日月と呼んでいます。
東の空、朝焼けの中に見えるのはあと数日で新月を迎える26日目あたりの月です。正確には三日月ではありませんね。

部屋を暗くし、電球などで光源を作りこれを太陽とします。
また、ボールを手に持ちこれを月とします。
自分の体を中心にボールを回転させたときのボールへの光のあたり方を観察すると、月の満ち欠けについて想像しやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

月が昼間白く見えてるのは、覚えてます。
26日月とか三日月って綺麗な形なので、
印象が強くて、真夜中見たような誤解した記憶になってました。

お礼日時:2001/02/24 01:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペーパーナイフの切れ味

先日,ペーパーナイフを買ったんですが,切るのにかなり力が要ります。
刃がむき出しになってることでの安全策だとは思うのですが,やはり通常のカッターナイフのような切れ味のペーパーナイフというのは無いんでしょうか?
どうせならやっぱりよく切れる方がいいと思うのですが。

Aベストアンサー

お土産で貰ったペーパーナイフも安全策か刃がプラスティックで
切れませんでしたから飾りになっています。
ナイフというからには機能的にきちんとしていてほしいですよね。
包丁と同じような刃でしたら、アルミ箔を二つ折りにして
谷折の所に刃を当ててアルミ箔を1~2度切って下さい。
包丁と同じで切れ味がよくなります。ただ、切り過ぎると鋭利な刃になりすぎますので気をつけてくださいね。

Q新月に近い三日月

28日は皆既月食ですね。楽しみにしているのですが
子供の頃がらずっと疑問に思っていたことがあるので教えてください。

月の満ち欠けのしくみというか、どうしてそう見えるのかはわかるのですが
新月に近い頃の三日月って、地球-月-太陽 の順で並びますよね?
地球で夜になっている部分は太陽の反対側なのに
どうして同じ方向にある月も見えるんでしょうか?
それを言い出すと半月の時も、絵に描くと地球の横に位置しているのに・・・
などと、どんどん煮詰まってしまいます。

懐中電灯とスチロール玉を持って一晩考えてみましたがわかりません。
ネット上で調べてみましたが、昔習ったのと同じ説明図ばかりで
太陽の方向にある月をどうして反対側の地球(夜)から見られるのか謎は深まるばかりです。
どなたかこんなアホな私にわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

A2さんの回答の通りです。

○-----月--------太陽

という位置関係です。

 b
a○c-----月--------太陽
 d

あなたの質問は 今自分がa地点にいるので月は見えないのではないか、ということでしょうか。
そのとおりで、a地点 つまり、夜中には 三日月は見えません。

上の位置関係で、月が見えるのは、b地点(夕方)にいるときです。太陽の方向、つまり、西の空に太陽のとなりつまり地平線のそばに見えます。しばらくしたら、地平線に沈んでしまいます。(太陽より少し遅れています)

d地点(明け方)にも見えるような気がしますが、このときは太陽が昇ってからすこし遅れて、月が地平線から昇ってきます。ですから、見えません。もう少しで月が昇ってくるぞ、と期待して待っていたら、その直前に太陽が顔を出してくるのです。

c地点にいたら、(つまり昼間は) 頭の上、上空に月はいます。ですが、空や太陽が明るすぎて月は見えない、ということです。
まぶしい太陽の方向を見て、あのあたりに三日月があるんだなーと想像できるだけです。日食で太陽が月に隠されたときは、昼間でも星が見えると言います。
上の図は簡単すぎて、月より太陽が少し早く昇るなどの微妙な様子が表せていませんが、なんとなくお分かりかと思います。

くわしくはA2さんのサイトを参考にして考えてみてください。

A2さんの回答の通りです。

○-----月--------太陽

という位置関係です。

 b
a○c-----月--------太陽
 d

あなたの質問は 今自分がa地点にいるので月は見えないのではないか、ということでしょうか。
そのとおりで、a地点 つまり、夜中には 三日月は見えません。

上の位置関係で、月が見えるのは、b地点(夕方)にいるときです。太陽の方向、つまり、西の空に太陽のとなりつまり地平線のそばに見えます。しばらくしたら、地平線に沈んでしまいます。(太...続きを読む

Qペーパーナイフ

名著復刻版で、ペーパーナイフで切りつつ読むのですが、断面がギザギザかさかさになってしまいます。きれいに切るこつがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ペーパーナイフは、
押して切るのではなく『引いて切る』です。

イメージは、バイオリンの弦を引いている感じです。

ナイフを紙に入れる時(腕を押す時)は力を入れず、
ナイフを紙から出す時(腕を引く時)に紙に刃をあててみてください。

Q月は、毎日、地平線から出て、地平線に沈むのですか?

月に詳しい方へ

質問1:地球から月を見る場合、月は、毎日、地平線から出て、地平線に沈むのですか?

質問2:月から地球を見る場合、地球は、毎日、地平線から出て、地平線に沈むのですか?

専門用語で説明して頂いても構いませんので、どうかご教授ください。
また、これらの疑問を解決してくれる書籍やサイトがありましたら併せてご教授ください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1:既に出ている日と、沈んでいる日がある。
http://www.nao.ac.jp/koyomi/dni/

2:ほぼ一定の位置にあり、移動することはない。

Q三日月

お世話になります。

先日、深夜放送でアナウンサーが
「今日は三日月、スタジオからは見えませんが皆様のお宅ではどちらに見えていますか?」

夕刻、確か山際に沈む三日月を見たのですが、思わずアフリカ辺りでも誰か聞いているのかと突っ込みたくなったわけです。

さて質問です。
日本で満月は夕方6時頃に出ます。
と言う事はアフリカ東経0℃(子午線)辺りではこの月は
満月ではないのでは???

また逆に、深夜の三日月を見たいためにアフリカに行くとすれば、日本の夕刻三日月を見たあと、先回りしてアフリカで深夜三日月が見えるでしょうか?

くだらない質問ですみません。

某放送局に投書はしてみましたが、深夜の三日月が果たして現実どこかで起きているのかどうか、教えていただきたく投稿しました。

素人ですので詳しくお願いします。

Aベストアンサー

私も素人です。

深夜の三日月、、、って、「日本時間で深夜の三日月」のことですか?
それなら、時差6時間程度の国に行ったら見られるのではないでしょうか。
しかし、現地時間では夕方でしょうけど。

三日月って、地球から空を見上げたときの太陽と月の距離関係ですから、どこの国に行っても太陽と月の距離は同じだと思います。だから、その地域の時間では夕方の時間帯だと思います。

満月も同じで、子午線のある国でも、満月は満月で、夕方6時頃出るでしょう。日本と9時間ずれるでしょうけど。

本当の意味で、月が本当にまん丸になる満月でしたら、それは日蝕や月蝕の様に、地球上のある地域で、ある時間帯しか見られないと思います。

Q地平線近くの月は、なぜ大きく見えるのでしょうか。

地平線近くの月は、同じくらいの高さに比較できる建物などがあるため大きく見えると聞いたことがありますが、私には明らかに違ってみえます。しかも、同じくらいの位置に月があっても、大きくみえるときとそうでないときがあるように思います。
大気が虫眼鏡のような働きをするためという話も聞いたことがありますが、それなら同じ位置の月はいつも同じ大きさにみえなければいけないはずですが、そうは見えません。
これはなぜなんでしょうか。私の錯覚なんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

月の見かけの大きさは時期によって僅かに変化します
ただし見える位置による変化はありません(高いときとか低いとき)
五円玉を持って手をいっぱいに伸ばします
そのときの五円玉の穴の大きさ(視角)は太陽や月と同じです
試してください

Q冬の三日月と夏の三日月の見え方について☆

いつも冬になると思うのですが,三日月(三日月に限らないのですが,三日月の時によく不思議に思うので)の光っている部分というのは,夏と冬では違うのでしょうか?
冬の三日月は,いつも船のように球の下の方が光っているように感じるのですが,どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

その通り、三日月が沈むときは冬にはやや下側が、夏はやや右側が光っているのです(日本では)。

三日月で光っている側というのは、太陽のある側ですよね。ということは月と太陽(三日月が地平線に近いときはもう沈んでいる)の位置関係を考えれば、月のどちら側が光るか分かります。

ところで「黄道」ってご存知でしょうか?地球から見た、天球上の太陽の通り道のことで、太陽はこの線に沿って1日に約1°動き、1年で1周します。月や、惑星はだいたいこの黄道付近にいます。見方を変えれば地球の公転面です。

この黄道は、天の赤道(春分・秋分に太陽が1日で1周する大円)と23.4°ずれており、天球上で春分の太陽の位置(春分点)と秋分の太陽の位置(秋分点)で交わります。この場所で、天の赤道との角度が最大の23.4°になりますが、春分点では天の赤道よりも垂直に近く、秋分点では水平に近い傾きになります。

話が長くなりましたが、月はほぼ黄道上にいて、月の光る側とはその黄道の延長上にいる太陽の方向と考えれば、月が春分点近くでは下側が光り、秋分点近くでは右側が光るということが分かると思います。三日月と太陽は角度にして40°ほど離れているので、季節として最も下側が光るのは春分の40日ほど前、つまり2月前半、最も右側が光るのは秋分の40日ほど前なので8月前半ということになります。

その通り、三日月が沈むときは冬にはやや下側が、夏はやや右側が光っているのです(日本では)。

三日月で光っている側というのは、太陽のある側ですよね。ということは月と太陽(三日月が地平線に近いときはもう沈んでいる)の位置関係を考えれば、月のどちら側が光るか分かります。

ところで「黄道」ってご存知でしょうか?地球から見た、天球上の太陽の通り道のことで、太陽はこの線に沿って1日に約1°動き、1年で1周します。月や、惑星はだいたいこの黄道付近にいます。見方を変えれば地球の公転面で...続きを読む

Q金星について 月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部

金星について

月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部を三日月と言いますが金星が三日月のような形になったとき、それをなんという名前で呼ぶのですか?名前はあるんですか?
教えてください!

Aベストアンサー

金星や水星の満ち欠けについては名称は無いですね。
天球上の動きに対して順行逆行が入れ替わる留や内合・外合、東方最大離角、西方最大離角がありますが、
満ち欠けは望遠鏡が発明された後で判った事なので古来の名称はないですね。

Qイスラムと三日月の関係

イスラム教国の国旗に三日月が多いのは
過去の検索で分かったけれど、
どうして三日月なのですか?
太陰暦と関係がある?

Aベストアンサー

イスラム教の中心であったオスマントルコ帝国の皇帝が戦線を訪れたとき、三日月と星が輝いたという故事に由来しているようです。

Q三日月はどうして見えるの?

お教えください。
(1)太陽、地球、月が、ほぼ一直線に並べば「満月」というのはわかります。(地球の影が月に落ちない場合)
なぜなら、月の形の見え方とは太陽の光を受けた(月の半分は受けるとして)具合を地球から見た場合と思うのです。ここまでは合っていますよね。
つまり、満月とは太陽が真正面に当たった具合を夜の地球側でみている現象だと考えます。ということは(1)の現象だと思うのです。では半月は?というと太陽の光を半分受けているように見える地球の位置ということは、太陽と月の直線がありますが月の部分で直角に地球が位置する場合だと思います。こういう場合地球の自転軸が0度だとすると夕方に見えるのでしょうが、では三日月は?というとちょびっとだけ太陽が月に当たっているように見える地球の位置ということは、太陽、月、地球が一直線上に並んだ位置だと思います。でも、それを見ようとしても太陽が明るすぎて見えないのでは?と思うのです。ですから、三日月の限りなく細い月は、太陽が明るくて見えないと思っています。なのに、見えますね。これは自転軸が少し傾いているからなのでしょうか?

お教えください。
(1)太陽、地球、月が、ほぼ一直線に並べば「満月」というのはわかります。(地球の影が月に落ちない場合)
なぜなら、月の形の見え方とは太陽の光を受けた(月の半分は受けるとして)具合を地球から見た場合と思うのです。ここまでは合っていますよね。
つまり、満月とは太陽が真正面に当たった具合を夜の地球側でみている現象だと考えます。ということは(1)の現象だと思うのです。では半月は?というと太陽の光を半分受けているように見える地球の位置ということは、太陽と月の直線がありま...続きを読む

Aベストアンサー

自転軸のことはおいといて、その前の部分の考え方は合ってると思います。三日月は、月と太陽が、地球から見て近い角度にあるときに見えますので、太陽が沈んだ直後か、逆に(三日月と言わないかもしれませんが)日の昇る直前ぐらいに、太陽と近い方向に一番見えやすいでしょう。

参考URLで、それぞれの月が見やすい時間帯を確認してみてください。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/J/QA/faq/a0201.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報