はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

よく電源コードはステップルなどで固定すると発熱して火災の原因になると書いてありますが、電気配線Fケーブルなどはステップルなど柱などに打ち付けられてるのをよくみますが何が違うのですか?Fケーブルなどは潰しても挟んでも発熱しないということなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

いろんな説が飛び交っていますね。



一般的には、
電線のうち、絶縁被覆の外部にさらに外装被覆を施したものを「ケーブル」と呼び、これは規定の支持間隔で造営材に固定しなければなりません。一般住宅の屋内配線などでそのためにもっともよく使われるのがステップルです。

コードは電化製品などをコンセントとつなぐために使われる電線を指すことが多く、固定しないので曲がりやすくするために中は細い線のより線になっています。
絶縁被覆以外に保護されていないので短絡などの事故防止のためステップルでとめることは禁止されています。
    • good
    • 3

コードとケーブルは構造が違います。


同じビニル被覆でも強度が違います。
被覆の厚みが違うだけでコードとケーブルに分かれます。
ANo.3の方が書いてますがコードにステップルを打ってはいけません。
低圧配線のステップル施工は通常教育を受けた資格者が施工するのです。
素人が力任せにコードにステップルを打てば事故が起きることもあると思います。
施工方法が良くないというのが原因だと思います。
    • good
    • 6

これは材料が可燃性と難燃性の違いです、ビニールコードは導火線に近い燃え方します、


試しに数十メートルのコードコンセントに差し込み片側シ-ョトさせると数秒で全部燃えます、
一方Fケーブルはじゅくじゅくしても燃えません、火にくべれば燃えますが。
    • good
    • 4

Fケーブルは、絶縁被服がケーブル構造となって居る電線で、正しくステップルで固定する分には、断線などは起りません。



これらの方法は、電気工事士で無ければ行えない作業で、電気工事士で有れば、知って居ますし、実技試験でも作業内容の評価が行われます。
(一時期ボードうち試験は無かった時期も有りますが。)

コードは、ケーブル構造になって居ませんので、内線規定でステップルでの固定は禁止されて居ます。
    • good
    • 2

VVFケーブルの場合も同じで、潰して挟むと断線して発熱し、


最悪、火災の原因になります。
ですから、電気工事士でないと、危険なので、
ステップルで固定する作業をしてはいけません。
つまり、電気工事士以外は固定してはいけないので、
「固定しないで下さい。」と書いてあるのです。

それと、家庭で使われているビニルコードなどの電源コードは、
絶縁被覆が薄く、ステップルなどで固定するようにできていません。
VVFケーブルはその点、比較的丈夫にできていますので、
ステップルで固定してもいいのです。
    • good
    • 1

電源コード、Fケーブルの心線を見れば分かると思います。


Fケーブルの心線は、俗にいう「銅製の針金」が一般的です。
ステップル等で打ち付けられても結構、丈夫です。

一方、電源コードの心線は、「より線」で、Fケーブルと比較するとよってある線自体は細いです。
ステップルで固定する際に潰れて中の心線が断線してしまうと、そこでスパークする可能性もあります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジョイントボックスは無くても良いのか

建物を借り、スケルトンの状態から事務所にしました。電気配線も
新規で配線工事していただきました。
全ての工事が完了し屋根裏を確認したところ、配線の接続部分に
プラスチックのカバー(名前はたぶんジョイントボックスだと思
いますが)が付いておりませんでした。
業者に確認したところ、
・昔のリングスリーブと違って今は差込コネクタなので露出して
 いる電線部分がなく、ジョイントボックスが無くても漏電の心配
 は無い。
・最近の工事ではどこもジョイントボックスは付けない。
・電気工事の規定については調べなければ分からない。
などの説明がありました。
説明が下手ですので写真を添付します。この写真は配線が全ネジ
にテープで止めて固定してますが、場所によっては固定されて
おりません。(グラスウールの上にほかってあります。)

そこで教えていただきたいのは、
1.電気工事の規定では正しくはどうなっているのか?
2.規定はともかく、実用上では無くても問題が出ないのか?
3.問題があるとすると具体的にどのような危険があるのか?
 (ex.雨漏りした際にボックスがないと漏電するなど。。)
などです。
よろしくお願いいたします。

建物を借り、スケルトンの状態から事務所にしました。電気配線も
新規で配線工事していただきました。
全ての工事が完了し屋根裏を確認したところ、配線の接続部分に
プラスチックのカバー(名前はたぶんジョイントボックスだと思
いますが)が付いておりませんでした。
業者に確認したところ、
・昔のリングスリーブと違って今は差込コネクタなので露出して
 いる電線部分がなく、ジョイントボックスが無くても漏電の心配
 は無い。
・最近の工事ではどこもジョイントボックスは付けない。
・電気工...続きを読む

Aベストアンサー

NO1です。ボックスをかぶせる件ですが、写真の状態で上から被せば大丈夫です。私が施工するのであれば全ねじにゴムをまいてタイラップ(インシュロック)で縛るか、電線支持のプラスチックを引っかけます。コンセント回路で差し込みコネクタを使うか使わないかですが規定はありません。差し込みコネクタの規格は次です。(ニチフ製品の場合です)
■JIS C2813(屋内配線用差込形電線コネクタ)適合品。
■都市基盤整備公団工事共通仕様書記載。
■国土交通省電気設備工事共通仕様書記載工法。
■電気用品安全法取得。
■内線規程JEAC許可品
300V/20A、電圧/電流です。コンセント回路で使っても問題はありません。基準をクリアーしているわけですから、一応言っておきますがリングスリーブでも差し込みコネクタでも正しく施工すればれっきとした電気材料です。                                                          あと違法工事は工事を行った業者に是正してもらうしかありません。今後はそこの業者を使わない事ですね。建築工事で請負形態によって異なりますが、電気工事を直に請け負っている業者なのか、建築下で入っているのかわかりませんが、お客さん対業者ですよ。契約で成り立っていますからね。電力会社はあくまで電気を、電力会社の財産点まで安全かつ確実に送るだけなので。よって是正を指示する責任は電力会社にはありません。ちなみに電力引き込みは高圧、低圧ですか?

NO1です。ボックスをかぶせる件ですが、写真の状態で上から被せば大丈夫です。私が施工するのであれば全ねじにゴムをまいてタイラップ(インシュロック)で縛るか、電線支持のプラスチックを引っかけます。コンセント回路で差し込みコネクタを使うか使わないかですが規定はありません。差し込みコネクタの規格は次です。(ニチフ製品の場合です)
■JIS C2813(屋内配線用差込形電線コネクタ)適合品。
■都市基盤整備公団工事共通仕様書記載。
■国土交通省電気設備工事共通仕様書記載工法。
■電気用品安全法取得。
...続きを読む

Q電気工事士の資格がないとやってはいけないこと?

第二種電気工事士の資格がなくてはやってはならないことってなんでしょう? もう少し具体的に申しますと、たとえばコンセントからテーブルタップ(延長コード)でのばして蛍光スタンドをつけるという行為に資格は必要ないですよね。でも壁にあるコンセントから渡りで別の場所の壁にコンセントを増設するのには資格が必要なのでしょうか?たとえば屋内のブレーカーから、壁のコンセントまでを変更する場合には資格が必要で、壁のコンセント以降の変更はいらないとか、なにかそういった線引きはあるのでしょうか?先日壁の埋め込みスイッチが故障したのでホームセンターで買ってきて交換しましたが、この行為には資格が必要なのでしょうか? どうもすっきりしないので、ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「電気工事士の資格を持つものでなければしてはいけない作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、電線相互を接続する作業
2、電線を造営材に固定する作業
3、配線器具(スイッチ、コンセントなど)を取り付けたり、それに電線を接続したりする作業
 反対に「電気工事士の資格がなくともできる作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、差込式接続器(電源プラグ、コネクタなど)にコードを接続する作業
2、インターホン、ベル、ブザー、チャイムなどの、電圧36V以下の配線作業

 従って、壁の埋め込みコンセントから直接電線を接続して別のコンセントを増設する作業は、資格がなければできません。
 壁の埋め込み式スイッチ、コンセントの交換も、本来なら資格が必要です。
 ただし、露出型の器具の場合は、既設の器具を交換するだけなら、資格は不要です。
 詳しくは、参考URLのページに解説されています

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6224/denki/houki.html

Q天井裏にケーブルを這わす方法

こんばんは。
ホームシアターのリアスピーカーを設置するために1階の縦の長さが12畳ぐらいある部屋の端から端まで
天井裏を経由してケーブルを引きたいと思っています。
テレビ側にはコンセントやテレビのアンテナケーブルを挿すところがありそこから入れ
反対側は電話のモジュラージャックがあるのでそこから出そうとかと考えています。
ただ天井裏にケーブルをどう這わしたものかと悩んでいるわけです。
2階の床を見てみましたが開きそうなところもなく1階の天井を見ても天井裏に行けそうなところがありません。
床下でもいいのですがそれもどうやればいいのやら。同じく床下を覗けるようなところはありません。
どんな方法ならできるでしょうか。
ご存じの方いらしたらアドバイスいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1階ですよね。はっきり言って天井裏を通すのは無理だと思います。

私は、自動火災報知設備の工事の仕事をしていますが、木造の個人住宅の1階は配線を通すことがほぼ不可能です。

じゃあ、コンセントとか電灯はどうしたの?といわれるのですが、新築のときは当然天井を張る前に線を通しておきますので、なんとでもなります。しかし、一度天井を張ってしまったら、ほぼ間違いなく無理です。

お風呂から覗けるということですが、お風呂の天井は他の場所よりも低いでしょう。およそ30センチぐらいは低いと思います。これはユニットバスの換気扇とダクトをつけるためです。
そこから覗いた脱衣所か先は、多分15センチぐらいしか隙間が無いと思います。15センチという根拠は1階と2階の構造になっている梁が約10センチ、1階の天井を支えている角材と2階の床を支えている角材をあわせて5センチ程度だからです。
これ以上のスペースがあるなら、点検口をつければなんとかなりますが、15センチ程度の隙間だとその隙間に電線や電話線などが通っているため端から端まで線をのばすのはとても困難です。

はっきり言って、プロでも個人住宅の天井裏を通すことはあまりやりません。ちょっとでも失敗するとひどい損害になるからです。やるつもりなら、天井を一度はがしてリニューアルする覚悟をしたほうがいいですよ。

2階の床面をはがすのはもっと危険です。床板を支えている角材に傷がつくと、強度が著しく落ちるからです。木造住宅って以外に薄い素材で出来ているんです。

諦めて、モールを這わしたほうがいいですよ。

1階ですよね。はっきり言って天井裏を通すのは無理だと思います。

私は、自動火災報知設備の工事の仕事をしていますが、木造の個人住宅の1階は配線を通すことがほぼ不可能です。

じゃあ、コンセントとか電灯はどうしたの?といわれるのですが、新築のときは当然天井を張る前に線を通しておきますので、なんとでもなります。しかし、一度天井を張ってしまったら、ほぼ間違いなく無理です。

お風呂から覗けるということですが、お風呂の天井は他の場所よりも低いでしょう。およそ30センチぐらいは低いと思います...続きを読む

Q電気コードを壁に留める方法を教えてください。

電気コードを壁に留める方法を教えてください。

床から220cmほどのところにスポットライトを取り付けようと思っています。
その際、コンセントが床付近にあるため、スポットライトからコードが垂れ下がってしまいます。
このコードを部屋の角の部分に固定したいのですが、何かよい方法はないでしょうか?
コの字の金具で留めようと思っていたのですが、違法なんですよね。
安全ですっきり留める方法を探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外壁だったら、ナイロンクリップでネジ止め
ホームセンターのバラなら30円くらい、
ネジは別に買う必要があるけど。
※参考URL参照

内壁だったら、コードステッカーとか
コードクリップで色が目立たないものを
選べばいいと思います。
http://www.monotaro.com/c/055/554/

参考URL:http://shop.patos.biz/shopdetail/004007000001/brandname/

Q交流の接地側とは何でしょうか?

家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)があり、「白線は安全」、「黒線は感電の危険あり」ということになっています。私の疑問は、「交流とは、プラスとマイナスが交互に入れ代わるもの」と記憶していますので、「接地側も、非接地側も交互に入れ代わるのでは?」と思った次第です。この辺りを理解したいのですが、よろしく御願い申しあげます。

Aベストアンサー

>高電位のトランスを接地させる=ショート…

#3です。
通常は片側しか接地しませんから、接地された側が大地と同電位になるだけです。電流は電位差のあるところに流れるのであって、同電位のところには流れません。したがってショートするとは言いません。
なお、その接地したところ以外で、電線が垂れ下がったり、機械の絶縁が壊れたりするとショートします。これを地絡事故といいます。

>電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れている…

一般に電気は抵抗の少ないところに流れます。アースの抵抗は、電線の抵抗に較べればはるかに大きいものです。通常は、抵抗の少ない電線の中ばかりを流れ、アース線に電流が流れることはありません。
ただ、電線も負荷機械もすべて絶縁してありますが、人間の作るものに完璧なものはありません。どんなに丈夫な絶縁を施しても、ごくわずかな電流は漏れます。ふだんはこのわずかな漏れ電流が、電柱のアース線を通って、電源へ帰って行っているのです。

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Qブレーカの極数、素子数とは

ブレーカの表記で2P2Eとか2P1Eとかの
PとEについて教えてください。

カタログで
P・・・極数
E・・・素子数
とあるのですが、その意味を教えてください。

Aベストアンサー

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても、大地間と同電位の為、電流は、ほぼ流れません。よってN線には、L1線又は、L2線より大電流が流れる事はありません。
その為、N線をつなぐ電極=Pには、素子=Eは、必要ありません。

単相100Vの場合は、L1線又は、L2線とN線の本を使用するため、2P1Eのブレーカーを、使用します。
単相200Vの場合は、L1線とL2線を使用するため、2P2Eのブレーカーを使用します。
単相200V3線は、L1線とN線とL2線の三本を使用します。3P2Eのブレーカーです。
※よく勘違いされますのは、アース線は、この3本には、含まれておりません。アースが必要なときは、L1,N、L2+アースと思ってください。

又一般家庭の場合単相3線は、分電盤の主幹(大元)のみです。200V回路もほとんどありません。

単相2線、単相3線、動力回路などの説明は、省かせてもらいます。
又、L1,N、L2の後に(線)とつけたのは、電線という意味です。(普通は、つけません。)

まとまりが悪くてすいません。

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても...続きを読む

Q壁つたいに配線

よろしくお願いします。

テレビを見る部屋を、アンテナをつなぐところがある部屋ではなく
その隣の部屋にしたいのです。
なので自分で壁やドア枠つたいに配線しようと思っているのですが
ステップルで固定すると小さい穴があきますよね。

なるべく無傷に近くて固定できる方法ってないでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.hokuritu.co.jp/shop/shop4zai2.htm
このようなモールを使用すれば、テープで付けるだけですので
傷はつきません。

また、壁と同系色の色を選択すれば多少は目立たなくなります。

うちでも使用していますが、線自体が見えなくなるので、見た目も良いですよ。

Q謎の釘の取り外し方

数年前、電気屋さんにLANケーブルを壁にそわせてもらいました。
そわせるにあたり、コの字型のくぎをいくつも使っています。
それを取り外したいです。LANケーブルが故障したためです。
コの字型のくぎの名前が分かりませんで、検索できず取り外し方が分かりません。
取り外すにあたり特殊な器具が必要ですか?
コの字型の突き出た部分(両端です)が壁につきささっています。
どう取り外すか教えてください。

Aベストアンサー

LANケーブルが必要無いのだったら、
LANケーブルを適当なところで切って、ニップルの付いたままのケーブルをペンチで抱え込むようにして引っ張れば抜けます。

運悪く片方だけ抜けた場合でも ペンチの先が使えますのでそのまま抜くか しゃくって抜けばいいです。

後の穴の処理は 爪楊枝とか 竹串を差し込んで少し頭を出したところで切り取って
木づちで残りを打ち込めば、傷も無くなります。

Q分電盤の電気工事で、太い電線を分岐する方法について

電気工事士の資格を持っているので、自宅の分電盤を増設する計画です。単相2線式で、リミッターは30Aです。メイン分電盤内で、リミッターから主幹につながっているより線8mm2の電線を途中で分岐して、サブ分電盤の主幹へとつなぐつもりです。つまり、より線8mm2が1本から、より線8mm2が2本へとなります。この場合、より線8mm2の電線を途中で分岐するには、どのようにすればいいでしょうか。より線8mm2の電線用の分岐コネクタのようなものはあるでしょうか。それとも、被覆を剥いでねじってつないで半田付けしてテープ巻きでしょうか。その場合、何回ねじるのかとかわかりません。ジョイントボックス以外での電線接続は経験がないので、良い方法をできるだけ詳しくわかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

電気工事士を持ってると言うので回答します。

>リミッターから主幹につながっているより線8mm2の電線を途中で分岐

先ずは用語と言葉の意味をもう一度確認されたほうがいいかと思います。
リミッターがあるという事はそれが主幹です。
質問者さんが言ってる主幹とはおそらくはELBの事ではないかと思います。

きちんと基本に戻って考えて見て下さい。
主幹であるリミッターはケーブルの接続は差し込んでのネジ留めだけです。
ELBは使用するケーブルが拠り線ならば端子を圧着したものを単にネジ留めするだけです。
端子盤などを使用せずにやむおえず分岐させるなら、常識で考えればELBの1次側端子で分岐させます。
つまりELBの1次側に共挟みするのです。

これで解りますか?

電気工事というものはただ単に資格を有していてもダメです。
きちんとした正しい知識を持ち、しっかりとした経験を積まなければ素人と同じです。
資格を持った質問者さんなら理解できると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング