今だけ人気マンガ100円♪夏の100円レンタル祭り♪

トルエンからm-キシレンを合成を選択的に合成したいんですが、どのような反応を用いたらいいんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どんなにお金を掛けても良いからm-キシレンだけ作るのか、それともp-キシレンと同時に作って転換反応を使っても良いのかで変わります、

どちらでしょう?

この回答への補足

できるだけ低コストで合成したいので、p-キシレンからの転換反応でお願いします。

補足日時:2009/01/03 21:13
    • good
    • 0

>できるだけ低コストで合成したいので、p-キシレンからの転換反応…


そうすると、酸点を持つ固体触媒でメチル化して、次いでp-、m-体を低温分離し、得られたm-体を再度固体触媒で異性化させる方法が一番ポピュラーだと思います。
もちろん何万トンスケールで合成するプラントとして化学プラントメーカーから販売されています。
固体酸触媒については「特許検索」することになります。
特許庁図書館の検索、↓
http://www.inpit.go.jp/info/ipdl/service/
例えばこんなの、↓「キシレン類の異性化触媒およびキシレン類の異性化方法」特許公開平8-24661
http://www2.ipdl.inpit.go.jp/begin/BE_DETAIL_MAI …

英語に問題無ければ無料の米国、欧州、国際出願(WIPO)検索、↓
http://www.freepatentsonline.com/search.html
自分のメールアドレスを登録すればpdfで全文読めます。1976年からの分が全て読めます。
登録してもジャンクメールは来ません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生薬の大黄・紫根の成分について

「大黄と紫根から抽出した成分を、酸、塩基で呈色反応で検出する」という呈色反応について質問があります。
大黄は塩基性のとき赤色、酸性のとき黄色
紫根は塩基性のとき青色、酸性のとき赤色
になるようですが、なぜこのような呈色反応を起こすのかわかりません。二つの生薬の、どの成分によってこの反応が起きるのですか?
成分を調べてみたのですが、どの成分が反応するかまではわからなかったのです…。
どなたかわかる方、教えて頂けないでしょうか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大黄に含まれる黄色の成分は、エモディンなどのアントラキノン配糖体です。

アントラキノンのキノンの酸素は、二重結合同士の共鳴によりアントラセン骨格から電子を引き付け、マイナスに荷電しています。したがって、酸性溶液ではプロトンによってマイナスチャージが安定化し共鳴構造を取りやすいのですが、塩基性溶液では水酸基と反発してマイナスに荷電しにくくなり、共鳴構造が不安定化します。

そのため、高エネルギーの光をあてないと励起できない、すなわち波長の短い光しか吸収しない、ということになります。

吸収波長が短波長側にずれるということは、補色である溶液の色は赤側にずれることを意味します。つまり、酸性で黄色だったものは、塩基性では赤になります。

一方紫根に含まれる紫の成分は、シコニンというナフトキノン誘導体です。シコニンの側鎖に付いている水酸基のプロトンは塩基性溶液では外れて、水酸基の酸素と炭素の結合は二重結合に近い性質を持つようになります。するとナフトキノン骨格の二重結合と共鳴できるようになるため、共鳴構造は更に安定化します。

http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/shikonin.htm

この効果は、ナフトキノン骨格のキノンがマイナスに荷電しにくくなる効果より大きいので、総合的にみて塩基性の方が共鳴構造はより安定です。したがって、アントラキノンとは逆に塩基性溶液では吸収波長が長波長側にずれ、補色である溶液の色は青に近づくことになります。

大黄に含まれる黄色の成分は、エモディンなどのアントラキノン配糖体です。

アントラキノンのキノンの酸素は、二重結合同士の共鳴によりアントラセン骨格から電子を引き付け、マイナスに荷電しています。したがって、酸性溶液ではプロトンによってマイナスチャージが安定化し共鳴構造を取りやすいのですが、塩基性溶液では水酸基と反発してマイナスに荷電しにくくなり、共鳴構造が不安定化します。

そのため、高エネルギーの光をあてないと励起できない、すなわち波長の短い光しか吸収しない、ということに...続きを読む

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。


人気Q&Aランキング