出産前後の痔にはご注意!

よく将棋の局面の解説などするときに、「便宜上先後逆です」などと書いてあることがあります。
この便宜上とはどういう意味ですか?
便宜:都合のよいこと・・・とあります。
どういったことで都合がよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

後手の戦法の本で使われていますね。

読者が後手を持って指す事を前提にした本なので、自分の玉が59にあった方が図面を見やすいでしょう。
たとえばマイコミの飯島流引き角戦法の本は1手目から△34歩▲26歩と始まります。
そのほか実戦からの次の一手で、後手の妙手を考えさせる問題でも先後が逆の方が考えやすいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。
見やすさ、考えやすさのためなのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/29 20:29

一番多いケースは「居飛車」対「振り飛車」の解説図でしょう。



昔から、解説書では「後手振り飛車」の例が多く使われています。そこで、実例を挙げる場合、それが実戦では「先手振り飛車」の例であっても、ごく序盤でない限り「手前側居飛車」の図で解説したほうが、読者に親切です。それを「便宜上」と言ったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今手元には、振り飛車党のプロ棋士の自戦記の解説で、
自分は後手番でも、初手からの指し手として、
△34歩▲76歩△62銀▲66歩・・・
(便宜上、図面、指し手は先後逆)
としている本があります。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/30 19:03

後手の戦法等を解説するのに都合が良いためです。



たとえばゴキゲン中飛車は後手の戦法で、本来図面では向こう側になります。

これを見やすくするために、本来先手であるべき手前に持ってきて
「便宜上先後逆です。」と但し書きします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか、ゴキゲン中飛車は後手の戦法なのですか。
また「後手の戦法」があるというのもはじめて聞きました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/28 22:34

 先手が打った直後の局面で、使う言葉だと思います。


次は後手が打つ番ですが、その局面だけを見た人にとっては、先に打つ手が先手になりますね。 間違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーーん、
ちょっと違うような気もします。
また「打つ」ではなく「指す」ですよね。
あっ、失礼しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/28 22:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将棋の『先後逆表記』について

閲覧ありがとうございます。
将棋初心者です。
私が勉強している将棋の本に

http://i.imgur.com/KKXv26I.jpg

というようにあり、この棋譜を再現したいのですが、「先後逆表記」というのが分からず困っています。
実際に駒を並べて上記画像の棋譜を再現する場合、最初に動かすのは3四歩でしょうか?それとも7六歩でしょうか?

「先後逆」とありますので、3四歩が後手、7六歩が先手かと思い、7六歩から並べて→3四歩→6六歩→8四歩→7七角→8五歩→……かと思ったのですが、これでは最後5三銀左を打つには、画像の棋譜通りだと後手側が最後に2回続けて打たなければならなくなるので、おかしいなと思い質問させていただきました。
初心者の質問でございますが、どなたか教えていただける方、ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いいえ、
 初期配置から最初に動いた駒は、△3四歩で、その手に対応して▲7六歩です。

先後逆というのは、本当の先手(3四歩を指した側)が、上側になって、▲でなく△で表記しているということです。

 この本では、「後手番の四間飛車戦法」を解説したいのですが、
「初心者の場合、盤面の下側(手前側)から見るのに慣れている」ため、
普通に後手を上側に書いたらわかりにくい、だからあえて△を先手にして棋譜を表現しているのです。


 駒落ちの場合は、上手が△、下手が▲となり、かつ上手が初手を指しますので、
△6二銀▲7六歩△5四歩・・・って感じの表記になります。
今回の表記はこれに似たものです。


人気Q&Aランキング