gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

はじめまして。
VisualStudio2005で、VB.netでの開発を行っています。

エディタの使い方で質問があります。

例えば以前Emacsで開発していたときなどは、
if文のカッコの先頭からカッコの最後に、
キー操作で一気にジャンプする方法があったのですが、
VisualStudioではそういうのはないのでしょうか?

こういうことはどうやって調べたらよいかわからず、
ちょっと不便を感じています。
以上、ご存知の方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

少なくとも、聞いたことは無いですね…


とりあえず、もし、ジャンプできないとやってられないぐらいの
バカでかいブロックになっているのでしたら、
中身を適切に関数化するとかしてスッキリさせて、
あまりスクロールとかしないで済むようにする事を考えた方が
いろんな意味でいいと思います。
(そうなっていないのであれば、すみません)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか、やっぱりないのでしょうか。
残念です。
>中身を適切に関数化するとかしてスッキリさせて、
その通りですね。
しかし既に人の作った部分を解析したりすることの方が
多いのでなんとも(>_<)

お礼日時:2008/09/09 15:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVB.NETのDropDownListをReadOnlyにする方法またはEnable=Falseで字を黒くする方法

VB.NETで作成したWebページのDropDownListを変更させたくないのですが、Enable=Falseにすると文字の色が灰色になってしまって大変見にくいので、TextコントロールのReadOnlyのように、変更不可にする方法はあるのでしょうか?
おしえてください~

Aベストアンサー

> ”入力できないようにする”というのは、Enable=Falseと同じで、”現在選択されているものを他のに変更できなくする”という意味で書きました。

なるほどなるほど。

> Enable=Falseだと色が灰色になってしまいますので、どうやって
> ・Enable=Falseで黒くするのか?
> ・ReadOnlyに換わるものがあるのか?
> ということが聞きたかったのです。

となると CSS とかでも無理っぽいので、
あらかじめ ReadOnly なテキストボックスを非表示にしておき、DropDownList にロックを掛けたいタイミングで
・DropDownList を非表示にする。
・DropDownList で選択されている値を TextBox にセットする。
・TextBox を表示する
とすれば可能です。

これらの動作をクライアント側で行いたいのであれば JavaScript で記述すればいいです。
下記が参考になるかもしれません。
http://chaichan.web.infoseek.co.jp/qanda/qa6878.htm?06-08-06-13-39

> ”入力できないようにする”というのは、Enable=Falseと同じで、”現在選択されているものを他のに変更できなくする”という意味で書きました。

なるほどなるほど。

> Enable=Falseだと色が灰色になってしまいますので、どうやって
> ・Enable=Falseで黒くするのか?
> ・ReadOnlyに換わるものがあるのか?
> ということが聞きたかったのです。

となると CSS とかでも無理っぽいので、
あらかじめ ReadOnly なテキストボックスを非表示にしておき、DropDownList にロックを掛けたいタイミングで
・Dro...続きを読む

QForm間の値の渡し方

1つのForm上のコマンドボタンで別のFormを表示、そこで変数に値を入れ、そのFormを閉じ、元のFormでその変数を使いたいのですが、どうもうまくいきません。
実施したやり方は、一方のFormの宣言領域で、”Public abc As String”を宣言、両方のFormの(変数に値を入れた方と変数を使う方の)プロシージャーの宣言では引数として(abc As String)と記述しました。
因みに、両プロシージャーともイベントプロシージャーです。何か基本的なことができていないのだとは思いますが、どなたか教えていただけませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すでに何件か回答があがっていますので、少し変わった方法をご参考までに。

あまり使われませんが、Formにはtagというプロパティがあります。
これは「文字列形式であれば何でも格納できる」という、上手く使えば便利なプロパティです。

FormAからFormBを呼び出し、FormBで変更した値をFormA.tagにセットします。
ここでFormBをUnloadしてもFormA.tagの値は影響を受けないので自由に使えます。

複数の値を呼び出し元に戻してやる場合に、区切り文字(カンマなど)で連結した文字列をtagに格納し、呼び出し元で区切り文字でsplitして、複数の値を受け渡すという手法をよく使っています。


人気Q&Aランキング