ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

TC=q^3-2q^2+6q+1とあり生産物の価格をpとするときの利潤最大化のときの供給関数を必要ならば場合わけし、求めなさい、とあるのですが、どのようにして求めればいいか教えてください?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

供給曲線はMC曲線と同じだから



dTC/dq=3q^2-4q+6
p=3q^2-4q+6

ただし、短期費用では操業停止点を下回ると生産しないので、操業停止点の価格以上になることが条件です。
操業停止点はAVCの最下点なので、それを求めます。
AVC=q^3-2q^2+6q/q=q^2-2q+6
操業停止点に対応する生産量は
dAVC/dq=2q-2=0
よりq=1
この時の価格は
AVC=1-2+6=5
つまり、
価格p=>5 でp=3q^2-4q+6
それ以外で q=0

この回答への補足

返答ありがとうございます。わかりやすかったです。ところで、長期の場合の方の求め方もあるのでしょうか?

補足日時:2008/11/17 21:17
    • good
    • 0

長期は損益分岐点を下回ったら生産しないのでACから上です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい回答ありがとうございます。つまりは価格がその財を生産すべきかそうでないかということがわかりました。不束者ですが、何かあったらまた回答してくれたらうれしいです。ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/18 08:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング