人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

建物を借り、スケルトンの状態から事務所にしました。電気配線も
新規で配線工事していただきました。
全ての工事が完了し屋根裏を確認したところ、配線の接続部分に
プラスチックのカバー(名前はたぶんジョイントボックスだと思
いますが)が付いておりませんでした。
業者に確認したところ、
・昔のリングスリーブと違って今は差込コネクタなので露出して
 いる電線部分がなく、ジョイントボックスが無くても漏電の心配
 は無い。
・最近の工事ではどこもジョイントボックスは付けない。
・電気工事の規定については調べなければ分からない。
などの説明がありました。
説明が下手ですので写真を添付します。この写真は配線が全ネジ
にテープで止めて固定してますが、場所によっては固定されて
おりません。(グラスウールの上にほかってあります。)

そこで教えていただきたいのは、
1.電気工事の規定では正しくはどうなっているのか?
2.規定はともかく、実用上では無くても問題が出ないのか?
3.問題があるとすると具体的にどのような危険があるのか?
 (ex.雨漏りした際にボックスがないと漏電するなど。。)
などです。
よろしくお願いいたします。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

NO1です。

ボックスをかぶせる件ですが、写真の状態で上から被せば大丈夫です。私が施工するのであれば全ねじにゴムをまいてタイラップ(インシュロック)で縛るか、電線支持のプラスチックを引っかけます。コンセント回路で差し込みコネクタを使うか使わないかですが規定はありません。差し込みコネクタの規格は次です。(ニチフ製品の場合です)
■JIS C2813(屋内配線用差込形電線コネクタ)適合品。
■都市基盤整備公団工事共通仕様書記載。
■国土交通省電気設備工事共通仕様書記載工法。
■電気用品安全法取得。
■内線規程JEAC許可品
300V/20A、電圧/電流です。コンセント回路で使っても問題はありません。基準をクリアーしているわけですから、一応言っておきますがリングスリーブでも差し込みコネクタでも正しく施工すればれっきとした電気材料です。                                                          あと違法工事は工事を行った業者に是正してもらうしかありません。今後はそこの業者を使わない事ですね。建築工事で請負形態によって異なりますが、電気工事を直に請け負っている業者なのか、建築下で入っているのかわかりませんが、お客さん対業者ですよ。契約で成り立っていますからね。電力会社はあくまで電気を、電力会社の財産点まで安全かつ確実に送るだけなので。よって是正を指示する責任は電力会社にはありません。ちなみに電力引き込みは高圧、低圧ですか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
おかげさまで頭の中の霧が全て消えました。

>今後はそこの業者を使わない事ですね。
電気工事以外は丁寧に対応していただけたので考えてしまいます。

>電気工事を直に請け負っている業者なのか、建築下で・・・
工務店経由で電気工事屋さんにでてます。

>電力引き込みは高圧、低圧ですか?
電力会社のブレーカーは40Aですので低圧だと思います。

お礼日時:2008/12/28 21:13

NO1です。

工事会社に対して失礼に当たるかもしれませんが、低圧ということは一般電気工作物なので二種電気工事士を持っていればだれでも施工が出来ます。高圧の場合自家用電気工作物なので一種電気工事士を持っていないと工事が出来ません。一種電気工事士は5年に一回講習を受けています。何が言いたいかと言うと、町場の電気屋さんと大手ゼネコン下で入る電気屋さんを比べるとどうしてもレベルが違うと思います。全部が全部ではありませんが…。会社の色と言うものもありますけどね。結論として施工する会社がお客さんに渡す商品だという思いがあるかないかだと思います。
    • good
    • 6

>その担当者によると、調査項目以外は電力会社には関係無い…



それはその電力会社としての判断なのか、一ヒラ社員の言動に過ぎないのかの見極めが必要です。
一度、電力会社の上層部に聞いてみてください。
あるいは、電力会社を指示監督する立場にある経産省の出先機関、○○経産局でも良いです。

少なくとも私のところの電力会社では、通常見える範囲でジョイントボックスのない工事は、指摘事項となります。

>違法工事を知った時には是正を指示する責任が電力会社…

今度は法律です。
『電気事業法』の観点からは、イエスと答えるのが本来でしょう。

いずれにしても、質問者さんは車の免許をお持ちですか。
お持ちだとして、40キロ制限の道を 50キロ以上で走ることは絶対にありませんか。
駐車禁止の道路は 5分たりとも駐車しませんか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

状況が良く分かり、頭がすっきりしました。
電力会社には何も問い合わせをしないことにします。

お礼日時:2008/12/28 20:56

>1.電気工事の規定では正しくはどうなっているのか…



『電気設備技術基準』(経産省令) および『内線規程』(民間規定) というのがあって、質問者さんが書かれたとおり、ジョイントボックス等で保護することが定められています。
-----------------------------
【内線規程】JEAC8001-2005
3165-7 「ケーブルの接続」
2. ケーブル相互の接続は、キャビネット、アウトレットボックス又はジョイントボックスなどの内部で行うか、又は適当な接続箱を使用して行い、接続部分を露出させないこと。
-----------------------------

>今は差込コネクタなので露出している電線部分がなく、ジョイントボックスが無くても…

同条には、除外事項としての但し書きが続きます。
-----------------------------
(1) -前略- JIS C2813(1992) 「屋内配線用差し込み型コネクタ」に適合するボックス不要型差込電線コネクタなどの接続器具を使用して、接続する場合。
-----------------------------
写真に写っているものは、この JIS C2813 適合品ではありません。

>2.規定はともかく、実用上では無くても問題が出ないのか…

建物の寿命が尽きるまでの間に、絶対に問題が起こらないとは、誰も言い切れません。

>3.問題があるとすると具体的にどのような危険があるのか…

ネズミには容易にかじられるでしょうね。
ネズミにかじられて裸線同然になった電線をしばしば目撃しています。
なにがしか箱状のもので覆われていれば、ネズミもかじりにくいでしょう。

>最近の工事ではどこもジョイントボックスは付けない…

そういった手抜き工事が横行しているのは事実です。
ご質問はリフォームとのことで、電力会社は関係ないのかも知れませんが、新設や大規模増設の際には電力会社等による竣工検査があります。
とはいえ、電力会社等が天井裏までのぞいていくわけではないので、見逃されているのが実態です。

>電気工事の規定については調べなければ分からない…

それは業者の言い逃れでしょう。
まともな電気工事士なら、規定上はジョイントボックスが必要なことを十分知った上で、見えないところに金を掛ける必要はないと考えているだけです。
とぼけているだけです。
業者価格で 1個 100円もしないものですけどね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
ボックスが必要な根拠も分かりましたし、電気工事士らしからぬ手抜工事だと言うことが良く分かりました。
業者から「大丈夫です!」と言われると引いてしまうのですが、おかげさまで自信を持って手直しを業者に指示できます。

<追加質問ですが>
>電力会社等が天井裏までのぞいていくわけではないので、見逃されているのが実態です。
今回、電力会社の調査に偶然出くわしたので接続部分にジョイントボックスが無いことを指摘しましたが、その担当者によると、調査項目以外は電力会社には関係無い、分からないとの回答でした。
調査項目以外でも違法工事を知った時には是正を指示する責任が電力会社にはあるのでしょうか?

補足日時:2008/12/27 19:13
    • good
    • 4

差込コネクタは本来BOX内の細い電線のジョイントに使う物で、


電線のジョイント部にはジョイントBOX使わないのは、材料の節約で手抜きです、
最近の電気の検査が昔と違い、委託され、絶縁と接地抵抗測定のみで、
内線規定等他の法に適さなくても見逃されています、

経験ですが
電気が点かない故障で行ったら、差し込みジョイントが断熱材の上に転がしで、接続部分の接触不良加熱で断熱材が紙で包まれた物で、全部燃えて降りましたが、
運が良く吸気口の工事が手抜きで、外部に物は付いていましたが、穴が開いて無く、酸欠で自然消化されて、火災に成りませんでした、
故に付けないのは、差し込み式はばねで抑えているので、加熱の可能性は大きいのです。
自社では露出工事&電灯回路のみで、コンセント回路はリングスリーブ
です。

この回答への補足

詳しい説明を有難うございます。
おかげさまで自信を持ってジョイントBOXを付けるようお願いすることができます。

>最近の電気の検査が昔と違い、委託され、絶縁と接地抵抗測定のみ
>で、内線規定等他の法に適さなくても見逃されています
業者さんと確認しているときにタイミングよく●●電力(株)が電気事業法第57条ならびに電気事業法施工規則第96条の規定による調査に来ましたので、この建物はジョイントボックスが付いてないが良いのでしょうか?とお尋ねしましたが「分からない。自分は絶縁と接地抵抗を測りに来ただけ。」という回答で、”適正”と書かれた紙を置いていかれました。電力会社は建物の内部配線にはまったく興味が無いようです。

<追加質問をさせてください。>
この建物はコンセント回路を含めて全てが差込ジョイントで接続されています。ネットで色々調べると差込ジョイントを外すときは引張りながら回転させればよいと書いてあります。。。と言う事は点接触での接続になっていると思うのですが、これだとたとえ接続部の接触不良でなくともこの状態で20Aを使用したときに発火等の問題は起きないのでしょうか?コンセント回路についてはリングスリーブを使用するような規定は無いのでしょうか?
お手数をお掛けしますがよろしくお願いします。

補足日時:2008/12/27 18:10
    • good
    • 0

電気屋です。

電気工事士を持っている業者であれば常識的にボックスなどのでの保護は行うはずです。電気工事の施工法ではケーブル相互の接続は原則として接続箱ジャンクションボックス、アウトレットボックス等を使用することとなっております。写真の黒線、白線は絶縁電線なのでこの部分は保護するべきです(緑線及びアースの場合は除きます)。例外として、ダウンライトなどの電線の差し込み口は露出した場所についているので、この部分は出ていても大丈夫です。グレーの外層部分に関してはケーブルころがし配線なので天井材またはグラスウールに接触していても問題はないです。漏電の心配をされているようですが、事務所の天井裏で給排水のパイプなどの水回り、あとは金属製の部分に電線の芯線が食っていなければ漏電の心配はありません。話は戻りますがリングスリーブだろうが差し込みコネクタだろうが基本的に施工は同じです。事務所の電気工事を行った業者は電気屋なのかな?少し難しかったと思いますが参考になったでしょうか?

この回答への補足

詳しいご説明有難うございます。
接続部にボックスが必要なこと良く分かりましたので手直しをお願いすることにします。
工事は残念なことですが電気屋さんがやってます。

写真の接続部以外にも接続ヶ所がありまして、そちらは近くに全ネジのような固定する物が近くに無いためかグラスウールの上に置いてあります。差込コネクタは上を向くようにしてありますがこの状態にボックスをかぶせればよいでしょうか?それともどこかに固定すべきでしょうか?
すみませんが教えていただけると助かります。

補足日時:2008/12/27 17:35
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q差込コネクタと、ジョイントボックス

中古一戸建てです。
屋根裏をのぞくと、VVF(1.6mm)ケーブルが差込コネクタで接続されていました。
そこから、二箇所にコンセント配線されているようです。
差込コネクタのみで、少々不安なので、差込コネクタごと、ビニールテープで、グルグル巻きにしようと思うのですが、熱などの影響で、この処置はダメですか?

正しくは、ジョイントボックス内に収まるようにするのが、正しいやり方だとは、思いますが、そもそもジョイントボックスの役目は、何なのでしょうか?
ほこりだけなら、テープグルグル巻きでも良いと思いますが、接続部が熱を持つなら、ジョイントボックスは必須なのかなと思います。
(中古の為、誰が施工したかは、不明です)

Aベストアンサー

NO.2さんと同じ電気屋です。
日本で最初にドイツの「ワゴ」が出て
私も使用しましたが、すぐに抜けたりとか事故報告で「ワゴ」は
使用しなくなり、また差し込みコネクタに対してもしばらく
拒否反応示してましたが、今ではそれほど気にせず
「OKコン」のみですが、10年ほど使用しています。(民間工事のみ)

今回、熱が気になるとのこと・・・
ならば、テープ巻きは、やめましょう。 ジョイントボックスも…ダメです。
それより、圧着スリーブで確実に接続やり替えましょう!!

また、「接続部が熱を持つなら、ジョイントボックスは・・・」は、
熱を持つこと自体がおかしいです。電流値が高ければ電線が細いかも・・・


早めの対処が不安と事故を防ぎます!!

Q天井裏にケーブルを這わす方法

こんばんは。
ホームシアターのリアスピーカーを設置するために1階の縦の長さが12畳ぐらいある部屋の端から端まで
天井裏を経由してケーブルを引きたいと思っています。
テレビ側にはコンセントやテレビのアンテナケーブルを挿すところがありそこから入れ
反対側は電話のモジュラージャックがあるのでそこから出そうとかと考えています。
ただ天井裏にケーブルをどう這わしたものかと悩んでいるわけです。
2階の床を見てみましたが開きそうなところもなく1階の天井を見ても天井裏に行けそうなところがありません。
床下でもいいのですがそれもどうやればいいのやら。同じく床下を覗けるようなところはありません。
どんな方法ならできるでしょうか。
ご存じの方いらしたらアドバイスいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1階ですよね。はっきり言って天井裏を通すのは無理だと思います。

私は、自動火災報知設備の工事の仕事をしていますが、木造の個人住宅の1階は配線を通すことがほぼ不可能です。

じゃあ、コンセントとか電灯はどうしたの?といわれるのですが、新築のときは当然天井を張る前に線を通しておきますので、なんとでもなります。しかし、一度天井を張ってしまったら、ほぼ間違いなく無理です。

お風呂から覗けるということですが、お風呂の天井は他の場所よりも低いでしょう。およそ30センチぐらいは低いと思います。これはユニットバスの換気扇とダクトをつけるためです。
そこから覗いた脱衣所か先は、多分15センチぐらいしか隙間が無いと思います。15センチという根拠は1階と2階の構造になっている梁が約10センチ、1階の天井を支えている角材と2階の床を支えている角材をあわせて5センチ程度だからです。
これ以上のスペースがあるなら、点検口をつければなんとかなりますが、15センチ程度の隙間だとその隙間に電線や電話線などが通っているため端から端まで線をのばすのはとても困難です。

はっきり言って、プロでも個人住宅の天井裏を通すことはあまりやりません。ちょっとでも失敗するとひどい損害になるからです。やるつもりなら、天井を一度はがしてリニューアルする覚悟をしたほうがいいですよ。

2階の床面をはがすのはもっと危険です。床板を支えている角材に傷がつくと、強度が著しく落ちるからです。木造住宅って以外に薄い素材で出来ているんです。

諦めて、モールを這わしたほうがいいですよ。

1階ですよね。はっきり言って天井裏を通すのは無理だと思います。

私は、自動火災報知設備の工事の仕事をしていますが、木造の個人住宅の1階は配線を通すことがほぼ不可能です。

じゃあ、コンセントとか電灯はどうしたの?といわれるのですが、新築のときは当然天井を張る前に線を通しておきますので、なんとでもなります。しかし、一度天井を張ってしまったら、ほぼ間違いなく無理です。

お風呂から覗けるということですが、お風呂の天井は他の場所よりも低いでしょう。およそ30センチぐらいは低いと思います...続きを読む

Q片切スイッチ 白黒配線について

よろしくお願いいたします。

換気扇のスイッチが壊れたので、夫が自分で交換するといってホームセンターで新しいスイッチを購入してきました。

表から見て右に押したらONになる片切スイッチです。

先に古いスイッチを外してしまったので、スイッチ裏側から見て左右どちらが黒でどちらが白の配線だったかわからなくなってしまいました。

夫は20年以上前に電気工事士2級の資格をとっており、スイッチは左右どちらに黒でも白でもよい、と交換してしまったのですが、私としては火事の危険性を考えたら不安でたまりません。

本当にそれであっているのでしょうか?年末で電気工事会社も開いておらず、こちらで質問させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No10です。
どちらでも良いです。

あくまで個人的に・・・ですが。

まず、他のスイッチなりコンセントとのジャンパ線の収まりが良い方向。
それも差が無ければ、ボックス内での配線の収まりが良い方向。
それでも差が無いようならとりあえず左に黒(クドイようですが、どっちでも良い)を入れておきます。悩んでも意味の無い事ですので、他に理由が無いのならとりあえず左に黒を刺すって事にしておいて良いでしょう。


後、今気が付きましたが、No7のお礼欄ですが…。
「白も黒も、どっちも同じ線、片方ずつなら触っても感電しないよ」は間違いです。
ブレーカーを落として居ないのならば十分感電する恐れが有ります。
本人が危険性を判っていて活線作業をしたのなら問題有りませんが(お勧めはしません。ブレーカーを落とせるのなら迷わず落として作業をするべきです)、本当に感電しないと認識していたのでしたら再度、電工の復習をしておくべきかと思います。

Q交流の接地側とは何でしょうか?

家庭用交流回路には、接地側(白線)と非接地側(黒線)があり、「白線は安全」、「黒線は感電の危険あり」ということになっています。私の疑問は、「交流とは、プラスとマイナスが交互に入れ代わるもの」と記憶していますので、「接地側も、非接地側も交互に入れ代わるのでは?」と思った次第です。この辺りを理解したいのですが、よろしく御願い申しあげます。

Aベストアンサー

>高電位のトランスを接地させる=ショート…

#3です。
通常は片側しか接地しませんから、接地された側が大地と同電位になるだけです。電流は電位差のあるところに流れるのであって、同電位のところには流れません。したがってショートするとは言いません。
なお、その接地したところ以外で、電線が垂れ下がったり、機械の絶縁が壊れたりするとショートします。これを地絡事故といいます。

>電柱からのアース線にはスゴイ電流がいつも流れている…

一般に電気は抵抗の少ないところに流れます。アースの抵抗は、電線の抵抗に較べればはるかに大きいものです。通常は、抵抗の少ない電線の中ばかりを流れ、アース線に電流が流れることはありません。
ただ、電線も負荷機械もすべて絶縁してありますが、人間の作るものに完璧なものはありません。どんなに丈夫な絶縁を施しても、ごくわずかな電流は漏れます。ふだんはこのわずかな漏れ電流が、電柱のアース線を通って、電源へ帰って行っているのです。

Q照明の壁のスイッチに、コンセントを増設する方法。

ブレーカーの容量の関係で、どうしても照明の壁のスイッチ(2個)にコンセント穴(1個)を増設したいと考えております。
早速、3穴のスイッチケースとコンセント部材を買ってきて、セットしました。
次に、現在使用中の2個スイッチを取り外そうとしましたが、黒いリード線と、赤、白の3本しかありません。
コンセントをつなぐには、もう一本壁の中を通して、引っ張ってこないと無理なのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

文面から察するに
壁にあるスイッチは、電源を共有した
片切スイッチが、2つあるのだと
思われます。

もしどちらかの、スイッチにある線(いわゆるFケーブル)に
接続(分岐させてですが)した場合
照明が点灯していないと、使用する事は出来ません。
常時使うのであれば、ブレーカーから電源を引っ張って来る
以外に方法は、ありません。

ですので、お近くの電気工事店なりに行って
コンセントの増設工事を、依頼して下さい。
他の方も言われておりますが、無資格工事は違法行為であると共に
もし万が一事故を起こした場合は、全ての責任を負う事となります。
たかだか数万円の工事代をケチって、数千万円の損害賠償を
払いますか?

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Qコンセントの増設方法を教えてください!

ひょっとしたら有資格者しかできない工事なのかもしれませんが、教えてください。(良いサイトが見つかりませんでした)
マンションの1つのコンセントから石膏ボード内を通して数メートルはなれたところにコンセントを増設したいと思ってますが、そこでご質問です。
1.供給元の(2つ口)コンセントの裏側には、穴が4つ空いてますよね。そのうち2つはコンセントに電源を供給している黒と白の線がはまってますが、残りの2つから電気を分配できるのでしょうか?
 または、供給元のコンセントの手前で分配しなければいけないのでしょうか?その場合は分配器みたいなものがあるのですか?
2.新たにコンセントを石膏ボードに付けるときは、石膏ボードに直接ネジ止めできるのでしょうか?
 今のコンセントは壁の奥からしっかりしたメスネジ穴が見えますが、何か専用のユニットボックスみたいなものにはめ込まなければいけないのでしょうか?
以上、ご経験者の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の方の書かれているとおりこの工事は2種電気工事以上を持った者しかしてはいけない工事です。

書かれているような工事は一般的に行われております。渡り配線といって2~3個のコンセントをつないだりします。ただし電線の差し方が悪かったりするとそこから火を噴き火災になります。また電線の這わせ方が悪くて電線の皮に傷が付いて漏電することもあります。これも火災につながります。

 コンセントの取り付けは石膏ボードを挟む金具などもありますが、ボードの開口がマズかったり、コンセントの抜き差しが荒っぽかったりすると開口部の周りが割れたりします。

 後付のボックスというのもありますが、中が狭いので慣れていないと使いにくいでしょう。接続が悪くて火を噴いたときのことを考えるとボックスを仕込んだ方が安全ですが。
電線は延長コードに使っているようなコードは使えません。VVFケーブルと呼ばれる物を使います。
 それと、数メートル離れたところということですが、普通壁の中はボードを止めるために骨組みが333mm~455mm幅で入っていますので横方向には電線が通らないと思います。
 
 最後に、、隠蔽部分の電気工事は安全のための色々なノウハウがありますので、知識のない人があまり気軽に工事しない方がよいと思います。

#3の方の書かれているとおりこの工事は2種電気工事以上を持った者しかしてはいけない工事です。

書かれているような工事は一般的に行われております。渡り配線といって2~3個のコンセントをつないだりします。ただし電線の差し方が悪かったりするとそこから火を噴き火災になります。また電線の這わせ方が悪くて電線の皮に傷が付いて漏電することもあります。これも火災につながります。

 コンセントの取り付けは石膏ボードを挟む金具などもありますが、ボードの開口がマズかったり、コンセントの抜き差...続きを読む

Q電力ケーブルと弱電ケーブルの離隔距離

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブル(LAN・電話等)の電線間の

相互の離隔距離って法的に決まっているのでしょうか? 強電と弱電は 

離して置かなければいけないと思うのですが 具体的な数値がわかりませ

ん。 ご指導願います。

Aベストアンサー

こんにちわ
本物の電気屋さんです

ずばり、お答えします

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブルの
離隔距離の規定は、きちんと明確に記述されております。

離隔距離の規定は、
直接接触しないように布設する。
が正解です。何cmとの規定はありません
接触していなければOKです
離隔1mmでも、10cmでもOKなのです。

ご質問の電力ケーブルがVVFケーブルであるため
電圧種別は、間違いなく低圧で、ケーブル配線となります。
ガイシ引き配線の場合は、
裸線と弱電線は、30cm
絶縁電線と弱電線は、10cmです
ケーブル工事の場合は、接触しなければOKですので
心配はいりません
強電ルートと弱電ルートを別々に作って布設すれば
何ら問題ありません

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Qブレーカの極数、素子数とは

ブレーカの表記で2P2Eとか2P1Eとかの
PとEについて教えてください。

カタログで
P・・・極数
E・・・素子数
とあるのですが、その意味を教えてください。

Aベストアンサー

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても、大地間と同電位の為、電流は、ほぼ流れません。よってN線には、L1線又は、L2線より大電流が流れる事はありません。
その為、N線をつなぐ電極=Pには、素子=Eは、必要ありません。

単相100Vの場合は、L1線又は、L2線とN線の本を使用するため、2P1Eのブレーカーを、使用します。
単相200Vの場合は、L1線とL2線を使用するため、2P2Eのブレーカーを使用します。
単相200V3線は、L1線とN線とL2線の三本を使用します。3P2Eのブレーカーです。
※よく勘違いされますのは、アース線は、この3本には、含まれておりません。アースが必要なときは、L1,N、L2+アースと思ってください。

又一般家庭の場合単相3線は、分電盤の主幹(大元)のみです。200V回路もほとんどありません。

単相2線、単相3線、動力回路などの説明は、省かせてもらいます。
又、L1,N、L2の後に(線)とつけたのは、電線という意味です。(普通は、つけません。)

まとまりが悪くてすいません。

専門的な表現は、出来ません。
一般的に、実用する形でお答えします。

P=極数→電極の数
E=素子数→過電流に反応する電極の数

単相100V2線式(一般家庭の電気負荷)→2P1E
単相200V2線式(最近では、IHクッキングヒーター等)→2P2E
単相200V3線式(一般家庭の引き込み【電柱から家に入るもの】)→3P2E
三相200V3線式(一般に動力電源と呼ばれているもの)→3P3E
のブレーカーを使用します。

単相の場合 3本線(L1,N、L2)のうちN線を中性線とし電柱上で、大地間にアースします。
したがって、N線は、漏電しても...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング