人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

中学3年生はこの時期、高校入試の面接で「最近読んだ本は?」という質問に答える回答で頭を悩ませています。(最近の中学生は、ホント、本を読まない)
「ハリーポッター」とか「五体不満足」と答えるのは簡単ですが、やはりありきたりの感を拭えません。
読んでもいない本を答えれば、面接官に突っ込まれてボロが出ます。
やはり、自らが楽しく読んだ本でなければ!
私は「愛のひだりがわ」(筒井康隆)などを薦めていますが、他によい本が思い浮かべません。
夏目漱石とか宮沢賢治を薦めても、彼ら彼女らは読みません(経験的に)。
中学生が楽しんで読める良い本があれば、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

「シンドラーズ・リスト」を読んだのは、社会人になってからでしたが


かなり衝撃を受けました(実話だという点で)

中学生だったら、これからどんどん外の世界に目を向けて行く時期でもありますし
そんな実話小説(?)もいいのではないでしょうか。
(読んだ感想に「今、世界史にとても興味を持っています。」というといいかも♪

これは、映画「シンドラーのリスト」にもなりましたから、映画を見てから読んでも面白いと思いますよ
(本の方が映画より、実話により忠実に書いてあります)
文庫で出てますよ~800円ぐらい?

参考URL:http://www.esbooks.co.jp/product/keyword/keyword …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
買った文庫本が家にあるのですが、ずっと読まずに積んだままでした(苦笑)
まず私が読んでみます。

お礼日時:2002/12/20 08:04

宮沢賢治の作品は、とても良いのに中学生は読まないのですか?私は好きですけどね。

。。私が通っていた中学校では毎朝「読書の時間」があったので、どの生徒も熱心に読書をしていました。ちなみに、今通っている高校も「読書の時間」が設けられています。
みんなが読んでいた本はというと、宗田理さんの「ぼくらシリーズ」?が人気でした。少しあやふやですが、男子が面白いと言っていました。あと、推理小説もよく読んでいたと思います。「シャーロックホームズ」は短編だから読みやすいと思います。
高校の面接のことを考えると、嫌でも伝記を読んでいたほうがいいと私は思います。勿論、名作も。志賀直哉、芥川龍之介は読みやすいと思いますよ!

うーん、やっぱり本好きで在りたいものです。結局、難しい本を推薦しちゃいました。少しでも役に立てると幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私自身には懐かしい本ばかりです。

<宗田理さんの「ぼくらシリーズ」
そう、その手がありましたよね!
「ぼくらの7日間戦争」は私の心の中で燦然と輝く傑作です。ぜひ薦めてみたいと思います!

ホームズに関してなのですが、なぜか分かりませんが小学生男子には人気があるのですが、中学生に訊くとフンと鼻で笑います。
なぜなんでしょうかねえ…
コナン・ドイルは、子供とオジサン専用の本とは思いたくありませんが。

<高校の面接のことを考えると、嫌でも伝記を読んでいたほうがいいと私は思います。
ホント、読んでおいた方がいい本がたくさんあるのですが、今の中学生は好きじゃないことはしないのがカッコイイと信じています。
それを助長する社会的雰囲気もあるのですよねえ…

お礼日時:2002/12/20 01:10

正直に、読んでいる本のことを言えばよいと思うのですが、確かに、本を読まない学生は多いでしょう。

忙しいし、テレビなどの画像を見たほうが楽しいし、小学校の頃から、彼らが薦められてきた本というのは、多くが、「文学って難しい。読書なんて、俺には向いていないな。」と思わせるようなものばかり。

そんな中で、中学生が、今読み始めても興味をもって読んでくれそうなものといえば…思いつくまま挙げますと、

「本当は恐ろしいグリム童話」(ちょっとエッチな描写もありますが、読み物としては抜群に面白い)

「声に出して読みたい日本語」(日本語の名作のさわりばかり。どのページからでもよめます。)

「だめだこりゃ:いかりや長介」(いや、個人的に大好きな本なので…つまり、有名人による、真剣にかかれたエッセイならば、読もうとする子も多いかも、ということです。)

「空想科学○○シリーズ」(文句なしに面白く、笑えます)

高校の面接官がどう思うかはわかりませんが、中学生本人がのめりこんで読める本は、週刊誌ばかりではないはず。上記を参考に、それに類する本などを、書店で探させてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
<「声に出して読みたい日本語」
ベストセラーだとは知っているのですが、フツーの中学生にも読破できる』内容なのでしょうか?
<「本当は恐ろしいグリム童話」
私自身は読んでないのですが、ある生徒が熱心に読んでいたのを覚えています。
(但し、その生徒はかなり優秀な“読書好き”の生徒でしたが)
私も読んだ上で、薦めてみたいと思います。

お礼日時:2002/12/20 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学生に読ませたい本を教えてください。

私は、中学校教師です。私の学校では、朝読書を毎日15分行っています。普段は、ジャンルを問わずすきな本を持ってこさせて、読書させますが、学期(3学期制)に1週間、学校で「読ませたいと考える本」を買いそろえ、全員に一斉に読ませています。読書習慣とともに良書に触れさせたいと考えるからです。そこで、中学生に読ませたいと考える良書を教えてください。ただし、予算の関係がありますので、文庫本ないし新書版で出ている本に限定します。ちなみに、学校では現在、「がばいばあちゃん」と「だからあなたも生き抜いて」の2種類を学級の生徒分、文庫本で購入しています。

Aベストアンサー

【妖怪アパートの幽雅な日常】秋月日輪 著
などは いかがでしょうか?

タイトルからも想像できるように、ライトノベルです。が 年代に関係なく幅広く読まれていて、文庫化しています。

両親を亡くした高校生の主人公の今風の語り口で、ありえない設定の中不思議な出来事が続きますが。
内容的には 今の社会に欠けてる基本的なもの 人を思いやる気持ち、とか 現実に立ち向かう姿勢とか、かなり自然に考えさせるものがあります。大人でも涙が出るときがあります・・・

説教本とかリアルな経験を見せて教える本も、知識的な部分で読むべきだと思いますが、たまには 目先を変えて 感覚的に考えさせられる本も いいかな?と思ってお勧めしてみました。

あ 蛇足ではありますが、第51回産経児童出版文化賞などもとっている作品なので、中学生に学校で読ませても 問題ない作品だと思います。

Q新中学生に読ませたい1冊の本

今春、中学校に入学する生徒に本を1冊プレゼントしたいと思います。「ぜひ読んでほしい1冊の本」をご推薦ください。ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

こんにちは
新中学生の方は女生徒でしょうか?

『女生徒』 太宰 治著

女学生の1日の出来事が興味深く描かれており、
彼女が近視で、視覚がぼやけているときの表現がなんともユーモラスで楽しい本です。
私も同じくらいの年に読み、愛読書となりました。
 

Q中学生だから読むべき本。

皆さんの人生の中で、「この本中学生のときに読んでおけば」と思う本を教えてください。
ジャンルはなんでもいいです。
読書は好きなので、大体は読めます。
おねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私も本が好きでしたが、中学生の時はSF小説や推理小説ばかりを読んでいたように
思います。それはそれで読書量として今につながっていると思いますが・・・。
ただ、社会人になってみて、あの頃に読んでおけばもっと人生変わったのに、
とちょっと残念に思う本も、当時であれば難しくてとか、興味がない
という理由で手に取らなかったので、何とも言えないですね(笑)。

■FUTURE(フューチャー) 未来を創る心のふしぎ (高橋佳子著/三宝出版)
ガンジーとヒトラーという2人の人物の対比から人間の未来を生み出す力のことを
描いているビジュアルブックです。いくつかシリーズになっていますので、
テーマに合わせてみてみてもよいと思います。

■『ブルー・ノート』(タクマクニヒロ著/雷鳥社)
カメラマンである宅間さん曰く、
「僕が学生時代に「カメラマンになろうか?それとも就職しようか?」 と
悩んでいた時に、もしも、今の僕のようなことを言ってくれる人がいたら
どんなに勇気付けられただろう?と思って、
あの頃の僕と同じように将来のことで迷ってる人に、少しでも役に立てる事が
できたらいいなぁと思って制作した、読みながら見る写真集です。」
というとてもキレイな本です。

■『ホーリースクール』全5巻 倉橋耀子著/講談社青い鳥文庫
この人の本は児童書が多いので、どの本も励まされる内容ですが、
このシリーズは主人公自分がどうしたいのかを一つひとつ扉を開けながら
ステップを踏んでいくので主人公たちと一緒に自分も自分がしたいことを
探していけると思います。

■『13歳のハローワーク』(村上春樹著/幻冬舎)
これは子供たちに向けた職業紹介の本です。
この本は本当にあらゆる職業が載っているので、いい悪いとか、
好き嫌いは別にして、今の世界にはこんなにたくさんの仕事があるんだと
分かるだけでも楽しめますよ。

私自身がずっと夢がなくて自分が何になりたいのかが分からなかったので
まだ学生のうちに人生のことや将来のことを考えることができたらよかったという
思いがあり、これらを挙げてみました。
参考になれば幸いです。

こんにちは。

私も本が好きでしたが、中学生の時はSF小説や推理小説ばかりを読んでいたように
思います。それはそれで読書量として今につながっていると思いますが・・・。
ただ、社会人になってみて、あの頃に読んでおけばもっと人生変わったのに、
とちょっと残念に思う本も、当時であれば難しくてとか、興味がない
という理由で手に取らなかったので、何とも言えないですね(笑)。

■FUTURE(フューチャー) 未来を創る心のふしぎ (高橋佳子著/三宝出版)
ガンジーとヒトラーという2人の人物の対比か...続きを読む

Q中学生に読ませたい本

中学2年生のこどもに読ませたい名作(日本の)を教えて下さい。

Aベストアンサー

「よだかの星」
「しろばんば」「夏草冬濤」「北の海」
「ぼっちゃん」
「高瀬舟」
「瓢箪と清兵衛」

「こころ」はちょっと早いかもしれませんが高校の教科書でネタバレされて読む気を失う
という作品なので、先に読んでおいたほうが良いかも。

Q私立高校面接についての質問。急ぎです!

今日、私立入試の筆記が終わり、明日は面接です。

そこで面接で聞かれそうなことを考えたのですが、このような答え方でいいでしょうか?



・なぜ、◎◎高校を選んだのですか?
私の親戚が◎◎高校に通っていて、「勉強を本気でしたいなら西山高校はいいよ」という話を聞き、7月と12月にあった学校説明会で実際に来てみて、勉強の内容や先生など他に見に行った高校よりも私に会っていて、また自分の夢を叶えるのに最も近い場所だと思ったからです。

・将来の夢は何ですか?
現時点では、大学に行き看護の勉強をして看護師になりたいと思っています。

・長所は?
中学2年の後期から3年の前期まで生徒会に入っていて大勢の人の前で話したりすることが多かったので、人前で話すことが得意な所、また、自分から進んであいさつができることです。

・短所は?
優柔不断で、あまり決断力がないところです。何か物事を決める時には一人では決められないところです。

・最近気になるニュースは?
今年の1月に北朝鮮のキムジョンイルが死亡し、キムジョンウンが総書記になったことです。このことにより、北朝鮮の核兵器問題や拉致問題など色々解決しなければならない問題があり、同じアジアの国として日本も対策を考えないといけないと思います。

・趣味は何ですか?
読書です。

・最近読んだ本は?
瀬尾まいこさんの「幸福の食卓」という本をよみました。

・その本の感想は?
この幸福の食卓では、家庭崩壊した家族や友人関係などを、この本では人間の感情の動きをリアルに表現していて、笑いあり涙あり、また自分を見直せる本だと思いました。

・今通っている中学の良いところ
私の通っている中学は全生徒の数が44人と非常に少なく、学年にひとクラスしかありませんが、お互いの名前を全員が認識し合っていて、交流も深く、非常に仲がいいところです。

・得意教科は?
社会です。

・なぜ社会が得意なのですか?
わたしは、歴史上の出来事や人物を覚えるのが好きだからです。




面接は6人の集団面接で7分ぐらいの時間だと思います。

このほかにきかれそうなことがあったら教えてください。


また、たとえば受験番号が「1023」の場合、
「せんにじゅうさん」番と答えるのか、「いちぜろにさん」と答えたら良いのか
どちらがいいのでしょうか?

教えてください!

今日、私立入試の筆記が終わり、明日は面接です。

そこで面接で聞かれそうなことを考えたのですが、このような答え方でいいでしょうか?



・なぜ、◎◎高校を選んだのですか?
私の親戚が◎◎高校に通っていて、「勉強を本気でしたいなら西山高校はいいよ」という話を聞き、7月と12月にあった学校説明会で実際に来てみて、勉強の内容や先生など他に見に行った高校よりも私に会っていて、また自分の夢を叶えるのに最も近い場所だと思ったからです。

・将来の夢は何ですか?
現時点では、大学に行き看護の勉強をして...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
個人的にはですが、回答にはそつがなく、無難なレベルだと思います。

それより気になるのが、非常に焦っていて緊張している様子が伺えることです。
面接を明日に控えて不安なのはわかりますが、
ガチガチのまま行くとなると少し心配ですね。
模範回答をいくら用意しても、面接では想定外の質問がある程度飛んできます。
ガッチリマニュアルを作って理論武装してしまうと
予定外の質問に慌ててしまいがちです。

多少言葉が詰まったり、言葉使いを間違えてもいいので
落ち着いて自分の意見を出せるようにしましょう。
社会情勢などにそれほど難しい回答を面接官も求めてはいません。
今時点の自分が理解していること、思っている事を
失礼のないように述べられれば良いだけです。
それに集団面接なら、あえてとんでもないことをやらない限り
大きなマイナスにはならないでしょう。

ともあれリラックスして行く事を心がけましょう。
受験は成功しても失敗しても、後の人生の無駄にはなりませんから。

Q中学生の間に読んでおきたい本

私は今中2の女子です。
みなさんが中学生の間に読んでおきたかった、読んでおいてよかったという本を教えて下さい。(古すぎる日本文学はちょっとダメです。)
ジャンルは特に問いませんが、スポーツ系はダメです。主人公は中学生のでよろしくおねがいします。高校生はアウトです。
かっこよくて憧れるような人物が出てくるとなおさらいいです。(主人公がではなく)
最近読んだ本は、キングのスタンドバイミー、良く似た内容ですが湯本香樹実の夏の庭、ロバートマキャモンの少年時代などなど。
あと、金城一紀さんのGOを読む予定です。
色々要望あってすんません。以上の事に当てはまる本がありましたらよろしくお願いします~。

Aベストアンサー

 「中学生が主人公」という条件の中でしたら私は伊藤たかみ氏の『ぎぶそん』がおススメです。
 昭和の時代の関西が舞台となるお話で台詞は全て関西弁という独特なお話です。内容はというと「主人公が文化祭で仲間とバンドをやる」なんていうものですが青春あり、微かな恋愛あり、といった感じですので楽しく読み進める事が出来ましたよ。

 また灰谷健次郎氏の『天の瞳』シリーズも大変おススメできます。
 この作品も関西を舞台にしていますので台詞が全て関西弁の上記作品に続くある意味「異色」な作品です。
 このお話は今現在「幼年編I~あすなろ編II」まで続いているものです。最初の巻は主人公の男の子が幼稚園生の頃で「あすなろ編」となった今は主人公は中学一年生となっています。
 とにかく主人公が格好良く、その周りにいる子供大人を含む全ての登場人物が素敵な人たちばかりです。是非一度読んでみてください。

 それに青木和雄氏の『ハードル』なんかもおススメできる作品。
 詳しい内容を書こうと思ったら良いサイトを見つけたのでそちらのURLを載せておきますね。
 下記のサイト「長編アニメーション映画『ハードル』」
http://www.cinema-indies.co.jp/hurdle/index.html
 ・・・アニメにもなってたんですねぇ。知らなかったです(汗
 ちなみに上記サイトにも見ることの出来る同氏の別作品『ハッピーバースデー』なんかも非常におススメできます。

 他にあさのあつこ氏の『ハードル』辺りも中学生を主人公にした作品では有名どころですね。
 内容は・・・こちらも公式サイトがありました!!
 ですのでこれもURLを載せておきます。
http://www.kadokawa.co.jp/battery/
 余談ですが、高校一年生になる弟(ちなみに私は大学一年生)はこの作品にハマっている様子です。

 あと最後になりますが恩田陸氏の『夜のピクニック』も大変おススメ。
 主人公が高校生のためにあまり詳しくは書きませんが「これぞ青春小説!」と言っても過言ではない小説です。高校卒業までの間に必ず一回は読んでおいて欲しいと心から思います。

 ・・・色々書いてきましたが、私的に一番読んで欲しいと思う小説は『夜のピクニック』です。しかしこれは高校三年生のときに読む方が心に響くような気がします。そこの辺りを差し引くならば『ハードル』>『天の瞳』>『ぎぶそん』>『バッテリー』の順に読んで欲しいかな、と思います。
 とは言っても今後何を読むかは質問者様の御意志によって決めるべきだと思うので、私の言う事など無視してくれても一向に構いません。っていうか完全に無視してやって下さい。
 けれど、私が紹介した作品の中のどれかが質問者様の心を捉えることが出来たら幸いだとも私は思います。
 では長文になってしまいましたことお詫び申し上げさしてもらい今日はお暇させていただきます。

 「中学生が主人公」という条件の中でしたら私は伊藤たかみ氏の『ぎぶそん』がおススメです。
 昭和の時代の関西が舞台となるお話で台詞は全て関西弁という独特なお話です。内容はというと「主人公が文化祭で仲間とバンドをやる」なんていうものですが青春あり、微かな恋愛あり、といった感じですので楽しく読み進める事が出来ましたよ。

 また灰谷健次郎氏の『天の瞳』シリーズも大変おススメできます。
 この作品も関西を舞台にしていますので台詞が全て関西弁の上記作品に続くある意味「異色」な作品...続きを読む

Q高校面接の長所短所の書き方(大至急)

高校の面接で、長所短所を書く欄があるのですが…
うまくまとめられなくて悩んでいます。

いろいろ調べてみると、『短所が長所につながることを書くとよい』と書いてあったのですが、どのように書いたらいいでしょうか?


ちなみに…

気が弱い
優柔不断
負けず嫌い
好きなことには没頭する
おおざっぱだか変なところに神経質
人見知りだがなれるとよくしゃべる


とこんな性格です。


この性格をどうゆうふうに長所と短所にすればいいでしょうか?

良い書き方を教えてください。


お願いします。

Aベストアンサー

「私の短所は多少優柔不断なところがあり、実行するまで時間がかかったりします。ただし、よく考え、慎重に行動するのでおかげで失敗は少なくすむので長所にも置きかえれます。人間関係にも言え、人見知りしますが、時間がたてば、相手も気を許してくれ、なんでもいい合えるような仲になります。」

結構憶測も入ってますが、こんな感じはどうでしょうか?

Q高校の面接で最近読んだ本と聞かれて僕は本は全く読まないです なにかオススメの本とその内容を教えて下さ

高校の面接で最近読んだ本と聞かれて僕は本は全く読まないです
なにかオススメの本とその内容を教えて下さい!お願いします!

Aベストアンサー

五分後の出来事
~内容~
普通のストーリーが、読んでいく度に、あっ!と驚く展開が待っている本です。



私も、あんまり本を読まないんですが、この本はめちゃくちゃハマりました!

Q中学生が読める文学作品は?

私は今まで、ファンタジー系を中心に読んできました。
このあいだ父に、「文学作品を読んだほうがいい」と言われ少し興味を持ち始めています。
しかし全く読んだことがありません。
どこから手をつけていいものかと困っています。

でもやっぱり夏目漱石とか(←これぐらいしか知りません)の作品って読んでおいたほうがいいですよね?
一体、何を読めばいいのでしょう?
教えてください!!

Aベストアンサー

漱石はいま読んでおいて損はないと思いますよ。

面白いと思うか思わないか、それは分からない。でも五年十年と経ってから読み直してみると、その素晴らしさに感激すると同時に、自分がちゃんと経験に学びつつ成長してるんだ、ってことに合点がゆく、かもしれない。それと、大人になった自分が、漱石を読みながら中学生だった自分をまざまざと思い出すことができる、かもしれない。中学生である、ということがどういうことであったかを。

さて、漱石が専業作家として活動した日々は僅々十年足らずでしたが作品の数は少なくありません。そしてほとんど全てが傑作です。でも中学生に奨められるのは、ふうむさて、まず次の三つかな。

一。『夢十夜』と『永日小品』。この二つの小品集はたいてい抱き合わせになってるはずです。幻想的なものがお好き、短かさの中の工夫もお好き、ってことなら、最初の漱石はこれがベストでしょう。文体も平明でありながら、とんでもない魔術・曲芸も随所に繰り出してきます。じつに素晴らしい。夢十夜はぜんぶ「こんな夢を見た」で始まります。つまりみんな夢の話で十本。第三夜がその極端な恐ろしさ、悪夢の佃煮のような忌まわしさで有名ですが、第一夜は漱石が冒頭に据えただけのことはある悲しくて美しい大傑作です。永日小品は『昔』という短篇の書き出しがもうなんともこの、たまりません。

二。『漱石書簡集』。もし漱石って面白そう、と思ったら、漱石本人がどんな人だったかをこれで探ってみましょう。それにはもううってつけの本です。漱石が書いた手紙を集めたものです。これがまたどれもこれも、本当にいい手紙なんだ。こんなの貰えたらどんなに嬉しいだろうっていう。漱石は本当に心の優しい人で、今もこれほど人気がある一番の理由はそれなんだろうと思います。最初のほうの親友正岡子規が相手のものは文語体なので後回しにしましょう。でもこれが実に実にいい手紙なんですけどね。(読まされた本のくだらなさに激怒して送りつけた抗議文なんか最高です。)

三。『坊っちゃん』。これはご存知でしょう。でも、これほどの人気作でありながらこれほど誤解されてる作品も少ないかもしれない。

これは中学校が主な舞台なので子供むけと思われているようですが、大人にならないと分かりにくい深い悲しみと苦さに貫かれています。これ、若くて正義感にあふれた中学教師があれこれ無茶をしてかす痛快作、って、いや、書いててほんとにそんなことを思う馬鹿がいるのかと思うけど、そう思われてるらしくて。

これが映画化されると、主人公は二枚目(たとえば三浦友和)が演じるんだけど、この坊っちゃんを演じるに一番ふさわしいのは柳沢慎吾だ、と喝破した人がいて、そう主張する一文を読んだとき、私は「その通り!」と絶叫しました(心の中で)。

それはともかく、この『坊っちゃん』って、これまた気付いてる人は少ないようだけど、遠距離恋愛の話なんですよ。どんなわけだか好きで好きでどうしようもない二人の男女がよんどころなく遠く別れて、また一緒になる、という。

ただその二人ってのが若いおっちょこちょいの男としわくちゃな小さいお婆さん、ってことになってるんでこれがずいぶんと深く激しい純愛物語だということにみんな気が付かない。でも二人が交わす言葉、態度、行為、みんなみんなこれはもう愛し合う若い男女のものですな。(漱石はたぶんそんなのをまともに、普通に書くのは照れくさかったんでしょう。)

これの最後の一ページの見事さと悲しさはちょっと他に比べるものがないかもしれない。最後の最後、締めくくりの一文は「だから」で始まります。この「だから」を見逃してはいけません。この「だから」くらいに優しい、情のこもった接続詞が使われたことは日本語の歴史の中にない、というようなことを井上ひさしという小説家がどこかに書いていました。その通りだと思います。



現役の作家の作品なら酒見賢一の『後宮小説』が、まず間違いなく楽しめると思います。娯楽と文学の間、だいぶ娯楽寄りに位置する名作です。アニメにもなりましたが、この楽しさは映像化すれば消えてしまうと信じてそれは見ていません。中学生くらいの年齢の女の子が主人公です。

ただし、いま文学畑でいちばん面白い文章を書くのは町田康で決まりでしょう。文学、とはなにかを知りたかったら挑戦してみてください。

漱石はいま読んでおいて損はないと思いますよ。

面白いと思うか思わないか、それは分からない。でも五年十年と経ってから読み直してみると、その素晴らしさに感激すると同時に、自分がちゃんと経験に学びつつ成長してるんだ、ってことに合点がゆく、かもしれない。それと、大人になった自分が、漱石を読みながら中学生だった自分をまざまざと思い出すことができる、かもしれない。中学生である、ということがどういうことであったかを。

さて、漱石が専業作家として活動した日々は僅々十年足らずでしたが作...続きを読む

Q受験用でおもしろい小説ありませんか???

高校受験のときに、最近読んでいる本のことを尋ねられることあるらしいです。
ですので、なにか本を読みたいのですが、なにかよい本は、ありませんか??
ジャンルは、なんでもいいです!!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面接で聞く側にたって考えましょう。あなたがどんな人か知りたいので聞くわけですよね。どんな本を選ぶのか(何に興味があるのか)、その本についてどういう感想などを持ったのか、といったことを知りたいのでしょう。無理せず正直に答えるのがいいと思います。中学生にベストセラーの新書「バカの壁」を読んだと言われても、どんな人なのかちょっと想像しづらいです。

A No.3さんが挙げてる「一瞬の風になれ」のように本屋大賞の受賞・ノミネート作品は中学生でも読みやすそうなものが多そうですね。恩田陸の「夜のピクニック」とか。
http://www.hontai.jp/history.html

ヤングアダルト(YA)など十代向けの小説ジャンルもあります。あさのあつこの「バッテリー」とかアン・ブラッシェアーズの「トラベリング・パンツ」とか。

あと、私も「しゃべれどもしゃべれども」は好きですね。

古典を読むなら、光文社から出た古典新訳文庫も参考にしては。
http://www.kotensinyaku.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報