昨日(H20.9.10)入ったお店で流れていたラジオで興味深い話を聞いたのですが、途中からで詳細が分かりません。
幸田露伴が、去り際に○○するようでなければならない
もしくは、去り際に○○なようではだめだ
といったというフレーズが耳に残っています。

昔の方の情緒というか、すごく日本的なことばだなと感じました。

上に書いていることと全く違っていたり、似たようなフレーズかもしれません。
断片的にでもかまわないので、何か情報をお持ちでしたら教えてください。
関西方面のラジオでした。ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ラジオ 関西」に関するQ&A: ラジオ関西...

A 回答 (1件)

ラジオを聞いたわけではないのですが、露伴のなかでもおそらく一番有名なエピソード「あとみよそわか」のことだと思います。



これは露伴の娘の文(あや)のエッセイ「こんなこと~あとみよそわか~」に出てくるもので、母親を早くに亡くした文が十四歳になったとき、露伴自らが家事全般を文にしつけるのです。博覧強記の露伴の家事は、それは徹底したもの、かつ論理的で伝統にものっとったものでした。

その露伴が、掃除を終え、そこを立ち去ろうとした際に、「あとみよそわか」という呪文を唱えよ、と教えます。「そわか」は「娑婆呵」、お経らしく聞こえるようにつけただけの特に意味のない文言だそうですが、要は「あとみよ」、つまり、後ろを振り返って、やり残していることがないか、うっかり見落としていたことはないか、最後に確認することを仕上げにするように教えたのです。
さらに呪文にして、意識せずともそうやって振り返って確かめることで仕上げをすることを身につけさせようとしたのです。

ですから、

> 幸田露伴が、去り際に○○するようでなければならない

というのでしたら、去り際に「振り返ってみる」「あとを見る」が適当ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幸田露伴「五重塔」

前も「いさなとり」で幸田露伴について
調べていたのですが
今度は幸田露伴の「五重塔」について
調べています。
自然描写で有名と聞いて読んだのですが
読解力不足でよく理解出来ませんでした…
中身はどんな話なのでしょうか?

Aベストアンサー

「どんな話ですか」と言っている段階では、答えようがないかもしれませんね。ネットで読めますよ。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000051/card43289.html

「幸田露伴 五重塔」で検索すれば、解説もいろいろあります。がんばってください。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=RNWE,RNWE:2004-38,RNWE:ja&q=%E5%B9%B8%E7%94%B0%E9%9C%B2%E4%BC%B4%E3%80%80%E4%BA%94%E9%87%8D%E5%A1%94

Q幸田露伴『未練』を探しています

幸田露伴作であろう『未練』という短編を探しています。
何年か前に読んだ際に感銘を受け、
その後もネットや書店をあたっているのですが見つけられません。
国立国会図書館にも該当のものが見当たりませんでした。
覚えているポイントは以下です。

・漢文を読み下したような硬い文章
・A5版であれば100ページ以内のボリューム
・主人公が亡き友人の墓参にゆくというストーリー

もしかすると、私の記憶している作者名か作品名が
間違っているのかもしれません。
お心当たりがおありの方は、ぜひお報せください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
その後目録要覧の類を調べたところ、「みれん」は1978年岩波書店刊の「露伴全集」第一巻に収載のやうです。
該全集は大きな図書館等には架蔵していると思はれます。東京の区立図書館でも所蔵している処があります。
御参考にならば幸甚です。

Q幸田露伴の作品でお勧めのものは?

幸田露伴の作品は、「五重塔」、「少年時代」、「華厳滝」、「観画談」を読んだだけです。この他「蒲生氏郷」を読みかけましたが文章が今一つの感じがして、途中で投げ出してしまいました。次に読みかけたのは「風流仏」ですが、これはまた抹香臭くてギブアップです。今のところ「五重塔」が印象に残っていて一番良かったように思います。

何か他にこれは、というものはないでしょうか?

どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

幸田露伴の作品については、たどたどしく読み解くのに精一杯で、人様にあれこれ申し述べる程の域には到底及びませんが、そこはそれ「同好の士」の誼ということで些かをば。

文庫版「浄瑠璃・寝耳鉄砲」の解説は次のように紹介しています。ご参考になればいかがかと。
「「風流佛」や「奇男児」や「對髑髏」や「一口劍」に見られる、若くて才能のある作家が採りがちな観念の造形化や類型的発想法を脱し、一個の人間に対する興味に正面から筆を着けようとした、すなわち実写的な試みによる最初の作品と考へらえるのであり、初期の代表作となった「いさなとり」「五重塔」に先行している」(鹽屋賛)

ところが露伴ならではのこの「観念の造形化」にも心奪われる者としては、初期の「風流佛」「一口劍」もまた、「五重塔」にと続く職人気質ものとして、その精根の限りに懸ける気概の発揮には同列の印象も受けています。

壮年期の史伝物「平将門」「運命」は、鴎外のそれを更に突き抜けた「火の玉だましひ」の不思議の世界を覚えます。

そして露伴の生涯に通底する「幻」「妖」「奇」の世界は「幻談」「雪たゝき」「連環記」などにおいて、もはや広大無辺の露伴宇宙が窺えます。

近ごろは「評釈 猿蓑」に触れながら、日本語として煮詰められ、また研ぎ澄まされた究極の言語世界のあり様を垣間見せられつつあるというところでしょうか。

幸田露伴の作品については、たどたどしく読み解くのに精一杯で、人様にあれこれ申し述べる程の域には到底及びませんが、そこはそれ「同好の士」の誼ということで些かをば。

文庫版「浄瑠璃・寝耳鉄砲」の解説は次のように紹介しています。ご参考になればいかがかと。
「「風流佛」や「奇男児」や「對髑髏」や「一口劍」に見られる、若くて才能のある作家が採りがちな観念の造形化や類型的発想法を脱し、一個の人間に対する興味に正面から筆を着けようとした、すなわち実写的な試みによる最初の作品と考へらえるの...続きを読む

Q「○○知」と「○○知」

うろ覚えで、忘れてしまった言葉ですが…

例えば自転車に乗ることに関して、
「バランスを取って自転車にまたがり、云々…という、論理的・客観的で、記述的な知識」と、
「実際に本人自転車にのることができるようになったときにはじめて身に付けたと言える、体験的で、共有できない知識」の2者があり、
前者を「○○知」といい、後者を「○○知」という。

という記述がありました。
3文字づつの言葉だったと思いますが、ど~しても思い出せません。知っている方がおられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

ひょっとして「形式知」と「暗黙知」でしょうか。
私は初めて知りました。勉強になりました。
URLは以下の通り。

参考URL:http://redpine.b.kobe-u.ac.jp/home/nonaka/nonaka8.html

Q「賢者の○○」?「聖者の○○」?という物語

お世話になります。
クリスマスになると良くこのような話を聞いたものです。

「妻は主人の懐中時計の鎖を買うために自分の美しい髪を売りました。
実は主人は妻の美しい髪のために、懐中時計を売り、櫛を
買ったのでした。」

この作品のタイトル及び原作者、どこの国の物語かご存じの方、
回答をよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

オー・ヘンリー作 「賢者の贈り物」だと思います。

http://www.hyuki.com/trans/magi.html
http://www.aozora.gr.jp/cards/000097/card536.html

参考URL:http://www.hyuki.com/trans/magi.html,http://www.aozora.gr.jp/cards/000097/card536.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報