土作りの基本だと思うのですが、石灰と堆肥はどのようなタイミングで
撒けばいいのでしょうか?
本によって、「石灰と堆肥を一緒に撒いてはいけない。石灰成分が化学
反応を起こし、アンモニアとして飛翔してしまうからだ」とか、「石灰
と堆肥を一緒に撒いてもよい」とか両極端な説明をしています。
お聞きしたいのは
(1)石灰と堆肥は一緒に撒いてもよいのか
(2)一緒に撒いてはいけないとき、どちらを先に撒き、残りをいつごろ撒
けばよいのか
(3)ついでに肥料はいつ撒けばよいのか
教えていただけないでしょうか。
野菜も花も同じ土作りになると勝手に思っているのですが、もし違いが
あるのであれば、その点について教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

(1)石灰と堆肥は一緒に撒いてもよいのか


 →同時に散布しても何ら問題はありません。
 ただし、石灰資材の選択が大切です。水溶性の石灰資材である消石灰、生石灰は流亡が激しいために中和効果は持続しにくく「安物買いの銭失い」になるため、お勧めできません。カキ殻、苦土石灰そして過リン酸石灰がお勧めです。石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減るのかもしれませんが、市販されている好気的醗酵のあと嫌気的醗酵を経た牛糞堆肥や豚糞堆肥では考えられないことです。「完熟」とか「2次発酵済み」堆肥とはこれ以上急激な分解はしないことを意味します。当然のことですが完熟堆肥にもアンモニアは含まれています。
(3)肥料はいつ撒けばよいのか?
 →花や野菜によっては畝立てが必要なため1週間間隔をおいて肥料を施肥します。しかし鶏糞を主要な元肥とするならば、野菜、花同じく堆肥、石灰資材、鶏糞そして少量の化学肥料、化成肥料を同時に施肥してかまいません。多肥栽培する作物には追肥として化学肥料、化成肥料を数回与えます。追肥なしの野菜栽培では、トレンチ(溝)に堆肥、石灰資材、鶏糞そして若干の化学肥料を入れ土で蓋し、トレンチとトレンチの間に播種します。
 なお、鶏糞は堆肥処理は完全にされておらず、乾かしたものを醗酵鶏糞とか称して販売されています。試しに水を加え数日後に匂いをかいでみてください。

参考URL:http://www.kahma.co.jp/article/gardening/2002/02 …
    • good
    • 16

3番です


>石灰が堆肥に働きかけ、アンモニアを減らし硝酸を増やすことは空論で、そのような論文は見たことがありません。
「アンモニアを減らし硝酸を増やす」事は、ご指摘の通り見たことがありません。「アンモニアを減らし硝酸は減らない」事は見かけています。ただし、昭和20年代以前(正確な発行年月日は忘却、現物は戦後のどさくさで消失)の書籍です。

>生糞に石灰を大量に散布すれば多少アンモニアが減る
石灰は大量ではないです。石灰が炭酸で中和されなければ、アンモニアが0になるまできさんさせますから。ただ、炭酸が含まれているので、炭酸で不溶性化(CaO, Ca(OH)2→CaCO3↓)するのである程度の分量がないときさんしません。
「多少」、多少かもしれません。要は、アンモニアの害が出ない程度まで濃度が下がってくれれば良いわけで、アンモニアが残っていてくれないとちっこう性チッソ肥料になりませんから。

鉱産石灰と海産石灰についてですが、これは土壌によります。
海産石灰を使ったこともありますが分解が遅く中和効果が弱いのです。
これは、私の地区の土がモンモリロナイト系で、交換容量が高いために遊離のCa2+があると、骨格内に取りこまれてしまいます。その代わりにアルミが放出されて水溶性燐酸を大量にやらないと燐酸不足になってしまいます(一ヶ月で酸性に戻ってしまう。モンモリロナイトは表層の反応が1-7日くらい、遅い反応は一ヶ月以上たって現れてくるのでちょっとめんどうくさい)。溶出する前に粘土鉱物に取りこまれてしまうためです。
土壌の反応がなければ、うまく中性が確保されるでしょう。CaCO3 +ゆうきさん → Ca2-有機さん塩 +CO2↑ですから。
    • good
    • 9

>両極端な説明をし


これは、「堆肥」が異なります。
本来の2次発酵した堆肥の場合には、アンモニア性チッソが皆無で硝酸性チッソにほとんど代わっていて、過剰なアンモニア性チッソを飛ばした状態にあります。
しかし、発酵が不充分な場合には、硝酸性チッソにならないまま、アンモニアの状態で、リグニンも残っていてなんて状態の一次発酵しか終わっていない堆肥を「完熟」とか「2次発酵済み」とかで、販売されています。

両方とも正しいです。

酸性の強い硝酸が多い堆肥ですと石灰を同時にまきます。しかし、アンモニアが多い堆肥ですと、まいて、2週間から半年放置して、石灰で中和して(pHを計って)、、、なんてやるときもあります。アンモニアが強くて「枯れるかな」と思ったときなんて、石灰をいれてアンモニアを飛ばすなんてこともします。

「こうしなければならない」とか「これこれしなければならない」なんて、ことは、物が異なるのでわからないのです。

しっぱいの少ない方法としては、堆肥を地面が凍結しているときにばら撒いて。、移植の2週間くらい前に石灰と、アンモニア系チッソを含まない化学肥料(リンでアルミを固定する)をまいて、適当に耕して、移植。成長の調子を見て、不足している成分を追肥。
    • good
    • 2

下肥え、追い肥、お礼肥えといってそれぞれの時期に植物それぞれ必要量は違います。


私の場合は下肥え以外ほとんどやったことがありませんね。
石灰はカルシュウムでアンモニヤとは関係ないです。
たとえば硫安と石灰を一緒にまけばアンモニヤが発生します。
堆肥は酸性に生りやすいから石灰を一緒に入れるのです。
    • good
    • 5

それぞれどちらが先でもかまいません。


 撒いて2週間後に次2週間後に種まきとか苗って感じ?。

>野菜も花も同じ土作りになると勝手に思っているのですが、もし違いが
  ぜんぜん違います。 口に入るものですから命をいただくということを念頭にいれて栽培しましょうね。 「いただきます!」
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薔薇の消毒(石灰硫黄合剤・木酢液)

初めて薔薇を育てていて
解らないことだらけなので教えてください。
本日、冬の剪定というのをしてみようと思って
いるのですが、調べているうちに、この時期に
消毒として石灰硫黄合剤や木酢液で薔薇を消毒するもの
らしいという事までは解ったのですが
何がどの病気などに効果があるのか?
両方とも与えたほうが良いのか?
どの程度、どのタイミングでなど、合点のいかない事
ばかりなので、石灰硫黄合剤・木酢液による
薔薇の消毒について細かく教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
硫黄石灰合剤はこの時期(休眠中)に散布すると、
ハダニ等の卵や幼虫の駆除、黒点病、うどん粉病などの予防になります。
芽が動き出す前にやる必要があるので、今から1ヶ月くらいでしょうか。

木酢液は土や樹木の消毒や樹木に力をつけるとともに自然に優しいということで、
この時期だけでなく、年間通じて散布できます。

私のつたない経験から、硫黄石灰合剤の散布をした年としなかった年では病気や虫のつきかたが全然ちがいますので、
やった方がいいと思います。
(やらなかった年は見事に虫がつきました)
年間に頻繁に農薬散布をするより、冬に硫黄石灰合剤を散布した方が
いいような気がします。
臭いがすごいのとフェンスなど鉄柵が腐食することがあるので、気をつけて散布してください。
ベランダでしたらペイント用の刷毛で塗る方が便利です。
いずれにしても希釈度数を間違えないようにしてください。

下記URLがご参考になればと思います。いい花が咲くといいですね。

http://homepage3.nifty.com/walnut-home/page23661.htm
http://www.green-valley.jp/descrip_diseases.htm
http://www.e-garden.co.jp/seminar/semi9901.html

こんにちは。
硫黄石灰合剤はこの時期(休眠中)に散布すると、
ハダニ等の卵や幼虫の駆除、黒点病、うどん粉病などの予防になります。
芽が動き出す前にやる必要があるので、今から1ヶ月くらいでしょうか。

木酢液は土や樹木の消毒や樹木に力をつけるとともに自然に優しいということで、
この時期だけでなく、年間通じて散布できます。

私のつたない経験から、硫黄石灰合剤の散布をした年としなかった年では病気や虫のつきかたが全然ちがいますので、
やった方がいいと思います。
(やらなかった年...続きを読む

Q畑に有機石灰を撒いておくと土が軟らかくなって耕しやすいですか

有機石灰は土を軟らかくしますか。耕す前に施す物を捜しています。

Aベストアンサー

耕す時に混ぜて、土を軟らかくする物は
よく見かけますが。
例えばこんな感じ。
「土の再生材」
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G514527
この商品は耕さなくても良いって書いてありますが
「1cm厚が目安」というのを畑全体に施すのは、無理があるでしょう・・。
土に力は付きそうですが、
混ぜなければ軟らかくはならないだろうし。


手作業で行うのに硬すぎるのであれば
レンタルの耕運機とか道具の方を探してみてはいかがですか?

あと、いつまでにどんな状態にしたいのですか?
来春とか、もっと先の話なら
冬に耕運機で掘り返して
寒風にあてておいて
春先に有機物をいっぱい混ぜてかき混ぜておけば
次に作業する時は、手作業も楽になると思いますが・・・。

土作りの参考にどうぞ
http://kgarden.hp.infoseek.co.jp/garden/soil.html

的外れな回答ですみませんでした。

Q石灰をまく理由

 水害にあった際、消毒液とともに消石灰をまきますが、石灰をまく理由を教えていただけませんか

Aベストアンサー

No.2です。
消石灰は消毒用に広く使用されています。
水に入れるとアルカリ性になり、ウイルスを殺すことができると言われています。その後二酸化炭素と自然に反応して中和されるので、他のアルカリより都合がよいのでしょう。
ちなみに、塩害に効くという話は聞いたことがありません。

Qからし菜の、種植え。 土をかぶせず、土に直接ばら撒く理由は?

こんにちは、家庭菜園初心者です。

からし菜の種を購入したのですが、種が入っている袋に、普通は「3cmの深さに種を植えてください」とあるところを、「土を被せず、直接種を蒔いてください。」とありました。

種が入っていた袋には、「7~14日で収穫できます。 それ以前にモヤシとして食べていただく事もできます。」と書いて有りました。

もしかして、「土を被せない、種蒔きの方法は、モヤシとして育てる場合であって、『からし菜』として食べたい場合は、種を土に植えるべきなんでしょうか?」

色々と検索して調べてみたのですが、「種植え」に関しては、2つ程のブログがヒットして、やはり「土の上にバラ蒔いた。」と土を被せないで育てたようです。

種が入っていた袋、2つ程のブログ、どれも、理由が説明されていないので、「何でばら撒くの?」と未だに不思議です? 教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

種には好日性と嫌日性ってあるんです。好光性、嫌光性ともいう。
たいがい細かい種は好日性です。

なのでからし菜の種は土の上にばら撒いてくださいね。

Q水道水に溶け込んだ石灰を浄化する方法

フィリピン ネグロス島に居住してます。 現地の水道水は山の湧き水に塩素消毒して水道水として供給してます。 水道水を沸騰させ冷ましますと鍋の底に白い粉末が沈殿します。水質を検査するラボに持ち込むとLime(石灰)との回答です。水道水に溶け込んだ石灰を取り除く浄化法を教えてください。

Aベストアンサー

絶対的な回答だとは回答者も言えないのですが、確かフィルターの類で石灰等を取り除くことができる機能のものが存在したと思います。
この分野の情報収集をなされてみては?

Q石灰を撒いて

石灰を撒いて
畑の土作りとして、石灰と堆肥を混ぜ込んで埋め戻してみました。
1週間くらいになります
そろそろ苗を植えたいのですが、まだ早いでしょうか?
そこまで神経質にならなくても、もう植えても大丈夫でしょうか。
普通2週間というのが多いようなのですが

Aベストアンサー

>畑の土作りとして、石灰と堆肥を混ぜ込んで埋め戻してみました。
1週間くらいになります
そろそろ苗を植えたいのですが、まだ早いでしょうか?

     ↓
野菜作りだと思いますが・・・
◇堆肥は土を柔らくし、栄養素にもなりますので問題がありません。
◇石灰(アルカリ)は、土壌のPH度を中和する為に撒いたり漉き込み、主に2種類がありますが、質問者様の誤使用になったのは→苦土石灰ですかor消石灰ですか?

その畑の土壌の状況(連作障害のリスクとか雑草の種とか根の残滓の有無)と、土壌の酸性度が石灰分で植え付け栽培を予定されている作物に適合しているかどうか、石灰分の種類・使用量や目的で、苗の植え付けまでの期間<苦土石灰は4~5日、消石灰は2週間程度>が異なります。

土壌改良(PH調節)や養分補給(肥料)とは・・・
土壌の内容の確認:粘土質・砂質・黒っぽくフカフカした土(排水・保水・通気性が良く最適)
野菜栽培に適した、黒くてフカフカの土に近付ける為には、堆肥や腐葉土をすき込む。
PH度の調節には、雨の多い日本では多くの場合は酸性になっていますので、トマトやピーマンは酸性にやや弱い野菜なので、アルカリ分(石灰)を撒き中和させます。

石灰には、2種類がありますので、目的&使用時期によって使い分けします。
その違いは・・・

◇苦土石灰:アルカリ分が53%以上、マグネシウム含む、1平方メートル当たり100g使用、苗の植え付け4~5日前に使用する。

◇消石灰 :アルカリ分が80%以上、カルシウム含む、1平方メートル当たり50g使用、苗の植え付け2週間程度前に使用する。
分散して満遍なく撒かないと土が固まり易く、直ぐに植え付けると根焼け等の障害を起こし易い。

従って、使用量が適正として経過期間からは苦土石灰ならばOK!、消石灰ならば後1週間~10日程度苗の植え付けを待つ。



それと良い土作りに養分補給(肥料)は、3要素「チッソ・リン・カリ」のバランスであり、品種ごとの比率に注意が必要です。
チッソ(葉や茎を作る)、リン(花や実を育てる)、カリ(根を育てる)のが、主な役割&効果ですから、葉菜類はチッソを多めに、果菜類はリンを少し多く、根菜類はカリが多くが原則です。

中でも、化学合成して作られた「化学肥料」よ自然の材料から作る「有機質肥料」があります。
その有機系代表が鶏糞・牛糞・油カス・骨粉・米ぬか・草木灰等です。
それを、元肥・追肥・お礼肥と呼ばれるように、栽培の時期や生育状況にあわせて養分補給の為に上げます。

野菜は、元々丈夫で育つように交配・品質改良されており、土作りと適切な植え付け時期で、ほぼ準備万端です。
仰るとおり、そんなに神経質に成らなくても、楽しみながらの家庭菜園であれば、土と肥料と水遣りに注意すれば野菜の持つ生命力で大丈夫です。
後は、愛情込めて、生育を見守りお手入れ(間引き・摘葉・雑草取り・病害虫対策)を適宜、実施して上げると、安心安全な美味しい野菜が大豊作となります。

pekepom 様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、是非、安全安心な美味しい野菜の栽培を楽しまれますよう、心より祈念申し上げております。

>畑の土作りとして、石灰と堆肥を混ぜ込んで埋め戻してみました。
1週間くらいになります
そろそろ苗を植えたいのですが、まだ早いでしょうか?

     ↓
野菜作りだと思いますが・・・
◇堆肥は土を柔らくし、栄養素にもなりますので問題がありません。
◇石灰(アルカリ)は、土壌のPH度を中和する為に撒いたり漉き込み、主に2種類がありますが、質問者様の誤使用になったのは→苦土石灰ですかor消石灰ですか?

その畑の土壌の状況(連作障害のリスクとか雑草の種とか根の残滓の有無)と、土壌の酸性度...続きを読む

Q床下調湿用石灰とは

石灰の種類には

石灰、生石灰、消石灰、苦土石灰があるようですが

床下調湿用にはどれが向いているでしょうか?

生石灰でしょうか?

Aベストアンサー

No.4 です。補足に関して
・メーカーに聞いて下さい、では冷たいですが

・20年も持つわけないでしょう。吸着するのは水分だけではなくて一緒に埃も吸い込みます。微細な穴に入り込んだ埃がたまれば吸着能力が落ちてきます。
・同じような物を浄水場でも使用していますがこういう所は性能維持と経済面から逆洗をして不純物を吐き出すことをしています。

・前にも書きましたが吸着した水分を放出するために空気の流れが必要です。床下換気扇がベストですがこれがあったらもともとマットなんかも不要であったり、嘆かわしいです。

Q石灰、堆肥を混ぜてすぐに植え付けると

10年あまりもほったらかしていた庭に花やハーブを植えようと思い立ち、耕し始めました。
この後石灰と堆肥を鋤こむつもりですが、その後はやはり一週間ほどおいた方が良いでしょうか?すぐに植え付けると不具合がありますか?
ちなみに植えようと思っているのは紫蘇やマリーゴールドです。

Aベストアンサー

鋤きこむ石灰や堆肥の種類により異なります

不具合とは熱により根が焼けるのを防ぐためなので
発熱しない石灰や完熟堆肥を使用するならば
さほどの影響はありません。

私はほとんどの場合耕した其の日に植えてしまっていますが
問題になるようなことは一度もありません

生石灰は水に触れると火のつく位の熱を発生します
堆肥も未完熟の物は触れないくらいの醗酵熱を出します

水に触れても発熱しない石灰や完熟堆肥を使うならたいした
違いはありませんよ
土とよく馴染ませるためにはおいたほうが良いのでしょうが

但し鶏糞堆肥には完熟と書かれていても未完熟のものを良く見ますので
ご注意を

Q土木工事で使う石灰は土壌改良剤として使える?

土壌改良剤として石灰はよく知られていますよね?
どうやら工事現場でも石灰は利用されているようです。
その石灰と土壌改良剤の石灰は成分に違いはあるのでしょうか?
工事現場の石灰は土壌改良剤として利用できますか?
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

一般に石灰系の製品は次の種類があります。
生石灰・消石灰・炭カル(炭酸カルシウム)・苦土石灰などです。
土木などで使う石灰は消石灰の事もありますが、より強く固めるには生石灰を利用していると思います。
基礎部分の補強の為に生石灰を混和して鎮圧する事で、水分を含むと
消石灰となって固まり、簡易的なセメントのような効果があります。
いわゆる「たたき」を作ってしまうのです。
もっとも、一般住宅で「たたき」を作る時には消石灰を使いますが・・・

産地や地層で含有成分の違いはあるでしょうが、基本は石灰岩ですから
成分的には土木用も農業用も、そんなに差はないと思います。

ただ、土木用生石灰で、粉末なら良いですが、粒が1センチ以上の大きさで
包装される規格もあるようなので、その場合には分散させるのが難しいと思います。

それと生石灰は水分が加わると、火災を起こすほどの高温となりますので、
使用時の取り扱いや、残った場合の保管方法で十分な注意が必要です。
日本石灰協会・日本石灰工業組合のHP
http://www.jplime.com/top.html
その中の農業用
http://www.jplime.com/katuyou06.html
土木用
http://www.jplime.com/katuyou09.html

酸性土の改善には一般的に消石灰がよく使われますが、緩やかな効果や
費用的な事を考慮すると、炭カルの方が優位になることが多いです。
また、成分も考えると苦土(マグネシウム)の入った苦土石灰のほうが良いです。

一般に石灰系の製品は次の種類があります。
生石灰・消石灰・炭カル(炭酸カルシウム)・苦土石灰などです。
土木などで使う石灰は消石灰の事もありますが、より強く固めるには生石灰を利用していると思います。
基礎部分の補強の為に生石灰を混和して鎮圧する事で、水分を含むと
消石灰となって固まり、簡易的なセメントのような効果があります。
いわゆる「たたき」を作ってしまうのです。
もっとも、一般住宅で「たたき」を作る時には消石灰を使いますが・・・

産地や地層で含有成分の違いはあるでし...続きを読む

Q除草剤を撒いた後の土について

庭に雑草が茂り、何回か除草剤をまきました。
1回除草剤を巻くとその土では家庭菜園等の野菜を育てるのは
出来ないと聞いたのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

除草剤として、何をまいたのでしょう?

ラウンドアップ系なら、枯れた草を確認したら、耕して畝を立てて種をまくとか、苗を植えるとかしても大丈夫です。
プログリックスなら、かかった草しか枯れませんので、すぐ耕して植えても大丈夫です。田んぼの畦なんかは草が赤くなるかならないかの時期に耕します。
24D類(アルファベット3っつで表記するものも含む)なら、次の草が出てからかな。
ここまでは液体状の除草剤。
次は顆粒状の除草剤。
カソロン系は半年かな。と言っても秋にまいて春の作付けは大丈夫だったと思います。
ただし、苗を植えると、根の切り口から残留分が入って枯れる場合があります。
果樹類はほぼ駄目です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング