太陽が丸いことの証明として、
「どのような形の穴を通しても、地面にうつる光の形は円型になる。」
と、有名な小学生用の教材に書かれているのですが、
「太陽光は直進する」という前提で考えると、これはおかしくないのでしょうか?
本当に丸くなるのだととしたら、
なぜなのか理解できません。どなたかご教授下さいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 もし「どのような形の穴を通しても、地面にうつる光の形は円型になる。

」なら、四角い窓から入る日差しが床に丸く写る?嘘でしょ。

 穴の直径に比べて、穴と地面との距離がうんと離れている場合に限って、つまり、地面から見て、太陽の見かけの大きさ(角度)に比べて穴の見かけの大きさの方が遙かに小さい場合にだけ正しい。
 なんでそうなるか。
 穴が上空に固定されているものとします。地面の上を歩き回りながら、穴を通して太陽が見えるかどうか、地面に印を付けていくところを想像してみて戴けませんか。立つ位置によっては太陽の縁が丁度穴を通して見える。そのような位置に印を付けていけば、ほら、丸くなります。
 いやそんなことしなくても、太陽が見える場所は地面が明るくなるからすぐ分かりますよね...という訳です。言い換えれば、針穴写真機で太陽の像を地面に写しているんですね。
 もちろん、太陽と地面が直交していなければ楕円になっちゃいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
出展は、四谷大塚進学教室、小学校予習シリーズ、理科1でした。
カラー写真が多くて、良い教材みたいなんですが…?
この件に関しては、おかしいみたいですね。

お礼日時:2001/03/02 01:15

難しい話が出てきてますので、その前の段階を少し補充しなくては。


 回折を考慮しないで「光は直進する」と考えた場合(幾何光学と言います)でも、穴が点でない限り「針穴写真機」の像には滲みが生じます。
 もし太陽の代わりに、点光源(うんと遠くにあるとします)からの光を四角い穴に通したとすれば、穴の形がその通り(大きさも変わらず)地面に写る筈です。点光源が2個あれば、地面には穴の像が2つ写ります。地面から見て2個の点光源の見かけの距離(角度)が小さければ、穴の2つの像が一部重なり合うでしょう。このような点光源がものすごく沢山あって、円盤を埋め尽くしている場合。これが太陽です。地面には穴の像がものすごく沢山出来て、しかも重なり合っている。円盤の一番端にある点光源による像は円盤の外側に光源が無いために多少穴の形を反映している訳です。数学の言葉で言うと、穴の透明度(このばあい透明か不透明かのどちらか)の分布と光源の明るさの分布の畳み込み積分(convolution)になる。こういう表現なら、穴の大きさや地面からの距離、光源の形や強度分布がどうあれ、その像を計算することができます。(ただし回折の効果は無視。)
 全く逆に、点状の穴を通して太陽の像を地面に写せば完璧な円盤の像ができる。穴が2個あれば円盤の像は2つできます。穴同士の間隔が小さければ像は重なり合うでしょう。穴をいっぱいあけて四角にした場合、地面に出来る像は、穴の透明度の分布と光源の明るさの分布の畳み込み積分になる。どちらの説明でも、答は同じになります。

 四角い窓を通る日差しの場合、穴の大きさに比べたら太陽は点光源みたいなものですから、像には穴の形がかなりハッキリ現れる。これも畳み込み積分で説明されます。この場合だって、像は完璧な四角ではなくて、多少縁がにじみます。床の上で、窓の縁に太陽がちょっとだけ見える位置、半分見える位置、ほとんど全部見える位置、というのがちょっとずつ違うから、床の明るさにグラデーションができるわけです。

 蛇足にペディキュアを付けるような話ですが、縁にある黒点が扁平に見えることなどは「太陽が球」という話であって、「太陽が円盤に見える」という事とは別問題と思われます。
    • good
    • 0

我が尊敬するstomachman大センセが完璧な答えを出されているので、発言を躊躇したのですが、「回折」という言葉が乱れ飛んでいるので、敢えて「蛇を画きて足を添え」ます。



nozom500氏がご指摘のように、この問題の場合、回折は完全に無視して構いません。同じ電磁波でも可視光線に比べて遥かに波長の長い電波ならこの場合、回折を無視できません。だからこそビル影でも携帯が通じるのです。騒音なんかもそうですね。こちらは迷惑な方ですが...。

「穴を過ぎた瞬間から円状に広がっていく」というのも間違いではないにせよ、安直で危険な考えです。波動を考える時、非常に一般的で(理論上は)強力な「Huygensの原理」と呼ばれるものがあります。ある光源から光が発せられた時、真空中なら球面状に広がって行きます(=1次波)が、その球面上の各点を2次光源として、更に広がって行く(=2次波)。ある観測点での光の強さは、2次波の重ね合わせで決るというものです。波には位相がありますから、単純な面積分ではなく、複素面積分になります。実用上は近似式を用いますが...。

真空、空気、ガラス、水では光の伝播速度が異なり、「屈折」などの現象を引き起こしますが、これを含めて殆どの光学現象はこの「Huygensの原理」で説明できます。ですから、それで考えるとこの問題は「開口」からの2次波の重ね合わせであり、波長に比べて開口が十分に小さい場合は「Fraunhofer回折像」と呼ばれる、中央の輝度が高いリング状の像となります。大きい場合は回折は無視できるわけで今回の場合はそれに相当します。

では開口がメチャ小さかったらどうなるか?この問題では光源が点ではなく、面積を持っていますから、先ず、S大センセの言われるような、太陽の像(=円、または楕円)が出来た上で、周辺に回折による「滲み」が出ることになるでしょう。それが、リング状になるか、ボケた像になるか計算すれば分かると思いますが、あまり意味もないしメンドイので止めときます。
    • good
    • 0

すみません。

先の文章「回折・かいせつ」と「解析・かいせき」と書き間違えしてました
    • good
    • 0

 この場合、「回折」は関係ないでしょう。

解析が問題になるのは、穴からはなれた影がぼやけて、もともと三角形の影が丸くなっていく場合です。

 stomachmanさんのおっしゃるとおり、穴をくぐる時に反対側に映った像が、元の形を反映しているだけです。

 見て丸い物が、穴を通して丸く映る、というだけです。穴を通さなくても、幼児の絵をみても、みんな、お日様は丸く描いてます。教材を作った人は太陽を見たことないのでしょうかね。著者は吸血鬼かな。(笑)

 しかし、四谷大塚の教材になるというと、そういう出題をした有名私立中学があるのでしょうね。
    • good
    • 0

部分日食(太陽の一部が三日月のように欠ける日食)をごらんになったことはありませんか?


そのとき、地面に落ちる木洩れ日を注意深く見ると、そのすべてが欠けた太陽と同じ、三日月形になっているはずです。(言葉で説明するのはむずかしいのですが、地面に無数の光の三日月形が散らばっているような情景になります)
やがて日食が終わると、木洩れ日はふたたび、円形にもどります。
(お気づきかもしれませんが、ピンホールカメラの原理です)

観察:太陽が欠けているときは、穴を通して地面にうつった光の形も欠けた形になる。

結論:地面にうつった光の形が円いということは、その光源である太陽も円いということである。Q.E.D.

…ということで証明になってませんでしょうか?

でも、太陽が円いことを証明するのにそんな手順が必要かなあ?
遮光ガラスを通して太陽を実視してみればすぐにわかるような気がするのですが。
どちらかというと、この観察はむしろgessiさんのおっしゃる光の回折を証明する実験になるような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
stomachmanさんも教えて下さったように、
これはピンホールカメラと同じ原理なワケですね。

 仮に元ネタの本が正しいとしても、
これは太陽が円である証明にしかなりませんよね?
確かに、見た方が手っ取り早い。
なんでこんなことわざわざ載せてるのだろう?
黒点が周辺部で扁平し速度が落ちることの方が、はるかに重要だと思うし…。

お礼日時:2001/03/02 01:10

確かにそうですね。

しかし私にもその理由は全く分かりません。もしかしたらその参考書が小学生向けであるので小学生に分かりやすいようにちょっとした嘘を・・・なんてあるわけないですよね。余計なこといってすいません。信じないでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 とんでもございません、有難うございました。
「回析」という現象も少し勉強できましたし。
また、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/02 01:05

高校の物理の「波動」という分野になってくるのですが、光とか音とかってすべて波という形で存在します。

その波がある穴をとおるとき、その他(穴以外の場所)では波はさえぎられてしまいますが、穴の部分では波は通り過ぎます(これは当然ですよね)。ここからが重要なんですが、通り抜けた波は「回折」という現象を起こします。これは通り抜けた波がその穴の大きさまま進むのではなくその穴を過ぎた瞬間から円状に広がっていく現象のことです。なので質問のような現象が起こるのです。もっと詳しく知りたかったら、他の方の回答を参考にしたり、どっかのサイトに行って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難うございました。
私は文系だったので、高校物理はまるでわかりません。
「なぜスリットを経ると回折が起こるか」については伺いませんが、
別の疑問が生じます。

 「回折」が全ての光が持つ性質だとしたら、
「太陽が丸い」ことの証明にはならないような気がするのですが…。
この本の記述が間違っているのでしょうか?

お礼日時:2001/03/01 01:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q凸レンズで太陽光線を集めたときできる丸い形は太陽の形なのでしょうか。

凸レンズで太陽光線を集めたときできる丸い形は太陽の形なのでしょうか。
それとも平行光線は理想的な凸レンズでは一点に集まるはずなので
光の収差と考えるべきなのでしょうか。
光の収差だとしても太陽が丸いので丸くぼけるのでしょうか。
どなたか教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

太陽は非常に遠いところにあるので、そこからくる光線は「おおよそ平行光線だ」と言って差し支えありません。
>自分の影が遠くなると少し大きくなります。
そんなことはありません。遠くの影の輪郭が「ぼやける」のはご存じかと思いますが、それは太陽が「点光源」ではなく、それなりの大きさを持っているからです。(見かけの直径は約0.5度あります)
焦点距離が30cm程度のレンズではいくら焦点を合わせても、太陽は直径1mm程度になるだけで、それ以上小さくなりません。もちろんレンズには収差があり、(レンズの収差とはレンズの誤差=精密度合いのことです。光の収差というと光の波長による焦点距離の違い、すなわち一点に収束しない現象のことですが。)点光源からの光でも一点に収束しないことはあり得るでしょう。
しかし、現実の生活環境の中では、そもそも「点光源」というものはほとんどあり得ないので、レンズや光の収差が問題になる状況はまず、ありません。
ご質問の「太陽が点にならない」のは、明らかに太陽の大きさによるものです。
このことを確かめるには夜に同じことを月でお試しください。レンズで紙に映した場合、明らかに「三日月」や「半月」が映ることでしょう。

太陽は非常に遠いところにあるので、そこからくる光線は「おおよそ平行光線だ」と言って差し支えありません。
>自分の影が遠くなると少し大きくなります。
そんなことはありません。遠くの影の輪郭が「ぼやける」のはご存じかと思いますが、それは太陽が「点光源」ではなく、それなりの大きさを持っているからです。(見かけの直径は約0.5度あります)
焦点距離が30cm程度のレンズではいくら焦点を合わせても、太陽は直径1mm程度になるだけで、それ以上小さくなりません。もちろんレンズには収差があり、(レンズ...続きを読む

Q太陽光、ナトリウムランプの光、レーザー光について

光学的な観点で、太陽光、ナトリウムランプの光、レーザー光の
類似点と相違点は、どのようなものが挙げられるでしょうか。

Aベストアンサー

ナトリウムランプは単色光で、レーザの干渉性には程遠いですが
わずかに干渉性が有ります。初期の干渉計はナトリウムランプを使って
実現されました。

太陽光は干渉性がありません。

レーザ光には高い干渉性があります。

Q太陽の光はいつも六角形にみえる?

太陽の日の出や、レンズを通して見える時や、ひょとした時に光が決まった方向に放射されているように見える時がありますが、大抵6方向、六角形に見えると思うのですが、8角形に見えることはありませんか?もし、いつも6角形に見えるのなら、それは何故でしょうか?
実は太陽の絵を描く時にいい加減に書くことも出来ず、困っていますので質問致します。ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カメラの「絞り」という、光量を調節する部品の、光を通す部分の形が、6角形で、その形が投影されているようです。
この、6角形の部分の大きさを広げたり縮めたりして、光量を調節します。

中には5角形もあります。
8角形もあるのかもしれません。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=983343

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=983343

Q太陽の光は白色光ですか?

授業で太陽の光は白色光と習ったのですが良くわかりません。白色に見えないし、なぜ白色なのでしょうか?可視光線の赤から紫までの全部の色が混ざっているから白色に見えるのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

実験開始!^_^

ウインドウズのアクセサリーの
ペイントソフトの色の編集で、白をクリック。

その後一番右の、

R255
G255
B255

この部分のBを、200にしてみて下さい。

な、何と!
おもいっきし、黄色の作成が完了しました。^○^;

今度は、R,Gを200にして下さい。空が出来ました。
スライドすると、夜になりました。

これは、試しに、
空気で吸収されて「正確な観測」を「阻害」するであろうと考えられる
「空の青さ(紫+紫外線領域)」を引いた物です。

一応、太陽は、スペクトルGタイプですので、
実際は黄色で分類されています。

但し、
結果がぐーぜん一致しているだけかもしれません。f^^;

それと、「変態扱いされねーよーに」
普通、太陽は白いと答えておきましょう。

では、がんばって下さい。
おやすみなさい。^_^

Q光の直進性vs拡散光線(?)

小学生のころ、理科の授業で光について教わりました。

ブラックボックスの壁に小さな穴をあけて光を照らす。
穴を通ってブラックボックスに差し込む光は、日光ならまっすぐ、電球の光なら拡散。
、、、そんな内容もあったと記憶しています。
(「平行光線」と「拡散光線」って呼ぶんでしたっけ?)

でも、日光だって電球の光だって、光には違いありませんよね。
どうして平行光線と拡散光線という違いが生じるのでしょうか?
光の「直進の法則」に従えば、小さな穴を通り抜けた電球の光だってまっすぐになるのではないでしょうか?

インターネットで調べてもよくわかりませんでした。
(「○○光線」の用語を間違えているのかしら?)
物理学のカテゴリで質問するには気後れするくらい初歩的な質問(というか小学生レベルの質問)ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2のご質問に対して・・・

完全なコリメート光でも、結局は少しづつですけどビーム径は広がります。

レンズ集光した光はガウス分布の光の強度分布を持っています(これをガウシャンビームといいます)が、ビームウエスト部分で光の集中がもっとも強いです。虫眼鏡で光を集めた場合の思い浮かべればよいかと思います。光がもっとも集まったところをビームウエストといいます。
で、このガウシャンビームは光の直線性により理論上かぎりなくまっすぐは進みますが、ガウス分布の外側は光の集中する力が弱いので少しずつ外に放射(自然に減衰。。。?)するため、徐々に光の強度は弱まります。真空中等光の散乱、吸収要因のないとこならビーム径は広がりますが光の減衰はなくどこまでも直進すると思います。

「光の強さの逆2乗の法則」は、点光源からでる光の強度は距離の2乗に反比例して徐々に強度が弱くなることを示しています。
この考え方は、球の表面積を考えれば容易に理解できると思います。光強度はある単位面積あたりの光強度で示されるので、点光源から距離が離れると光が広がって単位面積あたりの光強度が小さくなります。

No.2のご質問に対して・・・

完全なコリメート光でも、結局は少しづつですけどビーム径は広がります。

レンズ集光した光はガウス分布の光の強度分布を持っています(これをガウシャンビームといいます)が、ビームウエスト部分で光の集中がもっとも強いです。虫眼鏡で光を集めた場合の思い浮かべればよいかと思います。光がもっとも集まったところをビームウエストといいます。
で、このガウシャンビームは光の直線性により理論上かぎりなくまっすぐは進みますが、ガウス分布の外側は光の集中する力が弱い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報