土作りの基本だと思うのですが、石灰と堆肥はどのようなタイミングで
撒けばいいのでしょうか?
本によって、「石灰と堆肥を一緒に撒いてはいけない。石灰成分が化学
反応を起こし、アンモニアとして飛翔してしまうからだ」とか、「石灰
と堆肥を一緒に撒いてもよい」とか両極端な説明をしています。
お聞きしたいのは
(1)石灰と堆肥は一緒に撒いてもよいのか
(2)一緒に撒いてはいけないとき、どちらを先に撒き、残りをいつごろ撒
けばよいのか
(3)ついでに肥料はいつ撒けばよいのか
教えていただけないでしょうか。
野菜も花も同じ土作りになると勝手に思っているのですが、もし違いが
あるのであれば、その点について教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(1)石灰と堆肥は一緒に撒いてもよいのか


 →同時に散布しても何ら問題はありません。
 ただし、石灰資材の選択が大切です。水溶性の石灰資材である消石灰、生石灰は流亡が激しいために中和効果は持続しにくく「安物買いの銭失い」になるため、お勧めできません。カキ殻、苦土石灰そして過リン酸石灰がお勧めです。石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減るのかもしれませんが、市販されている好気的醗酵のあと嫌気的醗酵を経た牛糞堆肥や豚糞堆肥では考えられないことです。「完熟」とか「2次発酵済み」堆肥とはこれ以上急激な分解はしないことを意味します。当然のことですが完熟堆肥にもアンモニアは含まれています。
(3)肥料はいつ撒けばよいのか?
 →花や野菜によっては畝立てが必要なため1週間間隔をおいて肥料を施肥します。しかし鶏糞を主要な元肥とするならば、野菜、花同じく堆肥、石灰資材、鶏糞そして少量の化学肥料、化成肥料を同時に施肥してかまいません。多肥栽培する作物には追肥として化学肥料、化成肥料を数回与えます。追肥なしの野菜栽培では、トレンチ(溝)に堆肥、石灰資材、鶏糞そして若干の化学肥料を入れ土で蓋し、トレンチとトレンチの間に播種します。
 なお、鶏糞は堆肥処理は完全にされておらず、乾かしたものを醗酵鶏糞とか称して販売されています。試しに水を加え数日後に匂いをかいでみてください。

参考URL:http://www.kahma.co.jp/article/gardening/2002/02 …
    • good
    • 12

3番です


>石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。
「アンモニアを減らし硝酸を増やす」事は、ご指摘の通り見たことがありません。「アンモニアを減らし硝酸は減らない」事は見かけています。ただし、昭和20年代以前(正確な発行年月日は忘却、現物は戦後のどさくさで消失)の書籍です。

>生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減る
石灰は大量ではないです。石灰が炭酸で中和されなければ、アンモニアが0になるまできさんさせますから。ただ、炭酸が含まれているので、炭酸で不溶性化(CaO, Ca(OH)2→CaCO3↓)するのである程度の分量がないときさんしません。
「多少」、多少かもしれません。要は、アンモニアの害が出ない程度まで濃度が下がってくれれば良いわけで、アンモニアが残っていてくれないとちっこう性チッソ肥料になりませんから。

鉱産石灰と海産石灰についてですが、これは土壌によります。
海産石灰を使ったこともありますが分解が遅く中和効果が弱いのです。
これは、私の地区の土がモンモリロナイト系で、交換容量が高いために遊離のCa2+があると、骨格内に取りこまれてしまいます。その代わりにアルミが放出されて水溶性燐酸を大量にやらないと燐酸不足になってしまいます(一ヶ月で酸性に戻ってしまう。モンモリロナイトは表層の反応が1-7日くらい、遅い反応は一ヶ月以上たって現れてくるのでちょっとめんどうくさい)。溶出する前に粘土鉱物に取りこまれてしまうためです。
土壌の反応がなければ、うまく中性が確保されるでしょう。CaCO3 +ゆうきさん → Ca2-有機さん塩 +CO2↑ですから。
    • good
    • 6

>両極端な説明をし


これは、「堆肥」が異なります。
本来の2次発酵した堆肥の場合には、アンモニア性チッソが皆無で硝酸性チッソにほとんど代わっていて、過剰なアンモニア性チッソを飛ばした状態にあります。
しかし、発酵が不充分な場合には、硝酸性チッソにならないまま、アンモニアの状態で、リグニンも残っていてなんて状態の一次発酵しか終わっていない堆肥を「完熟」とか「2次発酵済み」とかで、販売されています。

両方とも正しいです。

酸性の強い硝酸が多い堆肥ですと石灰を同時にまきます。しかし、アンモニアが多い堆肥ですと、まいて、2週間から半年放置して、石灰で中和して(pHを計って)、、、なんてやるときもあります。アンモニアが強くて「枯れるかな」と思ったときなんて、石灰をいれてアンモニアを飛ばすなんてこともします。

「こうしなければならない」とか「これこれしなければならない」なんて、ことは、物が異なるのでわからないのです。

しっぱいの少ない方法としては、堆肥を地面が凍結しているときにばら撒いて。、移植の2週間くらい前に石灰と、アンモニア系チッソを含まない化学肥料(リンでアルミを固定する)をまいて、適当に耕して、移植。成長の調子を見て、不足している成分を追肥。
    • good
    • 0

下肥え、追い肥、お礼肥えといってそれぞれの時期に植物それぞれ必要量は違います。


私の場合は下肥え以外ほとんどやったことがありませんね。
石灰はカルシュウムでアンモニヤとは関係ないです。
たとえば硫安と石灰を一緒にまけばアンモニヤが発生します。
堆肥は酸性に生りやすいから石灰を一緒に入れるのです。
    • good
    • 4

それぞれどちらが先でもかまいません。


 撒いて2週間後に次2週間後に種まきとか苗って感じ?。

>野菜も花も同じ土作りになると勝手に思っているのですが、もし違いが
  ぜんぜん違います。 口に入るものですから命をいただくということを念頭にいれて栽培しましょうね。 「いただきます!」
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q畑に有機石灰を撒いておくと土が軟らかくなって耕しやすいですか

有機石灰は土を軟らかくしますか。耕す前に施す物を捜しています。

Aベストアンサー

耕す時に混ぜて、土を軟らかくする物は
よく見かけますが。
例えばこんな感じ。
「土の再生材」
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G514527
この商品は耕さなくても良いって書いてありますが
「1cm厚が目安」というのを畑全体に施すのは、無理があるでしょう・・。
土に力は付きそうですが、
混ぜなければ軟らかくはならないだろうし。


手作業で行うのに硬すぎるのであれば
レンタルの耕運機とか道具の方を探してみてはいかがですか?

あと、いつまでにどんな状態にしたいのですか?
来春とか、もっと先の話なら
冬に耕運機で掘り返して
寒風にあてておいて
春先に有機物をいっぱい混ぜてかき混ぜておけば
次に作業する時は、手作業も楽になると思いますが・・・。

土作りの参考にどうぞ
http://kgarden.hp.infoseek.co.jp/garden/soil.html

的外れな回答ですみませんでした。

QEMぼかしと土を最初から一緒に使って生ゴミ堆肥

ベランダで生ゴミ堆肥を作りたいと思っています。

ベランダでできる位の少量を土だけに混ぜても発酵が進みにくいそうなのでEMぼかしを使ってみようかと思うのですが、調べてみると、こちらは虫が湧きやすいようですね。
もし湧いたら土に埋めれば良いとよく書いてあるのですが、そうならば、最初から土とEMぼかしと生ゴミを混ぜれば良いかなと思うのですが、意外とそういうケースについて書いてあるホームページも本もありませんでした。
(米ぬかと土と腐葉土はありましたが)

何か最初から混ぜてはいけない理由でもあるのでしょうか?

ちなみに、受け皿をひいた素焼きの植木鉢にその3つを混ぜて素焼きの蓋(受け皿として売っているもの)をしてたまにかき混ぜる感じでやってみようかと思ってるのですが、それでも大丈夫そうですか?

何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無殺菌の土や腐葉土には いろいろな細菌たちが住み着いています
好気性も嫌気性も 菌類も乳酸菌も 腐質 呼ばれるものに含まれます

米ぬかって言うのは 細菌たちの栄養源として混ぜるのです
腐葉土も普通の土も 細菌たちの栄養となる利用可能な有機物は少ないですから 栄養を与えて 増やしてから 生ごみを処理してもらおうというわけです

乳酸菌なんて 野菜の表面 木の葉の上 人の皮膚や小腸 いたるところにいます
漬物に使われるのは 野菜にいる 耐塩性乳酸菌 ほとんどの細菌が増殖できない塩分濃度でも 野菜の中の糖分を栄養として繁殖し 酸を出す
最初に見つかったのが ヨーグルトなどの中からで 乳糖を栄養源とするものだったので 乳酸菌という名前に成っているが 自然界では 乳糖を利用するのは少数派で 果糖やショ糖 ほかの糖類を利用するものなど多様な種類がいます

糖は 貴重なものです ほかの生物をほしがります
生ごみの中にも少ないでしょうし 糖だけというわけでもないから ほかの細菌たちも必要です

母材の表面近くには好気性細菌  中心付近には嫌気性細菌 と住み分けしています

無殺菌の土や腐葉土には いろいろな細菌たちが住み着いています
好気性も嫌気性も 菌類も乳酸菌も 腐質 呼ばれるものに含まれます

米ぬかって言うのは 細菌たちの栄養源として混ぜるのです
腐葉土も普通の土も 細菌たちの栄養となる利用可能な有機物は少ないですから 栄養を与えて 増やしてから 生ごみを処理してもらおうというわけです

乳酸菌なんて 野菜の表面 木の葉の上 人の皮膚や小腸 いたるところにいます
漬物に使われるのは 野菜にいる 耐塩性乳酸菌 ほとんどの細菌が増殖できない塩分...続きを読む

Q生ごみ堆肥 腐葉土や稲わら堆肥と同じように使うべき?肥料的に使ってよい?

春~秋までは生ゴミを蓋付きバケツにいれ、EMぼかしをふりかけて1-2週間寝かせたものを畑の畝間に埋めていました。
しかし冬になり栽培している野菜も無くなったので、1-2週間寝かせた後土に埋めずコンポスターに投入して同じ量の乾いた土を入れて混ぜた状態にしています。

春になってこれを使う場合どうしたら良いでしょうか?
腐葉土や稲藁堆肥よりも肥料成分が多そうですが、やはり家庭菜園本で「植え付け2-3週間前に堆肥を混ぜる」と書かれている「堆肥」として使うべきでしょうか?
それとも「植え付け1週間前に肥料XXグラム混ぜ込む」と書かれている「肥料」として使ってよいでしょうか?
また、春~秋までは畝間に埋めて使用していましたが、コンポスター内で土と混ぜ数ヶ月経っていればもう少し苗に近い位置に埋めて使用してもいいものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の内容がズレていると言われるので、再び回答させて頂きます。

現在作られている物は、堆肥として使用して下さい。堆肥に関しては前
回に説明した通りで、埋めるのではなく土に混ぜて使用して下さい。
腐葉土や稲藁堆肥より肥料成分が多いと書いてますから、腐葉土や堆肥
がどのような物であるかを知って貰うため、あえて書かせて頂いた次第
です。その事に関して御存知ではなさそうに思えたので、余計かと思い
ましたが書かせて頂きました。

前回には書きませんでしたが、堆肥を埋めて使う事もあります。それは
野菜や草花を栽培する時ではなく、樹木に対して肥料を施す場合に行う
方法です。樹木に肥料を与える方法では、地表にバラ撒いたり地表の土
とを軽く耕す感じで混ぜ合わせます。これらは一般的に行われています
が、オウガイと言う縦穴を掘る道具で穴を掘り、その穴に堆肥に肥料を
混ぜた物を3つに分けて施します。1/3を入れて土を被せ、これを3
回に分けて行います。この方法を行う事で根の生育が良くなります。
根が伸びれば自然に堆肥を埋めた箇所に到達するので、他の方法より根
を痛めないと言う事で造園業などで行われています。
堆肥は土壌改良材と言うのは説明した通りですが、このような場合には
土に埋めて使用します。

肥料は直接に根に触れる事は避けるべきですが、腐葉土や堆肥の場合は
肥料ではありませんから、根に直接触れても植物が枯れる事はありませ
ん。肥料を混ぜても堆肥は堆肥です。1週間前に堆肥に肥料を混ぜるの
は、1週間もあれば成分は完全に土や堆肥に吸収されます。要は肥料の
成分を土に馴染ませる事が目的で、直に与えて根を痛めないようにする
ために1週間前に混ぜるように言われているのです。

通常は土に混ぜて使用するもので、埋めても本来の効果は得られない事
を知って貰いたくて余計かと思いましたが書かせて頂いた次第です。

質問の内容がズレていると言われるので、再び回答させて頂きます。

現在作られている物は、堆肥として使用して下さい。堆肥に関しては前
回に説明した通りで、埋めるのではなく土に混ぜて使用して下さい。
腐葉土や稲藁堆肥より肥料成分が多いと書いてますから、腐葉土や堆肥
がどのような物であるかを知って貰うため、あえて書かせて頂いた次第
です。その事に関して御存知ではなさそうに思えたので、余計かと思い
ましたが書かせて頂きました。

前回には書きませんでしたが、堆肥を埋めて使う事もあ...続きを読む

Qからし菜の、種植え。 土をかぶせず、土に直接ばら撒く理由は?

こんにちは、家庭菜園初心者です。

からし菜の種を購入したのですが、種が入っている袋に、普通は「3cmの深さに種を植えてください」とあるところを、「土を被せず、直接種を蒔いてください。」とありました。

種が入っていた袋には、「7~14日で収穫できます。 それ以前にモヤシとして食べていただく事もできます。」と書いて有りました。

もしかして、「土を被せない、種蒔きの方法は、モヤシとして育てる場合であって、『からし菜』として食べたい場合は、種を土に植えるべきなんでしょうか?」

色々と検索して調べてみたのですが、「種植え」に関しては、2つ程のブログがヒットして、やはり「土の上にバラ蒔いた。」と土を被せないで育てたようです。

種が入っていた袋、2つ程のブログ、どれも、理由が説明されていないので、「何でばら撒くの?」と未だに不思議です? 教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

種には好日性と嫌日性ってあるんです。好光性、嫌光性ともいう。
たいがい細かい種は好日性です。

なのでからし菜の種は土の上にばら撒いてくださいね。

Q石灰を撒いて

石灰を撒いて
畑の土作りとして、石灰と堆肥を混ぜ込んで埋め戻してみました。
1週間くらいになります
そろそろ苗を植えたいのですが、まだ早いでしょうか?
そこまで神経質にならなくても、もう植えても大丈夫でしょうか。
普通2週間というのが多いようなのですが

Aベストアンサー

>畑の土作りとして、石灰と堆肥を混ぜ込んで埋め戻してみました。
1週間くらいになります
そろそろ苗を植えたいのですが、まだ早いでしょうか?

     ↓
野菜作りだと思いますが・・・
◇堆肥は土を柔らくし、栄養素にもなりますので問題がありません。
◇石灰(アルカリ)は、土壌のPH度を中和する為に撒いたり漉き込み、主に2種類がありますが、質問者様の誤使用になったのは→苦土石灰ですかor消石灰ですか?

その畑の土壌の状況(連作障害のリスクとか雑草の種とか根の残滓の有無)と、土壌の酸性度が石灰分で植え付け栽培を予定されている作物に適合しているかどうか、石灰分の種類・使用量や目的で、苗の植え付けまでの期間<苦土石灰は4~5日、消石灰は2週間程度>が異なります。

土壌改良(PH調節)や養分補給(肥料)とは・・・
土壌の内容の確認:粘土質・砂質・黒っぽくフカフカした土(排水・保水・通気性が良く最適)
野菜栽培に適した、黒くてフカフカの土に近付ける為には、堆肥や腐葉土をすき込む。
PH度の調節には、雨の多い日本では多くの場合は酸性になっていますので、トマトやピーマンは酸性にやや弱い野菜なので、アルカリ分(石灰)を撒き中和させます。

石灰には、2種類がありますので、目的&使用時期によって使い分けします。
その違いは・・・

◇苦土石灰:アルカリ分が53%以上、マグネシウム含む、1平方メートル当たり100g使用、苗の植え付け4~5日前に使用する。

◇消石灰 :アルカリ分が80%以上、カルシウム含む、1平方メートル当たり50g使用、苗の植え付け2週間程度前に使用する。
分散して満遍なく撒かないと土が固まり易く、直ぐに植え付けると根焼け等の障害を起こし易い。

従って、使用量が適正として経過期間からは苦土石灰ならばOK!、消石灰ならば後1週間~10日程度苗の植え付けを待つ。



それと良い土作りに養分補給(肥料)は、3要素「チッソ・リン・カリ」のバランスであり、品種ごとの比率に注意が必要です。
チッソ(葉や茎を作る)、リン(花や実を育てる)、カリ(根を育てる)のが、主な役割&効果ですから、葉菜類はチッソを多めに、果菜類はリンを少し多く、根菜類はカリが多くが原則です。

中でも、化学合成して作られた「化学肥料」よ自然の材料から作る「有機質肥料」があります。
その有機系代表が鶏糞・牛糞・油カス・骨粉・米ぬか・草木灰等です。
それを、元肥・追肥・お礼肥と呼ばれるように、栽培の時期や生育状況にあわせて養分補給の為に上げます。

野菜は、元々丈夫で育つように交配・品質改良されており、土作りと適切な植え付け時期で、ほぼ準備万端です。
仰るとおり、そんなに神経質に成らなくても、楽しみながらの家庭菜園であれば、土と肥料と水遣りに注意すれば野菜の持つ生命力で大丈夫です。
後は、愛情込めて、生育を見守りお手入れ(間引き・摘葉・雑草取り・病害虫対策)を適宜、実施して上げると、安心安全な美味しい野菜が大豊作となります。

pekepom 様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、是非、安全安心な美味しい野菜の栽培を楽しまれますよう、心より祈念申し上げております。

>畑の土作りとして、石灰と堆肥を混ぜ込んで埋め戻してみました。
1週間くらいになります
そろそろ苗を植えたいのですが、まだ早いでしょうか?

     ↓
野菜作りだと思いますが・・・
◇堆肥は土を柔らくし、栄養素にもなりますので問題がありません。
◇石灰(アルカリ)は、土壌のPH度を中和する為に撒いたり漉き込み、主に2種類がありますが、質問者様の誤使用になったのは→苦土石灰ですかor消石灰ですか?

その畑の土壌の状況(連作障害のリスクとか雑草の種とか根の残滓の有無)と、土壌の酸性度...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報