【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

最近、企業システムでクライアント・サーバー形式からweb系に移行しているようですが、理由はどこにあるのでしょうか?クラサバ系とweb系のそれぞれのメリット、デメリットは何なのでしょうか?初歩的な質問で申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Web系


メリット
・入力画面をWebブラウザ(インターネットエクスプローラ)にできるので操作がしやすい
・プログラムの修正があったときにWebサーバーにだけに入れ替えればよいので保守も楽
・クライアントPCが壊れてしまったときにもソフトの入れ直しが最小限で済む

デメリット
・入力画面がWebブラウザなので細かい操作ができない(例:Enterキーで項目移動とか)

クラサバ系
メリット
・細かい入力画面、操作が実現できる(例:999,999などのカンマ自動入力、テキストの文字数制限等)
・VB,Cなどは他社製コントロールが充実している

デメリット
・プログラムの修正があった場合クライアントの数だけ入れ替えなくてはならない
・クライアントPCが壊れたとき復旧が大変(ソフトを入れ直すため)

こんなところでしょうか?
私の意見だとまだまだWeb系は入力に難があると思われます。しばらくは両方使われつづけるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

WEBの場合だとネットワークを流れるデータは基本的にテキストデータ


なのでネットワーク負荷を減らせるのではないでしょうか?
また、基本的にサーバー側で処理を行うので(多分)、クライアント側のマシン
がある程度非力でも大丈夫なのでは・・?
WEB側のデメリットとしては,セッション管理が難しいというのがあります。
クッキーなどを使えば出来ないことは無い様ですが、ブラウザの戻るボタンを
押されると画面制御がややこしくなったりするらしいです。
あと、履歴ボタンを押されるとその日閲覧したページが見れてしまうので
他人に自分の機密データを知られてしまう可能性があるみたいです。
またブラウザのバージョンによってサポートしてるJavaScriptの命令が微妙に
違うのでクライアントによって微妙に動作が違ったりするのではないでしょうか?
    • good
    • 0

WebはWebサーバーとWebブラウザ(=クライアント)によるクライアント/サーバーシステムです。


クライアント/サーバーシステムにおけるメリット/デメリットはすなわちWebシステムのメリット/デメリットになります。

Webシステムがこれまでのクライアント/サーバーシステムよりも優位である点をあげると
・既存のWebサーバーソフトウェア、Webブラウザを使用することで開発コストを軽減可能
・ユーザインターフェースをWebブラウザに任せることが出来るため、他のWebシステムとインターフェースの共通化が自然とはかれる
・既存のWeb技術を流用することが出来る
・クライアントコンピュータにWebブラウザが存在すればアプリケーションの動的配信、動的アップデートが可能
などです。
    • good
    • 0

接続手段が違うと思います。


仕組みとしては、クライアントーサーバ版と同じように
Web用のサーバがあってクライアントPCがあるといった状態でしょう。
それでWebは、Webのブラウザをクライアント用のソフトとして使うことにより特に開発しなくていいといった状態ですね。
クラサバのデメリットとしてクライアント側ソフトに修正があった場合、
クライアント全部、ソフトの置き換えをしないといけないということでしょうね。
ただし、Webではできないような操作性を実現することも可能です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクライアントサーバシステム と web系システム の違い

こんにちは。

今、経済調査会のアンケートに答えているのですが、
ソフトウェア保守対象のシステムは?という質問に対し、
以下の回答選択肢がありました。

「クライアントサーバシステム」
「web系システム」
「メインフレームシステム」
「その他」

ふと思ったのですが、「web系システム」はクライアントとサーバ間でデータのやりとりをしているので、
「クライアントサーバシステム」に含まれるのではないのでしょうか?
なぜわざわざ分けているのでしょうか?

また、「メインフレームシステム」とはどのようなシステムでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここで言う「クライアントサーバシステム」とは、2層アーキテクチャー、「web系システム」は3層アーキテクチャーを指しているのでしょうね。

2層アーキテクチャ(上でいうクライアントサーバシステム)とは、プログラムの処理がクライアントのPCで実行されるものです。アプリケーションの専用画面があり、それを起動して実行すると、起動したPCでプログラムが走って処理をします。バグの修正があったり機能の追加があったりすると、全部のPCに配布し直さないといけないため、管理に手間がかかります。

3層アーキテクチャ(上でいうWeb系システム)とは、プログラムの処理がサーバーで実行されるものです。クライアントはWebブラウザからアクセスして入力画面などを表示させ、何らかのアクションをすると(実行ボタンを押すとか)、サーバ側で処理が実行され、クライアントには結果の画面だけを伝えます。クライアントのPCはただブラウザで「サーバから送られた情報を映しているだけ」なので、バグ修正や機能追加などがあってもサーバのプログラムを修正するだけで済みます。クライアントはブラウザだけあればいいのです。最近はこのシステム形態が主流となっています。

ちなみに2層は、
「クライアント」-「サーバ(DBサーバ)」

3層は、
「クライアント」-「Webサーバ(アプリケーションサーバ)」-「DBサーバ」

という構成を取るので、そう呼ばれています。

メインフレームとは、UNIXやWindowsなんてものが出る前からある大型汎用機と呼ばれるコンピュータです。昔は全部これで処理していました。メインフレームを使ったシステムはだんだんUNIXやWindowsを使ったシステム(オープン系システムと言います)に移行されていますが、昔からあるシステムではまだまだメインフレームが現役で動いています。「メインフレームシステム」とはそのシステムを指します。

ここで言う「クライアントサーバシステム」とは、2層アーキテクチャー、「web系システム」は3層アーキテクチャーを指しているのでしょうね。

2層アーキテクチャ(上でいうクライアントサーバシステム)とは、プログラムの処理がクライアントのPCで実行されるものです。アプリケーションの専用画面があり、それを起動して実行すると、起動したPCでプログラムが走って処理をします。バグの修正があったり機能の追加があったりすると、全部のPCに配布し直さないといけないため、管理に手間がかかります。...続きを読む

QWeb版とクラサバ版のメリットデメリット

よく業務のPKGでWeb版とクライアントサーバ版とありますが
それぞれのメリット・デメリットって何がありますか?
クラサバはプログラムをクライアント側で実行するので
バグ等の修正等の負担がかかる事はわかりました。
その他お願いいたします。

Aベストアンサー

Webだとブラウザがユーザインタフェースになるのでブラウザ機能の制約を受けます。数年前までだとかなり使いにくかったわけですが、現在ではAjaxの技術があるのでクライアントプログラムに近い操作感をもつものもあるでしょう。ただ、やはり専用のクライアントプログラムの操作感にはかないません。あと、CSだと(大量)帳票出力などもできますが、Webだとブラウザ画面のプリントになってしまいます。

あとは、通信データ量が、クライアント・サーバーだと賞味のデータ量だけやり取りすればいいので、画面全体のHTML+StyleSheet+JavaScriptの通信が必要なWebより有利です。ただしWebでもキャッシュが有効に使えるようにしたり圧縮したりすればかなり改善できます。

他の機能が同じとすると、1箇所のオフィスでクライアント2~3台だとどちらでもかまいませんが、全国の数十箇所以上の事業所に数百台以上のクライアントをおく場合、
・CS方式→クライアントプログラムの更新が大変
・Web方式→CSより高速の回線が必要
という点でランニングコストが変わってくるので、そのあたりを比較すればいいと思います。

Webだとブラウザがユーザインタフェースになるのでブラウザ機能の制約を受けます。数年前までだとかなり使いにくかったわけですが、現在ではAjaxの技術があるのでクライアントプログラムに近い操作感をもつものもあるでしょう。ただ、やはり専用のクライアントプログラムの操作感にはかないません。あと、CSだと(大量)帳票出力などもできますが、Webだとブラウザ画面のプリントになってしまいます。

あとは、通信データ量が、クライアント・サーバーだと賞味のデータ量だけやり取りすればいいので、画面全体のH...続きを読む


人気Q&Aランキング