プロが教えるわが家の防犯対策術!

以前に質問しているものです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3995784.html

行政の補助や下水のタイムリミット等の時間的な要因や個人の時間をそんなに使っていられない忙しさから結局建築そっくりさんに頼むことにしました。
ただいまインテリアコーディネート中です。
今後注意すべき点などありましたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

耐震補強が問題なのではなかったのでしょうか。


そっくりさんは、確かに建築士が担当するリフォームかもしれませんが、もし、基礎の部分はそのままで、申請なしのリフォームだと内容が不安です。

確かに、今の耐震診断では、基礎の部分の評価よりも上部構造(木の部分)の評価しかされません。なので評点も上がるといえるのでしょう。
私が思う注意すべき点は、もし玉石のままで行くならば、床下の木組みをかなりがっしりと固定する方法をとっているかどうかです。玉石では基礎が一体化していないので地震時ばらばらな動きをしがちです。床下の木組みをシロアリ対策に注意しながら耐震力をあげる工法であるといいのですが。もちろん基礎のやり替えがあるなら問題はないでしょう。

今後ということでは、そっくりさんに限らず、リフォームでは今までのものを何を使って何を廃棄し何を新品に交換したのか明確にし、設備などの竣工図をもらうことです。これからの維持に役立ちます。コーディネートではエアコンの位置やカーテンレールの形状、取り付け位置、家電の置き方によるコンセント、スイッチ位置、照明の効果についてもよく話してください。完成時に失敗した!といいがちなのがこのあたりです。

この回答への補足

ありがとうございました その後です。

工事開始してから一月目です。正月は休みでしたが年末に足場を組み、作業者用のトランクから仮設トイレ、ゴミ箱まで持ち込んで施主の所に負担がかからないようにして年始を迎えました。
(作業者休憩用スーパーハウスは近所に設置場所がないので諦めたのだそうです。可能ならいつもやっているとか。うちは後述の二階物置が空いていたし工事箇所でもあるのでそこを使わせて欲しいと申し入れがあり快諾しました。)

足場組みからはじめて、我が家で過去なかった大規模な工事となっています。工程管理や計画・設計内容、文書化され、また棟梁さんと設計営業さん含めての定例会を週一回のペースで実施しており、細部までこまごまとやってくれています。
開けてみないと判らなかったことも次々出ているようですが、今の所十分に対応してくれていると思います。施主の私たちへの報告、連絡がしっかりしています。
工程管理の手法が徹底しているようで、メーカー勤務の私にはよくわかります。

当たった営業・設計さんと棟梁さんの人格にもよるでしょうが、田舎の昔の大工さん(宮大工さんみたいな凄い人ではない)しか知らなかった私には想像できなかった作業の細かさです。

高いらしいけど流石だねぇ、と母も納得しています。

予定外かな、というのは二点。
・外部配線のままだった(そんなことを我が家では言われるまで気にもしていなかった)引き込みの電気配管を内蔵とするのが見積もられていなくて「請求させてください」ときたこと。
・それから住みながらやれる、という売りで、私のところはほぼ総二階で、十数畳の物置が二階にあり、他一階に八畳間四つ、四畳半1つ、キッチン水回り風呂トイレ、二階に八畳間二つ、というつくりなのに今はたった三人しか住んでいません。
ですからそれほど心配していなかったのに、今使える部屋は二つで、物置として二つ、です。あとは工事で外気が入ったり工事器具が入ったりしてつかえません。結構住みづらい。まぁ荷物が多いせいもあったんですが、トランクルームに総計170個近く預けたあとでこれですから。
ちなみにキッチン風呂トイレ水回りは今は手をつけていないので使えますがトイレは数時間使えなかった(壁抜いて外丸見え)日が三日ほどありました。
間取りも変えず、多い部屋数に三人しか住んでいなくてこれですから、普通サイズもしくは数人家族の家で間取りを変えるとかなったら、費用もさることながら、別の所に住まわなくて改築できるというのは本当か?と思ってしまいます。

まだご意見お持ちの方ありましたらお書きください。また私で判ることでしたら質問を立てていただき、ここの解答欄に参考でリンクを張っていただければ、今現在三井住友不動産 新築そっくりさん でリアルタイムで改装している者としての回答をしたいと思います。

特になければ遠からずここは閉めたいと思います。

補足日時:2009/02/02 21:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔にしてわかりやすい要点ありがとうございます。

床耐震補強については、床下の木組みについては潜ってもらい、(市の精密診断でもそんなことはしてくれませんでした。そのうえで、全面ベタ基礎か布基礎にしないと駄目といわれた)強度を目視ですが確認していただきました。かなり太い材が使用されており、白蟻跡も非常に少なく、どうやら白蟻は現存していないようなので乾燥さえしっかりさせれば大丈夫だとのことでした。

玉石基礎については過去に家の外周を布基礎を打ってあるため、床下の木組みとの筋結による工法でこれ以上基礎には手を入れないで強化できるとのこと(一部内部玉石に筋結箇所-基礎に手を入れる箇所 あり)、その場合数値としては1.1までが限界でそれ以上の強化はバランスを崩すなどの回答も頂いております。

家電、室内構成は基本的に変えず、壁紙と必要部分の床強化改造と断熱、クローゼットと押入れの交換や換気扇追加、コンセントとネット、電話配管などが主です。
照明位置についても居室等は変更なしで、レセプタクルの付け替えないし追加取りつけのみに限定しています。キッチンのみは換気扇追加のため照明位置は検討する必要がありますが。
この辺はこれから詰めますので、アドバイスありがとうございます。更に詳しいことお聞かせいただければ幸いです。

お礼日時:2008/12/16 21:24

あらら。


高い買い物をしたんじゃないですか?

以前ここの見積り見たことあるんですが3~4割どころか5~6割は
高かった。それじゃ新築建つよっていう値段。

設計契約じゃなくて工事請負契約をしちゃったんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きっと高い買い物だと思います。工事請負ですから。

耐震補強を他の業者と合い見積もりさせる件ですが、当市では市役所に申請して耐震補強を受けた事例は私が相談した一年半前(だったかな?)にたった二例、そのあと一例の三例のみ(実績業者は二軒のみ、一軒が二例担当)とのことで増えていないようです。その後新築そっくりさんで、当市で一例受け持ち、実質私のところで五件目のようです。
今年になっても市役所も試行錯誤、暗中模索状態なら、地元業者も座学での施工学習会などから試行錯誤状態という土地らしいのです。
ちなみに、市の新築そっくりさんでも審査に一月、他の工務店さんはもっとかかったようです。
本音の所、住友不動産の方の方が教えているような所もあったようです。

土地柄なのでしょうか、地震の恐怖をあまり身近に感じないこと、我が家もそうですが、古い築数十年から百年以上の大きい家が多く、必然的に高額な工事費用となり、最大60万程度では補助金額が耐震補強の必要金額の1/4にもならないこと、(よく宣伝している安価な新築など、床面積は我が家の1/4ですが、解体費を足しても、今回の新築そっくりさんとほぼ同額で新築可能です)などが理由かと思われます。

ですので選択肢は新築そっくりさんしかないと母が決断しました。補助の申請期限、下水道工事の申請期限、私が来年もしくは二年後くらいには非常に多忙になりそうで、暇が取れなくなること、など今を逃すと十年以上チャンスがなさそうな感じなのです。

というわけで、確かに先にも書いたとおり新築が建つ価格です。ただし、その新築は今と同じ床面積にすると、やはり更に倍ないし三倍はかかりそうです。
となるとやはり思い出のある建物でもありますし、改築に傾きます。
家族は三人しかいないので、1/4でも十分とはいえますが、田舎生まれで育ちの三人なので狭い居室や建屋には慣れていません。荷物も整理できないですから空いた土地に大きい物置も立てねばなりません、そうなると、老いた母にそんな面でのなれない苦労もかけたくないですし。

知識もなく、十分な調査をする余裕もない私どもとしてはセールスエンジニアさんの知識と時間も買ったと思っております。
市への処理はすべてやってくれ、必要な駐車場の賃貸料から整地まで住友もちでやってくれるとか。うちは紹介するだけです。
案外悪くないかもと思います。

お礼日時:2008/12/16 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築並みの改築(リフォーム)、固定資産税は?

現在母が一人で住んでいる古い家を同居を機にリフォームしようと考えています。
当初は建て替えをするつもりでいたのですが、母が知人に
「新築よりリフォームの方が固定資産税が上がらないからいいよ」と
聞いたそうで、リフォームを勧めてきます。

私の考えでは
・部分リフォーム(内装・水回りリフォーム・外壁や屋根)→固定資産税変わらず
・全体リフォーム(新築そっくりさん等)→建物自体の評価が上がるため固定資産税は上がる
と理解していましたが、母は
「知り合いは工務店関係の仕事をしている人、全体リフォームでも固定資産税は絶対に上がらないって言っていた」
の一点張りです・・・
それに
「柱の一本・土台の一部だけでも残っていれば改築扱いになる。だから固定資産税上げずに新築並みにリフォーム(ほぼ建て替え)できるって聞いた」
と、知人の話を鵜呑みにしています。


固定資産税の算出方法と、新築扱いされない改築(リフォーム)の境界線はどこでしょうか。

Aベストアンサー

>現在の建物はかなり古くなっているので、基礎だけ利用しての改築を希望しています。

ご希望は自由ですけれども、少々コメントさせていただくと、古い建物と新築の違いはコンクリート部分の劣化です。
鉄筋コンクリートの基礎は最大で60年程度の耐久性ですが、木部はシロアリや腐朽菌の被害がなければ、100年でも強度を維持します。

したがって、古い民家の移築・再生などでは、コンクリート部は全部捨てて、木部だけを再利用するのです。

耐久性が短いコンクリート基礎部を温存し、まだまだ使えそうな木部を捨てて、新築と同様のカネをかけるというのはどう見ても賢明なカネの使い方とは思えません。

建築士資格をもっていないリフォーム業者が建築確認申請を避けて実施できる増改築工事に誘導して、商売を受注しようと習っている様な気もします。

固定資産税課税額にこだわる余りに、大損することないようにご留意下さい。

QHDLコレステロールの数値が高い弊害は?

40歳、女性。BMIは17位、体脂肪は18%位で痩せ型。ここ10年来、血液検査で総コレステロールが220~260、HDLコレステロールが90~110くらいです。いつも高コレステロールということで再検査判定が返ってきますが、何も治療していません。親兄弟に高脂血症はいません。父はやや糖尿気味で狭心症を患いましたが、コントロールしていて元気です。私は何か治療するべきでしょうか?ちなみに飲酒はしません。

Aベストアンサー

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれどHDLであっても多すぎると問題になる場合がある、気になるなら薬出すかい?」と言われ。自分でも高HDL血症についてちょっと調べたのです。要点は、

・従来は「長寿症候群」として考えられていた
・しかし最近の研究で、遺伝的にHDLが高い場合はかえって冠動脈疾患になりやすい場合もあると判ってきた

ということです。
質問者さんの場合はご家族、親類に高HDLの方はいないということで、あくまで「よい高脂血症」と考えていいのではと思います。
私の場合、実は父も同じで毎年検査にひっかかっています。こういうタイプの(特に日本人)場合、先天的に酵素蛋白(CETP)の一種が欠損している場合があるとのこと。もしそうだとHDLの数自体は多くても、本来の「コレステロールの運び屋、掃除屋」という役目を果たせないわけで、逆に動脈硬化が起きやすい(かもしれない)との研究結果が出ているそうです。
ああ、こわい(笑

下記参考サイトにもっとマシな説明が載っています。
医学大辞典にも同じような記述がありました(こちらはサイトでは見れないかも)

ただ、これも研究結果の段階であり、実際に治療をするかどうかは全く医師の裁量に委ねられるものです。
私も、当院のドクターには「とりあえずまだ薬は飲まないで様子見ます」と伝えました。
LDLと中性脂肪の値が正常範囲であれば、総コレステロールが多少基準値を超えていても気になさることないと思います。

参考URL:http://www.furano.ne.jp/utsumi/lipid/qa.htm

まずHDLコレステロールは善玉、LDLは悪玉と呼ばれていますよね。
HDLは余分なコレステロールを肝臓へ運ぶ役目を負っているので動脈硬化を防ぐ働きをすると考えられ、基本的には多いほうが好ましいと言われています。

ではなんで上限値があるのか?(女性の場合およそ80が上限値)
実は私も高HDL血症で、毎回血液検査のたびに100超なんです。(中性脂肪は少ないほうですし飲酒習慣は無し、太ってもいないので質問者さんと似てるかも)
病院勤めなのでドクターに聞いたところ「まだはっきり判っていないけれど...続きを読む

Q木造築90年 玉石基礎 耐震性に注力した古民家再生方法

木造築90年 玉石基礎 精密耐震診断 総合評点0.29で、補強方法は?
で質問したものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3924007.html

古民家再生という方法があると聞きました。これは耐震基準に沿ったものなのでしょうか。
どなたか経験のある方、詳しい専門家の方おられましたらわかりやすい説明をお願いしたいのです。
どこに問い合わせればわかるか、でも結構ですので経験者の方お願いします。

Aベストアンサー

曳家工事の技術で地盤強化修正工事が最適化と思います。 
寺社仏閣の耐震補強工事や古民家修復工事に経験豊富な曳家工事専門の協会に問い合わせて見てはいかがでしょうか?  
URL http://zitaikyo.com/
URL http://www.sin-hikiya.com

参考URL:http://www.n-network.com"sin-hikiya.com

Q築30年以上の家の完全リフォームについて

築30年以上の古家付き、物件が売られているのですが、
もし購入したら、建て替え不可の物件のため、完全リフォームをしたいと思っています(平屋です)。
物件購入前にどれくらいの費用がかかるか、見積もりとりたいのですが、
販売している仲介業者さんには、どんな情報を求めたら良いでしょうか。

例えば、古家の設計図?や鍵なども一時的に借りることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

<販売している仲介業者さんには、どんな情報を求めたら良いでしょうか。>
これにお答えしますね。
一番良いのは確認申請書添付の図面です。無ければせめて筋交いが記入されている図面と平面図

問題は購入前に物件の調査を承知するかどうかです。一般的には築30年の家なら価格は土地だけの物になっていると思いますので、鍵を借りることは可能ではないですか。

見積は実際の建物を見ないと何とも言えません。土台が腐朽しているかもしれませんし、構造材が白アリにやられているかもしれません、設備関係がぼろぼろかもしれないし・・・・

物も見ないで、これくらいはかかりますなんて言う業者は避けた方が賢明です。
私は見積をさせる立場ですが、一見でこれくらいなんていう業者は最初から省きます。


人気Q&Aランキング