痔になりやすい生活習慣とは?

私は感謝に思うことが多く
最近自分の中で「感謝」という言葉が
軽くなってきています。
「感謝しきれないほどの感謝」を表す言葉はないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

論文の世界では


「甚謝(甚大なる謝意)」
「深謝(深く感謝)」
「厚謝(厚く感謝)」
「感謝」
で感謝の意をランク分けしたりしていますネ。
ご参考までに。
以上kawakawaでした
    • good
    • 32
この回答へのお礼

論文の世界でランクが付いている事自体知らなかった事なので
とっても勉強になります。
なんせ論文を書くと言う事に縁が無かったものですから・・・(照れ笑い)
ありがとうございます。

お礼日時:2003/01/24 14:13

そこまでの深い感謝になると、既に言葉で表現できるレベルではないと思います。


只、じっと見つめてきつく手を握り締めるとか、沈黙の状態でありながらも自然と涙が滲んでくる等、の感情的表現になってしまうでしょう。
よって、ご質問の状態を言葉で表現することは無理があると思います。下の方が述べていましたが、言葉を多くすると返って軽くなってしまうかもしれません。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

そうなんです。思い浮かべると涙が出てしまう人達がいます。
でもその人達に会えないのがまた悲しくて涙が出ます。
私が今まで生きてきた中でのターニングポイントが
その人達との出会いだったと思えます。
手を握り締めるなんて恐れ多いと思えるほど「感謝」しているんです。
「感謝」と言う言葉では軽く感じてしまうぐらいです。

marutakaさんの言われるとおりかもしれません。
その人達への「感謝」に代わる言葉は無いのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/24 15:05

 


話が少し違ってきますが、「感謝」よりも重い言葉というと、「深謝」とか「多謝」では、感謝とあまり変わりないでしょう。

「感謝感激雨霰」というと、何か、馬鹿にしたような感じもします。しかし、キリスト教『新約聖書・ヨハネ福音書』第一章に、次のような言葉があります(日本語の部分は、日本聖書協会の『新共同訳聖書』からの引用で、ローマ字は、ギリシア語新約聖書の該当部分のローマ字転写です。ある人のサイトに載っています)。

>わたしたちは皆(heemeis pantes)、この方の満ちあふれる豊かさの中から(ek tou pleeroomatos autou)、恵みの上に、更に恵み(kharin anti kharitos)を受けた。

「恵みの上に、更に恵みを(カリン・アンティ・カリトス)受けた」というのは、最上級の感謝の表現です。

「満ちあふれるばかりの恵みを賜る」。カトリックでは「恵み」を「恩寵」と言います。「恩寵の上に恩寵を、溢れるばかりの豊かさで賜った」というのは、これ以上の感謝はないのです。恩寵は、神の恵みだからです。それは無限の無償の恵みであるのです。

「感謝」というのは、人の行為や親切などに対し、「感謝する」のです。

感謝を表すため、礼金を贈ったり、感謝の書簡を送ったり、「謝辞」を書いたりすることで、表明でき、済むような感謝と違い、神の恩寵に対する感謝は、底知れず、計り知れない恵みに対する感謝であるとも言えます。

従って、「溢れるばかりのお恵みを賜り、言葉を越えて、感動(感激)しました」というのは、最上級の感謝の表明でしょう。

「溢れるばかりの恵み・恩寵を受ける喜び」です、とは、至上の感謝であり謝意の表明だとも思います。

(「何々して戴きましたことは、溢れるばかりの恵みと思え、筆舌を越えた感激を覚えます」というのは、長いですが、「何々していただき、深甚な感謝の意を表明します」よりも、高次な感謝だと思います)。

ただ、言葉は濫用すると、意味の重さや感銘や感激が薄れてゆくというのも事実です。
 
    • good
    • 11
この回答へのお礼

人の心の深さ・・と言うかmaris_stellaさんの温かみを感じます。
「感謝する心」は失いたくない大切なものです。
乱用はさけるよう気を付けますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/24 14:45

悲しい という言葉を使わずに悲しみを表現する といったことを


聞いたことがあります。

ただ単なる言葉を使って表すのではなく、いかにしたら、
それが伝わるかに気持ちを注いだほうがいいでしょう。

感謝より思い言葉があっても、それを多用してたら、
軽くなるだけですから。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そうですね、「感謝」と言う言葉だけではなく、
他にも「使いすぎると軽くなってしまう言葉」があるかもしれませんね。
一度いつも自分が使っている言葉を思い返してみたいなーと思いました。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/01/24 14:34

単語ではありませんが,ぼくは「深甚なる感謝の意を表明します」って


使います。でもやっぱり心が大事だと思います。前後の文章の書き方で
工夫した方がいいですね,きっと。
例えば,「紙面に書きつくせないほどお世話になりました。心から
『ありがとう』と言わせて頂きます。」などの方が「深甚の謝意」よりも
いいですよね?多分,何についてお世話になったのかを具体的に書いて,
それが自分にとってどうありがたかったのか,を書くのがいいと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよねー今まで言葉や文章でお礼をしたい時は
極力そうしています。

ふと、お世話になった人達の顔が浮かんだ時に
言葉を余り知らないので、心の中で「あの人に感謝、この人にも感謝・・・」
となって、疑問がわいて来ました。

お礼日時:2003/01/24 14:28

まだ出ていないものに「鳴謝」があります。

中国では普通に(Special thanks)の意味で使っているようです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

中国の言葉も入れるとまだまだいっぱいありそうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/01/24 14:04

多謝 深謝 恩に着る 感恩 かたじけない 有り難い


三拝九拝 御厚恩一生忘れません 感謝感激雨霰 報謝 

などなど。

自宅の類語新辞典より抜粋。
結構種類はありましたよ。
これはその一部です。
お役に立てたでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんなにたくさんあるとは知りませんでした。

恩に着る かたじけない 有り難い は状況によって使った事があります。
感謝感激雨霰の「雨霰」が前から気になっているのですが・・・。
ururu888さんが教えてくれた言葉が、まだ「一部分」というのが
気持ちを表すものの深さと広さに感動しています。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/24 14:00

「多謝」はどうでしょうか。



参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLを拝見しました。
「多謝」は「感謝」よりふかいですね。

とても感謝している人に、後からもっと感謝の気持ちが湧いた時に
「多謝」という言葉が当てはまりますね。

ありがといございます。

お礼日時:2003/01/24 13:44

多分、いくら言葉を変えても、その背後にある気持ちが軽い限り変わらないと思いますよ。



いかに気持ちを込めて 感謝という言葉を ありがとうという言葉を言えるかだと思います。

同じ ありがとうでも 重みのあるありがとうも あるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「ありがとう」を言う時には
声で感情を表すことが出来るのですが
人に伝わらなくてもいいから「自分の心の中」での
「感謝」と言う言葉より「重い」「言葉」があるのかが知りたかったのですが
少し説明不足で申し訳ありませんでした。

お礼日時:2003/01/24 13:34

同じような意味で


『厚謝』、『深謝』
なども有ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたー。
「厚謝」「深謝」は見たことがあります。
重さ的には同じぐらいでしょうか?

「感謝」と言う言葉もあまり声に出して言った事が無いのですが、
いつも心の中で言っているので文章に表したい時に使いたいですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/01/24 13:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二字熟語でこのような意味を持つものを教えてください

二字熟語で、「心遣い」「思いやり」「優しさ」というような意味をもつものがありましたら教えてください。

正式な意味は違っても現在は広くその意味で使われているようなものでも良いです。

Aベストアンサー

「機微」位しか思い浮かばないが、現在一番使われてる言葉こそが
それらの単語で、二字熟語で表す様な言いまわしを実践の会話の中で
行うかな?

Q〔お礼状〕 『お礼の言葉』の最上級

結婚式にあたり、私自身に両親がいないため、彼の親御さんが2次会の衣装、ブーケから 果てには最終的に式にかかったお金の半額を出してくださることになりました。

その件に関しては 口頭でももちろんお礼を言いましたが、
お礼状も書こうと、今 便箋を前に文章を練っているのですが、お礼の言葉が「本当にありがとうございました」とかしか出てきません。
こんな言葉では私の「ありがとう」の気持ちは全然表現しきれていません。
もっとこう、お礼の言葉としての最上級的な表現ってありませんか?

どれだけ考えても幼稚な文章しか思い浮かばず、自分に嫌気がさします・・・
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば「誠に恐縮に存じます」などと書いても、貴女の感謝の意は
表現しきれないと思います。
おっしゃっている「最上級的」なお礼の言葉はビジネスに使う形骸化された
言葉が多いものです。
これから親子関係になるご両親に使うお礼の言葉はそういうものではない
ように思います。

参考までに、私は別の形でお礼状を書いたときに
『このたびは、たいへんな心遣いをいただき、お礼の言葉もございません』
という書き方をしたように覚えています。
本文に『実はこの点で困っていた』『このことがとてもありがたく思った』
という具定例を挙げても、どんなに有難かったか伝わると思います。

最後に『今後はこれまで以上にお教えいただくことがあると存じますので、
何卒、宜しくお願い申し上げます』といった今回の厚意に報いる決意などを
入れるもの良いと思います。

私の場合は彼を通じて『丁寧なお手紙をいただいて、良くできた娘さんを
もらったね』と両親の感想を聞きました。
素直に率直に書けば伝わると思いますよ。

Q「感謝の意を表す」と「感謝の意を述べる」どっちが正しい?

「感謝の意を表す」はよく見られる表現だと思いますが、たまに「感謝の意を述べる」という表現も見かけます。

なんとなく「感謝の意を述べる」と聞くと違和感があるのですが、日本語表現として正しいのでしょうか?

- 違和感のあった例 -
「...(前略)...様々な感動やプレーが生まれました。日本国内では...(中略)...ますが、これまでの4年間を戦い抜いたジーコジャパンの選手・スタッフに、感謝の意を述べたいと思います。さて、...(後略)...」

あたかもこれから「述べます」って言ってる感じなのに、その後で「さて」ってすぐ話題かえちゃってるせいでしょうか?

そうなると使い方によってはどちらも正しいような気もするけど、なんだかしっくりしないのです。
正しい使い方の指導・指南も含めて、説明をお願いします。

Aベストアンサー

主語と述語が合致していないからですね。No.3の方が答えておられるとおり、「意」とは「気持ち」のことですから「述べる」というのが変なのですね。
「気持ち」は表すもの、「言葉」は述べるものです。この文章では「感謝の意を表したいと思います」というべきだったのです。後の言葉で具体的に触れていないのならなおさら。
「述べる」と使いたいのであれば、「感謝の言葉」であるべきですし、その後に「具体的な感謝の言葉」が続かなければおかしいのです。あなたの違和感は正しいと思います。

Q感謝という意味を含む四字熟語

感謝という意味を含む四字熟語がありましたら、教えて下さい。
四字熟語に限らず、漢字五字でも六字でもOKです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

報恩謝徳(ほうおんしゃとく)
http://sanabo.com/words/archives/2000/05/post_1958.html

Q目上の人に対して「感謝している」というのは失礼?

お世話になった親戚(年配)へのお礼の手紙で悩んでいます。
目上の人に「・・していただいて大変感謝しています」というのは失礼ですか??

Aベストアンサー

なんとなく しっくり来ないですね
「…していただいてありがとうございました」というほうがいいかなぁ
感謝という言葉を使うなら 「感謝いたしております」でしょうか

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q最も美しい「漢字二文字の言葉」は?

こんばんはー ^^

『言語、感性』アンケート。

「漢字二文字の言葉」で、
あなたがもっとも美しいと思う言葉はなんですか?
理由もお願いします。

*その言葉の意味・イメージ、字形、発音…どの観点からのご意見でも構いません。
*人の名前、商品名等はNGです。

<例>
『明日』
まだ見ぬ未来だから
できればそう思いたいので。

あ、もっとお気軽なご意見でも構いませんよ ^^
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>最も美しい「漢字二文字の言葉」は?

2つという事で御容赦頂きたいが、これ以外に無いと断言します。

『 義理 』 ⇒ こいつが廃れればこの世は闇です。

『 人情 』 ⇒ とかく希薄になって来たと感じられる昨今、人情に溢れたかつての日本を是非とも取り戻して欲しい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング