新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

現在中3です。
腰椎分離症と診断され、2ヶ月間の安静を言い渡されました。
高校でも野球を続けるにあたって、今の時期に筋力や体力を落としたくありません。
腰に負担のかからずにできるトレーニングなどおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは!


温水プールでウオークする練習なら可能です。水圧があるので,ストレッチ効果とアイシング効果で腰のためにも良いです。水の抵抗があるので,脚や腕の筋肉維持にも役立ちます。腰の負担なないよう注意しながら,最初はプールの中をソロソロと歩くことから始めましょう。ただ,腰椎分離症の急性期でけは安静にしてないといけません,普通の整形外科だと安静第一といわれるでしょうから,スポーツ外来とかスポーツ選手が通う整形外科とかに行くと,トレーニングのことまでアドバイスしてもらえます。例えば,関東・東北なら,遠方からでも那須の「福島整形外科病院」まで通ってくる選手もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
近くのスポーツセンターにプールがあるようなのでいってみようとおもいます。

佐伯トレーナーズ治療院という東中野の病院にもいってみようと思います。元プロ野球のトレーナーだった人がやっている治療院みたいです。

お礼日時:2008/12/30 17:41

気持ちは分かりますけど、分離症は下手に動かすと


本当に後々大変ですからね。特に成長期に入ってさらに症状が悪化しかねない。病院等でアドバイスを貰う、理学療法士、トレーナーの意見を貰うのも一つの方法ですからね。
まだ若いですからね。2ヶ月のロスはそれなりに取り戻せますから。
焦らずに、まずは身体のケアを第一に☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
元プロ野球選手のトレーナーの人がやっている治療院がちかくにあるようなので今度いってみようと思います。

お礼日時:2008/12/30 17:50

私の中学時代のチームメイトにも腰椎分離症になったやついました。


彼はたしか水泳をやっていました。
浮力があるので負担を減らせて体力付けられます。
バタフライなんかは絶対無理ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
近くのスポーツセンターにプールがあるようなので今度いってみようと思います。

お礼日時:2008/12/30 17:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q疲労骨折時の練習メニューを教えてください

 現在小学校5年生の二男が野球の練習中に腰が痛いと言い出し整形外科でレントゲンを撮ると「疲労骨折」と診断されました。長男も疲労骨折を我慢し練習を続けていたところ腰椎分離を引き起こし中学・高校では野球を続けられなくなりました。そのため二男は特に慎重に対処しなくてはなりません。
 幸いこれからオフ・シーズンに入りますが年内は安静にして来年8日からの練習には参加させようと考えています。医師からはキャッチボールや体育の授業は「痛みがなければOK」と言われていますが痛みが引いても他の部員と同じメニューの練習は避け、腹筋・背筋を鍛えるように言われています。多分、シーズンオフでボールを使った本格的な練習はしないでしょうが、下半身の強化を中心とした練習メニューになると思われます。
 効果的な練習方法が分かる方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。二男はチームを10月に移籍したばかりで新チームの練習メニューがどのような内容かはわかりません。コーチの方々にも相談するつもりですが、小学生の疲労骨折自体の例が少なく理解していただけるか心配です。長男はキャプテンで捕手というチームの要でしたので親が無理をさせてしまいました。二男は遊撃手ですので捕手ほど負担がかからないと思っていたのですが我が家の家系の骨格は先天的に問題があるのかもしれません。因みに小学校1年の三男も二男と同じ野球チームに所属しています。
こうした状況を踏まえたうえで効果的な練習方法を教えてください。

 現在小学校5年生の二男が野球の練習中に腰が痛いと言い出し整形外科でレントゲンを撮ると「疲労骨折」と診断されました。長男も疲労骨折を我慢し練習を続けていたところ腰椎分離を引き起こし中学・高校では野球を続けられなくなりました。そのため二男は特に慎重に対処しなくてはなりません。
 幸いこれからオフ・シーズンに入りますが年内は安静にして来年8日からの練習には参加させようと考えています。医師からはキャッチボールや体育の授業は「痛みがなければOK」と言われていますが痛みが引いても他の部員...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、ご承知の通り、「疲労骨折」の例は少ないですね。スポーツ現場での「疲労骨折」は、中足骨35%、脛骨25%、ヒ骨と肋骨が各10%、大腿骨、尺骨、足関節内果部が各3%ということになっていますので、腰椎(下背部)の「疲労骨折」という診断は、かなり希少性が高いですね。

ですので、ご長男の場合を拝借して、まあ、「脊椎分離症」の初期症状、または、準分離症と、監督さんに申し上げれば、よく理解されるかも知れません。そして、禁忌となる動作は腰椎の伸展。禁忌エクササイズはスクワット、ショルダープレス、プッシュプレスと専門職に言われていると付け加えましょう。要するに、腰を伸ばす動作はダメということ。腰を伸ばす形で筋力が働くものはダメということ。スクワットは、腰の伸展が伴いますし、プレス関係も腰の伸展や、反り動作が伴いますのでダメなんです。従って、通常の腕立て伏せも、余程の注意が必要になります。

また、医師に勧められた「痛み」が引いてからの腹筋・背筋運動ですが、担当医師の指示を忠実に守るためにも、当面は当人にしか分からない「痛み」ですので、大人の管理下での、背筋運動は止めましょう。大人の期待を裏切らぬよう無理してしまう場合もあります。まずは、体幹部は、腹筋のみと考えてください。

痛みが残っている場合の、適用できるエクササイズとしては、ニートゥチェスト。これは、立位でも可能ですが、普通は、仰臥し、両手で片脚の膝下(裏)を抱えて胸方向に引きつけます。胸に引きつけないもう一方の脚は伸ばしたまま床を離れないよう静止状態にします。腰を反らせたり、首を曲げてはいけません。ゆっくりと脚を交互に行います。つまり、股関節伸筋群のストレッチになります。

アブドミナルクランチは、股関節と膝関節が90度になるようにして踵を台上に置いての腹筋運動です。両腕は胸の前で乳房を隠すような格好でクロスさせます。上背部が床から離れる位置までの引き上げを限度とします。お尻と踵が浮かないようにします。これは自重による腹筋トレですね。

この二つが、「痛み」が抜けない完全回復しない時の、代表的な推奨エクササイズということに、私の所属する専門職団体のガイドラインではなっています。

また、ウォーキング、有酸素性エクササイズは禁忌ではありませんし、むしろ、推奨されています。ジョギング程度の走りから始めて、痛みの発生具合など、様子を見ましょう。

医師の先生のおっしゃられた痛み、違和感に留意して、あせらずに、運動量を増やしましょう。
トレーナー、コンディショニング関係の有資格者が申し上げました。失礼致しました。

確かに、ご承知の通り、「疲労骨折」の例は少ないですね。スポーツ現場での「疲労骨折」は、中足骨35%、脛骨25%、ヒ骨と肋骨が各10%、大腿骨、尺骨、足関節内果部が各3%ということになっていますので、腰椎(下背部)の「疲労骨折」という診断は、かなり希少性が高いですね。

ですので、ご長男の場合を拝借して、まあ、「脊椎分離症」の初期症状、または、準分離症と、監督さんに申し上げれば、よく理解されるかも知れません。そして、禁忌となる動作は腰椎の伸展。禁忌エクササイズはスクワット、ショルダープレス...続きを読む


人気Q&Aランキング